1: Mogtan ★@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 00:52:02.13 ID:???.net
3

掲載日:2015年4月9日
http://www.shinmai.co.jp/news/20150409/KT150407FTI090029000.php

 昨年9月27日の御嶽山噴火の1カ月ほど前から、山頂付近でわずかな地殻変動が起きていたことが8日までに、気象庁気象研究所(茨城県つくば市)が噴火後に特殊な手法を使ってデータを解析した結果から分かった。
人工衛星で山の膨らみや縮みを計測する「GNSS」で得たデータを足し合わせる手法と、山腹の傾斜計のデータから降水の影響を取り除いて補正する手法の二つで解析した。同庁は今後、こうした手法を噴火予知の向上に役立てたい考えだ。

 山が膨らむ地殻変動は噴火の前兆的現象と考えられ、気象庁はGNSSと傾斜計で各地の火山を監視している。
御嶽山では噴火17日前の9月10日から火山性地震が多発したが、噴火直前の7分前までは、地殻変動が観測されないとして、噴火警戒レベルを最低の1(平常)に据え置いた経緯がある。

 今回のGNSSの解析は、データを足し合わせる「スタッキング」と呼ばれる手法。山頂の周囲5カ所に設置された観測点の2地点間の距離の変化を調べると、それぞれ単独のデータでは変化が捉えられなかったが、山頂をまたぐ形で計測した四つのデータを足し合わせると変化が強調され、8月下旬からわずかに山が膨らんでいたと分かった。

 一方、山の膨らみによる地盤の傾きを捉える傾斜計は、雨による地中の水分バランスの変動で見掛け上の変化が大きくなる問題がある。今回、研究所は「タンクモデル」と呼ばれる方法で地中の水分状況を想定、水分の影響をできるだけ取り除くデータ処理をした。その結果、傾斜計が明確な変化を捉えた噴火直前より前に、9月10日ごろから、火山性地震の多発と重なるように緩やかな山体膨張が起きていたことが分かった。

 2手法とも、気象庁が東海地震の監視で使っている手法を初めて火山活動に応用した。気象研究所火山研究部の山本哲也第1研究室長は「こうした手法が活用できれば、火山活動に何らかの変化が起きた場合、その後の状況を推測するための新たな材料が得られるようになる」とみる。同庁火山課は「監視業務への実用化も検討したい」としている。

<参照>
【研究者データ】山本哲也(気象庁・気象研究所・主任研究官) - 日本の研究.com
https://research-er.jp/researchers/view/524143

スポンサーリンク
4
2014年の御嶽山噴火 - Wikipedia
山頂の南西、地獄谷付近の地下にあった熱水溜まりが何らかの原因で過熱(あるいは減圧)したことにより急膨張の結果、突沸し噴出に至った[5]、しかし山頂付近で噴火に遭遇し生還した登山者によれば「最初の噴出は岩がぶつかるような音で始まり、爆発音は無かった」との証言がある[6]が、気象庁V-net 観測点(田の原上:ONTA・田の原:ONTN)の空振計では 6Hz 以下の空振を観測している[5]。新たな火口は、1979年噴火の火口列の南西250 - 300m付近の位置に平行に複数個が形成され[7]、最初の噴火では火砕流も発生し火口南西側の地獄谷を約3km程度、火口北西側の尺ナンゾ谷にも流れ下った事が観測された[8][9][10]。また、降下した火山灰を構成する粒子は大部分が変質岩片で構成され、マグマ由来の成分は検出されていないため、今回の噴火は水蒸気爆発と分析されている。日本国内において噴火災害で死者を出したのは、1991年6月3日の雲仙・普賢岳の大火砕流以来となり[11]、死者数も雲仙・普賢岳の43人を超え、戦後最悪の57人となった[12][1]。

2: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 01:07:17.68 ID:KJ/7lT6l.net
遅い。何人死んだと思ってんだ

3: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 01:20:39.59 ID:SAqLXke2.net
こいつら無能なくせに原発再開にイチャモン付けてて笑った。

4: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 01:25:54.12 ID:wtjnwMc/.net
地震や噴火の予知なんて、
やっぱり、税金のムダ遣いなんじゃないのか?

