登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ショボンあんてな(´・ω・`) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | だめぽ
    スポンサーリンク

    【画像】今からのんびり狭山丘陵まで行くよー!

    1: はちろう◆kdRtyEREWs 2014/04/23(水)10:00:32 ID:WsJ2tjvq0
    おはようございます昨日クソスレ立てた奴です。すごいくだらない理由ですが西多摩郡から変更して狭山丘陵に行くことになりました。すいません!
    詳しくはhttp://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1398174900/をご覧ください。付き合ってくれたのに本当にごめんね!

    プランはトトロの森~狭山湖に行きたいと思ってるので暇な方は是非どうぞお付き合いください!

    2: はちろう◆kdRtyEREWs 2014/04/23(水)10:04:55 ID:WsJ2tjvq0
    今は八王子。一時間弱かかるみたいだ

    2


    スポンサーリンク
    (この記事の続きを読む)
    スポンサーリンク

    立山のトイレで汲み取り作業、予算三千万円

    1: 水星虫 ★ 投稿日:2014/07/17(木) 01:34:41.42
    立山のトイレでくみ取り作業

    2

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/toyama/3065872631.html?t=1405528118000
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    北アルプス・立山の標高2700メートルにある微生物を活用した水洗トイレにゴミなどが投げ込まれ、処理機能が低下していることから、本格的な夏山シーズンを前に、16日からくみとり作業が始まりました。

    富山県立山町の一ノ越は、年間のべ7万人が訪れる標高約3000メートルの雄山への通過地点で、平成13年に水洗トイレが設置されました。
    しかし、一部の登山者が、ゴミやペットボトルなどを投げ込んでトイレの便槽がつまり、去年9月には一時、使用を制限していました。
    このため、多くの人が訪れる本格的な夏山シーズンを前に、16日、県の委託を受けた作業員がくみとり作業を始めました。

    このトイレは、排せつ物を微生物によって分解し浄化した水を再び洗浄に利用することで、
    地下に設備された処理施設に排せつ物が溜まらない仕組みになっています。
    しかし、処理機能が低下して予定より大幅に前倒しで洗浄作業を行うことになり、富山県は、今年度予算に3000万円を計上しました。

    トイレの清掃をしている男性は、「トイレが使えなくなって困るのは登山客自身だと思うのでマナーを守って利用してもらいたい」
    と話していました。

    07月16日 19時37分

    (この記事の続きを読む)

    ヤマノススメ見て登山興味出る奴wwwwwww

    2


    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/17(木) 22:48:35.01 ID:mbBFrNDe0.net
    秋頃登りたいんだけどオススメの登山グッズ教えろ

    2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/17(木) 22:49:42.79 ID:IehdumoA0.net
    25l程度のザック
    1万程度の軽登山靴
    ミズノのベルグテックっていう雨具

    とりあえずこれから

    4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/17(木) 22:51:14.46 ID:mbBFrNDe0.net
    >>2
    ザックってリュックのことか?
    25Lよりやや大きいノースフェイスとコロンビアがある

    雨具と登山靴はそれ買うわ

    8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/17(木) 22:53:22.50 ID:IehdumoA0.net
    >>4
    そうリュックのこと
    登山では一般的にバックパックかザックと言う

    ちなみにノースのザックは💩
    ノースは基本的にアパレルでいくつか良いのがあるくらいであと💩
    でもあるならそれ使えばいい

    関東なら丹沢あたりからいけばおk

    (この記事の続きを読む)

    【衝動買い】 買って後悔した登山用品 【返品不可】

    1


    3: 底名無し沼さん 投稿日:2013/12/10(火) 23:06:14.74
    お洒落と思って買った、モンベルの帽子

    4: 底名無し沼さん 投稿日:2013/12/11(水) 22:33:31.22
    >>3
    ワロタw

    5: 底名無し沼さん 投稿日:2013/12/11(水) 22:51:41.34
    中途半端にでかいツェルト

    6: 底名無し沼さん 投稿日:2013/12/11(水) 22:55:43.41
    短いほうがクライマーぽくてカッコいいと思って買ったやたら短いピッケル

    7: 底名無し沼さん 投稿日:2013/12/11(水) 22:56:46.77
    バイオライトキャンプストーブ
    完全にネタアイテムで使い道がない件

    (この記事の続きを読む)

    『トムラウシ山遭難事故調査報告書』を一緒に読まないか?

    残雪のトムラウシ山


    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/07(水) 03:02:22.34 ID:TVpeb0RH0
    トムラウシ山遭難事故調査報告書
    http://www.jfmga.com/pdf/tomuraushiyamareport.pdf

    pdf注意
    まじで気分が滅入ることまちがいなし
    トムラウシ山遭難事故 - Wikipedia
    トムラウシ山遭難事故(トムラウシやまそうなんじこ)とは、2009年7月16日早朝から夕方にかけて北海道大雪山系トムラウシ山が悪天候に見舞われ、ツアーガイドを含む登山者8名が低体温症で死亡した事故である。夏山の山岳遭難事故としては近年まれにみる数の死者を出した惨事となった。 
    この事件では後に、日本山岳ガイド協会による第三者で構成する特別委員会「トムラウシ山遭難事故調査特別委員会」が設置され、2009年8月25日から5日間をかけ、金田正樹医師をリーダーとする4名のチームが2班に分かれ、遭難事故グループの行動、事故の事実関係を調査し、後に有識者の意見とともに報告書にまとめられた[1]。


    3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/07(水) 03:03:47.47 ID:Cw9bU06V0
    これは興味深い

    4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/07(水) 03:03:51.25 ID:Ln6RAEY50
    これは会社が悪いな

