1


902: 名無しさん 投稿日:2012/12/20(木) 23:09:47.65 ID:WkTMrMzjP
「おい、これが朝日連峰…」
そう言ってOBのSさんは写真を見せてくれた。

都内の某企業、本社ビルの地下にある防災センターの控え室に我々はいた。
なぜかって?
ここは某企業で高齢になった(所謂リストラ予備軍)の集まった現場なのだ。
仕事は設備管理。
防災センターであるから、他に警備員も詰めて居るし、突破的な災害や急病者の連絡対応やら、
納入業者からの問合わせの窓口でもある。
Sさんも御他分に漏れず、58歳まで勤め上げたが、工場勤務の時に身体を壊し、
退職金が満額で貰える時に合わせて退職をした。

「よく朝日連峰なんか行けますよね、腰悪いんでしょ?」
写真を手に取りながら半場皮肉ってやるとニヤリと笑いながら
「そりゃあお前、山に登るときは違うんだよ」
「ふうん…」

孤独なSさんの家族は障害者の従姉妹独りだ。
社内では先輩風を吹かせ、周囲からは敵も多かったし、俺は使いっパシリなところも遣らされたけど、
何となく憎めないのは決して嘘を吐かないし、何か有れば情報を提供してくれたことだ。
退職をした後はこうして週に一度、本社ビルに入っているクリニックに通院している。
来ればこうしてセンターに顔を出し、設備のメンバーと夕方には連れ立って酒を飲みに行く。

「今日(呑みに)行くんでしょ?」
「うん、18時に角の中華料理屋に行ってる」
「俺は今夜当直だよ…」
「おまえなんか来なくていいよw」

Sさんはそうニヤリと笑うと、傷む自分の身体を少しでも労ろうと、いつものように
控え室の向かいにある仮眠室に入っていった。


スポンサーリンク
2
朝日山地 - Wikipedia
朝日山地(あさひさんち)は、新潟県と山形県の県境をなし越後山脈最北部に位置する山地である。範囲は北の国道112号で出羽三山を分け、南は113号で飯豊山地を分けている。主峰の大朝日岳を中心とした主稜線を特に朝日連峰と呼び、北の以東岳から南の祝瓶山までが一般登山の対象とされている。


903: 名無しさん 投稿日:2012/12/20(木) 23:16:36.93 ID:WkTMrMzjP
Sさんが翌年、大雪で行方不明になったのが9月だった。
捜索がなされたが、天候が思わしくなく遺体の収容は遅れた。

三週間も経ってから俺の耳に入るなんてと思ったが、知らせを受けたときは、彼の生き方を自然と
踏襲しているような俺には、冷たい現実の中に取り残されたような気分でもあった。

「カメラ買うって言ってたな…」
同僚と話しながら、彼が独り世話をしていた従姉妹の身の上はどうなったのだろうとボンヤリ考えていた。

当直の俺はその日、夜間巡回から戻ると、控え室のレターケースから彼のくれた黒岳の写真を眺めてみた。

「また黒岳行ったんだ…」
呟きながらそれをしまい、再び防災センターに戻ろうと控え室の入り口に近づいた。

「ん…」
控え室のドアにはダイヤガラスがはめ込まれてあり、向かい側の仮眠室のドアのダイアガラスからの
光が洩れているのが見えた。

「誰だ? 誰もいないはず」
控え室のドアを開け、仮眠室のドアをノックする。
返事なし。
訝って、開けてみた。
仮眠室の二段ベッドの上に、見慣れた二本の足が投げ出されているのが見えた。

Sさん…?
急に周囲が何とも言えない、ゾーッとする淋しい空気に包まれている感じがした。
途端に自分が真夜中の絶海の孤島に一人でいるような、戦慄が湧いてきた。
恐ろしいもの…恐ろしいものを見てはいけない…
しかし…なんだこれは…
俺はグッと怖さを抑えて前に一歩進んだ。

Sさんの上半身はなかった…

905: 名無しさん 投稿日:2012/12/20(木) 23:21:47.25 ID:WkTMrMzjP
Sさんの…
膝から上が消えてない身体が二段ベッドの上に寝ていた。
マジマジと見つめて数秒後、部屋の照明が突然ふっと落ちた。

