4


16: あなたのうしろに名無しさんが・・・ ID:Wg4Hsf32
25年ほど前に職場で聞いた話です。

某飲料製造会社の研究所に勤めておりました。
同じセクションに当時36歳独身でツーリングが趣味という男性がおり、
晩秋の深夜、たった一人で奥多摩から塩山方面にバイクで向かっていたのだそうです

カーブの続く渓谷沿いの道を走りながら、これから向かう先のカーブの辺りを見ると、
夜更けだというのに、人が一人で歩いて行くのが見えたそうです。
それが何と、戦国時代の時代劇に出てくるような、長い髪を束ねた赤っぽい着物を
来た女性だったのだそうです。

不審に思いながらも、その女性が歩いて行ったカーブを曲がってみると、
人家やわき道のない、崖が続いているだけなのにもかかわらず、
誰もいなかったそうです。

ゾーッとして、一目散に走り抜け、生きた心地がしなかった話していましたっけ。

当時の私はおいらん淵などまったく知らず、彼も、そのキャラクターからして
おいらん淵の存在など知らなかったんじゃないかと・・・

怪談の類には無縁と思われた人から聞いた話だったので、強く印象に残っています。

スポンサーリンク
67: 死人遊戯 ◆nbqszjffMQ ID:SfaYRLpx
前スレの終わりに書いたら、新スレでやってくれと書かれてたので、コピペさせて貰いますね。。。
自分自身、霊とか真剣に信じてないけど、この出来事はいまだに説明のしようが無いんです。

10年ぐらい前、プライベート・ラリーのチーム4台で奥多摩経由で走りに行った。
秋の夜中2時ぐらいに現地着いて。他に車来ないだろうってんで、慰霊碑の所にハザード着けて車止めたの。
で、慰霊碑の前にチーム・リーダーのおっさんの車止めて、皆でその前で記念写真を撮った。
まだカメラ付き携帯やデジカメなんか無い時代。”写ルンです”で、2枚撮った。1枚目は俺がシャッターを切り、
2枚目は友人が切った。で、その後は甲府へ抜けて20号で帰った。

後日、チーム・ミーティングは凍りついた。
ファミレスで先日撮った写真を皆で観たんだが、写真屋から受け取った人が、「これ、シャレにならないから。。。」
と、青白い顔で、写真屋で入れられたアルバムをテーブルに放った。

68: 死人遊戯 ◆nbqszjffMQ ID:SfaYRLpx
「なんだよ、ヘンなモンでも写ってたかぁ?(笑)」「アレだろ、○○のポコ○ン丸出しとか?(笑)」と、ふざけながら
皆でアルバムを覗き込んだ。はじめのうちは違う日にやったバーベキューの様子だったので、思い出話で盛りあがってた。

アルバムの最後5枚だけ、あの日、花魁淵で撮った以降の写真だった。1~2枚目は行きの奥多摩湖の駐車場でメンバーの車を撮ったモノ。
そして3枚目は、慰霊碑の前での集合写真。俺が撮ったやつだ。暗い中で使い捨てカメラのフラッシュだけだから、露光不足で暗い。
メンバーと、後ろに止めた車以外はほぼ上半分真っ黒。街頭も無い山中だから当たり前だけど。

で、4枚目。。。友人が撮ったやつ。。。上半分。。。白い。
霧なんて出てなかったし、シャッター切った友人はタバコ吸ってなかったし。。。なんて考えたのも一瞬。
「なんだよぉぉぉぉっ!! これぇぇぇぇぇっ!!」
全員が凍りついた。

69: 死人遊戯 ◆nbqszjffMQ ID:SfaYRLpx
慰霊碑の前に止めた車の前に、メンバー7人が居る。
その写真のほぼ上半分、俺が撮った写真では真っ暗だったソコに。。。

あきらかに人。。。否、女が居た。。。
それも、でかい。写真ほぼ上半分、白い着物の様なものを着て両手を広げ、長い髪を下に垂らして、まるで下に居る俺らに掴みかかろうかとでもしている様に見えた。。。
後年、リングの貞子に、チームのメンバーがただならぬ恐怖を感じた事からして、雰囲気はああいう感じ。。。
ただ、目は切れ長で、何かを叫んでいるかの様に開かれた真っ赤な口は両耳まで裂けていた。。。

