2


1: 名無しさん 2015/10/20(火) 14:52:16.17 ID:GC/dBqNb0
そんな話聞いたけど本当なの?

2: 名無しさん 2015/10/20(火) 15:06:59.63 ID:oFRGwQPb0
海や河原とかもそう言われるなぁ

3: 名無しさん 2015/10/20(火) 15:39:21.85 ID:GC/dBqNb0
>>2
河原はマジ良くないらしいな
墓石だとか

5: 名無しさん 2015/10/20(火) 15:40:27.61 ID:hNOlRWdF0
神社の境内の石を持ち帰るのもオススメしませんよ

6: 名無しさん 2015/10/20(火) 15:57:27.54 ID:OYOO2gtW0
普通に持ち帰ってるわ。黒曜石とか

7: 名無しさん 2015/10/20(火) 16:42:55.22 ID:VDgx8sy60
聞いたことあるけど詳しい理由を知らない
関連記事
登山の記念に山頂の石を持ち帰りたいのですが、マナー違反でしょうか?


スポンサーリンク
8: 名無しさん 2015/10/20(火) 16:52:42.57 ID:6JlAH5jq0
変な病原菌やら植物の種、虫の卵とかついてるからじゃね

9: 名無しさん 2015/10/20(火) 17:03:12.39 ID:Y1Ta1gqF0
聞いたことあるなあ
他所の石を勝手に動かしちゃいけない
的な意味だと思っていたが

13: 名無しさん 2015/10/20(火) 18:54:56.72 ID:jYc15Zc20
昔、研修で農家に2ヶ月くらい住み込むというのがあったけど
そこの家で2回強烈な金縛りにあった。当時はストレスだろうと思っていたけど
今考えればそこの主人が庭に川から拾ってきた岩や木の根っこを大量に置いていたな

自分も1度拾いに行かされて、その庭の隣の部屋で寝ていた。金縛りにあったのは今までその2回だけで
夜中に御主人を起こそうと思うくらい怖いものだった。

15: 名無しさん 2015/10/20(火) 23:24:12.87 ID:c2kYSffE0
何か自然の綺麗な形の石とか素敵やん
色々拾って来てるけどなぁ 

前持って帰って洗ったら赤石wで、今日は遅いから明日戻しに行こうと1日外に置いてたら
翌朝見たら粉々に破裂してた事あってびびったけど

19: 名無しさん 2015/10/21(水) 18:08:45.88 ID:cjEhjCke0
石と言えば神宮の参拝で地面の石が石段に落ちないように
ポイポイって職員の人が投げ戻しているのが…。
あれ、参拝者のほうで地面の石に気を使って欲しいんだけどw
仕事とは言え職務を遂行する方も見てる方もちょっと…。

21: 名無しさん 2015/10/21(水) 21:09:04.28 ID:mu38gnhE0
石ではないが、学生時代に友達が恐山の寺から瓦盗んだが
金縛りに遭ったり、怪奇現象が多発。
ビビって深夜に返却しに行くミッションに付き合って行った
事がある
関連記事
空飛ぶ鳥居って知ってる?


31: 名無しさん 2015/10/24(土) 19:48:37.45 ID:9c3ir2cy0
炭鉱町出身のおかんに言われたのが、山で死んだヒトは最期に水を求めて沢に出るから、川の石はそんな人たちが宿るのもある(地蔵のかわり?)から持ってきたらダメだよって小さい頃言われたな

3

253: 名無しさん 2015/12/18(金) 11:03:03.14 ID:ilYBh5KP0
>>31
あたりじゃないかな

35: 名無しさん 2015/10/25(日) 21:40:37.63 ID:+0HuE3wo0
昔 父親が友人家族と山とか川に大きめの庭石探しに行った。
友人家族の奥さんがちょっと厚かましい人で、めぼしい石は殆どその家族が持って帰ってしまった。
結局父親は運転手役をさせられて帰った来た。

数年後 友人家族は奥さんがガンで死亡。その息子はヤンキーになって色々悪さをしてたため更生施設に。残った父親の友人も病気がちで不幸感ハンパなかった。

もし父親が石を持って帰っていたら…と、このスレ読んで怖くなったわ。

38: 名無しさん 2015/10/25(日) 23:43:37.61 ID:XcQKWRAb0
昭和も終わりごろまで、河原から石を拾ってきて、それを
道端で売って生計を立ててる人も普通にいたんだが、
ああいう人たちって、どうやって災い除けをしていたんだろうな

実家の近くにも、一人で毎日石を並べて稼いだ金で建てた
石御殿って言われる家があるけど、当人が生きているうちに
話聞いておけば、何か興味深いエピソードが発掘できたかもしれない

