10


1: 寒いの大好き 投稿日:2006/10/22(日) 02:51:05
行動中と休憩中、昼間と朝晩等、温度変化に対応する基本の重ね着、雑誌ではアンダー、ミッドレイヤー、アウターに分けてますが、みなさんどうしてます。
それぞれこだわりがあると思いますがブランドに関係なく、私はこうしてる。あるいは、どうしたら良いかを語り合いましょう。

3: 底名無し沼さん 投稿日:2006/10/22(日) 04:17:02
冬の3000m級(小屋利用)でも。アンダー、ミッドレイヤー、アウターだよ。
冬用アンダー上下、冬山専用フリース上下、アルパインジャケットの3枚着。

4: 底名無し沼さん 投稿日:2006/10/22(日) 10:20:40
俺の特徴は、中綿物を一切使っていないことかな。化繊アンダーとフリースとシェルで
すべて押し通す。 

5: 底名無し沼さん 投稿日:2006/10/22(日) 15:03:37
中綿の中で結露した水分が凍るからな、厳しい登山では

6: 底名無し沼さん 投稿日:2006/10/22(日) 16:27:52
ジオ半袖+パタゴニアR1+ゴアカッパで
12月の雪が少し積もってる2000mの低山
では行動中ちょっと暑かった。
下半身は、キャプりん+夏用パンツで休憩中ガクブルだった。
関連記事
・【uniqlo】ユニクロで登山【エアリズム】低山なら全身ユニクロでも余裕!
・【超悲報】冬登山一式ブランド比較wwwwwwwwwwwwww

7: 底名無し沼さん 投稿日:2006/10/22(日) 17:13:22
九月最後の土曜日、日光白根山に登ってきた。下着はユニクロのドライテック、ウールの山シャツを上に着ていたが結局暑くて、行動中はユニクロの半袖1枚、休憩時に山シャツを羽織るという感じ。
でももし1週間後だったら白根に初冠雪、マウンテンパーカーが必要だったかも

8: 底名無し沼さん 投稿日:2006/10/22(日) 18:47:53
冬山の難点は調整のためウェアをあまり脱ぎ着できない事だろうな
だから、アルパインジャケットには脇下ジッパーとか付いてる訳だが

9: 底名無し沼さん 投稿日:2006/10/23(月) 08:46:14
薄着で行動、休憩はハードシェルの上から中綿ジャケット着用でいいんじゃね。

10: 底名無し沼さん 投稿日:2006/10/23(月) 23:01:56
>>9
いわゆるビレイパーカーの類いね。あれどうしても必要なくらい過酷なところじゃ
ないと、快適さより嵩張るネックが上回るんだなあ。まあ俺、あれが無いと凍え死ぬ
ような山をやらないんだけどね。
フリースとシェルで済ます派です。

19: 底名無し沼さん 投稿日:2006/10/25(水) 20:43:04
ベスト型のダウンジャケットやフリースあるよね。あれって効果あるの?
袖がないから着ても寒いと思うんだけどどうなんでしょ?

20: 底名無し沼さん 投稿日:2006/10/25(水) 21:09:24
>>19
暑いときに着ると、涼しくていいよ。

21: 底名無し沼さん 投稿日:2006/10/25(水) 21:11:49
>>19
ダウンが欲しいほど本格的に寒い時には寒いよ。
ベスト型で十分ならフリースで事足りるし、意味無し。

22: 底名無し沼さん 投稿日:2006/10/25(水) 21:13:11
>>19
寒いときに着ても、涼しくて(・∀・)イイ

23: 19 投稿日:2006/10/25(水) 21:31:18
えっと、、結局はただ単に見栄えとかオシャレで着てるだけですか?

25: 底名無し沼さん 投稿日:2006/10/25(水) 22:11:02
>>23
シェルの下に着るなら動きやすくていい
>>21の言うとおりダウンベストはいらないけどな

29: 底名無し沼さん 投稿日:2006/10/25(水) 23:31:58
山シャツって?

