1


1: 名無しさん 2016/11/11(金)17:54:03 ID:4y7
山岳遭難とか熊に襲われるエピソードとか怖いもの見たさに結構見てまうんやが
仲間おるか?

3: 名無しさん 2016/11/11(金)17:55:31 ID:373
映画の127時間おすすめやで



4: 名無しさん 2016/11/11(金)17:56:44 ID:4y7
>>3
山ん中で腕か足が挟まって抜け出せなくなって自分で切断するやつやっけ?

5: 名無しさん 2016/11/11(金)17:58:45 ID:373
>>4
せやで

6: 名無しさん 2016/11/11(金)17:59:53 ID:4y7
>>5
サンガツ
見てみるで
しかし映像で目の当たりにするとクソ痛そうやな
関連記事
未だに人類が辿り着いていない山=「未踏峰」怖すぎ 大量遭難、謎の行方不明…


スポンサーリンク
7: 名無しさん 2016/11/11(金)18:00:30 ID:4y7
熊は三毛別羆襲撃事件、福岡大ワンゲル部の事件が印象的やね
登山ものはエベレスト集団遭難事件やK2の遭難事件が複数のテキストが揃ってるンゴ

8: 名無しさん 2016/11/11(金)18:01:49 ID:1tK
>>7
Wikipediaのドナー隊オススメやで~
2
ドナー隊 - Wikipedia
ドナー隊(ドナーたい、Donner Party)、あるいはドナー=リード隊 (Donner-Reed Party) とは、1846年の春、アメリカの東部からカリフォルニアを目指して出発した開拓民のグループである。彼らは旅程の遅れのために、1846年晩秋から1847年早春までシエラネバダ山脈山中での越冬を余儀なくされ、過酷な環境の中で多数の餓死者や凍死者を出した。生存者たちは、必然的にカニバリズム(人肉食)に走らざるを得なかった。 
アメリカ西部への幌馬車による旅は、大抵の場合は6ヶ月を必要とする。しかしドナー隊はヘイスティングズ・カットオフと呼ばれる近道を選択したところ悪路に阻まれ、さらにワサッチ山脈やグレートソルト湖周辺の砂漠地帯を越え、ハンボルト川の谷に従って進みネバダ州に至る間に多くの幌馬車と家畜を失い、グループ内にも分裂が生じた。 
1846年11月、一行はカリフォルニアに至る最後の障壁・シエラネバダ山脈に差し掛かる。しかし早い冬の訪れに伴う大雪に阻まれ、海抜2,000mに位置するトラッキー湖(現在では、ドナー湖と呼ばれている)湖畔での越冬を余儀なくされる。食料は早い段階で尽き、幾人かは雪の山脈を越えてカリフォルニアに助けを求めた。しかし救援隊は1847年2月になるまで到着せず、結局一行87人のうち、生きてカリフォルニアの地を踏んだのは48人だった。歴史家は、この事件を西部開拓史における壮大な悲劇と位置付けている[1]。


12: 名無しさん 2016/11/11(金)18:04:14 ID:4y7
>>8
おっ!気があうな!
ドナー隊はワイも恐る恐る読みだしてとまらんかったで

ガイドに雇った原住民を食べる相談するとこがヒェッ…ってなったで
最後はオカルトっぽくなるのがあれやけど
本でもなんか出てないんかな?と思ったけど見つからんかったわ

14: 名無しさん 2016/11/11(金)18:06:39 ID:1tK
>>12
結末もさることながら、そこに至るまでに悪手を打ち続けるあたりがヒュッってなんねん
本は日本語はないみたいやんな
残念やで本当

20: 名無しさん 2016/11/11(金)18:17:29 ID:4y7
>>14
悪手を打ち続けるってのやとオーシャンレンジャー号っていう海洋石油掘削装置の沈没事故もなかなかやで
救命ボートで誰一人助からなかったやつや