39: 名無しさん 2015/10/25(日) 23:50:40.78 ID:Svn2zcED0
>>38
四国出身なのですが、身近に、その「石拾いビジネス」をやっていた
人がいました。すでに鬼籍に入られていますが、なかなか面白い話を
聞けました。彼は、高額で売ることのできる石を求めて、深山幽谷
(といっても、四国の山は程度ものですがw)に分け入るのですが、
石自身のみならず、その場所でも怪異に遭遇したとのこと。

四国は東西に何本も断層が走っていて、それを境にして東西に帯をなして
ことなった地質体が分布していて、いろいろな石が採れるのだそうです。

花崗岩(御影石)、三波川の緑色岩、珪石(チャート)、火山岩、
砂岩、泥岩、石灰岩、それに化石もたくさん見つかったとのこと。
「見る目があれば、金にはこまらんけんねぇ」というのが彼の主張。
「やまで、おかしなもんにつれていかれなんだら、だいじょうぶよ」

42: 名無しさん 2015/10/26(月) 07:39:13.46 ID:wIJoIURV0
石で生計をとるって石はなにに必要なの?御影石は墓石だっけ?大きな石?そんなのどう運んだの?

48: 名無しさん 2015/10/26(月) 21:37:02.53 ID:LC9L+scS0
>>42
「石拾いビジネス」のじいさん(故人)によると、珍しい石、形の良い石は、
庭石として売れたり、石を愛でる愛石屋が高額で買い取ってくれるのだそうです。
墓石は、流通機構と石種が確立しているので、商売にはならないのだそうで。

山奥から持って帰れるようなサイズの石を選ぶのだそうですが、大きなものは
そり(この地方では、きんま、と呼んでいましたが)を木で作って引きずって
何日もかけて運んだそうです。ただ、持ってきて売れないと無駄になるので
そのようなことは、それほどなかったと。

重い道具も、それほど持って行かなかったそうです。長い金属の棒(バール)
と石頭(せきとう)ハンマー、くさび、くらいで。基本的に割らないんですね。
価値が下がるので。

足回りは、ゲートルを巻いて、地下足袋に自分で編んだわら草履を履いていました。
そうすると、沢の濡れた石の上でもすべ選らないとか。わら草履は、すぐに
腐ってダメになるので、数を編んで予備をもっていくこともあったそうです。
現地での食料、資材調達が基本で。

50: 名無しさん 2015/10/26(月) 23:15:23.55 ID:LC9L+scS0
>>48
悪い石とか呪われる石とかなかったのか?ときいたこともあるのですが。
「石拾いビジネス」のじいさん曰く、「そのような石はある」と。
ただし、手を出さないようにすること。手を出していたら、今のわしは
おらんかったけん。ということでした。

どんな石が「悪い」のか?
その場所には、普通に見られる石の種類があるらしいのですが、
それらとはまったく異なって、一個だけぽつんと異質な石が転がって
いることがあり、それには注意せよ。と、石じじいよりもさらに
年配の先達から聞いたそうです。色は関係ない。表面の状態も
関係ないが、なんか脂ぎっている石というのがあり、それも危ないとか。

どうあぶないのか?
現象はさまざまだとか。持って帰るときに山の中で行き倒れて死んでいる
(通りがかりの猟師によって発見);持って帰ると本人が不審死;家族の
ものが不審死;手や腕が腐る;四六時中、石がしゃべりかけてきて本人
発狂(これは順番が逆かも);石を売却すると、もらったはずの代金が
いつのまにか消失(家族の犯行か?);購入した人も死亡;石を拾って
きた人の家の前を通りがかった通行人が死亡;など。

4


52: 名無しさん 2015/10/27(火) 21:58:20.72 ID:l+sgjjy60
>>48
なるほど勉強なります

43: 名無しさん 2015/10/26(月) 08:40:24.40 ID:SDzTn5fj0
つげ義春の「無能の人」の世界が、リアルにあったんだな

9

無能の人・日の戯れ (新潮文庫)



57: 名無しさん 2015/10/28(水) 11:15:09.15 ID:gYorZZqH0
石ですか・・・
海から石を持ち帰るのはこちらの地域ではタブーですね。

なんでも石に死者の思いがこもっている場合があるとか
山の場合はあんまり聞かないですが、山神やら神社とかある場所の山は安易に持ち帰れば何か起きるんじゃないですかね。

だって自分の庭のものを持ち帰ったらいやでしょう。
それと同じです。
まぁ、外国でも石に関する話はありますし、神話の話でもあった気がするので興味がある人はいろいろと調べてみるといいかもです。
以上

58: 名無しさん 2015/10/28(水) 18:26:50.57 ID:3peOFBGN0
渓流釣りに行った時人工物としか思えないほど正確な球になってる石見つけたことあったんだけど
ポケットに入れてたら落としたのかどっかいってた

61: 名無しさん 2015/10/28(水) 22:23:02.56 ID:ef5yNp5N0
川の石はあれだけど
海って浄化できるじゃんね?
塩ってなぜ浄化できるかというと海からできてるからでしょう?
海の石って大丈夫じゃね?