そのまま俺は慌てて防災センターに飛び込んだ。
振り向くと同時に不審な顔を見せる若い二名の警備員たち。

「どうしたんですか?」
何かあったのかと言わんばかりの彼らから後日聞かされ、その時の俺の顔は真っ青だったという。

翌朝、俺は警備の若い奴に言った。
「昨日は火曜日だったよね?」

そう、毎週火曜日はSさんがクリニックに治療に来る日だった。

何時か俺も紅葉の黒岳を見に行こうと、彼のくれた写真をまだレターケースにしまっている。

909: 名無しさん 投稿日:2012/12/21(金) 00:10:54.42 ID:86D+y5uY0
>>905
イイね

908: 名無しさん 投稿日:2012/12/21(金) 00:06:46.20 ID:86D+y5uY0
昔話スタイルで再生された

960: 名無しさん 投稿日:2012/12/23(日) 01:56:34.95 ID:37FeFatY0
怖くともなんともない話になるだろうけど、

連休になると近所の山に登るんですが、ちょっと夜に登ってみたら遭難した。
来た道を引き返したら、見たことない住宅街に出て、30人くらいの男女に追い掛けられ、
気がついたら朝日が昇る様子を家の前で眺めていたことがありました。
訳が分かりません。

969: 名無しさん 投稿日:2012/12/23(日) 11:32:18.60 ID:HaoWr0xJO
>>960
ぐねぐね道の丘を迷いまくってたら、今まで見たこともなかった巨大マンション群に遭遇したことがあって、まっまっまさかウルトラセブンに出てくる宇宙人の街ですかーなんてビックリした経験は何度かあったけど、男女30人に追いかけられるってスゴい話だわ
捕まってたら、どーなってたんだろうね?
その連中の素性が気になるわ
いずれにしても無事で何よりでしたね

981: 名無しさん 投稿日:2012/12/23(日) 23:47:30.97 ID:k1dcgWXa0
>>960
よっぽど酔っぱらってたか、変な薬飲んじゃったんじゃない?

982: 名無しさん 投稿日:2012/12/24(月) 00:40:25.66 ID:/+mBA71j0
>>981
まだ高校生なもので…酒も薬も身に覚えがありません
今では夢遊病とかそういう類のものだったんだ、と思い込んではいます

963: 名無しさん 投稿日:2012/12/23(日) 02:39:35.43 ID:/olM0mC7P
ワロタw

987: 名無しさん 投稿日:2012/12/24(月) 02:41:35.77 ID:GOI2J1GDP
眠れないがてら昔話でも

俺の地元は山中にある集落だった
だったというのは今ではその集落は過疎や車が必須などの不便さによりほとんどの世帯が山の麓の町に移り住んでるため今では先祖の墓が残っている程度だ
俺は中学卒業と同時に県外の高校に下宿し、地元に帰るのは1年に一回というのもザラで高校卒業後就職してからはほとんど帰ることもなくなった

就職して3年ほどたった時実家から一本の電話があった、近いうちに実家に帰って来いというたまにくる催促の電話だ
俺は仕事が忙しくない時期だったこともあり久々に顔でも出してやるかと自家用車で実家に帰省した

988: 名無しさん 投稿日:2012/12/24(月) 02:42:21.43 ID:GOI2J1GDP
帰省すると記念日でもないのに親戚一同が揃っていてお帰りと歓迎してもらったが
その時は別に祝日でも正月でもなくただの日曜日だったのでこの集落に住んでない親戚がいるがなぜだろう?と思った

すると今では故人の祖父が「いやぁ久しぶりだね、これでやっと祝言の儀ができる、よかったよかった」
親戚一同良かったねぇと言っている

俺はお見合いでもさせられるのか?と思いまだ結婚する気はないとやんわり断ろうとすると
祖父は笑いながら「大丈夫、そういうのじゃないんだよお前にもいいことだからちょっと老人の気休めに付き合ってな」と笑っていた

その後俺はゆっくりと風呂に入り親戚と他愛もない話で盛り上がりやけに豪華な飯を頂いた、珍しく山の中なのに海の幸をたんまりと食べさせてもらった

夜の9時ごろだろうか、祖父に呼び出された
祖父の部屋までいくと祖父と親戚の年長者が車座で座っていた
祖父に促されて車座の一端に座るといきなり「お前彼女とか結婚を考えている相手とかいるのか?」と聞かれた
恥ずかしながら20後半にもなり自分は恋人無しのDTだったので笑い話半分に祖父に言うと本当だな?と念押ししてきたので再度同意した

