登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ

    冬にここは見とけって山とか峰ある?

    厳冬期の天狗岳

    冬にここは見とけって山とか峰ある?

    1: 名無しさん 2019/01/22(火) 14:29:18.010 ID:p2PFZ/UG0
    登るじゃなくて見る感じで

    2: 名無しさん 2019/01/22(火) 14:30:22.676 ID:TNLNf+Bu0
    八甲田山
    ロープウェイで樹氷原にそのまま行けるぞ

    3_Peaks_Hakkōda

    3: 名無しさん 2019/01/22(火) 14:31:07.742 ID:p2PFZ/UG0
    >>2
    助かる

    4: 名無しさん 2019/01/22(火) 14:31:24.550 ID:nZVF37z/0
    立山連峰

    no title


    7: 名無しさん 2019/01/22(火) 14:32:10.216 ID:p2PFZ/UG0
    >>4
    オススメの見るスポットあります?
    雨晴海岸以外で

    2

    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    8000m峰の死亡率ωωωωω

    アンナプルナ

    8000m峰の死亡率ωωωωω

    1: 名無しさん 2019/01/22(火) 11:05:05.92 ID:jZkRYPlmp
    チョー・オユー 8188m 
    2668人中39人死亡 1.46%(1989年以前は7%)

    ガッシャーブルムII峰 8034m 
    836人中19人死亡 2.27%(1989年以前は7.8%)

    ローツェ 8516m 
    221人中11人死亡 3.43%(1989年以前は14%)

    ブロード・ピーク 8051m 
    359人中19人死亡 5.29%(1989年以前は5%)

    エベレスト 8848m 
    3684人中210人死亡 5.70%(1989年以前は37%)

    シシャパンマ 8027m 
    274人中23人死亡 8.39%(1989年以前は2%)

    ガッシャーブルムI峰 8080m 
    265人中25人死亡 9.43%(1989年以前は15.5%)
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    ワイ長野県民、雪山あるのにスキーとスノボーとスケート出来ない

    朝焼けのスキー場

    ワイ長野県民、雪山あるのにスキーとスノボーとスケート出来ない

    1: 名無しさん 2019/01/22(火)10:13:53 ID:GmJ
    スキー教室は毎回休んでたで……

    2: 名無しさん 2019/01/22(火)10:15:14 ID:tC7
    スケートは靴擦れできるから嫌い

    4: 名無しさん 2019/01/22(火)10:16:09 ID:GmJ
    長野県民=スキーとか出来て当たり前ってイメージあるやろ

    5: 名無しさん 2019/01/22(火)10:16:39 ID:8NO
    >>4
    ワイ九州住み
    それは思う

    6: 名無しさん 2019/01/22(火)10:16:50 ID:cZU
    冬の長野とかスノボかワカサギ釣りしかやることねえぞ
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    人柱覚悟で新型タニ買ったんでキャンプ場だけどテストしてきたよ。

    アイスランドの登山者


    75: 名無しさん 2018/04/30(月) 17:46:38.49 ID:OgcR9GnMd
    人柱覚悟で新型タニ買ったんでキャンプ場だけどテストしてきたよ。ちなみに去年までは初代タニ2P使てたんで比較する

    去年までのLSに触れた事ないからわからなかったが15Dの生地はホントにペラッペラで極薄だね。風がよく出る稜線、例えば常念小屋のテン場とかで張る勇気はないな。ここでは悪評高い初代タニの方がはるかに剛性感があるわ。
    収納サイズはかなり小さくなるね。特にフライはシルナイロンになったおかげで裏地のベタつきはなくなりさっと丸めるだけで収納できる。

    雨降らなかったから試しに水掛けてみたが撥水力は今までのより有ると思われ。でもシルナイロンになったからシームテープ不要って理屈がよく解せない。まさか撥水性が上がったからオーケーて事ではないよね?

    短辺側下部にフライクリークみたいな本体とフライを連結して内部空間を広げる機能が付いたんだけど、たいして広がんないしむしろ、フライの取付位置が高すぎて床面がせり上がって床面積が狭くなる。何がしたいんだこのゴミ機能…

    ちなみに長辺側床面は常にせり上がってる。長辺短辺共に実寸はメーカー公表より-10cmてとこだな。
    どうしても軽いダブルがいいなら、ちと高いけどカミナをオススメする。とりあえず壊れるまでは使ってみるよ。
    以上レポっす。

    TANI™ 1P
    http://www.iwatani-primus.co.jp/products/Nemo/tnls-1p.html
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    防災用品に七輪とか火鉢って地味に便利やないか?

    七輪

    防災用品に七輪とか火鉢って地味に便利やないか?

