登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ

    【朗報】苔育ったwwwwwwwwwww

    苔

    1: 名無しさん 2019/06/09(日) 10:58:30.502 ID:3y7uRqmc0
    ビフォー

    1
    2
     

    アフター

    3
    4
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    「ポツンと一軒家」は何故ここまで今の日本人の心を惹きつけてるんだろうな

    1: 名無しさん 2019/06/10(月) 15:02:02.98 ID:uNuA9nNy0 BE:155743237-PLT(12000)
    田舎

    「ポツンと一軒家」 関西でも過去最高&大台超え21・4%
    6/10(月) 14:41

    9日放送のABCテレビ・テレビ朝日系「ポツンと一軒家」(日曜後7・58)の関西地区・平均視聴率が過去最高の21・4%を記録。週間視聴率もNHK連続テレビ小説「なつぞら」(8日、19・5%)を抑え、関西地区1位となった。
    関東地区も初めて20・3%を記録した(数字はビデオリサーチ社調べ)。


    所ジョージ(64)が司会、林修(53)がパネリストを務め、日本各地の人里離れた場所にポツンと存在する一軒家を制作スタッフが訪れ、住人のドラマを伝える番組。9日は宮崎県南西部の山奥の一軒家を訪ね、老夫婦にスポットを当てた。同局制作プロデューサーは「これからも変わらず、番組作りを続けていきます」と話している。

    9日同時間帯の読売テレビ「世界の果てまでイッテQ!」は12・2%(関東地区15・0%)、毎日放送「サッカー・キリンチャレンジカップ2019、日本代表対エルサルバドル戦」は11・2%(同13・8%)、関西テレビ「でんじろうのHTE実験」は6・4%(同5・2%)、NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」が6・0%(同6・7%)、テレビ大阪「地球ぐるり!日本―北米2000km最新型!自動車船に乗せてもらいました」が
    5・2%(同5・9%)だった。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/06/10/kiji/20190610s00041000260000c.html

    (この記事の続きを読む)

    ファミリーキャンプ始めたいんだが最低限何が必要?

    キャンプの夜

    1: 名無しさん 2019/06/10(月) 07:31:03.488 ID:Dvkw08nA0
    車とシュラフと調理器具一式と照明はある

    テント
    グラウンドシート
    マットレス
    机と椅子

    は最低限必要だな?

    3: 名無しさん 2019/06/10(月) 07:31:48.387 ID:kHa2iCgK0
    クーラーボックス

    5: 名無しさん 2019/06/10(月) 07:32:25.023 ID:Dvkw08nA0
    >>3
    Oh!!忘れてたわ、リスト追加
    コロコロ引っ張るキャリーってあったほうがいい?

    8: 名無しさん 2019/06/10(月) 07:33:07.410 ID:kHa2iCgK0
    >>5
    最近のキャンプ場は駐車場から離れてるからキャリーは必須
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    【/^o^\】「富士山登山鉄道」構想がいよいよ発車! 霊峰の麓から5合目

    1: 名無しさん 2019/06/10(月) 16:25:59.51 ID:f/gyhjMq9
    富士急の電車

    富士山の山梨県側の麓と5合目を結ぶ「富士山登山鉄道」構想が再び動き出した。

    1月の知事選で初当選した長崎幸太郎知事の「検討する」という公約を受けて、県は有識者による勉強会を開き、6月補正予算案に基本構想策定費として約4175万円を盛り込んだ。
    2年後をめどに基本構想をまとめる方針だ。

    戦前から構想

    富士山を鉄道で登るという構想は戦前からあり、山腹に穴を開けてケーブルカーを通す「モグラ鉄道」などが考えられた。
    戦後の昭和38年には富士急行が5合目から山頂までの地下ケーブルカー建設を国に申請し、取り下げている。

    また、平成27年には富士急などの企業や観光協会、自治体でつくる富士五湖観光連盟の検討会が、富士河口湖町と5合目をつなぐ有料道路「富士スバルライン」に線路を敷くという案を提言した。
    ただ、常に「霊峰」の開発に対する反対論があった。