10: 名無しさん 2016/11/11(金)18:02:17 ID:4y7
>>7
事件というより事故やったわ
エベレストのはツアーで人が多すぎて山頂付近で大渋滞して…ってやつやな
こいつはもうあかんやろな、と雪洞で置いてかれたおじさんがなんども復活して生還するのはすごいで
1996年のエベレスト大量遭難 - Wikipedia
1996年のエベレスト大量遭難(1996ねんのエベレストたいりょうそうなん、英称;1996 Mount Everest disaster )は、1996年5月に起きたエベレスト登山史上有数の遭難事故の一つ[1]。5月10日に起きた嵐の影響で8人の登山家が死亡し、その前後も含めると春の登山シーズン中に12人が死亡した。2014年4月18日に雪崩のため16人が死亡する事故 (en:2014 Mount Everest ice avalanche) が発生するまでは、エベレスト登山史上最悪の遭難事故とされていた。


11: 名無しさん 2016/11/11(金)18:02:57 ID:Uul
>>10
山のはまあ事故

13: 名無しさん 2016/11/11(金)18:06:20 ID:LFL
沈没した原子力潜水艦クルスクの話も怖い
3
クルスク (原子力潜水艦) - Wikipedia
クルスク(ロシア語: Атомная подводная лодка «Курск»、ロシア語で「原子力潜水艦クルスク」、識別番号К-141)は、ロシア海軍の949A型Антей(アンテーイ、ロシア語で「アンタイオス」)巡航ミサイル原子力潜水艦(NATOコードネーム: オスカーII型)。ソヴィエト社会主義共和国連邦崩壊後初めて完成した艦艇の一隻で、ロシア海軍北方艦隊に配備されたが、2000年8月12日にバレンツ海で事故により沈没し全乗員の生命とともに失われた。艦名は、史上最大の戦車戦である1943年のクルスクの戦いの舞台となったロシアの都市クルスクから名づけられた。


17: 名無しさん 2016/11/11(金)18:12:41 ID:4y7
>>13
名前は聞いたことあるけど詳細は知らんかったで
壮絶やな
ウィキペディア以外になんかでてないんやろか
調べてみるで

15: 名無しさん 2016/11/11(金)18:08:50 ID:4y7
K2は標高8000メートル付近で悪天候に見舞われた登山のプロたちがどんどん…みたいなやつやな
K2 嵐の夏、K2非情の頂あたりが詳しいで
K2はある時期まで登頂した女性はみんな山で死んでるってなってたみたいや

4

5

16: 名無しさん 2016/11/11(金)18:10:13 ID:1tK
本が豊富そうなんは極地探検系かね
北西航路はロマンの塊やんな
フランクリン隊とかな
no title
北西航路 - Wikipedia
北西航路(ほくせいこうろ、Northwest Passage)は、北アメリカ大陸の北方を通って大西洋と太平洋を結ぶ航路である[1]。ユーラシア大陸の北を通って大西洋と太平洋を結ぶ「北極海航路」と対をなす。


6
フランクリン遠征 - Wikipedia
フランクリン遠征(フランクリンえんせい、英: Franklin's expedition)は、1845年にイングランドを出発したイギリスの北極海探検航海であり、ジョン・フランクリン海軍大佐が指揮していた。フランクリンはイギリス海軍の士官であり、経験を積んだ探検家だった。過去に3回北極海に遠征しており、その2回目と3回目は隊長を務めていた。4回目がこの遠征であり、引き受けたときは59歳になっていた。遠征の目的は、カナダ北極諸島を通ってヨーロッパとアジアを結ぶ北西航路の中で、まだ航海されていない部分を横断することだった。しかし遠征の初期に幾つかの問題が発生した後、遠征隊の2隻の船がカナダ北極圏キングウィリアム島に近いビクトリア海峡で、氷に閉ざされてしまい、フランクリンを含む隊員129名全員が失踪した。


