登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ

    高速道路のSAと言ったら缶コーヒーとくそまずい冷凍食品の自販機

    PAを示す一般的な標識

    5: 名無しさん 2019/08/15(木) 21:02:10.98 ID:uCQ57KP10
    コーヒールンバが楽しみ


    6: 名無しさん 2019/08/15(木) 21:02:41.09 ID:x1Ak0vuA0
    ニチレイの自販機な

    8: 名無しさん 2019/08/15(木) 21:03:36.95 ID:tYacczhx0
    蕎麦はたまに食いたくなる。

    12: 名無しさん 2019/08/15(木) 21:04:41.67 ID:HUTylwon0
    SAならレストラン在るだろ
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    登山中に撮れた未知との遭遇っぽい写真 ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

    霧

    登山中、未知との遭遇って感じの写真が撮れました pic.twitter.com/ONKaAmXPXb

    登山者


    (この記事の続きを読む)

    科学者「北極の雪1㍑分調べたらマイクロプラスチック片が1万個見つかったわw」

    1: 名無しさん 2019/08/15(木) 17:58:51.74 ID:w74oSm9s0 BE:416336462-PLT(12000)
    マイクロプラスチック

    北極圏で小さなプラスチック片が雪に交じって降っていることが、最新の研究で明らかになった。
    1リットルの雪から1万個以上のプラスチック片が発見されており、科学者はその数に衝撃を受けたと話している。

    これにより、人間の手が加えられていない最後の環境とされる北極圏でさえも、人間が空気中のマイクロプラスチックを吸い込んでいる可能性があることが明らかになった。
    マイクロプラスチック吸入による健康への影響は明らかになっていない。


    ドイツとスイスの調査チームが行ったこの研究は、学術誌「サイエンス・アドバンシス」で発表された。この研究ではプラスチックのほか、ゴム片や合成繊維も雪の中から見つかっている。
    調査チームはノルウェー領スヴァールバル諸島で、デザートスプーンとフラスコというありふれた手法で北極圏の雪を集めた。

    その後、ドイツのアルフレート・ウェゲナー研究所で混入物を数えたところ、予想以上の数を見つけた。
    混入物は非常に小さかったため、出所を特定することは難しいという。
    混入物の大半は植物繊維や動物の毛といった自然由来のものだったが、プラスチックやゴム、ニス、塗料などの欠片や、合成繊維とみられるものも見つかった。

    調査チームはドイツとスイスでも雪に含まれる混入物を調べた
    研究を主導したメラニー・バーグマン博士はBBCニュースの取材で、「ある程度の汚染は予想していたが、これほどのマイクロプラスチックが見つかったのはショックだった」と話した。

    「このプラスチック片の大半が、雪と共に空中からやってきたことはすでに明らかだ」
    マイクロプラスチックとは、5ミリ以下のプラスチック片を指している。
    人体への影響についてバーグマン博士は、「プラスチックが人体に有害かどうかは分からないが、環境への配慮を強める必要がある」と答えた。


    研究ではドイツとスイスでも、雪に含まれる混入物を調べた。その結果、ドイツの一部地域で採取した雪からは、北極の雪よりも多くのプラスチック片などが見つかった。

    https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-49353653

    (この記事の続きを読む)

    一度人を襲ったクマ・人を食べたクマは、次に人を見た時に必ず襲いかかってくる

    1: 名無しさん 2019/08/16(金) 15:09:14.98 ID:qPEdqdiN9
    クマ注意看板

    北海道札幌市の住宅街にヒグマが出没し、住民を恐怖に陥れた(今月14日に射殺)。国内最大の猛獣「クマ」とは、どんな動物なのか? そして知られざる「クマ撃ち」の世界とは? 昨日に引き続き、北海道旭川市在住、「クマ撃ち」歴38年のベテラン猟師・Hさんのインタビューをお届けする。

    前編はこちら→https://www.dailyshincho.jp/article/2019/08151132/

    音にも敏感だけど、臭いにはもっと敏感

    ――「クマ撃ち」をすることに、何かしら思い入れのようなものがあるんですか? 

    H:思い入れとか、そういうのはないですね。しいて言うなら、必ず仕留められると思うから。そうでないと撃てません。打ち損ねたら、山の上から下に一気に走られます。だから「クマ撃ち」は、必ず上から下に追っていかないと危ないんですよ。

    ――「クマ撃ち」ならではの難しさはありますか? 

    H:「臭い」ですね。クマは音にも敏感だけど、臭いにはもっと敏感なんですよ。山の中で風が回ってるようなところに人が入ると、その臭いで気付いて逃げられてしまいます。頭もいいし、耳もいいし、鼻もいい。何か気配がおかしいなって思ったら、立ち上がってあちこち見て、鼻を空に向けて臭いをかいだり、いろんなことしますね。それで何かおかしいなと思うと、すぐに逃げる。だから「クマ撃ち」はすごく難しいですね。

    ――今まで何頭くらい仕留めていますか? 

