9


650: 名無しさん 投稿日:2009/08/01(土) 00:31:53 ID:FZUqrst40
怖い、というよりは不思議な話。ちょっと長文スマンです。

数年前、北海道の幌尻岳を夫と共に登りに行った。
山頂に行くルートには、途中渓流にコースをとる必要があり、多少水深の深い所も
渡渉せざるを得ず、簡単な沢登りの装備(といっても沢靴or草鞋と地下足袋等)が
必要だったのだが、山登りの経験はそこそこ豊富でも沢登りに関しては初心者同然だった私たちは、ホームセンターで買った土木作業員向けの地下足袋と、数年前にお土産屋さんで買った部屋履き同然の簡素なつくりの草履で何とかなるさ、みたいに気軽に考えて、何なら北海道についてから入手すればいいさ、と甘く考えていた。

本当に甘かった、と後悔するのは現地についてから。
飛行機を降りてから何件か店を巡っても草鞋そのものの取り扱いが無く、また
沢靴を買うにはちょっと懐が厳しく、なりゆきで結局手持ちの草履で行くことに。

不安いっぱいの気持ちで渡渉ポイントまでの山道を歩き、いざ地下足袋と草履に
履き替えようと袋から出すと、持参の草履は藁の部分があちこちで千切れてかけていた。

この草鞋駄目だ…、と思い、せめて地下足袋だけで行けるかな?といざ水流の中に
足を踏み入れると一瞬にしてバランスを崩し、コケそうになった…orz。
関連記事
北海道に行ったら道のど真ん中にキタキツネが居座ってるんだがwwwwww


10
幌尻岳 - Wikipedia
幌尻岳(ぽろしりだけ)は、北海道、日高山脈の主峰で標高2,052m[3][4]。アイヌ語でポロシリは「大きな山」の意で、日高山脈襟裳国定公園内にある二等三角点(点名「幌尻」)[5]の山である。日本百名山に選定されている[6]。


651: 名無しさん 投稿日:2009/08/01(土) 00:36:09 ID:FZUqrst40
もうどうしようもない絶望感に夫婦してうちひしがれ、頭をうな垂れかけたその時、
「?」
視界の端に何かが写り、目を凝らして見ると、岩陰に二足の草鞋が。

それも踵もしっかりと包み込み、足首で縛るタイプのしっかりした草鞋で、大きいのと
中くらいのがそれぞれ一足づつ、きちんと並べておいてあった。

「誰かの忘れ物かな?」
とは言え、登山道からここに到るまで誰にもすれ違っていないし、草履も多少の使用感はあったものの殆ど新品同然といえる状態。

夫と二人顔を見合し、
「これはきっと神様からの贈り物に違いないよ、有難く使わせて頂こう」という事で、
見えない何かに向かって頭を下げて草鞋を装着してみると、、これが驚くほどぴったりで、地下足袋の足にしっくり馴染んだ。

そのお陰で、滑りやすい沢で一度も転ぶことも無く、最後まで快適に沢の中を進むことが出来、その後若干の天候の乱れもあったものの、何とか無事に山頂に到着。

また帰りの渡渉でも、草履は若干くたびれた感じであったものの全く問題なく沢の中を威力を発揮していたのが、最初にその草履を見つけた場所、…つまり渡渉の出発地点に辿り着いた途端、その草履はバラバラとほどけてほぼ原型を留めぬ姿に変り果ててしまった、のです。

改めて、夫と二人「助けてくれて有難うございました」と手を合わせ、元あった場所に
草履を戻して帰途につきました。

・・・後日談
ちなみに、自宅から持参した方の草履は、下山後札幌の街中でサンダル代わりに
履いていたのですが、こちらは徐々に崩壊し、(気が付くと)狸小路を裸足に近い
状態で歩く羽目になり、泣く泣く泥だらけの登山靴に履き替える事となりました・・・orz。

670: 名無しさん 投稿日:2009/08/01(土) 09:16:38 ID:7z/c17Wi0
>>650
ジモピーだが、夢を壊すようですまないんだが、
幌尻登山は人気コースで、登山者もすごい多くて
沢登の装備がないとか、忘れた人のためにベテランの登山者が
使ったわらじをそのまま置いていってくれるんだよ。
わらじは消耗品だし、他に使い道がないしね。
わらじを履きこなせるなんてだけたいしたもんだ。

そんなに日にちがたっていないわらじならいいが、
風化したわらじが登山道脇の枝にぶら下がっていると
まさにオカルトです。


ちなみに中腹の登山小屋のトイレの中身は管理しているボランティア
団体が汲んで容器に入れてショって持ってかえって処分するでス。

674: 名無しさん 投稿日:2009/08/01(土) 09:41:35 ID:SfmgrktM0
>>670
素晴らしい話だね
ベテランさんやボランティアの方々に頭が下がる思いだ

678: 名無しさん 投稿日:2009/08/01(土) 11:25:51 ID:FZUqrst40
>>670
>地元の方
ありがとうございます。
私的には不思議な話どまりでしたが、>>670の話を聞いて頭が下がる思いです。
(最後一行はもう…本当に尊敬してやみません。)

地元の方の地道な活動やおもいやりがあってこそ、
(それこそ夢の有無とか全く関係なしに)怪我一つなく帰還できたこと感謝してます。

660: 名無しさん 投稿日:2009/08/01(土) 01:30:26 ID:dJK1iyNU0
何にしてもありがたい話だ

671: 名無しさん 投稿日:2009/08/01(土) 09:25:10 ID:PVol13DF0
オカルトじゃなくて、普通にいい話ってことか。


沢登りのススメ―だれでも楽しめるもっと面白い山登り
注目記事 (*゚∀゚)

夏のオートバイ →  夢:北海道、テント泊、星空   現実:近所の道の駅、コンビニ、汗

彡(゚)(゚)「北海道に登山しに来たけど水忘れた・・・しゃーない川の水飲むか。」

【北海道】スキー場コース外の遭難多発 外国人客のバックカントリーブーム 遭難者38人のうち18人が外国人観光客

北海道でクマと追いかけっこしたったwwwwwwwwwwwwww

【社会】名所の「哲学の木」倒れる…寿命が理由も観光客らの違反行為が後押し 北海道美瑛町

http://www.logsoku.com/r/2ch.net/occult/1247854835/