登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ

    【悲報】 鹿に腹を刺され、男性重傷 山梨

    1: 名無しさん 投稿日:2016/02/10(水) 20:57:12.09 ID:CAP
    10

    10日午前7時45分ごろ、山梨県富士川町柳川の畑で、鳥獣ネットに絡まって暴れている鹿を取り押さえようとした同町鳥屋の無職男性(67)が、鹿の角で腹を刺された。県警鰍沢署によると、男性はドクターヘリで甲府市内の病院に搬送され、重傷だが生命に別条はないという。

     同署によると、男性は地元猟友会の会員。鹿を見つけた畑近くの男性から依頼を受け、単独で現場に駆けつけた。狩猟用ナイフで駆除しようと、男性が鹿の頭を押さえつけた際に、角が男性の腹に刺さった。

     鹿は体長約140センチで、角の長さは約60センチ。4歳くらいという。駆け付けた猟友会員に駆除された。

     現場は山あいの集落。県警は鹿やイノシシなどを見つけたら、不用意に近づかず、通報してほしいと呼びかけている。

    http://www.sankei.com/affairs/news/160210/afr1602100031-n1.html

    (この記事の続きを読む)

    アウトドアファッションの魅力 モンベル安いな・・・

    1: 名無しさん 投稿日:2016/02/10(水) 02:36:44.86 ID:gzQpAqZz0.n
    アラサーあたりからこれで外をうろちょろしても良くないか

    8
    https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1106499


    室温20℃でも暖かく!環境省×モンベルで「ウォームビズ」を推進

    首都圏でもいきなり大雪に見舞われるなど、暖冬から一転急に寒波が襲いだした。凍るような寒さを凌ぐため、暖房を強めに効かせるといった対策をとっている方も、きっと多いことだろう。 

    しかし、そのような暖房の促進は、当然地球にとっては良くないことだ。多くの方が知っているように、空調をガンガン使うとCO2排出量も増え、地球温暖化につながってしまうからだ。  政府も、COP21で採択されたパリ条約に基づいて、政府が旗振りとなって“地球温暖化防止国民運動”を強化していくことが決定している。 

    それを受けて環境省では、省エネや低炭素型の製品やサービス、行動など温暖化対策に関する“賢い選択”を促す国民運動『COOL CHOICE』を推進している。 

    『COOL CHOICE』ではたとえば、エコカーを買う、エコ住宅を建てる、エコ家電にするという“選択”や、高効率な照明に替える、公共交通機関を利用するという“選択”、クールビズをはじめ低炭素なアクションを実践するというライフスタイルの“選択”を行うことが推奨されている。

    http://nge.jp/2016/01/26/post-130580

    (この記事の続きを読む)

    【画像】アメリカの湖が寒さで大変なことに

    1: 名無しさん 投稿日:2016/02/08(月) 22:43:49.39 ID:lD1YL11O0.n
    1
     
    ミシガン湖のセントジョセフ港の入り口に位置する高さ約10mの灯台は、氷点下の中冬の嵐にさらされ、巨大なつららへと変貌しました。

    灯台に波が打ちつけられすぐに氷へと変化し、埠頭はツルツルした白いおとぎの国へと一変しました。
    気温が冷え冷えとするマイナス5℃まで下がり、嵐の後米国中の数百万人の人々が暖かさに飢えています。

    完璧なショットを捉えるにはタイミングが全てなので、凍えるような状況で写真を撮るのは難しいことです。
    「灯台の氷の形状のためには適切な条件が必要となります。」
    と写真の撮影者のマイクさんは言います。

    「気温は氷点下でなければならず、埠頭に沿った水は開放されていなければなりません。
    さらに埠頭を覆う氷のために風と波が必要です。そして各々の薄い氷の層が徐々に積み重なり、雄大な氷の形成物となります。」

    http://www.greatnews.top/%E8%AA%E7%B6/54325671.html

    (この記事の続きを読む)

    登山と法令との関係て、いろいろ難しいよね (´・ω・`)

