no title


167: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 11:03:54.94 ID:aAUJ6mAc0.net
おれは昔はバイク、今は車で峠を攻めるのが好きなのだが、いつだったか
「十文字峠」に行った。
春先の上天気の日で峠の手前だったか、小川のキレイな流れの横に小道が並んで
峰のほうに向かってる。

雑木の裸木に暖かい陽が降り注いで、熊笹の丈も低く、散策にはもってこいの山道だった。
おれはめったにそんなところで車を降りないのだが、あんまりいい道なんで行ってみた。
しばらく行くと、左手のほうにわき道があり、そこから登山者が一人上がってきた。
ちょっと見、やせがたの60代前半の人で軽く会釈して、おれの前をタッタッタッという感じで軽快に登って行く。

まったくの軽装で、背中には小さめのデイパック、スパッツにウォーキングシューズみたいのを
はいていた。
おれはちょっといやな気がした。
霊的なものではなく、「臭そうだ」と思ったんだ。
その人は黒地に黄色かなんかの柄が入った上下だったんだが、とにかく汚い。
汗が白くこびりついてスパッツはアーミーグリーンのだんだら模様、ウインドブレーカーは色あせてるんだか、わけのわからない色になってる。

つづく

スポンサーリンク
168: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 11:04:43.71 ID:aAUJ6mAc0.net
「トレッキングでもしてるのかな?車で来てるんだろーな。電車じゃ、帰りは顰蹙ものだ」
別に臭いは感じなかったのだが、おれは思わず歩調をゆるめ、その人は目の前の角を曲がっていった。
相変わらずタッタッタッという感じで…。
その姿が木の間がくれに数秒間見えていた。
おれも間もなく同じ角を曲がったんだが、その先は直線で傾斜が急になってる。
面倒くさくなって引き返そうとしたとき、先に行った人が気になった。
だが、いない、道だけが静かに続いていた。

このときも、怖さがあとからジンワリきた。
「そういえば、あの人、音がしなかったよな?」
タッタッタッというリズムはあの人の動作から感じただけで、「臭そうだ」という印象も、見た目の
汚れ具合だけだったのだ。

あの人はひょっとしたら、遭難者かもしれない。
あの汚れ具合は雨風にさらされた遺体の服の色ではないか?、やせがたの初老の印象はひからびた遺体そのままではなかったか?
おれは今でも、あの人が最初にちょっと会釈したのを思い出す。

おしまい

169: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 12:16:44.51 ID:eb/S4dwP0.net
八王子城の話を警備隊長としていた
この人は高尾に住んでいる歳は59になったばかりの物好きな元警察官だ
中学生の頃から歴史が好きで、周辺の郷土史に詳しい柔道と剛柔流の有段者だ

その人は八王子城だけは行かないという
何か入口で嫌な気持ちになったり、近くを流れている川が真っ赤に見えた事があるからだそうだ

毎年新卒で2名の新人がこのビルの防災センターにやってくるのだが、
ある新人が同じ八王子から来ており、そんな話をしていたら、やはりその新人も
心霊スポットという事で遊びに出掛けたら深夜に女の泣き声を聞いたり
別の日に川が一面赤色に見えたという

172: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 23:16:08.24 ID:u9qLuNwI0.net
これは俺の田舎であった実話
高校時代、俺と友人三人で近所の山に入る事になった
友人の名前はそれぞれA、B、Cとする
Aは学校では札付きのワルだったが俺とは何故かウマがあった
Bはアホだけど俺らの中ではいちばんモテてた当時彼女持ちもこいつだけ
Cは家が寺とか神社をやっていたエリートだったけど本人はいたって不謹慎w

まあこんな連中が連れ立って山に入る理由なんかひとつしかない(みなまで言わせるなw)
その日も午後から山に入ってそろそろ片付けて帰んべってなったときソレは起きた
B「うわああああ!コウちゃん(俺)これなんだよ!」
俺はまたBがくだらないイタズラでも考えたのかと思って「やれやれ」って感じでそっちの方に行ったのだがさすがにソレを見たときは凍りついた
「AとCも来てくれ!ありゃなんぞ!」
木の影になっていて気がつかなかったのだがそこには青いテントのようなものがあった
そのテントの端から女のような白い顔だけがゴロンと飛び出してこちらを見ていた
(こんなところにテント?でもあの女の顔は白過ぎないか?)