989: 名無しさん 投稿日:2012/12/24(月) 02:45:00.64 ID:GOI2J1GDP
なーんか居心地の悪さを感じながらも祖父の話を聞くと「今からお前は神様と契ることになる」と爆弾発言をブチかました
え?神様と?なぬ?とパニクってると祖父は「なんてことはない寝てれば終わるさ」なんて笑っていた

その後俺はあれよあれよといううちに離れに連れていかれた
部屋の中には桶に入った水、布団にまくらが2つ、女物の着物(部屋着?)が掛けてあった
寝ていればいいと言われていたので直ぐに布団に入り寝入った

何かの気配を感じて寝ぼけ眼で腕時計を確認した 深夜の2時ごろだった
何か入ってきた感じはしたが祖父の寝てればいいの言葉を信じてもう一度寝ようと目をつぶった
水で何かを洗う音と衣擦れの音が聞こえた後何か温かいものが布団に入り込んできた、ちょうど自分を後ろから抱くような感触を感じながらもそのまま俺は眠ってしまった

朝起きると体が重く身体中が筋肉痛のようであった
体をほぐすように風呂に入ったあとこれまた豪華な朝食を食べた後また祖父に呼ばれた

990: 名無しさん 投稿日:2012/12/24(月) 02:49:36.78 ID:GOI2J1GDP
祖父が話したことを要約すると
この山には女の神様がいて長い間独り身であった
その相手を長らく探していたのだが適当な相手がおらず困っていたのだが丁度お前が年齢も良く相性が良さそうなので当てがった
多分お前は一生結婚できないが死んだら神になれるし今でも山神の婿だこの先の人生いいことがあるだろうと
色々理解できなさすぎたが元々楽観的な性格で結婚もどうすっかなーと考えていたので「うーん...まあいいか」と思いそのまま自宅にに帰宅した

その後10年くらいたったがほとんど浮いた話がないけど大きな病気や怪我もせずにある程度の生活ができている
今ではちょっと神様の婿というのが楽しみになっている
そして俺はいま悲DTと言っていいのだろうか

996: 名無しさん 投稿日:2012/12/24(月) 10:03:40.95 ID:WVVHqQOb0
>>987 - >>990

乙でございます。まだまだ地域によっては生きてるんですね、こういう風習が。
あとは好きな人間の女子ができて付き合い始めたり関係をもとうとしたときに
邪魔が入るかどうか、そういう機会はなかったのでしょうか?

998: 名無しさん 投稿日:2012/12/24(月) 10:16:15.63 ID:GOI2J1GDP
>>996
邪魔...というわけではありませんが女の方が少ない部署に行かされたり偶然かなぁという程度のものであれば

たまに寝ていると暖かいものに包まれたりする感覚はありますが夢かどうかはわからないですね

992: 名無しさん 投稿日:2012/12/24(月) 04:08:00.75 ID:3zHhqVBc0
987-990

▽注目記事

涸沢でテント泊したいと考えている夫婦ですが、モンベルの”ステラリッジ3型”だと大きすぎでしょうか?

アトモス50買って満足してるけど、イーサーみたいに取り外した雨蓋がリュックとかになればなお良かった

山歩きのペースが分からん…登りでゆっくり歩くのが苦痛そしてバテる

登山中は谷側を歩くと足で石を落とす可能性があるので注意を!

ハイキングに毛の生えたようなの好きだな。

ずっと日帰りの低山しかしないなら雨を避けるのも有りだと思う…でも、悪天候を避け続けていたら悪天候スキルが身につかない

【THE NORTH FACE】クライムライトかベリーライトかで迷っている。ベリーライトは丈が短いんだよね。

登山中、歩く速度が違い過ぎるとどっちも苦痛だろ…

【マット】登山では快適性やコンパクト性より確実性重視だからクローズドセル一択

チョッとだけ登山に興味を持ち始めたんだが・・・

引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.net/occult/1351381985/

スポンサーリンク