    関係者によると、今回の構想検討は首相官邸筋から長崎氏に依頼があったという。

    5月22日に東京都内で開かれた勉強会には、青柳正規元文化庁長官、岩村敬元国土交通事務次官、山東昭子元参院副議長、島田晴雄首都大学東京理事長や、喜勢陽一JR東日本常務の代理ら政財界やマスコミなど各界の有識者が出席した。

    県は勉強会を検討会に格上げし、参院選後なるべく早い時期に初会合を開きたい考えだ。

    事業主体は民間

    建設には数百億円とも2000億円ともいわれる多大な費用がかかる。
    担当の藤巻美文知事政策補佐官は「県の仕事は知事の公約である『構想の検討』。
    県営鉄道になることはあり得ない。後は民間がやること」と説明する。


    事業主体については地元関係者らの間で憶測を呼んでいる。
    富士山登山鉄道は富士急が積極的な構想と受け止められてきたが、富士急のオーナー一族である堀内家とかつて選挙で争ってきた長崎氏が今は推進しているからだ。

    県幹部は「特定の企業が事業にどう関与するかという問題ではない。オールジャパン、そして世界の企業が入る壮大な事業になるだろう」と話す。

    構想が固まっても、ヘアピンカーブや急勾配を鉄道が走れるのかという技術的な問題や、世界遺産である富士山を開発することがどこまで許されるのかという課題がある。


    勉強会で日枝久フジサンケイグループ代表は、天皇陛下が皇太子時代に登山専門誌に書かれた次の一節を紹介した。

    「富士山の自然が守られ、今後何世代にもわたり、人々が富士山の美しさを享受できるよう心から願わずにはいられない」

    自然を守ることを大前提に富士山の恩恵を受ける。それが勉強会メンバーの共通認識だ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16595810/
    2019年6月10日 12時56分 産経新

    (この記事の続きを読む)

    日本って山多いけど山壊して平地にするとか無理なんか?

    山々

    1: 名無しさん 19/06/10(月)13:45:20 ID:y1f
    なんかあかんのかな

    3: 名無しさん 19/06/10(月)13:49:10 ID:1Cw
    山を崩してその土を沿岸に運べば陸地が広がリングwwwwwwwww

    14: 名無しさん 19/06/10(月)13:57:11 ID:y1f
    >>3
    これこれ
    ええやん埋め立てに使って

    4: 名無しさん 19/06/10(月)13:50:33 ID:72b
    東京とか大阪とか、土地が高い所はそうやってる
    他は費用がペイできない
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    お前らザック何㍑の使ってんの? 日帰りメインで35㍑が一番デカいんだけど試しに雲取山一泊行ってみたらマット付けるのに難儀したわ

    テント泊

    463: 名無しさん 2018/07/11(水) 21:43:00.56 ID:37ehfUIA
    お前らザック何㍑の使ってんの?
    日帰りメインで35㍑が一番デカいんだけど試しに雲取山一泊行ってみたらマット付けるのに難儀したわ

    464: 名無しさん 2018/07/11(水) 21:57:49.05 ID:qPymZOoT
    どんな35かわからんが、大きめの35なら今時のテント1泊に苦労しないっしょ。
    ハーネス細いから縦走は辛いけど、雲取1泊程度が俺なら我慢できるライン。
    マットなんぞどうとでもなるしな。夏だし。

    465: 名無しさん 2018/07/11(水) 22:03:28.83 ID:VdwAabH0
    今時分の2000m以下の山ならシュラフカバーだけで十分だしテン泊装備は小さくできるよな
    いつもは1泊でも70Lのテン泊フル装備で20kgいくんだけど
    この3連休は38Lでウルトラライト山行してみるつもり
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    【なんJ登山部】趣味が登山ってモテる?