63: 名無しさん 2015/10/29(木) 19:22:25.18 ID:Z0Uhtr7T0
>>61
海の石は塩水で清められているので比較的安全だって
冝保愛子さんの本に書いてあったよ

俺が昔読んだ本によれば。
山の神様が「高さくらべ」をしたという伝説が日本の各所にあり
石を持ち帰ると、そのぶん低くなるから山の神が怒るんだと。
だから逆に石を持っていって山頂に置いてくると、いいことがあるという

85: 名無しさん 2015/11/05(木) 02:14:09.81 ID:+4MMQmaS0
魚石と呼ばれるものがあるという
石の中に生きた魚が居る
その石の表面を丹念に磨いていくとやがて中の水が光に透けて泳ぐ魚が見える

魚石の中の魚は千年は生きる
その魚を見た者も長生きできるという

86: 名無しさん 2015/11/05(木) 07:23:58.46 ID:8KJ8OpHPO
>>85
御津郡円城村というところにあった「こそこそ岩」も魚石の可能性があったとか。

山の石は持って帰ると何かが家まで取り返しにくる、と教わったよ。
自分では持って帰れないから気付かせようと悪さするそうな。
5
夜泣き石 - Wikipedia
夜泣き石のように、石が声を発したり人を化かしたという伝承は各地にある。岡山県苫田郡泉村箱(後の奥津町、現・鏡野町)の「杓子岩」(しゃくしいわ)は、夜に通行人に対して「味噌をくれ」と言って杓子を突き出したという[2]。同県御津郡円城村(現・同県加賀郡吉備中央町)にあった「こそこそ岩」という巨岩は、夜に人が通りかかると「こそこそ」と音を立てたという[3]。香川県琴南町(現・まんのう町)美合の山中の「オマンノ岩」は、近くを人が通りかかると、中から老婆が現れて「おまんの母でございます」と名乗ったという[4]。長野県北安曇郡小谷村大所の「物岩(ものいわ)」は、かつて命を狙われている者が付近を通りかかったとき「殺されるぞ」と声を出し、命を救ったといわれる[5][6]。


87: 名無しさん 2015/11/05(木) 10:05:00.07 ID:TQwZ6Vj50
でも考えてみれば、建物に使われる石とか、何かに使われる石って全部自然から取られてるってことだよね
少なくとも、皆自分の家には山の石はあるでしょう
しかもどこから来たのかも知らないような石が

地鎮祭は別目的だし、皆呪われてんじゃね

91: 名無しさん 2015/11/06(金) 23:59:13.84 ID:2Bwd+M5R0
>>87
建材として使用される自然石は、普通、人から人の手へ転売されていますから、
そのために、「呪い」のような性質は、薄められる(消失する)のかもしれません。
まあ、人を呪うような石は、そうめったやたらには存在しない、ということでしょうねw

92: 名無しさん 2015/11/07(土) 14:31:34.02 ID:znpiKFWdO
山も川も他人様のものだからそこにある石や枝も持ってきちゃいけないとなら聞いたことある
オカルト的な話だと、意味があってわざと置いてあるものだから動かしちゃいけないとかなんとか

97: 名無しさん 2015/11/08(日) 09:12:06.90 ID:NgoBVtYU0
長野県諏訪市に
「万治の石仏」という頭にくらべて身体がでかすぎる仏像がある
たぶん頭部だけがどこかから発掘されたか流されてきたんだろうな
で、そのへんの岩で身体をつくってくっつけたんじゃないかなと
6
7
万治の石仏 - Wikipedia
万治の石仏(まんじのせきぶつ)とは、長野県下諏訪町東山田字石仏にある石仏である。下諏訪町指定文化財。
「万治」という名の由来は万治3年(1660年)11月1日(石仏の胴部に刻まれている。他に「願主明誉浄光・心誉廣春」と刻まれているがこの二人は僧籍にも見当たらない)に造られたとされるところによる。高さ約2.7メートル、奥行き約4メートルの胴体の上に、高さ約60センチメートルの頭部が載っている。 
伝承によると、諏訪大社下社春宮に石の大鳥居を造る為にこの石仏を材料にしようと鑿を入れたところ(その鑿は現存している)、傷口から血が出てきたため職人達は祟りをおそれ、その晩に職人達が夢枕で上原山に良い石材があるという夢を見て、探しに行ったたところ見つけることが出来、職人達はこの石仏を阿弥陀如来として祀った。それに因んでこの辺りの小地名は「石仏」となっている。この石仏は芸術家の岡本太郎が訪れて絶賛したことにより有名となった。ほか新田次郎も賞賛している。