結局、あれが何だったのかは解らない。
花魁淵にまつわる霊的な話と関係無いのかもしれない。
写真は速攻、お寺へ持ってゆき供養して貰い、俺ら全員もお祓いを受けた。

今でもしょっちゅう走りに行くが、全然、あの場で霊的な体験はしていない。
しかし、やはり慰霊碑のあるコーナーに近づくと、脳裏にあの写真が浮かんできてガクブルになる。。。

え?バーベキュー以外の写真は5枚あったろって?あと1枚?
あぁ、最後の1枚は、現像に出した人が家で自分の息子(当時赤ちゃん)を撮った写真でしたw

長文、駄文、スマソ。。。

386: 本当にあった怖い名無し ID:pFxCqFPI
私、山登りするんですけれど、数年前までお金がなくて、
東京近郊で交通費のかからない奥多摩・丹沢あたりによく行っていました。
行く前に必ず当該市の観光課に崩落箇所とかがないか問い合わせるんですが、
女の私が電話するせいか「女性だけでは絶対行かないでください」
みたいなことを言われる山が多かったです。

市の人も詳しいことは言わないですが「とても恐ろしい目にあった方がいらっしゃる」
というニュアンスのことを聞きます。
それでも登ってみると、霊感のない私にもぐわんぐわん来る所がたくさんありました。
挙げるときりがないのですが、このスレのみなさんが車で行くとしたら、
ドラム缶橋からちょっと行ったところ。
あと、目立つ妙な寺がある、
奥多摩でも一番奥の山の登山口付近にある小さい橋。
ここは怖くて名前も言いたくないです。

387: 本当にあった怖い名無し ID:/bfXdSdG
>女の私が電話するせいか「女性だけでは絶対行かないでください」
>みたいなことを言われる山が多かったです。
>市の人も詳しいことは言わないですが「とても恐ろしい目にあった方がいらっしゃる」
>というニュアンスのことを聞きます。

マジレスすると、痴漢やレ○○が結構頻発してるんですよ。

奥多摩くらいの低山だと、変な連中がうろついているのも確かなので。
犯罪者がほとぼりが冷めるまで潜伏するという話もあるしね。

技術と知識が無ければ上れない山や季節にはそういう連中は来ないけど、
低くて誰でも上れる山には、奥多摩に限らずその手の話は結構多い。

>ドラム缶橋からちょっと行ったところ。

ドラム缶橋って、どっちの?

>奥多摩でも一番奥の山の登山口付近にある小さい橋。

日原の方はどこへ行ってもうら寂れていて、雰囲気がアレな所が多いよね。

391: 本当にあった怖い名無し ID:44hyf/HT
高水三山をどっちからでも縦走すると、
二番目に登る山。
山頂に祠があって眺望がまるでない。
昼間でも薄暗くて気味悪く、
早々に立ち去った覚えがある。

下山してから寄った蕎麦屋で、となりあった登山者が
「あそこ出るらしい」とか言ってたので強烈に記憶に残っている。

420: 本当にあった怖い名無し ID:BNJ+cdzA
一之瀬へ行く林道は自殺の名所と聞いたことがあるのですが、本当でつか?

421: ブクタブクオ ID:+g6MAwyw
>>420
前にあったちょっと嫌なこと思い出した・・・。

7、8年前、おいらん淵過ぎてすぐの一之瀬に入る林道に
バイクで入った途端、いきなり南無妙法蓮華経の題目を
走行中に無意識に唱えてしまった。
するとホンの数十メートル走った地点に、日蓮宗のヒゲ題目を
刻んだ一之瀬林道建設従事者の慰霊碑が!

掛かってキタ─────・・・と思ったよ。
所謂、霊媒体質ってやつですかねえ。
もうあそこ行かない。

423: 本当にあった怖い名無し ID:E2SxcDKT
>>421
そう言うときは南無阿弥陀仏だよ南無妙法蓮華経なんて唱えるだけ無駄無駄

426: 本当にあった怖い名無し ID:UPviSVle
昔、留浦から一之瀬まで歩いたことがあるよ。ちょうどこの位の時期。
林道に入る頃、日が暮れた。ただその時はオイラン淵伝説なんてしらなかった
ので全然平気だったが、今じゃ絶対にやらない。

