1


390: 名無しさん 投稿日:2009/07/27(月) 21:35:31 ID:kCytCGKa0
学生のとき登山にはまってたときの話、今度の夏に八ヶ岳の中位程度の山に登ることになった。
当日、天気は曇りで雨が降らなければ良いが、とか言いながら上り始めた
予感は的中し6合目までいったところで天候は悪化し始めた。

徐々に霧が濃くなり視界も悪くなってきたので、俺は一時休憩をするため山小屋に向かうことにした
山小屋は6合目と7合目の間にあるので少し戻ってから山小屋のある道を探すことになった
視界が悪いため山小屋を探すのにてこずったが灯りがともっているのが見えようやく見つけることができた。

山小屋に近づいてみると、こじんまりした感じの木造で築20年くらいといったところか
灯りは窓からもれてきていた、俺は人がいることに安心してノックをしてから中に入った。

中に入ると6人ほど横になって仮眠を取っているようだった。
なかは古いランタンが1つついてるだけでとても薄暗かった。

とてもひんやりしていて、夏とは思えないかび臭い匂いも漂っていた。
とにかく寝てる人を起こさないようにリュックを下ろし横になって休むことにした。

横になってから10分ほど、暗がりの中、俺は横になりながら先にいた人たちをぼけーーっと見ていた。

見ているうちに俺は不審な点に気づいた、そいつらはの装備がみあたらない。。。
リュックどころかブーツも見当たらない、この小屋は1部屋しかないため他に入れるところもない

そうこうしてるうちに、そいつらの服装をみて愕然とした、ボロボロのズタ袋のような服装でみるからにまともな服装とはいえない、、俺は一人一人目を移していったがみんな同じような服装をしている。
俺は異常に怖くなった、得体の知れない連中と一緒に暗い山小屋で寝ている。。

体中に冷や汗が出てきた、俺は静かに小屋を出ようとしたが体が動かない、金縛りか。。
最悪の状況になり俺は目だっけをちろちろ動かして必死にあたりの状況をうかがった、そのとき1人と目が合った
俺をにらむような目。。そこで俺は気を失った。

気づいたときには夜になっていて、あの6人もいなかった。
関連記事
山梨の瑞牆山って山について誰か変な噂とか知らない?


スポンサーリンク
409: 名無しさん 投稿日:2009/07/28(火) 02:25:43 ID:vMq/eNAu0
ま、それは置いといて、>>390さんの話を読んで、思い出した話。
一昨年、午後到着のバスで新穂高温泉から槍平小屋まで向かっていた時の事。

単独行で、ちょっと前の晩寝不足だった事もあり、かなりゆっくりとしたペースで歩いたため、槍平小屋への到着を予定した時刻に到着する見込みがなく、日没も迫っていた頃、ちょうど滝谷避難小屋のすぐ近くまで来たのだが・・・。

小屋を登山道から見上げただけで足がすくんだ。
>>390さんの話と異なり、窓から漏れていたのは明かりではなく鬼気迫る暗闇だった。
晩夏とは言え、北アルプスってこんなにひと気が無かっただろうか?

自分に霊感とかあるのか無いのか定かではないけど、迫り来る逢魔時と相まって、
ただひたすら私は怯え、ただひたすらその場から離れようと必死になって歩き、
なんとか日没直後に槍平小屋に到着。

その後の山行には特に問題もなく縦走を終えたけど、後日滝谷避難小屋について色々調べたらあの時感じた恐怖については、やっぱりなあ、って感じでした・・・ orz
(また、その年の冬、年が明けてから槍平小屋付近で大規模な雪崩発生で犠牲者も出たし…)

突き詰めれば、オカルトというよりは、本能的な自然への畏怖だったんだろうけど、
自分的には、かなり恐ろしい体験でした。


怪奇ドラッグ 責任編集長平山夢明「怖い話」集
注目記事 (*゚∀゚)

先輩が小6の夏、付近をお遍路していた初老の男性が行方不明になり近隣住民が総出で捜索することになった。

友人四人で夜中に山へドライブ、変なテンションに。帰る事を提案しようとしたその時……運転していた友人の携帯が鳴り出した…

もしかしたら私と祖父は神隠しにあっていたのかもしれない。

奥にあるふすまから誰かに覗かれているような感じがした。 去りがたい、郷愁に似た感覚が恐怖に摩り替わるあの感じを、今でも思い出せる…

登山道で途中分かれ道にぶつかった。確かに祠の所に行くまでは一本道だったのだという。行く方向を迷っていると、ふと男の声が聞こえた。「右に行け」

http://www.logsoku.com/r/2ch.net/occult/1247854835/

スポンサーリンク