3


326: 本当にあった怖い名無し 2014/04/12(土) 00:37:13.29 ID:icG1C1kX0.net
祖父は近くの山にわらびを取りに行くのを日課にしていた。
小さい頃は私も祖父と一緒に行ったりしていた。
中1の夏休みも祖父と一緒に山に行った。
その山には昔から神隠しがあるって言い伝えがあった。
そんな山に入るのは、当時の私にとっては怖いよりもわくわくするものだった。
祖父といつものように(といっても年に1,2回くらいしか私は行かないけど)奥に奥に蕨を求めて入って行った。

祖父は慣れた様子でぐんぐん奥に入って行った。
私はだんだん怖くなってきた。去年はこんなに奥に行っただろうか?
私は祖父に、まだ奥に行くのか?と尋ねたら、祖父は大丈夫とだけ言ってきた。
元々無口な祖父だけど、それでもそのときはなんだかいつもよりそっけない気がした。
私は少し不安になりながらも祖父についていった。
けれど、いくら歩いても祖父は止まることがない。
 
私もだんだん疲れてきて祖父から離れそうになって、慌てて追いかけて、また疲れて離れてを繰り返していた。
とにかく祖父からはぐれないことで必死だった。
気が付くと、祖父も私も崖の上に立っていた。
祖父は崖に近づいていく。
私はハッとなって必死で祖父を止めようとした。
けれど、祖父は考えられないくらい尋常じゃない力で(祖父は小柄な方で力はあまり強くない)私を振り払おうとした。

私はとっさに持ってた水筒の冷たいお茶を、祖父に頭から思いっきり掛けた。
そうしたら、祖父はハッとしたような顔で私も見た。
祖父はなぜそこにいるのか分からないし、始めてきたところだとも言った。
正気に戻った祖父とともに私はあたりを歩きまわって、なんとか祖父が知っている場所まで行くことができた。

私たちはそのままわらびは取らずに祖父の家に帰った。
そしたら、母にかなりの剣幕で怒られて、そのあとすごく泣かれた。
私たちが山に入ってから丸一日が経っていたのだった。
けれど、私も祖父もせいぜい数時間程度だと思っていたから、それを聞いてすごく驚いた。
母は私たちがいなくなってる間、近所の人とともに、山とその周辺を探し回ってたのだった。
だけど、どこにも見当たらなくて警察に言おうとしていたところに私と祖父が帰ってきたのだった。

もしかしたら私と祖父は神隠しにあっていたのかもしれない。

スポンサーリンク
330: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/12(土) 08:26:01.17 ID:N7mUWaUv0.net
藪漕ぎしてて進む方向を見失ったとき、ムキになって闇雲に突き進んでしまうことはときどきあるよ。
自分が暴走しているのはよくわかっていて、本能が理性を超えてしまう感じ。
藪を抜けたら断崖絶壁・・・もあるし、結果オーライのショートカット成功もある。

331: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/12(土) 09:10:35.93 ID:MOHOUhDE0.net
山菜採りは欲深になるからな
一時、儲けを企んだ知り合いは
ゼンマイなんかは大量に採ってきても
干すと縮こまっちゃってがっくりするって言ってた
採るんなら山の幸より海の幸なんだと

342: 雷鳥一号 ◆jgxp0RiZOM @\(^o^)/ 2014/04/16(水) 19:27:48.22 ID:UWHOj+6M0.net
知り合いの話。

仲間数人で、夜景を眺めに山の展望場へ登ってみた。
中々に見事な麓の街灯りを眺めていると、ふと視界に入ったモノがある。
街の沖合、暗い海の上を滑るように進む白い影。丸い桶のような形状。
月も出ていない真っ暗闇なのに、何故かそれだけがくっきり浮かび上がって見えた。

「カンブネだ」と、その時一緒にいた連れが口にする。

棺桶の舟という意味らしく、海の彼方にある常世に死者を流し遣るための舟だという。
補陀落渡海のようなものだろうか。

「まぁ随分と昔のことなんだけどね。
 常世に辿り着けなかった舟も多いんだろう。
 今でも迷っているのかも……あまり見ない方が良い」

そんなことを言うものだから、極力気にしないことにした。
帰る際もう一度海を見やったが、もう何処にも白い影は見えなかったという。

344: 雷鳥一号 ◆jgxp0RiZOM @\(^o^)/ 2014/04/16(水) 19:29:55.33 ID:UWHOj+6M0.net
知り合いの話。