30: 底名無し沼さん 投稿日:2006/10/25(水) 23:35:12
>>29
ホタンシャツ(カッターシャツ)だろ

31: 底名無し沼さん 投稿日:2006/10/26(木) 00:14:32
本格的な冬山ではカッターシャツは着ないよ
アンダーを二枚重ね(タンクトップ+ジップ付きロングT)にするとかだな

43: 底名無し沼さん 投稿日:2006/12/09(土) 12:33:22
ソフトシェル愛用の方に聞きたいのですが、
ソフトシェルの下には何を着ていますか?
Tシャツのみ?それとも何枚か着てるのですか?
ソフトシェルって結構タイトなサイズの物が
多いから、下に着る物が限られそうで、
なかなか手が出せない・・・

44: 底名無し沼さん 投稿日:2006/12/09(土) 12:42:34
ソフトシェルにも保温性の高いのから風防ぐだけのもあるんで一概には言えんですたい。
中間着は暑けりゃ薄いものを、寒けりゃ厚いものを。運動性重視ならそういうものを。
好きに組み合わせて使ってくださいませ。
ワシは厳冬期に使う場合は休憩中はビレイパーカー使ってるんで
ソフトシェルの下は中厚手のアンダーと厚手のメリノウールのプルオーバーぐらいです。

45: 底名無し沼さん 投稿日:2006/12/09(土) 22:49:47
ソフトシェルとは一言で言えば
防水が少し弱い反面、透湿性が優れているアウター。
雪のあるようなところだと雨の変わりに雪が降るから防水面は少し弱くても問題なし。
ところが3シーズンと違って、なかなか脱着して体温調整できない。
蒸れてウエア内が結露、凍結すると致命的になるので透湿性の方を重視している。

46: 45 投稿日:2006/12/10(日) 01:47:46
ま、ソフトシェルはスノーシューやゲレンデでスキーをするとか
「ちょっとした雪山」には便利。
本格的な冬山をするのであれば、滑りにくい冬山ハードシェルが必要になってくるが。
決してソフトシェルをレインウエアー代わりに使おうとは思わないこと。w

50: 底名無し沼さん 投稿日:2007/01/01(月) 18:02:02
パワーストレッチおすすめ
寒いときはマフラーやバラクラバを足すようにしたほうが
ソフトシェル着っぱなしで済むし、手間も省ける

65: 底名無し沼さん 投稿日:2007/02/20(火) 10:43:25
パタゴニアでレイヤードするとこんな感じ?

春・秋
ベースレイヤー:キャプリーン2
ミッドレイヤー:R2
ソフトシェル:レディミックス、フィギィア4
アウター:ジェットストリーム、レインシャドウ


ベースレイヤー:キャプリーン1Tシャツ
ミッドレイヤー:R1またはR2
ソフトシェル:不要
アウター:ジェットストリーム、レインシャドウ


ベースレイヤー:キャプリーン4
ミッドレイヤー:R2、薄型ダウン(製品しらん)
ソフトシェル:レディミックス、ディメンジョン、コアスキン
アウター:ジェットストリーム、レインシャドウ

これでOKだとすると、R2、レディミックス、ジェットストリームを
揃えると年間通じて使えるな。

66: 底名無し沼さん 投稿日:2007/02/20(火) 11:21:50
なにそれ、
おまえ、実は品物着たこと無いだろ
夏なんてアホかよおまえ

67: 底名無し沼さん 投稿日:2007/02/20(火) 11:31:14
つーかソフトシェルはレディミックス1つあればそれで事足りる

68: 底名無し沼さん 投稿日:2007/02/20(火) 12:28:59
パタゴニア好きなんだねぇ(^.^)

69: 底名無し沼さん 投稿日:2007/02/21(水) 17:51:41
夏にキャプリーン1は無いだろ!

73: 底名無し沼さん 投稿日:2007/02/24(土) 11:02:01
>>69
夏にキャプリーン1は無いだろ! ってなんで?
夏こそ最適だと思うんだけどなあ。去年の盛夏にSW(現行のキャプ1相当)で
北アを歩いたけど快適だったよ。

最適使用状況をさらしてください。69さんの推奨が知りたい!

74: 底名無し沼さん 投稿日:2007/02/24(土) 15:01:03
69はパタゴニア持ってなさそうだな。
65の書いてる通り夏はキャプリーン1がいいと思う。
森林限界超える山での休憩時用にレギュレータを持って行くのも
納得できるな。
ま、アウターでも代用できるけど山小屋内では着たくないだろう。

75: 69 投稿日:2007/02/28(水) 17:13:29
SW~.5まで持っている。
2に比べて汗の乾きが遅いよ。
氏ね

77: 底名無し沼さん 投稿日:2007/03/01(木) 00:31:06
使ってる言葉は悪いが結構、為になる事書いてんなぁw

78: 69 投稿日:2007/03/01(木) 17:18:42
確かにカタログには一番の速乾性とかいてあるが
真夏の低山で1と2を着比べてみろよ。
夏の北アじゃ差もわからんべよ