    H:30頭くらいかな。僕は駆除で獲ることがなく、ほとんどが狩猟なので、それほど多くはありません。昭和の時代は有害鳥獣駆除として、クマが繁殖する春に「春クマ駆除」というのをやっていたんですが、平成になってそれが廃止になったんですよね。今は農産物被害があった時にのみに駆除するので。以前はクマの頭数自体も減ってきていたので。でも最近は、いくからやりだしていますけどね。

    ――ご実感として、クマの数は減っていますか、増えていますか? 

    H:最近は増えてきていますね。春クマの駆除をしないので、生まれた子グマが育っていますから。駆除もそれでやりだしているんだと思います。10年くらい前から北海道各地で、農家の食害が結構出てるんですが、危ないこととか、農家の要請がない限り、駆除しないんですよね。ただ、クマが市街地に出てきたというだけでは、やらないんです。

    ――札幌の住宅地に連日ヒグマが出ている(今月14日に射殺)というニュースがあったばかりですし、関東でもそうしたニュースを耳にします。

    H:旭川市内でも、畑にクマが出るようになっていますね。まあもとはといえばクマの住むエリアだったわけで、そこに人間が家を建てたためにクマが奥に追いやられたっていうだけなんですよね。野幌とか恵庭とか札幌市内とか、それなりに駆除もやっていると思いますが、山にも増えているし、里に下りてくるクマも増えていると思います。

    ■クマ肉の気になるお味は? 

    ――狩猟の装備はどんなものがあるのですか? 

    H:特別なものはありませんよ。山に入るときは、リュックサックに、ロープと、大きいビニール袋を10枚くらい。あとペットシートの一番大きいサイズ、60cm×90cmのやつを、9枚くらい持って歩いていますね。シカなんかを獲った後、解体して肉にして持って帰るときに、これに包むんだよね。

    ――ちなみにクマのお肉って、どんな味なんでしょうか? 

    H:何と表現すればいいんでしょうかね……いわゆる売られている肉とは全然味が違います、やっぱりちょっと獣の匂いはします。肉は赤身なんですが、秋口になると脂がのってきてなかなか旨いです。臭いんじゃないかと思われがちですけれど、上手に解体すれば臭いは気になりません。解体が下手な人がやると、クマの身体の外側にある体臭のようなものが肉についてしまったり、血抜きが中途半端になるので、臭みがでてしまうんですよね。

    以下ソース先で

    8 /16(金) 14:14デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190816-00577264-shincho-soci&p=1

    (この記事の続きを読む)

    二度と登るかと思った山

    テント泊

    1: 名無しさん 2019/06/26(水) 17:05:00.77 ID:vWyaN/Q/
    ありますか?

    10: 名無しさん 2019/06/27(木) 00:37:18.45 ID:zE0M/Arv
    富士山はもういいかな
    登山してるって感じがしない

    12: 名無しさん 2019/06/27(木) 01:11:32.10 ID:Ex0a7VB5
    富士はオフシーズンに限る

    17: 名無しさん 2019/06/28(金) 01:05:49.15 ID:JtCru7FX
    何度登ってもその度にトラブルが続くような相性が悪い山ってあるよな
    俺は荒船が駄目だ

    18: 名無しさん 2019/06/28(金) 04:17:16.59 ID:+iabh1D0
    相性なら鹿島槍
    頂上まで辿りつけない
    (この記事の続きを読む)

    ブラジル大統領「大便を1日置きにすれば、森林伐採と糞尿汚染の問題解決になる」

    1: 名無しさん 2019/08/10(土) 15:56:51.27 ID:98el6VDi0● BE:601381941-PLT(13121)
    ジャングル

    環境保護へ「大便控えろ」=ブラジル大統領が妙案?

    【サンパウロ時事】ブラジルのボルソナロ大統領は9日、環境保護のためには人間が大便を控えるべきだと「妙案」を示した。

    ボルソナロ政権は「経済開発と環境保護の調和」を提唱している。しかし、アマゾン熱帯雨林消失のペースは加速しており、環境団体からは「保護をないがしろにしている」と批判を受けている。

    ボルソナロ氏は、環境保護に関する記者団からの問い掛けに「(環境のためには)少し食べるのを控え、大便を毎日ではなく1日置きにとどめるだけでいい。そうすれば生活もずっと良くなる」と返答。農地開発のための森林伐採と、ふん尿汚染の問題解決につながると冗談めかした。 

    https://news.livedoor.com/article/detail/16908805/

    (この記事の続きを読む)