112: 名無しさん 2015/11/16(月) 20:41:47.26 ID:pOhBO4EC0
ハワイのキラウエア火山も 
石を持って帰ると女神ペレの怒りを買ってよくないことが起こるっていうね
昔の「世界ふしぎ発見」でやってた

世界中の観光客が「山に返してください」と手紙をそえて
火山研究所に石を送ってくるが
さすが科学者、迷信には興味ないらしく
石は研究所の裏手に捨てられるとか。
8
ペレ (ハワイ神話) - Wikipedia
ペレ(Pele)は、ハワイに伝わる火山の女神。ペレホヌアメア(「聖なる大地のペレ」の意)、ペレアイホヌア(「大地を食べるペレ」の意)、ペレクムホヌア(Pele-kumu-honua、「大地の源」の意)という呼び名でも知られている[1]。  ハワイの神々の中ではもっとも有名とされ[2]、炎、稲妻、ダンス、暴力などを司るとされる。美しく情熱的だが気の荒い女性で、嫉妬や怒りから人々を焼き尽くすとして畏怖の対象とされている。またペレの好物とされる特定の食物(オヘロと呼ばれる野苺の一種など)を食べることはカプとして固く禁じられている。


149: 名無しさん 2015/11/25(水) 02:32:24.97 ID:jWtn7C6U0
>>1 
知らないのか?まあいい、理由を教えよう。

日本には沢山の無縁仏になってるお墓がある。お墓だって毎年管理費がかかる。しかし無縁仏になってしまった以上、管理費は支払われなくなる

土地の所有者は一定期間は様子を見るが長年放置されてる無縁仏の墓は処分せざるをえない。業者に依頼し無縁仏の墓は回収してもらう

お墓を回収した業者は墓を1ヶ所に集め御経を唱えてから砕いて山の上流に捨てる

150: 名無しさん 2015/11/25(水) 03:07:04.40 ID:jWtn7C6U0
いくら御経を唱えてから砕いたとは言えお墓っていうのは参拝者が長年手を合わせてきた石だから念がこもってたりするわけよ

無縁仏になってしまった本人からしたらお墓っていうのは自分の象徴。やむを得ない事情だったとは言え長年定着していた土地から離されて砕かれて粉々になってるんだから正直なところ、あまりいい気はしないだろう

上流に捨てられた無縁仏の墓石は川の流れに乗って岩にぶつかったり石と石同士がぶつかったりしながら小さくなったり丸みを帯びたりして下流まで流れてきたりする

何気なく山や川で拾った小さな石でも、石によっては様々な念がこもってたりする石の場合もあるって事だ

182: 名無しさん 2015/12/03(木) 02:21:08.18 ID:LEBenkav0
造園業者が庭に置いた石も
水槽に入れる石も
床材の大理石も
ホムセンに売ってる砂利も
全て余所から持ってきたものだよ

190: 名無しさん 2015/12/05(土) 23:52:53.03 ID:EzJMgigs0
>>182
川や海と違って山そのものが御神体というところもある
石も山の神の身体の一部なんだわ

205: 名無しさん 2015/12/06(日) 17:36:13.12 ID:jRbA755a0
>>190
「御神体」という漢字で誤解するのかもしれんが、ご神体は、神様の宿る物(モノ、場所)
であって、べつに神様の体(身体)じゃないぞ。
神様のよりしろとなるものや降りる(住む)場所なんかだ。

だから、昔は、清浄な地である神社の地域から、アイテムを持ってくるということもあった。
場所としては、「神聖にしてあらしてはいけない」ということで、「禁足地」となっている
ばあいがある。(そうでない場合も多い)

山や川から石持ってきてはいけない、と主張するサイトは、心霊ビジネス関係のいかがわしいのが多いなw

192: 名無しさん 2015/12/06(日) 00:12:57.57 ID:vDLMK+fb0
昔は日本のいたるところに御影石などの石切り場とかあって
ダイナマイトの誤爆で死ぬ人もいたし
ついでに出てくる水晶やザクロ石なんかを目当てに子供が入り込んで
事故に遭ったり 帰り道で迷子になったりしたんだろうね

34: 名無しさん 2015/10/25(日) 18:49:31.79 ID:fiW1P3ur0
注目記事 (*゚∀゚)

【朗報】ワイ、ついに念願のゴールドカードを手に入れるwwwwwww

彡(^)(^)「面接、うけ狙いで裸で行ったろ!w」 →

140円で東京から大阪までキセル乗車しようとした結果…

億万長者をはじめとする5人の大成功者が実践する5つの習慣

http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1445320336/

スポンサーリンク