    1: 名無しさん 2019/01/21(月)16:24:53 ID:EY0
    そんな気がしたんやがそんなことないんか?

    2: 名無しさん 2019/01/21(月)16:26:18 ID:ino
    重いやん

    4: 名無しさん 2019/01/21(月)16:27:12 ID:EY0
    >>2
    いうて七輪程度やったらそんな大した重さでもないやん

    5: 名無しさん 2019/01/21(月)16:29:17 ID:ino
    >>4
    でもそのために七輪用意するより金物のバケツ用意しといたほうが良くない
    七輪代わりにも使えるし水も入れられる

    8: 名無しさん 2019/01/21(月)16:30:49 ID:EY0
    >>5
    それやと一斗缶でストーブ作るのもええかもな
    冬場の地域のイベントで用意されるやつ
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    【アコンカグア】登頂断念した三浦雄一郎さん「断念受け入れに1時間悩んだ。非常に受け入れがたかった」

    1: 名無しさん 2019/01/22(火) 11:53:34.75 ID:1wXZwXz79
    アコンカグアBCの三浦雄一郎氏

    標高が7000メートル近くある南米最高峰の「アコンカグア」に挑戦し、日本時間の21日登頂を断念した86歳の冒険家、三浦雄一郎さんがNHKの電話インタビューに応じ、「突然のドクターストップで、断念を受け入れるのに1時間ほど悩みました」と、決断の時の様子を語りました。

    冒険家でプロスキーヤーの三浦雄一郎さんは、現在86歳、標高がおよそ6960メートルある南米最高峰「アコンカグア」の登頂を目標に掲げ、今月18日から山頂を目指していました。

    しかし、日本時間の21日未明、標高6000メートル付近のキャンプ地で空気が薄い厳しい山の環境の中で高齢の体への負担が重なり、心不全のリスクが高まっているとして同行する医師からストップがかかり、登頂を断念しました。

    下山から一夜明けた三浦さんは、日本時間の22日午前、滞在しているアルゼンチンのホテルでNHKの電話インタビューに応じ、決断をした時の様子を振り返り、「医師と次男の豪太から強い説得を受けて、1時間ほど悩みました。
    はじめは非常に受け入れがたかったです」と、判断に苦しんだ胸の内を語りました。


    そのうえで、三浦さんは「あのときはテントが吹き飛びそうなくらいの強風が吹いていて、高所の登山ではいちばん危険な状態でもありました。高齢でもあり、撤退すべき時は勇気をもって撤退することも必要かなと思ってます」と語りました。

    そして、今後について三浦さんは「今回6000メートルまで行ってみて、まだまだいけるという自信をつかんだところがあります。
    トレーニングをして高所に耐える体に仕上げ、90歳でエベレストにチャレンジしたい」と早くも次の挑戦へ意欲を見せていました。


    三浦さんは、登山を継続している次男の豪太さんらの下山を待って帰国する予定です。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190122/k10011786361000.html

    【岳】登頂断念した三浦雄一郎さん「断念受け入れに1時間悩んだ。非常に受け入れがたかった」

    (この記事の続きを読む)

    【階段】日本寺鋸山行ってきたおー( ´・ω・`)【また階段】

    千葉県鋸南町、日本寺大仏

    【階段】日本寺鋸山行ってきたおー( ´・ω・`)【また階段】

    1: 名無しさん 2019/01/21(月)22:51:26 ID:ZdI
    今より1300年前に開山された千葉にある古いお寺行ってきたよ!

    ・日本寺(にほんじ)は、千葉県安房郡鋸南町にある、曹洞宗の寺院。山号は乾坤山(けんこんざん)。本尊は、薬師瑠璃光如来。大仏(日本寺大仏)があることで知られる。

    日本寺 (千葉県鋸南町) - Wikipedia

    2: 名無しさん 2019/01/21(月)22:51:51 ID:JoA
    期待

    3: 名無しさん 2019/01/21(月)22:58:24 ID:ZdI
    まったり登って行く

    3

    長文失礼

    3-2

    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    ポーランド人スキー客、救難要請を出しながらも電話は無視…自力で下山しホテルでくつろぐ

    1: 名無しさん 2019/01/22(火) 08:22:27.91 ID:3gJBARQN0 BE:754019341-PLT(12345)
    富良野市のスキー場

    「電話面倒」バックカントリーで救助要請後ホテル売店で発見 ポーランド国籍ら7人 北海道
    https://uhb.jp/news/7033/

    1月21日午後3時ごろ、北海道富良野市のスキー場でポーランド人ら7人から警察に救助要請があり、約2時間30分後に見つかりました。
    7人は救助要請後、「電話に出るのが面倒だ」と警察からの問い合わせを自ら切っていました。