    「 山伏のような影」「 消える餅」「地蔵」「樹上の遺体」【山にまつわる怖い話】

    夜

    484: 名無しさん 04/01/01 16:09
    山伏のような影

    友人の話。

    彼の所属する青年部では、毎年、初日の出登山というものを開催している。
    元旦の前には、山頂の小さな祠に、当日晴天に恵まれるようお参りするのだそうだ。

    一度、雲が多く天気が悪い年があった。
    どうなることかとスタッフ一同心配していた。

    日の出時間間近、彼は山頂の一番高い木に、何かが止まっているのに気がついた。
    はっきりと見えなかったが、何だか山伏のようだったという。

    それは分厚い雲に向かい、一生懸命に団扇のようなものを振っていた。
    なぜか分からないが、彼も心の中で必死に応援したそうだ。

    日の出寸前、雲の一部がぽっかりと口を開けた。
    皆の口から歓声が上がり、無事にご来光を拝むことができた。

    雲が切れたのは、ちょうど日の出の前後、十分くらいだけだったという。
    いつの間にか木上の影は見えなくなっていた。

    彼はそれ以来、年末のお参りには欠かさず参加しているそうだ。
    今のところ、六年間無事にご来光を拝めているらしい。

    (この記事の続きを読む)

    夜の山道とかで追いつかれた場合は譲ってやるけどな。先頭走るより後ろ付いて走った方が効率いいから。

    山道

    2: 名無しさん 2019/08/15(木) 23:37:18.88 ID:iN6J+3id0
    むかし単車で夜道走ってて
    何か心細かったからトラックの後ついて走ってたら
    道を譲られて仕方なく一人で先にいったわw

    3: 名無しさん 2019/08/15(木) 23:37:31.04 ID:kfWX/oWL0
    ぴったりくっついてくんな
    ホラーかよ

    5: 名無しさん 2019/08/15(木) 23:39:46.40 ID:yX20d7xe0
    夜の山道はさみしいから無理してでも前の車に追いつこうとするんだよ

    7: 名無しさん 2019/08/15(木) 23:41:08.37 ID:Co8UMecL0
    ジェットストリームアタックっていう効果だっけ?
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    BBQメンバー18人が孤立した大谷渓谷、車道はないものの四駆ファンに人気のスポット 地元民「ホタルもいるのに」

    1: 名無しさん 2019/08/16(金) 09:20:10.34 ID:xD22EQ4z9
    大谷渓谷

     玖珠町の大谷渓谷で14日夜、台風10号の影響によって川が増水し孤立した18人が乗っていた車6台は、河原を縦列走行中に増水に見舞われたことが捜索関係者への取材で分かった。一帯の河床は平らな一枚岩が広がり、地上高の高いオフロード車を走らせるファンには人気の場所だという。

     捜索関係者によると、現場に車道はなく、岩や石が転がっている。車6台はいずれも地上高の高い四輪駆動車で同車種。縦列で走っており、数台がバランスを崩して立ち往生していたところ水かさが増したという。18人は乳幼児ら未成年11人を含む男性12人、女性6人で、いずれも佐賀県に住む5家族。職場の仲間や親類などのグループ。

     地元住民によると、渓谷沿いに車道はないが一部には河原につながる斜面がある。そこから四輪駆動車やバイクで河原に降り、走行したり遊んだりする人は後を絶たない。そうした映像は動画投稿サイトに上げられている。ただし、14日は台風の接近が予想されており、雨も降り始めていた。ある住民は「好天時ならまだしも、あんな日に川に立ち入るなんて信じられない」と絶句し「ホタルもいる環境が壊されるかもしれない」と憤った。

     県などによると、現場の川は奈女(なめ)川の支流で法的には川に立ち入ることは禁じられていないという。玖珠町役場の河川管理担当者は「車が入っているとは今回の事が起きるまで知らなかった」と話した。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16934402/

    (この記事の続きを読む)

    山の中で一番目立つジャケットの色がどれか検証した結果→

    ハイカー

    どの色のジャケットが山でもちゃんと目立つのか、山の中で検証した結果

    やはりここでも【青】が最強か......!

    見えやすい色の秘密は「プルキニェ現象」というものによるのだそう。
    くわしくはコチラ▽
    yamahack.com/3668 pic.twitter.com/p7N80jmkTM
    警察庁が発表している「平成30年における山岳遭難の概況」によると、山での遭難件数は増加の一途をたどっています。だからこそ、地図とコンパスや登山用地図アプリを活用するなどして、現在地と目的地を確認しながらトレイルを進むことが大切です。 

    もし、遭難してしまい自分(達)の力ではリカバリーが無理だと感じたら、早めに救助を要請しましょう。その時に登山者が自分の居場所を知らせる方法として、ホイッスルやミラー、ライト等があります。そして、それらと同様に有効なのが、目立つ色のウエアを着ること。 

    今回は「救助者に早く見つけてもらうための方法」をテーマとしてある実験を行いました。

    (続きはこちら)
    (この記事の続きを読む)
      ■ About
      twitter
      このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
      rss
      follow us in feedly
      2

      いらっしゃいませ。(´・ω・`)
      初めての方はこちらをご覧ください。
      →このブログについて。
      →全記事一覧

      調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


      ■ カテゴリー
      ■ はてブエントリー

      ■ スポンサーリンク

      Back to Top