    5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/07(水) 03:04:01.54 ID:TVpeb0RH0
    詳しくはトムラウシ山 遭難で検索
    wikipediaが詳しい
    この文書はもっと詳しく書いてある
    関連記事
    SOS遭難事件怖すぎワロタwww

    (この記事の続きを読む)

    【山梨】新デザイン フジサン特急出発進行 富士急行

    1: 〈(`・ω・`)〉Ψ ★@\(^o^)/ 2014/07/15(火) 06:09:09.73 ID:???0.net
    新しいデザインのフジサン特急
     
    53

     富士急行の「フジサン特急」の新しいデザインの車両の運行が12日から始まった。

     車両には人気投票などで選ばれた58体のユニークなキャラクターが描かれているほか、投票で落選したキャラクターも車両内に隠れており、乗車中に探す楽しみもある。

     同特急は大月―河口湖駅を結ぶ。2002年に2編成で運行を開始。
    うち1編成が引退したが、営業を終了した小田急ロマンスカー20000形の車両を譲り受けて改装した。

     新しいデザインの車両に描かれたキャラクターは全151体のうち上位44体が人気投票で選ばれ、1000通以上の応募があった一般公募キャラクターからも14体が選ばれた。

     新しいデザインの車両は大きな窓が特徴。窓の横幅がこれまでの約1・5倍にあたる約160センチになり、床も約20センチ高くなったため景色をより楽しめる車両になっているという。

     新しいデザインのフジサン特急は、平日2往復、休日は3往復運行(19~21日は4往復)。乗車券に加えて特急券300円が必要で、展望車両の1号車はさらに着席券100円が必要。

    YOL2014年07月14日
    http://www.yomiuri.co.jp/local/yamanashi/news/20140713-OYTNT50079.html

    (この記事の続きを読む)

    【簡単?】キャンプ料理お薦めレシピ【本格派?】甘納豆で氷あずき 餅でもほおりこんだら即席ぜんざいの出来上がりや

    main191


    8: 底名無し沼さん 投稿日:2012/12/03(月) 00:33:31.12
    【焼き鳥】

    『タレの作り方』
    みりん6
    醤油3
    砂糖3
    酒1
    塩少々
    生姜スライス
    ニンニクスライス
    鍋で30分ぐらい煮詰め、冷めるまで休ませる

    『肉の下処理』
    肉は適当な大きさに切って、日本酒を振り掛けておくと、焼き上がりがふんわりする

    『焼き方』
    裏返しながら8割方焼けたらタレに漬けて片面を焼き、更にタレを漬けて反対側の片面を焼く
    最後にまたタレに漬けて出来上がり

    (この記事の続きを読む)

    バカ「山で遭難とかwwww下ればいいだけだろwwwwwww」

    3


    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/06/18(火) 23:30:07.73 ID:oUdyUNcv0
    こういうバカを目隠しして山の中腹に放置したい

    2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/06/18(火) 23:30:42.23 ID:ihtm/HAD0
    バカ「ただいまwww」

    77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/06/18(火) 23:43:31.37 ID:N0SGupNe0
    >>2
    でワロタ

    80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/06/18(火) 23:44:14.13 ID:t2s0Zjf70
    >>2
    くそわろたwwwww

    130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/06/18(火) 23:51:35.66 ID:LjAhGOhN0
    >>2
    くっそこんなので

    253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/06/19(水) 00:14:43.38 ID:kvTDsQVE0
    >>2
    ワロタ

    (この記事の続きを読む)

    『ヤマノススメ セカンドシーズン』第2話 感想:週の真ん中にほっと一息できる素晴らしい時間ですわ~ん(´ω`)

    42
    (この記事の続きを読む)

    【三重】アカトンボ、山頂で“避暑”…伊賀・尼ケ岳

    1: Hi everyone! ★ 投稿日:2014/07/13(日) 08:44:12.99
     伊賀地方の最高峰で伊賀市高尾と津市美杉町境にある尼ケ岳(九五八メートル)で、アカトンボが舞っている。伊賀盆地のトンボに詳しい元教諭、浅名正昌さん(81)=伊賀市緑ケ丘西町=によると、未成熟なため、体色は赤くない。猛暑を避けて涼しい山頂で“避暑”をしているのだとか。

    写真=ベンチで羽を休める若いアキアカネ。成熟すると体色が赤くなる
     
    6

     「伊賀富士」とも呼ばれ、東海自然歩道が通り、登山客が訪れる。山頂部に草原があって、飛び交ったり、ベンチに止まり羽を休めたりしている。

     浅名さんは「『夕やけ小やけの赤とんぼ…』と童謡で歌われたアキアカネ」と説明。気温が三〇度以上になると、体温が上昇して死んでしまうため夏場、高所に移動して過ごすという。「避暑をしながら昆虫を食べて成熟すると、オスが赤くなる」と話し、気温が下がり出す
    九月ごろから山を下り、里に秋を運ぶ。

    写真=ベンチが置かれ、草原が広がる尼ケ岳の山頂=伊賀市、津市境の尼ケ岳で
     
    7

     「どこで産卵し、どう移動するのかなど、詳しく生態が分かっていない」といい、県北部の菰野町の御在所岳(一、二一二メートル)では羽に印を付けて放つ調査が続けられている。

    ソース(中日新聞) http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20140713/CK2014071302000021.html

    (この記事の続きを読む)
      スポンサーリンク
      ■ About
      twitter
      このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
      rss
      follow us in feedly
      2

      いらっしゃいませ。(´・ω・`)
      初めての方はこちらをご覧ください。
      →このブログについて。
      →全記事一覧

      調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


      ■ カテゴリー
      ■ 月別アーカイブ
      ■ おすすめ
      ■ スポンサーリンク

      Back to Top