    (略)

     警察によりますと、7人は救助要請から約2時間30分後、北海道富良野市北の峰町の富良野スキー場のコース内に自力で戻って下山し、このうち5人はスキー場近くのホテルの売店にいるところを警察が確認、残りの2人はコース内で5人と別れたということです。全員ケガはしていません。

     一行は携帯電話を持っていましたが、救助要請後、「電話に出るのが面倒だ」と警察からの問い合わせを自ら切っていたと話しているということです。
    7人は、スキー場の管理区域の外、いわゆるバックカントリーに入って帰り道が分からなくなっていました。

     富良野市付近のスキー場では2日前にも中国人2人がバックカントリーで遭難し、翌朝救助されています。

    ポーランド人スキー客、救難要請を出しながらも電話は無視、自力で下山しホテルでくつろぐ

    (この記事の続きを読む)

    【台湾】ビキニ姿で登山が有名な女性が滑落死 谷底で40時間以上生存も低体温症で死亡

    1: 名無しさん 2019/01/22(火) 05:57:57.24 ID:BiB/O8+U9
    玉山東峰(左・3,869m)と玉山主峰(右・3,952m)

    台湾のビキニ登山家が滑落死
    災害・事故・事件
    2019年01月22日 03:00
    (アップデート 2019年01月22日 03:32)

    ビキニ姿で登山する写真で有名になった台湾の吳季芸(Gigu Wu)さんが、台湾中部にある渓谷で滑落して死亡した。南投県消防局が明らかにした。
    スプートニク日本

    芸さんは19日に滑落後、谷底で40時間以上生存した後、低体温が原因で死亡したと見られる。救助隊は救出に間に合わなかった。

    悪天候のためヘリを飛ばせず、救助隊は徒歩での捜索を強いられた。

    台湾中央通信が報じるところ、芸さんは今月11日、玉山国家公園に入山。24日まで登山を続ける計画だった。地元当局は、標高3952メートルの玉山のように高い山への許可が芸さんに出されていなかったと指摘する。

    芸さんはプロの登山家ではない。あるインタビューでは、賭けに負けた後にこの趣味が始まったと語った。罰ゲームの内容は、水着で山に登って写真を撮ることだった。4年間で彼女は100箇所の山に上り、97種類の水着で写真を撮った。

    (リンク先に画像あり)
    https://jp.sputniknews.com/incidents/201901225830350/

    【台湾】ビキニ姿で登山が有名な女性が滑落死  谷底で40時間以上生存も低体温症で死亡

    (この記事の続きを読む)

    三浦雄一郎さん(86)のアコンカグア登山断念を決めたときの電話でのやりとりがこちら

    三浦雄一郎氏

    【三浦さん医師 86歳には限界】
    yahoo.jp/B0tJFV

    三浦雄一郎さんの登山断念を決めたときの電話でのやりとり。チームドクターは「もう生物学的には86歳としては限界です。生きて帰るために今日このままおりる判断をしました」。
    三浦雄一郎さん(86)のアコンカグア登山断念を決めたときの電話でのやりとり。日本時間20日午後8時ごろ、日本の事務所に残った長女恵美里さんと同行した次男豪太さん、チームドクター大城和恵さんと三浦さん本人も元気な声で話していた。敬称略。

    豪太 はーい。いいかな。

    恵美里 もう大丈夫、今もう、録音してる、大丈夫。

    豪太 えーと、1月19日から20日にかけて2日間。

    恵美里 うん。

    豪太 ここコレラキャンプにいます。

    恵美里 はい。

    豪太 えー、その間、この状態を2晩みてきたんですけれども、この状態での生活が肉体的に、精神的に厳しいとみまして、先ほど大城和恵ドクターから、えードクターストップの見解が出ました。お父さんに代わります。

    恵美里 はい。

    三浦 もしもし。

    恵美里 あっ、どうも、お父さん、ごくろうさんでした。

    三浦 すみませんでした。僕自身、大丈夫だと頂上まで行けるという自信がありましたけども、えーやはり周りでみても状況、大城先生の判断でということで(中止する)そういうことにしました。

    (続きはこちら)


    (この記事の続きを読む)
      ■ About
      twitter
      このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
      rss
      follow us in feedly
      2

      いらっしゃいませ。(´・ω・`)
      初めての方はこちらをご覧ください。
      →このブログについて。
      →全記事一覧

      調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


      ■ カテゴリー
      ■ はてブエントリー

      ■ スポンサーリンク

      Back to Top