そんなことを考えていると女の目が開いた
普通は目のあるところが真っ赤な石みたいになっていた
そして女は首だけをテントから出しながらなんかあああああと喚きだした
俺らはなんかトンデモナイものをみてしまったと感じていた
C「これ以上見たらあかん!逃げろ!」
普段は大人しいCが叫んだ
俺たち四人は一目散に山を駆け下りた

続きます

192: 172@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 00:43:42.31 ID:Ma/zdeiF0.net
続きです
AとBとCと俺は一目散に走って逃げました
あんまりメチャメチャに走ったもんだからCと俺だけ一緒で他のやつとはぐれた
んでしばらく山の麓で待ってたんだがAとBはなかなか降りてこない
山の入り口はここしかないのに何故かわからない

先に帰ったのかもと思ってCと家の方に向かいました
「しかしあのテントの女気持ち悪かとねー」
「あの女の事は誰にも言ったらいけん!ぜったいやぞ!俺らの秘密にしような!」
Cがマジな顔して言うので俺はかなりビビった
そうこうしてるうちにCの実家の寺までやってきたので親父さん(法主です)に挨拶でもして帰ろうとした

したらCの親父さん(C+とでもしときます)が凄い剣幕で俺たちに聞いてきた
「お前ら山に行ってきたやろ!何か見たやろ!」
Cが言います
「テントから白い顔の女を見た!目が真っ赤やった!あれはアレとちがうよな!親父違うよな!」
C+ことCの親父がまくしたてました「お前ら……自分が何したんかわかってないんか!」
俺とCは怖くて動けなくなった
「とりあえずお祓いしたるからこっちこ!でも長くは生きられへんぞ!AとBみたいにな!」
俺は少し混乱した

なんでCの親父がBやAの事を知ってるの?白い顔の女は何なの?
そんなことがぐるぐる頭を回った
俺たちは言われるままにお祓いを受けたが、次の日からAとBの姿は見えなくなった
Aの母親(A+としておきます)とBの母親(B+としておきます)に一度会ったが妙によそよそしかった

CとAとBの母親の話をしたが呆然とした顔で受け流されるだけだった
それから高校を卒業して俺は地元に居辛くなって出て行ったがそれから帰っていません
あの白い顔の女は何だったのだろうか
そしてBやAはどこへ?
最近になってCが死んだという連絡が俺の母親から届いて怖くなってここに書いています

193: 172@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 00:50:16.06 ID:Ma/zdeiF0.net
質問は随時受け付けます
というか白い顔の女の情報を少しでも知りたい
俺も長くは生きられないのでしょうか
しかし地元に帰るのは怖すぎて無理です

204: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 19:41:11.13 ID:dENJZj0S0.net
>>193
おら、女の詳細知りてえんだろ?
質問は随時受け付けるんだろ
さっさと山の名前と遭遇した場所と思われる座標出さんか

214: 172@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 23:58:18.74 ID:Ma/zdeiF0.net
>>204
立山連峰のさる有名な山といえばわかっていただけるかと思う
詳しい座標はわからない
しかし行かない方が良い

233: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 20:11:02.20 ID:k1hnn1bL0.net
埼玉県道44号 秩父児玉線より
 
233

中央に小さな虹が出ているのが分かるだろうか

252: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 19:18:24.78 ID:9JCgpSbH0.net
>>237
マジだ

235: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 20:41:37.90 ID:jSN3upz10.net
うむ。
だが画質が悪いな
写真好きなら一眼買えば?

238: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 21:07:54.14 ID:k1hnn1bL0.net
画質が悪いのはスマホのレンズに貼った保護フィルムのせいだろう
両神山へ沈む今日の太陽
手前の光球は人魂ではなくフリンジだ
 
238

おまけの武甲山

238-2


240: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 21:40:12.72 ID:k1hnn1bL0.net
虹は蛇を表す
土中に棲む蛇は鱗へのバクテリアの付着などで虹色を放つものもいる
それ故か、虹は古来から洋の東西で蛇と同一視され、伝説も生まれた
虹は吉兆ではない
戦乱の前兆とも言われるが、この虹は正に太陽に近い雲に現れたものでプリズムだろう
瑞雲などとは凡そ呼べないものだ

258: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 18:48:33.71 ID:4u41DI/b0.net
今更なんだが、俺の撮ったあの環水平アークとやらの虹は、
御嶽山噴火を示す凶兆だったのではないかと結論付いた!