97: 底名無し沼さん 投稿日:2007/10/19(金) 20:00:35
ソフトシェルはどういう位置付けでしょうか?中間着、それともアウター?
日本アルプスなど30000m級の登山なら、アウターとしても雪が溶けることもなさそうなので防水性を無視しても良さそうだが、20000m程度の冬山だと、ソフトシェルでは雪が溶けて体が濡れることは無いの?
アークやモンベルから出ているのが良さげなので、上に防水透湿素材を着る必要がないなら、この冬は買おうと思っているのですが、どうでしょうか?、

101: 底名無し沼さん 投稿日:2007/10/21(日) 21:07:50
>>97
ソフトシェルはアウターにできます。
軽いし、動きやすいし、なにより透湿性にすぐれています。
最近はシーム加工や、撥水性に優れた素材で
雨や荒天にもある程度対応できる製品もでていると思います。
使う場所や天候を考えて使えば、
ゴアよりも快適な山行ができるのではないでしょうか?

自分はゴアのアウターしか使った事がないので良く知らないですが、
少なくとも、フードとかついててアウターとして出ているものは
中間着として使用するような物ではないと思います。
ただし、ソフトシェルでは対応しきれないような荒天気を想定して、
薄いゴアのシェルを用意しておくとういう方法もあるそうです。

アンダー(高機能の山用下着)
ミッド(フリース、行動中に着る事を考えて適切な厚さのもの)
アウター(ソフトシェルでもハードシェルでも、フードとベンチレーションが使いやすいもの)

某ガイド酸のHPを山行に書きましたした。

111: 底名無し沼さん 投稿日:2007/12/15(土) 00:35:59
モンベルスレで書いたけど、Wacoal X-Fit夏用を一番下に、その上にウールの下着を着るのが快適だとわかった。
今流行の汗を吸って発熱する素材なんて、暑くて余計汗をかくとしか思えない。
逆に、運動量が多いときは汗をどんどん蒸発させて、涼しい状態をキープできた方が理にかなってると思う。
汗を抱え込まないから、休憩の時に冷たくなる事も無いし。

112: 底名無し沼さん 投稿日:2007/12/22(土) 21:55:14
冬用の薄手アウターと厚手のゴア雨具との違いって何?

114: 底名無し沼さん 投稿日:2007/12/24(月) 14:01:05
>>112
冬用は雪が付きにくい加工がしてある。

117: 底名無し沼さん 投稿日:2008/01/04(金) 23:26:02
レイヤードについて皆さんのご意見を賜りたく。

最近山(無雪のです)に登ることが多くなったのですが、休憩時や昼食時などのときに
どうしても体が冷えてしまいます。そこで中綿入りのウェアを着て保温に努めたいと
考えますが、ジャケットの上に着るべきでしょうか?それとも下?

あと下のウェアですがオーバーパンツの下にはく場合靴を脱がねばならないと
思うのですが、靴をいちいち脱ぐのは状況的になかなか難しいと思うのですが
靴を脱いでも下にはいてますか?それとも上にはきますか?

124: 底名無し沼さん 投稿日:2008/01/05(土) 19:13:37
>>117
とりあえず、夏用の速乾性アンダーを一番下に着てごらん

125: 底名無し沼さん 投稿日:2008/01/05(土) 22:49:16
>>117
オーバーパンツは雪山では防寒防水のためやむをえず履くが、
ごわごわして歩きにくいので無積雪の山では無理して履くことも無いと思うが、
それなら、タイツの上にズボンを履いて登ったほうが良いと思います。
オーバーパンツは着脱しやすいようにその多くがサイドにファスナーがあるので、休憩時に、履く方が良い気がする。

127: 底名無し沼さん 投稿日:2008/01/07(月) 01:35:01
雪のまったくない温かい山:普通のパンツ
雪の少ない山:タイツ+普通のパンツ
膝くらいまで雪で埋まりそな雪山:フリースパンツ+ハードシェル(ゴアカッパ)
雪山高山:タイツ+フリースパンツ+ハードシェル

132: 底名無し沼さん 投稿日:2008/01/08(火) 18:26:42
俺なんかこの前5重だった。

CW-X、キャプリーン、キャプリーン、中綿パンツ、アウター
アウターは禁断の綿100%だったけど、
流石にこれだけ重ねたら問題なし。

133: 底名無し沼さん 投稿日:2008/01/09(水) 13:23:17
レイヤードにこだわる皆さん、タイツとかパンツの話はよく分かったのですが、
冬はブリーフ・トランクスもやっぱりコットンじゃまずいんだよね?

