登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題
を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト!

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ

    スズメバチっていくらなんでも強すぎひん?

    fca4effc5b925f4d3e7f6a1d0687c5ed_m

    スズメバチって強すぎひん?

    1: 名無しさん 2018/05/25(金)20:14:26 ID:AOC
    二回刺されたらゲームオーバーとかいうチートスキルを持っておきながらバランス調整しない神無能
    あのスペックで空飛んで群れるとかインフレしたソシャゲかな

    2: 名無しさん 2018/05/25(金)20:15:13 ID:KiR
    ミツバチの軍団相手なら負けるという話やが・・・

    109: 名無しさん 2018/05/25(金)20:57:39 ID:knj
    >>2
    スズメバチ1vs集団ミツバチでようやく勝てるんやぞ

    5: 名無しさん 2018/05/25(金)20:16:19 ID:k1c
    スクーターで走ってたら真横を同じスピードで飛んでるのを見た時はマジびびった
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    【現地警察が発表】登山家・栗城史多さん“滑落死” 腕や足に骨折の痕

    1: 名無しさん 2018/05/26(土) 10:23:31.15 ID:CAP_USER9
    no title

    エベレスト登山中に死亡した登山家の栗城史多さんの死因は滑落だったことがわかった。

    今月21日、エベレスト登山中に遺体で見つかった栗城さんの死因について、現地の警察は、下山中に滑落して頭や全身を強く打ったことが原因だと明らかにした。100メートルほど滑落したとみられ、腕や足に骨折の痕があったという。

    栗城さんの遺体は26日午後、羽田空港に到着する予定。

    ※現地警察が発表というのは動画内で

    ソース/NNN
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180526-00000018-nnn-int

    【登山】登山家・栗城史多さん“滑落死” 腕や足に骨折の痕・・・現地警察が発表

    (この記事の続きを読む)

    【画像】冬毛のイイズナ、地球温暖化による積雪減少のせいで捕食動物の格好の標的にされ局所絶滅の恐れ

    1: 名無しさん 2018/05/26(土) 03:47:16.99 ID:CAP_USER9
    1

    ◆冬毛のイイズナ、積雪減少で局所絶滅の恐れ 研究

    かつては雪原の中を誰にも気付かれずに跳ね回っていた、白い冬毛に覆われたイタチ科の哺乳類キタイイズナ(学名:Mustela nivalis nivalis)が現在、地球温暖化のせいで捕食動物の格好の標的にされているとの研究論文が24日、発表された。
    問題は、外敵の目をくらますはずの擬態の「ミスマッチ」だ。

    ポーランドのビャウォビエジャ(Bialowieza)の森では、気候変動が原因で積雪日数が過去50年間で半減したのに伴い、この地に生息する冬毛のキタイイズナの個体数が急減していることが、今回の研究で明らかになった。
    現在は1960年代に比べて、森の高地域の積雪が1か月近く早く消失する。
    キタイイズナの体毛が土色の夏毛に生え変わるよりかなり早い時期に、雪が消えてしまうわけだ。

    英科学誌ネイチャー系オンライン科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載された論文によると、これによってキタイイズナの姿があらわになり、キツネ、オオカミ、猛禽類や他の捕食動物の目を引くのだという。
    「気候変動は擬態のミスマッチを長引かせることにより、キタイイズナの死に多大な影響を及ぼす」と、仏ボルドー大学のカマル・アトマ氏とポーランドの共同研究者2人のチームは結論づけている。
    春の雪解け後にまだ冬毛のままでいることは「局所絶滅につながる可能性」がある。

    ■数千年から数十万年の時間を要した進化

    冬に白色のふさふさした毛が全身を覆い、寒さが和らぐにつれて徐々に抜け落ちる毛変わりの能力を進化させたのは、積雪地域に生息するキタイイズナの亜種だけだ。
    だが、これは数千年から数十万年の時間を要した進化プロセスであるため、数十年で覆すことは不可能だと、研究チームは指摘している。
    これはキタイイズナにとって悪い知らせかもしれない。

    「毛変わりの時期の移動によって気候変動に対応することが不可能ならば、キタイイズナは局所的に消滅するか、生息域を移動することになる」と、研究チームは論文に記している。
    体毛が一年を通して茶色の近縁種ヨーロッパイイズナ(学名:Mustela nivalis vulgaris)がその後の生態学的地位を埋める可能性が高いと考えられる。

    早春期には雪のように白い亜種の方が猛禽類やキツネに狙われやすくなるという直感を検証するために、研究チームはさまざまな環境にイイズナの模型を置いて実験を行った。
    研究チームによると、結果は明白だった。「擬態は、捕食動物による発見に影響を及ぼす最も重要な要因だった」という。


    多くの野生動物が、気候変動による環境変化への適応で困難に直面している。
    フィンランド北部では雪の代わりに氷晶雨が降ることが増え、トナカイが餌とする地衣類やコケが降り積もった氷の層の下に閉じ込められるため、トナカイの採餌がますます困難になっている。