    休憩する登山者

    1: 名無しさん 2019/06/10(月) 10:55:30.79 ID:0z0ZTiMZa
    どうなんや?
    トッモから登山に誘われてるんやけどモテないならやらん

    4: 名無しさん 2019/06/10(月) 10:56:26.97 ID:PZXVcMBV0
    ワイ女からするとええ趣味してるなぁって感じ

    特段好ましく思うわけではない

    10: 名無しさん 2019/06/10(月) 10:58:01.34 ID:0z0ZTiMZa
    >>4
    なるほど
    いい意見やね

    7: 名無しさん 2019/06/10(月) 10:57:11.46 ID:52whNwdQa
    山ガールにはモテるんやない
    一般人にはそれほど…
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    モンベルおじさんvs.スノーピークおじさん

    焚き火中

    1: 名無しさん 2019/06/09(日) 23:21:54.88 ID:ZNdmISL7a
    どっちも厄介者

    4: 名無しさん 2019/06/09(日) 23:23:34.77 ID:Vs+rNo8B0
    ワークマンおじさん「まとめてワイほどではない」

    5: 名無しさん 2019/06/09(日) 23:23:43.75 ID:8CmoyewQ0
    全部のブランドの定番を抑えてるワイ、高み

    6: 名無しさん 2019/06/09(日) 23:24:17.42 ID:ZNdmISL7a
    スノーピーク統一おじさんはマジで厄介や
    キャンプ道具の値段の話しかしない

    8: 名無しさん 2019/06/09(日) 23:25:48.30 ID:8CmoyewQ0
    >>6
    TETIとかの話もしてそう
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    両親に「気晴らしに登山でも行こう」って誘われたんだが

    夕暮れの山

    1: 名無しさん 2019/06/09(日) 21:54:14.846 ID:fbA/ZDYo0
    行ったほうが良いの?

    2: 名無しさん 2019/06/09(日) 21:54:34.466 ID:T8WM+2Ii0
    あっ…

    4: 名無しさん 2019/06/09(日) 21:54:54.243 ID:DOoUIsyV0
    行ったら最期だぞ

    8: 名無しさん 2019/06/09(日) 21:55:04.955 ID:jZfxZeyH0
    あー……ついにきたか……

    11: 名無しさん 2019/06/09(日) 21:55:28.018 ID:fbA/ZDYo0
    運動してないから不安なんだが
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    ニホンライチョウ、 中央アルプスで半世紀ぶり誕生なるか!?

    中央アルプスのライチョウ

    ニホンライチョウのひな 中央アルプスで半世紀ぶり誕生なるか #nhk_news www3.nhk.or.jp/news/html/2019…
    ライチョウの卵

    ニホンライチョウがおよそ半世紀前に絶滅したとされる長野県の中央アルプスで、去年、見つかったメス1羽の巣に別の場所から有精卵を移し替える作業が8日、行われました。順調にいけば、今月中にも半世紀ぶりに“中央アルプス生まれ”のひなが誕生する見込みです。


    国の特別天然記念物で絶滅が危ぶまれているニホンライチョウは、中央アルプスではおよそ半世紀前に絶滅したとされていますが、別の場所から飛来したとみられるメス1羽の生息が去年、確認されています。

    8日午後6時ごろ、木曽駒ヶ岳の山頂近くでNHKが撮影した映像には、茶色と黒、それに白が混じった夏に見られるまだら模様のメスのライチョウが映っています。中央アルプスに生息するメスの様子が映像で記録されたのは今回が初めてです。

    環境省では、このメスに別の場所から移した有精卵を温めさせ中央アルプスでライチョウを繁殖させる計画を進めています。

    8日は、午後6時ごろ、木曽駒ヶ岳の山頂近くにある巣からメスが出てきたのを見計らって環境省の職員らが近づき、中にあった8つの無精卵を北アルプスの乗鞍岳で採取した6つの有精卵と交換しました。



    (この記事の続きを読む)
      ■ About
      twitter
      このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
      rss
      follow us in feedly
      2

      いらっしゃいませ。(´・ω・`)
      初めての方はこちらをご覧ください。
      →このブログについて。
      →全記事一覧

      調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


      ■ カテゴリー
      ■ はてブエントリー

      ■ スポンサーリンク

      Back to Top