真夜中に、ある樹海を車で走っていた時のことだ。
行く手の闇の中、何か白い物が立っているのが遠目に見えた。
何だろうと思いながら、ぶつからないよう車を反対側に寄せる。

ヘッドライトに浮かび上がったのは、ウェディングドレスの女性だった。

上から下まで真っ白で、美人だが無表情だったらしい。
ギョッとしてスピードを落としたところ、二人の目が合った。

次の瞬間、女性はニヤリという笑みを浮かべた。
とても怖い笑顔だったという。
慌ててアクセルを踏み込み、傍を走り抜ける。
バックミラーには、かなりの高速で後をついてくる白い影が映っていた。
追い付かれたらどうなるのか、もうそれが怖くてたまらず、必死で逃げたという。

樹海を出る頃、背後の白い影はようやっと見えなくなった。
それ以来、彼はそこの道を絶対に走らないと決めたそうだ。

352: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/18(金) 20:20:23.69 ID:g05Oq2t60.net

343ですが、青木ヶ原かな?
似たような話を聞いたことがある。
樹海の中を走っていると、いきなり現れたウェディングドレス姿の女に出くわすって。
追いかけてくるかどうかは知らないけど。

びびってハンドルが乱れるもんだから、その付近のガードレールは傷だらけなんだとか。
それでこの辺りには「!」だけの妙な道路標識があるってさ。
「何かよくわからんけど注意しな」っていうことなのかね。
いや本当にそんな標識が存在するかは知らないけど。

伝聞ばかりでスマソ。

362: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/19(土) 19:58:02.57 ID:Lrdnx9+20.net
>>352

【!】、いわゆる“びっくりマーク標識”っていうのは実際にありますぞ。

運転する際に注意が必要な場所に設置されるということですが、
それがどういった注意・危険なのかは明確に定義されていないんですよね~。

「幽霊注意!」な意味もあるのかもw

364: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/20(日) 01:43:21.20 ID:RiVQUrt70.net
>>362
その他の危険あり だね

世の中にはその手のを調べて、まとめてるまめな人もいるんだねぇ
http://www.tsuyama.net/zakki/120902.html

413: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 00:58:43.71 ID:rx9lxq+I0.net
どーもー山奥の店で店番してる209です
この山奥のド田舎にヤマメだかイワナだかを釣りにきた人が
沢沿いに山奥に入ったまま行方不明です


警察が持ってきた写真見たら
昼に弁当と一緒に味噌汁代わりにカップラーメン買って喰ってった客だった
たのむから無事に出てきてくれ

414: 山伏@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 01:16:40.34 ID:zFTF79ptI.net
引っぱられちゃったんだね
飯食ってる様子みると本人には自殺願望はなさそうね

416: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 11:36:54.13 ID:r4JV78Ce0.net
こわいね

417: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 19:43:50.58 ID:/BVtBqBSO.net
地元の駐在所の巡査が言ってたが渓流釣りの車が三日くらい放置されてたから見に行くと滝壺に浮いてたとかたまにあるみたい。
普通にしてりゃ滝壺なんかに浮かぶほどの水量ではないから不思議だと言ってた。

418: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 21:07:35.38 ID:RgD/ZZjMi.net
奥多摩とか何日も停めてる車あるけど、車で寝泊まりしてずっと釣りやってる人も居るね

419: 山伏@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 21:19:52.30 ID:BpRjMLWkI.net
>>418あそこら辺は丹波山方面にもつながってるから奥にある渓流目当てではしごしてる人が多いよ
釣りスポは結構あるからねー

420: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 21:22:15.59 ID:U/aMDukU0.net
夜は車で寝るの?
真っ暗な山で一人で寝るとかどんな神経なんだ

421: 山伏@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 21:26:03.31 ID:e9qWEON+I.net
さすがに車中泊じゃないかなw?
山中だとしても避難小屋や友人の山小屋かその辺の安全なエリアでテント泊だろw
山道それた茂みの中で一夜過ごすなんて死ぬようなもんだろww