    写真:ポーランドのビャウォビエジャの森で撮影されたキタイイズナ

    1

    AFPBB News 2018年5月25日 12:46
    http://www.afpbb.com/articles/-/3175971

    【研究】冬毛のイイズナ、地球温暖化による積雪減少のせいで捕食動物の格好の標的にされ局所絶滅の恐れ(写真あり)

    (この記事の続きを読む)

    最近地震多いな。備蓄しておいたほうがいいものって何があるかな…

    1: 名無しさん 2018/05/26(土) 06:01:26.09 ID:/tXF2VEb0 BE:324419808-2BP(2000)
    2be3f7833959d2c2ebe4b926b948a58b_m

     ヤフーが3月、防災に関する知識を問う「全国統一防災模試」をインターネットを通じて行ったところ、近年の地震被災地や首都圏で参加率と平均点が高い傾向だった。
    災害経験や、首都直下地震への懸念が意識を高めたとみられる。東日本大震災で被災した宮城県が参加率、平均点ともにトップ。岩手、福島両県も平均点で上位に食い込んだ。

     防災模試は3月1~31日に実施。スマートフォンアプリから参加でき、約65万人が解答した。
    「災害時のスマホ設定として最適なものは?」「揺れが収まった。まずすべき行動は?」など25問で、解答の早さも得点に加味した。

    被災地、首都圏は意識高く ヤフー「全国防災模試」 - 共同通信
    https://this.kiji.is/372849315036611681

    最近地震多いな。備蓄しておいたほうがいいものって何があるかな…

    (この記事の続きを読む)

    【動画】ロードバイクとE-スポーツバイクでは、どちらが富士山を早く登れるのか乗り比べてみた結果→

    lee-hans-585566-unsplash

    【動画】ロードバイクとE-スポーツバイクでは、どちらが富士山を早く登れるのか乗り比べてみた!


    1: 名無しさん 2018/05/26(土) 00:10:38.19 ID:6aBwuBTq0 BE:663277603-2BP(2000)

    2: 名無しさん 2018/05/26(土) 00:12:41.19 ID:pAUnrcy80
    はい

    3: 名無しさん 2018/05/26(土) 00:13:32.66 ID:VPulroWY0
    はいじゃないが

    7: 名無しさん 2018/05/26(土) 00:19:15.06 ID:cZKntEnB0
    けんたかと思ったらけんただったでござる

    8: 名無しさん 2018/05/26(土) 00:32:16.75 ID:WtOgTsm30
    2回も富士山登るなんて凄えと思うよ
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    【ハワイ】噴火から自宅を守り溶岩直撃を受けた男「最前列で溶岩を楽しんだ、次は当たらない」

    1: 名無しさん 2018/05/25(金) 19:27:35.22 ID:ve/lZdfR0 BE:754019341-PLT(12345)
    5

    噴火から家を守った男性、溶岩に直撃され重傷 ハワイ
    https://www.cnn.co.jp/usa/35119799.html

    (略)
    飛び散る溶岩をくぐり抜け、2軒の間を行き来しながら家を守る作業は命がけだった。友人の家の庭は、至る所に降ってきた溶岩が冷えて固まった痕があった。

    クリントンさんは消火器とガーデニング用のホースを手に、飛んできた溶岩に水をかけ、延焼を食い止めていた。降り注ぐ溶岩によって窓ガラスは割れ、浄化槽は火に包まれてメタンガスの青い炎が上がった。

    翌日、バルコニーで携帯電話を使って電話していた時だった。ボウリング球ほどの大きさの溶岩が飛んできて、クリントンさんの脚に当たった。

    「最初はまさかと思った」「痛みを感じて本当だと知った」。クリントンさんはそう振り返る。

    爆弾のような溶岩に直撃された足は、骨が折れていた。「その後体に火が付き、床に倒れ、足を抱えた」

    交代で家を守っていた元妻のリサ・ローチさんが、クリントンさんを病院に運んだ。ローチさんによれば、溶岩の高熱のおかげで傷口が焼かれ、出血を食い止めていたという。
    (略)
    それでも自分の身を危険にさらしたことは後悔していないとクリントンさんは言い切る。
    溶岩に直撃されるまで、負傷するリスクは低いと考え、危険を冒しても家を守る価値はあると考えていたという。

    ただ、次に戻ることができたら、溶岩に当たらないよう、もっと気を付けるとクリントンさん。
    「私たちはずっと、最前列であらゆる角度から見る溶岩を楽しんでいた」
    「これほどの至近距離で見て、建物を幾つか救うことができるのは素晴らしかった」と話している。

    6

    【ハワイ】噴火から自宅を守り溶岩直撃を受けた男「最前列で溶岩を楽しんだ、次は当たらない」

    (この記事の続きを読む)

    ワイ「このリュックええなぁ…ん?ノースフェイス…」

    7

    ワイ「このリュックええなぁ…ん?ノースフェイス…」

    1: 名無しさん 2018/05/23(水) 20:55:37.50 ID:5CtahWS70
    ワイ「やっぱええわ…」

    14

    7: 名無しさん 2018/05/23(水) 20:58:05.00 ID:MLmHJ7n00
    糞ホ ほんま腹立つわ
    ツーリングの時くっそ重宝しとったのに