    5


    600: 名無しさん 投稿日:2016/01/27(水) 18:59:00.24 ID:SsYYMKI4.ne
    自分も一人だけど、ホワイトアウトを考えるとgpsないと無理だ
    地図とコンパスでどうやって抜けるのか分からん

    603: 名無しさん 投稿日:2016/01/27(水) 19:07:17.76 ID:g46mncYj.ne
    GPS使うと、冬山の怖さが半減するのと、山を観察する意識が下がりそうで個人的には使いたくない
    赤テープくらいにしときたい

    604: 名無しさん 投稿日:2016/01/27(水) 20:33:40.02 ID:6OeFRrvC.ne
    冬山の単独は確かに危険だが、まっさらな雪面に自分ひとりで歩くのは
    非常に充実感があるんだ。

    605: 名無しさん 投稿日:2016/01/27(水) 20:43:33.75 ID:JHNIvvwO.ne
    赤テープが見つけられる程度しか積もらない雪山だと楽勝でしょうよ。

    正直誰かのトレースがないと不安過ぎて行く勇気ないわ。
    関連記事
    登山道歩いてるとたまに赤テープが出てくるじゃん?


    (この記事の続きを読む)

    缶詰が腐らない理由知らない馬鹿って意外と多いよな

    22


    1: 名無しさん 投稿日:2016/01/22(金) 17:31:53.64 ID:3u4yIAwia.n
    正解は中身が真空だからやで
    何人かに聞いたら見当違いな答え出す馬鹿が多くて笑ったわ

    2: 名無しさん 投稿日:2016/01/22(金) 17:32:32.44 ID:Pd+Ft+MP0.n
    無菌だからだぞ

    3: 名無しさん 投稿日:2016/01/22(金) 17:32:54.03 ID:3u4yIAwia.n
    >>2
    馬鹿発見

    7: 名無しさん 投稿日:2016/01/22(金) 17:34:00.08 ID:Pd+Ft+MP0.n
    >>3
    微生物なしで腐敗は起きない
    微生物学一からやり直してこい

    18: 名無しさん 投稿日:2016/01/22(金) 17:36:26.71 ID:3u4yIAwia.n
    >>7
    お前の持論やろそれ
    空気があったら普通に腐敗するわ
    関連記事
    【サバイバル】災害時に食べられて灯せる?缶詰は優秀なアイテム


    (この記事の続きを読む)

    【ヒマラヤ山脈】雪崩で行方不明のインド兵、6日ぶり救出

    1: 名無しさん 投稿日:2016/02/09(火) 12:14:50.85 ID:IAMU6fDS0.n
    img_a434489df82d3d924e40382fe9f532a3341055

    ヒマラヤ山脈(Himalayas)のシアチェン氷河(Siachen Glacier)で先週発生した雪崩に巻き込まれ、生存が絶望視されていたインド兵10人のうちの1人が、6日ぶりに奇跡的に救出された。インド軍当局が8日、明らかにした。

    インドのPTI通信によれば、兵士は深さ8メートル近くの雪の中に埋まっていた。
    ただ容体は危険な状態にあり、当局が9日午前中にヒマラヤ山脈から首都ニューデリー(New Delhi)にある軍の病院に搬送を試みる予定だ。

    シアチェン氷河はインドとパキスタンが領有権を争うカシミール(Kashmir)地方にあり、インド軍が哨戒に当たっている。
    先週、大規模な雪崩が発生した際、兵士らは標高5900メートルの駐屯地で任務に就いていた。

    (c)AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3076265

    (この記事の続きを読む)

    長野県「5ヵ年で鹿20万頭駆逐す」

    1: 名無しさん 投稿日:2016/02/08(月) 17:05:40.19 ID:HZpxvorb0.n
    22

    シカによる農作物などへの深刻な被害が続くなか、長野県は、5年間でおよそ20万頭のニホンジカを捕獲する新たな目標を掲げ、駆除を強化していくことになりました。

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/1015715541.html

    (この記事の続きを読む)

    【速報】 蔵王山に噴火警戒レベルキタ――(゚∀゚)――!!