451: 本当にあった怖い名無し ID:XWcud/ds0
懐かしく思い書き込みさせてもらいます。

約20年前、友人ら4人でおいらん淵に肝試しに行った時のことです。
当時肝試し大好きだった私ですが、その日は即寝れるほど疲れていました。
さすがに気が進まず断ったところ「車で寝ててもいいから」という友人の押し。
半ば無理やり車に乗せられ出発することになりました。
案の定、行きの道中のほとんどを寝て過ごす事になり、
気がついた時には車は塩山に抜けていました。

来た道は戻らずに甲州街道で戻ることにしました。
帰りの車中で友人3名においらん淵の様子を聞いたことろ、
特別怪奇現象は起こらなかったとのことでした。
(もっとも、もし何かあったら叩き起こされていたでしょう)

452: 本当にあった怖い名無し ID:XWcud/ds0
肝試しから1週間ほど経ったある日、
友人の1人がバイクで単独事故を起こしてしまいました。
幸い大きな怪我は無く、この時は何も気に留めませんでした。

そして1週間程(記憶が曖昧ですが)経った頃、
別の友人が同じくバイクで事故に遭いました。
腕を骨折したものの、命に別状はありませんでした。
この時あたりから冗談半分で
「おいらんに祟られたんじゃないの?」
みたいな話をしていました。

そして更に数日後に別の友人から連絡が。
車でバイクを撥ねてしまった、とのこと。
友人自身に怪我はありませんでしたが、
相手に瀕死の重傷を負わせてしまい精神的にボロボロの状態に
追い込まれてしまいました。

肝試しに行った4人のうち3人が事故に遭ってしまった。
残ったのは私1人です。
それに、どんどん災難の程度が酷くなっているのです。
「偶然だ」と思う反面「次は俺…」と考えることもあり、
暫くの間は精神的に安定しない状態が続きました。

453: 本当にあった怖い名無し ID:XWcud/ds0
最後の事故から2ヶ月が過ぎ、徐々に肝試しの事は忘れていきました。
「自分はおいらん淵では寝ていた。だから大丈夫だったんだ。」とも考えましたし、
やはり3件の事故は偶然だろうと思うようになりました。

そんなある日、バイクで当時の奥多摩有料道路を
奥多摩湖方面に下っていた時のことです。
右カーブでバンクを開始した直後、
対向車が制御不能のまま突っ込んできて正面衝突となりました。
(全治1ヶ月程度で済みましたが)

後で考えれば峠道を走りたかっただけなのに何故奥多摩に行ってしまったのか。
おいらん淵の祟りを少しでも疑っていたのですから避けるべき場所だったと思います。
でも何故か深い考えもなく行ってしまったのです。

後で友人3人に聞いた話では、おいらん淵では車の外に出て一服しただけで
破壊やいたずら等の非常識なことはやっていないそうです。


偶然と考えるのが常識的とは思いますし、無理やり結びつけるつもりはありません。
ただ実際にあった話として書かせてもらいました。
長文失礼しました。


P.S.
奥多摩周遊道路(旧奥多摩有料道路)で救急車到着まで1時間掛かるという噂は本当です。
打ち所が一つ違って出血が多かったら、今書き込みはできなかったかもしれません。
あそこを走られる方々、くれぐれも事故にはお気をつけください。
459: ?E?L?a?L?? ID:yzCO/RCq0
ある夏、おいらん淵に肝試しにでかけよう。という事になり4人程で出かけ
おいらん淵に無事たどりついた。おいらん淵には供養塔がおいてあり
その脇で花火のドラゴンを点火。そして記念写真をとり車に乗り込んだ。
その時車内に入ろうとしてやけに車内が、煙っている。
あれ誰かタバコ吸ってたっけ?当然誰もタバコなんか吸っていない。
ま…いいか。そう思い車を走らせた。すると暫くして車のフロントガラスに
パチパチと音がする。ん?なんだ…

車を止めて辺りも見るが、奥多摩の闇しか見えない…
気にしてもしょうがないので、車を再スタートさせようとした時
パチパチパチと小石があたる音が連続で鳴り、これは、ちょっとヤバイかも
と思い車を猛ダッシュでスタートさせる。だが音は、奥多摩をぬけるまで
ずっと鳴り止まずなんとか帰宅。
翌日写真を現像に出し取りにいったら、現像出来ませんでした…
え…どういう事ですか?だぅてカメラ写るんです ですよ?
とにかく申し訳ありませんが、現像できませんでした一点張りだった。
しかたないので、友人のビデオカメラも撮影していたので、
みんなで上映をする事になった。