139: 底名無し沼さん 投稿日:2008/01/10(木) 03:07:50
つか冬山も汗かくぞ
速乾素材だと皮膚感覚は割りと良い
だが吸い出された湿気がミッドで凝集、フリースの毛先に水滴となって付く
さらにアウターのゴア内側を濡らし透湿性能が低下、ますます水分が内に溜まる
最悪はアウターのシェル素材内側に氷となって溜まる
重い、冷たい、テントに入ると溶けてぐちゃぐちゃ
汗かき体質はそうなるので、ゴアを使ったアンダーを着たくなる
湿気をある程度内に溜め、徐々にミッド→アウターへと放出するのでトラブルが少ない

140: 底名無し沼さん 投稿日:2008/01/10(木) 08:46:09
ベースとアンダー分ける意味が分からないんだけど?こういうのが主流なの?

141: 底名無し沼さん 投稿日:2008/01/10(木) 21:29:47
主流ではないと思うよ。
このスレで徐々に浸透しているけど。

>>139
汗は結局放出しないといけないんだよ?
だから汗をかいたらその分放出しないと、どんどん内部に溜まっていくよ。
汗の機能は気化熱によって体を冷ますこと。
体が冷めれば汗の量も減る。
逆に体が冷めないと、体はさらに汗をかこうとする。
汗をかかないようにするには、かいた汗を素早く気化させた方が良い。

144: 底名無し沼さん 投稿日:2008/01/11(金) 01:54:29
>>140
異なる素材を重ねると思いのほか快適だったので分けて書いた。
ウールって濡れても暖かいのはいいけれど、吸水速乾性能は低いよね。
(吸湿はするけれど)

やっぱり、素肌は乾燥しているにこしたことはないと思う。

で、

薄い化繊で吸水して湿気をウールへ

厚めのウールで保温しつつミッドへ

通気性のよいミッドからアウターへ

という感じでコントロールできれば、化繊とウールの素材の両方の
メリットが生かせるような気がしている。

>>139
ヤマケイJOYにおもしろい対策が載ってたので貼っとく。

 個人差があるかもしれないが、汗というのはいったん沢山かいて
 しまうと、その後はそれほど激しくかかない気がする。つまり、この
 激しい汗にうまく対処出来れば、本来のレイヤリングの機能を生か
 せる。作業服店で首穴が開いた専用の「吸汗タオル」が売っており、
 これで激しい汗に対処し、濡れたら抜いてしまえば良い。

まあ、とりあえず飽和する前に脇下のベンチレーション開けて調整
するとか、ミッドを薄くしてみては?

147: 145 投稿日:2008/01/11(金) 03:09:42
脇下ベンチレーションは晴天の時以外は使えない
冷風が吹き込むとかえって汗の凝集がおこり冷たくなるだけ
冷たく感じれば汗をかかないと言う訳ではないしな
裏生地+ゴア+シェル という所謂2レイヤーというやつは
裏生地とゴアの間で氷(汗の水分が氷になる)が溜まるから着ない
厳冬期3000m級では3レイヤーが基本だと思う

149: 底名無し沼さん 投稿日:2008/01/12(土) 02:12:44
>>147
たしかに、テント装備背負って急登を腰ラッセルとかしたら、ペースを
調整しても汗だくになるだろうな。(経験ないが。。)

かなりシビアな状況だと思うが、ミッドを速乾性重視にするのはどう?
フリースの代わりにソフトシェルにして、アウター脱ぐとか。

ファイントラックのブリーズラップとかのソフトシェルをミッドに
使ってる香具師いない?

160: 底名無し沼さん 投稿日:2008/01/19(土) 21:08:03
>>149
ミッドを速乾性重視→アウターの内側で結露→更に酷くなると生地の間で氷結
じゃね?
ゴア表面がベッタリ濡れると穴が塞がり、ゴアがゴアで無くなる

174: 底名無し沼さん 投稿日:2008/01/20(日) 00:54:34
>>160
アウターの内側が結露するってことは、発汗量>アウターの透湿量
って事だから、アウターの透湿量を上げるしかないと思う。そこで、

1.アウターを透湿性が高いソフトシェルにする

2.ミッドを透湿速乾性の高いソフトシェルにして、活動量が多い時は
  アウター(ハードシェル)を脱ぐ

って解決策があると思ったんだが、2の方が多様性がある気がする
んだよね。アウター(ハードシェル)脱いでもソフトシェルの防風、
撥水性が生かせるのがポイント。

148: 底名無し沼さん 投稿日:2008/01/11(金) 07:50:19
汗かきの奴は体中にシリカゲル貼りまくるなんていいんじゃない
アウターに換気扇をつけるとかも