    1: 名無しさん 投稿日:2016/02/09(火) 21:53:53.07 ID:XUoPqtKb0.n
    1

    蔵王 噴火警戒レベル導入

    ◆馬の背登山道は規制解除へ
    蔵王山の噴火に備え、山形、宮城両県などの関係機関が周辺住民の安全対策を話し合う「蔵王山火山防災協議会」が8日、県庁で開かれた。
    これまで導入を検討してきた「噴火警戒レベル」について、5~6月をめどに運用開始することを正式に決めた。
    噴火警戒レベルは、蔵王山の火山活動を5段階で示し、その段階に応じた住民の避難行動について、仙台管区気象台が発表することになる。

    例えば、火山活動が活発になった場合は「レベル3(入山規制)」、融雪型火山泥流などによって周辺の居住地域への被害が予想される場合は「レベル4(避難準備)」、泥流の発生が切迫している場合は「レベル5(避難)」と、危険性を住民に知らせ、状況を踏まえた安全確保を促す。
    併せて、両県など関係機関がレベルに応じ、住民の避難誘導や救助活動などで緊密に連携するための新たな防災対策についても決定した。

    また、自主規制が続く、両県境の「馬の背登山道」について、8月をめどに規制を解除することで一致。
    雪解けを待って現地調査を行い、避難路を設置した上で解除する。
    会議を終え、吉村知事は「登山道の自主規制の解除によって、安全性を確保した上で、観光客に御釜を見てもらえるようになる。風評被害も払拭できれば」と期待を込めた。

    http://www.yomiuri.co.jp/local/yamagata/news/20160208-OYTNT50086.html

    (この記事の続きを読む)

    滅茶苦茶格好いいハイエースカスタム登場!これなら警戒されないな

    1: 名無しさん 投稿日:2016/02/08(月) 16:02:52.53 ID:PqZY0ovp0
    トヨタ『ランドクルーザー』と『ハイエース』を中心に扱うフレックス自動車販売は、東京オートサロン16に『FLEX カスタムハイエース アメリカ』を出展した。

    『ハイエース ワゴン GL』をベースに、往年のアメリカンバンを彷彿させる、50系ハイエースの角目四灯フロント廻りのフェイスキットを装着。

    ただ古いだけではなくアメリカンテイストを加え、個性的な一面も表現した。ハイエースが持つスクエアなボディラインは、クラシカルなデザインとも相性がよく、違和感ない仕上りとなっている。

    3

    http://response.jp/article/2016/02/08/269338.html

    (この記事の続きを読む)

    どうせ金が掛かるのだから慎重にならずに黙って最初に買えってモノ…モンベル:ジオラインMW上下、パタゴニア:R2

    no title


    701: 名無しさん 投稿日:2016/01/26(火) 21:05:32.95 ID:jgADQlp+.ne
    どうせ金が掛かるのだから慎重にならずに黙って最初に買えってモノ

    ジオラインMW上下
    R2

    あとのシェル・雨具類は好きなの買え
    靴は良く履き比べて足に合うものを買え

    1
    https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1107525

    702: 名無しさん 投稿日:2016/01/26(火) 21:37:53.46 ID:AoV6hazQ.ne
    >>701
    ジオラインは同意するけどR2は必須かなぁ?どっちも持ってるけどR2買うならR1の方が良いような。

    2
    http://www.patagonia.com/jp/product/mens-r2-jacket?p=25138-0

    703: 名無しさん 投稿日:2016/01/26(火) 21:45:59.88 ID:PAiX5Aw5.ne
    R2は暑すぎて使いにくい
    パタゴならR1かピトンがよい

    707: 名無しさん 投稿日:2016/01/26(火) 23:26:40.45 ID:Cmp8k3/F.ne
    最初に買うならメリノウールよりジオラインだわな
    R1は暑くても風が少しあるだけで寒いからあんまりだった…
    これならシャミースの方が良い
    関連記事
    【モンベル:機能素材】 ウィックロン(シリーズ)とジオライン(シリーズ)との違いをわかりやすく詳しく教えて欲しい


    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top