266: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 04:12:26.25 ID:iRdjB572O.net
>>258
彩雲
特定の気象条件や大気の状態により発生する、それほど珍しくない大気現象であるが、それ故に特定の事象、行事と結びつけて認識されることが多々あったと考えられる。

261: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 22:36:07.54 ID:ZEuPsT8n0.net
御嶽山って西丸震也氏が賽の河原にテントを張ってひと玉を捕まえようと
頑張ってた山なんだよな
結局は捕まえられなかったけど数百のひと玉がウヨウヨしていたそうだ

300: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 14:08:02.84 ID:/vUhVnK+0.net
おれの最初のカノが埼玉県の人で、越生の黒山町に親類のおばあちゃんが一人暮らししていた。
カノは「黒山のおばあちゃん」と呼んで、親しくしていた。
けっこうゆうめいな「黒山三滝」の裏山にあたる集落で、おばあちゃんの家は一軒だけ山の中腹にあった。
JR越生からバスで終点、「東上閣」という旅館があり、その前を北に入る。
「飛騨観光」というイノブタ料理を出す食事処があり、その西の谷川沿いの小道を100mちょい上がるとおばあちゃんの家があった。

一番最初に遊びに行ったとき、夜の7時ごろだったかな、山の中は真っ暗。
飛騨観光のそばまでは街灯があったんだが、おばあちゃんの家に向かう山道はそれすらない。
鼻をつままれてもわからない、と言うが、まさにそれ。
それでもしばらくすると暗闇に目が慣れて、周りの杉林の幹のありかや足元の山道や谷川などがかすかに見えるようになった。
カノをかばいながらゆっくり進んだんだが、途中から「ガサガサ、ザザー、ザザザザー」と生き物が移動する音がする。

それが案外近くで、2メーターくらいの地を這う生き物?
ガサガサという4つ足の音でなく、ザーっと滑るような音、それが周りをめぐり回っている。
カノが怖がってすりよってきた。
「怖くない。たぶんタヌちゃんだろ。テリトリーに入られて警戒してるんだ」
おれは言ったがこれは希望的観測で、頭の中にはアナコンダやボアコンストラクターの姿が浮かんでた。

一定距離よりはちかずかないので、それだけが唯一安心できる材料で、とにかく遮二無二おばあちゃんちに向かって突き進んだ。
谷川は渡れないらしく、そっちの方角には来ないのでカノを谷川側にしてかかえるようにした。
ザザザーと地を這う音は続いている。
カノはいよいよ我慢できなくなったらしく、「おばあちゃ~ん」と金切り声を上げている。

 つづく

301: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 14:53:30.52 ID:/vUhVnK+0.net
日本には巨大蛇は生息しないとされているが、大蛇伝説は全国にある。
ザザザーが一番ちかずいたとき、幅50cmくらい長さ2m以上にわたって草がゆれる気がした。
ほんとうにおれも叫びたかったよ。
山ん中があんなに暗いなんて、おまけにわけのわからん生き物がつかず離れず追ってくる。
おばあちゃんちまで、あと50mをきったころ、やっと
「そこにいるの~?川に気をつけな~」という、おばあちゃんの声が聞こえた。

おばあちゃんはカノの声を聞きつけて、焚き付け(薪に火をつけるための木切れ)に火をつけて
松明にして来てくれたんだ。
懐中電灯でなかったのが、いかにもローカルだった。
カノは「なにかいる、蛇、蛇?こわい、こわい」と訴え、おばあちゃんはぐるっと照らしてくれたが
音は消え、もう、所在はわからなかった。
カノに内緒でおばあちゃんに聞いてみたが、「そんな大きな蛇は見たことない」と
笑われた。

ただ、「この辺にはキツネもタヌキも出るよ。きっとタヌキの一家だね。都会もんが来たんで
びっくりして、親を先頭に一列に並んで警戒したんだね。子は親の動くように付いて動くから
2メーターにも3メーターにも見えるんだね」と言っていた。
なるほど、カルガモの親子を見ればわかる。
おれたち都会人は野生動物の習性や行動について本当に無知だ。
いくら真っ暗闇だからって、タヌキが大蛇に見えるんだからなwwwww 

 おしまい

302: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 15:24:45.43 ID:nLPxilMT0.net
あの辺りタヌキも蛇も見るけどな
雲が張って陽がささない夕暮れ
景色が暗いブルーになりかけの頃はタヌキは活発に動く

垣根のある、あの辺りの家の庭の入り口から、そーっと中を覗いてる子狸が居て
それがまた可愛らしく見えたりする
見た目は鼻先の尖った仔犬と変わらんが、奇妙な行動するからね
タヌキも蛇も
山向こうの顔振峠への入り口辺りの農家の前の砂利道で濃緑色のアオダイショウを見た時は
優に1.8mはあったよ
道を横切るように昼寝してやがって、頭と尻が両脇の草むらの中
このまま行くと轢くなあーと近づいていくとアオダイショウはゆっくり┌と直角に
身体の向きを変えやがった

どれだけ怠け者なんだよ…
引用元:http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1410191336/

スポンサーリンク