撮影した本人は、びびりが入り1回も見ていないと言う。
そして、上映がスタート画面を見ると、黒いままでなにも映らない。
カメラと同じかよ。同時にふたつがダメになるなんて…
しばらく黒い画面を見てると、供養塔が、電波が乱れているようにかすかに
写りだした。かすかに声も聞こえる…ボリュームUP
逃がさん…     プチと切れた。ぎゃーーー
なんだこれ、全員硬直。 もう一度再生する。 逃がさん…
声が変わってるぞこれ… もう一度再生する。 つかまえる…
言葉も違うじゃねーか?これなんだよ。
あまりの気持ち悪さに、次の日お寺に行き預けてきました。
 

650: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/07/13(水) 05:03:29 ID:9SVW5Wkz0
友達A子の話なんだけどいいですか。
ある休日、A子は友達夫婦と三人で花魁淵にドライブに行く約束をしてました。
ところが当日目覚めると具合が悪く、今日のドライブはキャンセルしようと思い、
その夫婦の家へ電話をしました。

最初にご主人の方が電話に出たんだけど、元々の友達は奥の方なので、
ご主人には何も言わずに、ただ「B子お願いします」と言ったそうです。
「ちょっと待ってね」と言われ保留音に切り替わり、A子はB子が出るのを待ってたのだけど…
いきなり嫌な感じの空気が漂い「あれ?」と思った瞬間、受話器から低くてしわがれた女の声で
「ヤメサセナイ・・・・・・」って聞こえたって。。。

A子はその「ヤメサセナイ」を、「花魁淵のドライブ計画をやめさせない」という意味に
とったそうですが、やめないで計画通りドライブしてたら、どんなことが起ったんだろう…

652: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/07/16(土) 00:40:40 ID:N2yZhTyE0
一之瀬、1/5万の地図で見ると集落から離れた山深い処に人家の表示あるけど?
どうなんだろか・・・電気とかないから炭焼き小屋かな?

655: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/07/16(土) 02:17:47 ID:20BKEfhqP
>>652
そこは集落があるらしいよ。
一ノ瀬林道の途中にある展望台?から見える。
行ったことは無いけど林道から更に登山道を歩いていかなきゃならないみたい。
なんでそんなところに集落があるんだろうね?

667: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/07/26(火) 12:59:30 ID:tytIvvOS0
4年前の8月に,大学時代の友人5人で,おいらん淵近くのキャンプ場
(おいらん淵より東京寄り。名前は忘れました。) で一泊したときのこと,
バーベキューのあとコテージで休憩して,夜中においらん淵へ行こうとい
うことになり,車2台に分乗して現場へ向かいました。

うろ覚えですが,20分~30分くらいでしょうか。以外とあっさりおい
らん淵に到着。慰霊碑の辺りに車を止めて,慰霊碑前後200mくらいを
歩いて色々見て回りました。真夜中だったのでほんと真っ暗でよく見えま
せんでしたが,雰囲気はばっちりでした。
特に何もなかったので,慰霊碑のとこで写真を撮ろうということになり,
友人がデジカメを取り出すと何故か電池切れ。。

別の車の友人が写るんですを持ってたはずだったので,早く出せとせか
すと,コテージに忘れてきた・・・と一言。。 出発前にあれだけカメラ忘
れるな!とみんなで確認し合ったはずなのに,この有様。
『どうしても写真は取らせない』というおいらん達の恐ろしい雰囲気が
仲間内に流れたような気がして,ぞっとしてすぐにその場を離れました。

そして,帰りの車中。私が乗っていた車の運転手が突然泣き出し,
「今,ガードレールの外に何かいたよぉぉ・・・」
その彼運転している間中,左半身(特に左の首筋と左腕)が麻痺
していたと後で語りました。オートマ車で良かった・・・

大して怖くなくて恐縮ですが,これはネタではありません。
本当にあった話です。ネタだと馬鹿にするのは皆さんの勝手です
がね・・・

引用元:https://hobby5.5ch.net/test/read.cgi/occult/1087559533/

スポンサーリンク