19: 名無しさん 2016/11/11(金)18:15:08 ID:4y7
>>16
世界最悪の旅とかあるンゴねぇ…
苦労して到着したらすでにライバルがついた後だったって絶望感と
徐々に隊員が弱ってきて、あとわずかのところで全員死亡ってのが壮絶や

8
7
テラノバ遠征 - Wikipedia
テラノバ遠征(テラノバえんせい、英: Terra Nova Expedition、公式にはイギリス南極遠征)は、1910年から1913年に、ロバート・ファルコン・スコットが率いたイギリスの南極遠征であり、主要目的は科学的実験、観察と標本採集であり、第2の目標が地理的南極点に到達することだった。スコットと4人の隊員が1912年1月17日に南極点に到達したが、そこではロアール・アムンセンの率いたノルウェー隊が33日前に到達していたことが分かった。南極点からの帰路にスコット隊全員が死んだ。その遺体、日誌、写真の幾らかが8か月後の捜索隊によって発見された。 
スコットは経験を積んだ極地探検の指揮官であり、1901年から1904年にはディスカバリー遠征隊を率いて南極に来ていた。テラノバ遠征という名前は、その補給船から名付けられており、大衆の寄付金を政府が助成金を出して補った資金で動く、民間の事業だった。海軍本部からの支援があり、経験のある水兵を遠征隊に送った。また王立地理学会からの支援もあった。南極点への挑戦と共に、包括的な科学調査を実行しており、ヴィクトリアランドと西部山脈を探検した。エドワード7世半島への上陸と探検の試みは失敗した。1911年6月と7月にケープ・クロージャーに旅したのが、南極の厳冬期では初の長距離の橇の旅となった。 
スコットはその死から長い間悲劇の英雄として変わらない評価だったが、その南極点行隊を打ち負かした災難の原因について幾つか疑問が投げかけられるようになった。20世紀の第4四半期では、隊の行動を細かく精査され、その組織や管理について多くの批判的見解が表明されるようになった。スコット自身の責任の程度が、評論家の間で議論の対象になっている。


18: 名無しさん 2016/11/11(金)18:13:12 ID:OGE
アポロ13号
9
アポロ13号 - Wikipedia
アポロ13号は、1970年4月に行われた、アメリカ合衆国のアポロ計画の3度目の有人月飛行である。途中での事故によりミッションを中止したが、様々な危機を脱して、乗組員全員が無事に地球に帰還した。


21: 名無しさん 2016/11/11(金)18:21:34 ID:4y7
>>18
宇宙関係はいろいろあるンゴねぇ
ちょっとした確認ミスや急いでたから…でえらいことに繋がってるンゴ

22: 名無しさん 2016/11/11(金)18:24:32 ID:4y7
最近のでテキストが豊富なのはトムラウシ遭難事故やろかな
ツアー登山で低体温症になるやつ
悪天候で強行したらあかんね
関連記事
トムラウシ山遭難事故調査報告書を一緒に読まないか


23: 名無しさん 2016/11/11(金)18:32:08 ID:4y7
山岳遭難ものやといまだ下山せずってのがぐいぐいよませるで
捜索サイドが登山者の意見をかき集めて遭難者の場所や行動を推理して探すやつや

10

24: 名無しさん 2016/11/11(金)18:33:09 ID:fsv
名鉄電車の中で脱糞しかけて、最終的に200mダッシュして事なきを得たエピソードならあるで

25: 名無しさん 2016/11/11(金)18:35:10 ID:4y7
>>24
トイレの前で気が緩んで脱糞せんでよかったンゴねぇ…

脱糞やとしばらく停車しない快速電車で臨界状態に達した
ニキのスレが面白かったんやけど彼は生還したんやろか

26: 名無しさん 2016/11/11(金)18:36:26 ID:wDF
>>25
山に行けばなんぼでも極限状態に遭遇できるで

27: 名無しさん 2016/11/11(金)18:37:26 ID:4y7
>>26
行きたくないで
ワイは極限状態には遭いたくないけど極限状態やとどうなるんか興味があるから
そういう本を読んどるんや
冬山登山なんて狂気の沙汰やで