423: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 21:32:56.31 ID:U/aMDukU0.net
>>421
いや車中泊にしても真っ暗な山の中のわき道とか夜怖すぎだろー
想像しただけで怖いもの((((;゜Д゜)))

424: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 21:43:31.97 ID:RgD/ZZjMi.net
日原の上流は凄い傾斜地なんだが、行き止まりの少し開けた所(林業者の中継所)で
車中泊したら真夜中に車の廻りを登山靴でドコドコと歩き回る音にびびり上がって
ライト着けたりしたけど誰もいない
また消して暫くするとドコドコ歩き回ったり、少し走るように聞こえたり、
朝まで眠れなかった人がいるそうだ

429: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 22:25:30.46 ID:cN/kfaXh0.net
>>424
ドコドコって言う音か…。
自分の鼓動・脈動なんじゃない?
眠れない夜とか、枕に片耳押し当てた状態で神経だけ尖らせてると
そういう音しない?

425: 山伏@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 21:51:52.56 ID:tdYZSONEI.net
なんだろうね、それ…気になる
梵天岩とかあるあたりかな

426: 山伏@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 21:55:51.22 ID:7DJ0QJrFI.net
雲取山で登山してた友達は途中避難小屋で一夜過ごしたみたいで、その時小屋の周りで何か歩く音がしてめっちゃビビったみたいよ
翌日の登頂は最高だったと言ってたw

427: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 22:23:49.54 ID:oJ4FzLOl0.net
夏はずっと山で仕事してる友人にこういうオカルト話無いか聞いてみた

オカルト経験は一切無いし、そういう話がある地域ってのは大抵入って欲しくない場所があるからって言ってた

山で怖いのは怪異より熊だって

428: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 22:25:03.87 ID:oJ4FzLOl0.net
ちなみに北海道な
本州は知らん

430: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 22:26:40.24 ID:xfdE6ADsi.net
奥多摩は天祖山など岩の苔が美しい原生林な所があって、カメラ持って行きたいが
熊の巣があるというし、単独は怖いな

432: 山伏@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 22:29:57.29 ID:fbVOIo19I.net
野生動物が一番怖いわなw

532: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/05/19(月) 09:24:28.01 ID:ou8FskvN0.net
子供の頃に、ユースホステルのキャンプに放り込まれたことがある
最終夜に肝試しがあって、その前に一般宿泊客も参加した怪談の会があった
そこで一般客の、大学生のお兄さんが披露した話

彼の田舎は海のなし県の山間部にある。近くには手軽に上れる山があって、他県から登山に来る人も多いという
その山には、大昔から女神が住んでいると言う。一つの山とその周囲のいくつかの山が女神が守る山だという

彼女の夫は人間で30年~50年位で代替わりしていく
女神は人間に姿を見せないのが決まりで、移動するときは獣の皮を被って姿を隠すそうだ
夫選びの時も、獣の姿になってつかず離れず、その人の後を突いて回って人柄を見極める
そして、折を見て獣の皮を脱いで姿を見せる
夫に選ばれた男は一度は里に帰るものの、結局は何もかも放り出して女神の夫になる

里に帰ってきてから山中であった美女の話をして、仕事も親も捨てて山に戻ってしまう
30年~50年位の割合ででそういう特徴的な失踪者が出るので、地元では夫が変わったと判る
夫に選ばれた人の残した話では、ものすごい美人だそうだ

535: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/05/19(月) 23:12:04.81 ID:xPZqfhGx0.net
>>532
このスレでちょっと前に、その“女神の夫”に選ばれたらしき人の話なかったっけ?