5: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 01:40:28.33 ID:SO//saJ7.net
こうやって失敗繰り返して予知の精度を上げてくしかないんだろうな
つーか自然現象を人間ごときが把握しようなんて無理な話なんだろう
酒気おびやら無免許運転の車に跳ねられて死ぬのはまっぴらごめんだが、
自然災害に巻き込まれて死ぬなら諦めつくな、自分は

7: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 02:37:16.34 ID:Bpx1ekTW.net
>>5
人間が経験則で判断するから後手に回る
ビッグデータ+ディープラーニングでコンピュータに任せれば
普段と違う変化があれば即警報が出せる

6: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 02:14:22.96 ID:yxP6M/ZN.net
つか数週間前から火山性地震が増えてたじゃん

 
5

図3. 御嶽山での火山性地震の日別発生回数(2014年8月1日~9月28日12時(速報値含む))。
火山噴火予知連絡会資料を一部改変(注1)。A型・BH型・BL型は火山性地震のタイプを示しており、震源の深さはA型では1~10km程度、B型では1km程度。

図3は、8月~9月の御嶽山直下での地震発生回数をグラフにしたものです。
地震活動は9月に入ってから盛んになり、9月10日から11日にかけてピークを迎えます(1日あたり85回発生)。
しかしその後、地震の発生回数は徐々に減少していきます。
地震活動が再び増加するのは噴火の約10分前です。
9月27日11時41分頃から火山性微動が発生し、11時52分に噴火に至ります。
地震活動はその後増加し、9月27日だけで350回を越える火山性地震が観測されました。

11: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 07:49:23.40 ID:yjaYpBZA.net
問題は、こういう後から詳しく調べて分かるぐらいの些細な地殻変動が、
他の火山でもどの程度の頻度で発生しているかどうか
噴火に至らない場合でも、頻繁に発生していることなら予知に使えない

>>6
それでいちおう注意喚起していたけど、登山者はガン無視で登っちゃった

そして火山性微動ならともかく、火山性地震なんて、毎月いくつもの火山で発生しているので、
気象庁もより踏み込んだ措置は採れなかった
噴火しない可能性が大きいし、噴火しなかったら地元の観光業界が怒るし

8: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 03:02:10.99 ID:5T8OIfdR.net
まだ6人くらい行方不明なんだっけ
早く見つかるといいけどね

10: 岩手男@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 05:09:10.52 ID:Iow5Fqa+.net
気象庁は、いつも後出しジャンケン
3.11の時も、釜石沖の二つの観測ブイが大津波を観測していたのに発表しなかった
普段でも、盛岡では雨が通り過ぎた後に、大雨注意報だ
ったく、浮世離れした連中が多いと思うぞ

14: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 09:24:05.45 ID:Q2aCImwt.net
測定精度上げたらそこらじゅうの火山でしょっちゅう噴火の前兆が捉えられるようになるが、実際に噴火するのはそのうちごくわずかだから、学者の自己満以上の意味はないな

そんなことより九電は、どんな前兆があれば爆裂噴火の前兆として原発停止するのか、ちゃんと発表しろや

15: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 10:36:14.91 ID:2HzV9fEk.net
「地震計トモグラフィー」プロジェクトを、いよいよ
立ち上げんといかんな。

火山の周囲に、数百台の高精度の地震計を配置し
常時振動波を記録し、その膨大なデータを通信回線を
介して専用スパコンに送り込み、解析画像化することで
火山内部や地下のマグマの動きを捉えることが出来る。

Iotの時代、振動センサー部は比較的高価だが
情報処理部や通信部などは、かなり安価に実現可能
だと思われる。 解析用のスパコンとソフトウェアの
開発が、かなりの難題だけどな。

16: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 20:19:50.74 ID:yxP6M/ZN.net
今後はちょっと変化があれば入山制限をすべき

今回は行楽日のお昼時に噴火、しかも火口近くにまで登山客がいたので
大変なことになった

火口から1キロ以内は立ち入り禁止とかするだけで
被害はかなり減っていたはず

17: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 20:36:55.12 ID:yjaYpBZA.net
>>16
それすると、地元の観光業界が怒る

あと、最終的にそれを決める権限があるのは地元自治体だしな

20: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/04/11(土) 00:01:13.29 ID:nE1oF9vA.net
>>17
火山活動が収まればすぐに規制解除をすればいいんじゃね

あと登山禁止ではなく火口付近だけの立ち入り禁止だったら
登山客も満足すると思う

19: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 23:32:53.41 ID:PEChDI9k.net
>今回、研究所は「タンクモデル」と呼ばれる方法で地中の水分状況を想定、
>水分の影響をできるだけ取り除くデータ処理をした。

つか、こういうモデルを使う手法って別のモデルを使うと結果が変わっちゃったり
するんじゃないの?

21: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/04/11(土) 00:13:26.38 ID:+6FBOLBo.net
2月末に乗鞍岳から見たけど結構噴煙出てたもんな

22: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/04/11(土) 13:37:13.23 ID:ZtvhgRfp.net
注目記事 (*゚∀゚)

【御嶽山噴火】 神の怒り:海外メディアによる写真

【御嶽山噴火】「社務所の横にいて最初に逃げ込めたから助かった。目の前で亡くなった方がたくさんいた」 下山者が山頂の様子を語る

【御嶽山噴火】登山者の生死を分けた“境界線”とは?

【御嶽山噴火】ヤフー知恵袋にさらっと恐ろしいこと書いてる人がいるんだが…|twitter[9/28]

御嶽山からの生還が想像以上に無理ゲーだった件
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1428594722/

スポンサーリンク