    12: 名無しさん 2018/05/23(水) 20:58:57.83 ID:pu16wcyEM
    >>7
    ゴールドウィンのクロスオーバーええぞ

    8: 名無しさん 2018/05/23(水) 20:58:19.93 ID:B1rc03Gr0
    ホ ランしか知らんのかお前らは
    ノースはシャトルパック辺りも有能やぞ

    2

    13: 名無しさん 2018/05/23(水) 20:59:05.23 ID:BZD+a6fX0
    耐久性あって便利やのにほんま…
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    【急募】海水の蒸留に自信ニキ

    15

    海水の蒸留に自信ニキ

    1: 名無しさん 2018/05/16(水)22:47:23 ID:B8t
    時間はどれくらいかかるんや?

    2: 名無しさん 2018/05/16(水)22:47:52 ID:Q3y
    漂流ニキかな?

    7: 名無しさん 2018/05/16(水)22:50:27 ID:B8t
    >>2
    遭難してでもおんjやるとかワイはネット依存かな

    3: 名無しさん 2018/05/16(水)22:47:54 ID:059
    真水がほしいんか?

    4: 名無しさん 2018/05/16(水)22:48:30 ID:XSc
    海水より川探したほうがええやろ
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    【!?】登山家・栗城史多さん死因は「下山中に滑落」「頭や全身を強く打った」

    1: 名無しさん 2018/05/25(金) 19:16:49.86 ID:CAP_USER9
    swapnil-vithaldas-397603-unsplash

     世界最高峰エベレスト(8848メートル)登頂に単独無酸素で挑んでいた最中の21日に死亡した登山家の栗城史多(くりき・のぶかず)さん(35)=北海道今金町出身=の公式フェイスブックが25日に更新され、低体温症とみられた死因について、所属事務所のチーフ小林幸子氏(39)は「実際には栗城は標高7400メートルのキャンプ3から下山中に滑落し、頭や全身を強く打ったことが原因で、帰らぬ人となりました」と報告した。

     発表は以下の通り。

     栗城事務所の小林と申します。

     皆様から、栗城への温かいお心遣いをいただき誠にありがとうございます。

     事故当時の詳しい状況が分かり、ここで訂正がございます。

     栗城の遺体を発見したという第一報の時に、日本と撮影隊との緊急連絡で行き違いがあり「低体温で息絶えた」とお伝えしておりましたが、実際には
    栗城は標高7400メートルのキャンプ3から下山中に滑落し、頭や全身を強く打ったことが原因で、帰らぬ人となりました。

     混乱の中とはいえ、誤った情報をお伝えしてしまいましたことを心よりお詫び申し上げます。

     20日にエベレストの南西壁を標高7400メートルのキャンプ3まで登った栗城は、テントを張れる場所を探して標高を少し下げてテント場を確保、しばらく経ってから体調不良のために下山しますと無線で撮影隊に伝え、下山を開始。

     その後、無線連絡が途絶えてしまい、時間が経っても下りてこないことから撮影隊が捜索のため上部に上がったところ、標高6600メートル付近で息絶えた栗城を発見いたしました。遺体の状態から推測して、恐らく100―200メートルほど滑落したものと思われます。

     滑落したものの遺体の損傷は大きくなく、安らかに眠っておりました。


     これからご遺族の意向により、親族のみで火葬と葬儀を執り行う予定でございます。

     多くの方から葬儀についてお問い合わせをいただいており恐縮ですが、生まれ故郷の北海道の自然の中で、親族のみで静かに見送りたいというご遺族の意向ですので、ご理解のほど何卒よろしくお願いいたします。

     今後、東京はじめ様々な場所で、応援してくださった皆様にお越しいただけるような栗城のお別れ会を開催したいと思っており、決まり次第にお知らせ申し上げます。

     これまで栗城を応援いただき、本当にありがとうございました。

     心より御礼申し上げます。

     栗城事務所 小林幸子

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000146-spnannex-ent

    【登山】登山家・栗城史多さん死因は「下山中に滑落」「頭や全身を強く打った」

    (この記事の続きを読む)

    三大知らないと損する虫対策「ブラックキャップ」「蚊がいなくなるスプレー」

    ed47cd7b9c71b51b415956c7071e4a46_m

    三大知らないと損する虫対策「ブラックキャップ」「蚊がいなくなるスプレー」

    1: 名無しさん 2018/05/24(木)20:44:49 ID:J1V
    あと何?

    2: 名無しさん 2018/05/24(木)20:45:41 ID:J1V
    因みに蚊対策にリキッド未だに使ってる奴は情弱やで

    3: 名無しさん 2018/05/24(木)20:46:18 ID:J1V
    ゴキブリホイホイも情弱やぞ

    4: 名無しさん 2018/05/24(木)20:47:11 ID:K88
    理由言えや
    関連記事

    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top