672: 雷鳥一号 ◆jgxp0RiZOM @\(^o^)/ 2014/06/05(木) 19:51:59.32 ID:Mvm4H1r50.net
友人の話。

家族でキャンプに出掛けた日の夜。
夕食を終え、キャンピングカーの中でトランプなどして遊んでいると、
突然つんざくような悲鳴が聞こえてきた。

子供には外に出るなと言い含め、彼一人が表を確認しに行った。
麓の方から段々と、悲鳴はこちらに近付いてくる。速い。

いきなりライトの明かりの中、空中に人影が現れた。まだ若い男性だ。
酷く顔を歪めて振りながら「うわぁー! ぎゃぁー!」などと大きく叫んでいる。
確認できたのは一瞬で、あっという間に頭上を飛び越えて見えなくなった。
空を飛ぶなどという感じでなく、見えない何かに掴まれて飛んでいくという風だった。

悲鳴が聞こえなくなると車の中に取って返し、何でも無かったとだけ家族に伝える。
訝しげな家族を寝かし付けたが、彼自身は一睡も出来なかったという。

翌日、予定を早めに切り上げて下山し、近場の警察に報告しに行った。
何というか、まともに相手にされなかったらしい。

「自分が幻覚でも見たのかなぁ。
 それとも、やっぱりあの人、本当に何かに攫われてしまったのかなぁ。
 だったら可哀想だけど、でもどうしようもできないよなぁ」
彼はくよくよとそう悩んでいた。

673: 雷鳥一号 ◆jgxp0RiZOM @\(^o^)/ 2014/06/05(木) 19:53:01.20 ID:Mvm4H1r50.net
山村で聞いた話。

その集落では昔、神隠しが多発していたという。
といっても、隠されていたのは人ではなく自転車だった。

停めていたはずの自転車が、いつの間にか失くなっていることがよくあった。
狙われたのは大体が子供の自転車だったらしい。
話を聞かせてくれた人は、グラウンドで野球をしていた時に取られたという。
自転車は、皆の目が届く開けた場所に停めてあった。
どうやって誰にも見つからずに持ち去ったというのか、それが今でも不思議だという。

隠された自転車だが、半月ほどすると必ず、持ち主の家の門前に返されていた。
荷籠に山菜や柿などを満載にして。
「この山の主様は、時々チャリンコに乗りたくなるんだろうな」
村ではそう言われていたそうだ。

686: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/06/06(金) 13:24:00.09 ID:WC8VhQxf0.net
>>673
何かほのぼのした

674: 雷鳥一号 ◆jgxp0RiZOM @\(^o^)/ 2014/06/05(木) 19:54:03.16 ID:Mvm4H1r50.net
知り合いの話。

彼の祖父はかつて猟師をしていたという。
遊びに行った折に、色々と興味深い話を聞かせてくれた。

「深い森を歩いているとな、何処からか団栗が投げ付けられる山があったよ。
 当たっても別に痛くもないが、何故か全身から力が抜けちまうんだ。
 ヨイヨイになってろくに歩けなくなるから、そこで猟はお終い。
 獲物を何匹か仕留めた後に限って、よく飛んできたモンだったわ」

「何というか『もうここいらで帰れ』っていう知らせかと思うとったがな」
祖父さんは飄々とした顔でそんなことを言っていた。

675: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 20:25:28.05 ID:T1558Vs50.net
>>672-669
乙っす。

677: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 20:40:26.09 ID:9FWH+/NQ0.net
自転車に乗る神様か。
しかもちゃんと使用料(?)払ってくれるとはw
いきなりなくなるのは困るし不敬かもしれんが、想像すると凄く萌えるな、その神様。
▽注目記事

涸沢でテント泊したいと考えている夫婦ですが、モンベルの”ステラリッジ3型”だと大きすぎでしょうか?

アトモス50買って満足してるけど、イーサーみたいに取り外した雨蓋がリュックとかになればなお良かった

山歩きのペースが分からん…登りでゆっくり歩くのが苦痛そしてバテる

登山中は谷側を歩くと足で石を落とす可能性があるので注意を!

ハイキングに毛の生えたようなの好きだな。

ずっと日帰りの低山しかしないなら雨を避けるのも有りだと思う…でも、悪天候を避け続けていたら悪天候スキルが身につかない

【THE NORTH FACE】クライムライトかベリーライトかで迷っている。ベリーライトは丈が短いんだよね。

登山中、歩く速度が違い過ぎるとどっちも苦痛だろ…

【マット】登山では快適性やコンパクト性より確実性重視だからクローズドセル一択

チョッとだけ登山に興味を持ち始めたんだが・・・

引用元:http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1394721222/

スポンサーリンク