30: 名無しさん 2016/11/11(金)18:42:33 ID:wDF
>>27
イッチは極限状態の何が知りたいんや
ワイの答えられる範囲で教えたるで

32: 名無しさん 2016/11/11(金)18:47:36 ID:4y7
>>30
極限状態での人の行動やな
動転して思いもよらない行動とかとってしもたりするやん
引き戻すチャンスはどこにあったんやろか
とか考えるんや

33: 名無しさん 2016/11/11(金)18:50:09 ID:wDF
>>32
最初に覚悟を決めてるかどうかが分水嶺
けど予想を上回った場合は経験と才覚次第になってまう

34: 名無しさん 2016/11/11(金)18:52:20 ID:4y7
>>33
覚悟ってのは迷った場合はどうするかって最初に決めてってことか?
経験に応じたことをやるってのは大事やな
いきなり無理してもどこかにほころびがでると思うわ

35: 名無しさん 2016/11/11(金)18:53:52 ID:wDF
>>34
迷った場合
襲われた場合
この二つは想定してるで

38: 名無しさん 2016/11/11(金)18:56:32 ID:4y7
>>35
迷った場合は山頂まで戻って正しいルートを探すのが正解なんか?
熊に襲われた場合は荷物に執着したらあかんってのはわかるンゴ

41: 名無しさん 2016/11/11(金)18:58:16 ID:wDF
>>38
ワイが歩くやまは山頂っていう概念がないからそういう行動はしない
危なくなると感づいた場合はそこで引き返すことにしてる
後は川の音を聞き当てて川下にくだっていくとか

46: 名無しさん 2016/11/11(金)19:00:32 ID:wDF
>>38
熊の場合は背中を見せない
できるだけ姿勢を低くしない
武器を構える
この辺を心がけてる
けど多分死ぬ覚悟は決めることになると思う

50: 名無しさん 2016/11/11(金)19:02:04 ID:4y7
>>46
羆はほんま戦闘力半端ないもんな
北海道の山はそれが怖すぎるわ
関連記事
北海道でクマと追いかけっこしたったwwwwwwwwwwwwww


51: 名無しさん 2016/11/11(金)19:02:40 ID:wDF
>>50
ヒグマはもうあかん
ツキノワグマで辛うじて生存が見込めるかもって感じや

36: 名無しさん 2016/11/11(金)18:55:27 ID:4y7
空と山のあいだっていう青森の高校生が馴染みの山で遭難した事故も取り上げたノンフィクションでも
迷った時山頂に引き返すか下山をするかで運命が変わってるンゴ…

11
12
岩木山 - Wikipedia
岩木山(いわきさん)は青森県弘前市および西津軽郡鰺ヶ沢町に位置する火山である。標高は1,625 mで、青森県の最高峰である。日本百名山[3]および新日本百名山[4]に選定されている。その山容から津軽富士とも呼ばれるほか、しばしば「お」をつけて「お岩木(山)」あるいは「お岩木様」とも呼ばれる[5]。


37: 名無しさん 2016/11/11(金)18:55:50 ID:wDF
>>36
ほーん
ちなみにどう変わったんや

40: 名無しさん 2016/11/11(金)18:57:38 ID:4y7
>>37
下山を選んで荒天の中5人中4人が亡くなってしもたで
1人はかろうじて生存して遭難の経緯がはっきりしたんや

43: 名無しさん 2016/11/11(金)18:58:40 ID:wDF
>>40
なるほど参考になるわ

47: 名無しさん 2016/11/11(金)19:00:58 ID:4y7
>>43
待ち合わせにルーズなやつがおったせいで、出発が遅れたとこで
悪い予兆は少なからずあったンゴねぇ
夏はその山登りまくって庭や!と思ってたのも悪い方に転んだみたいや

48: 名無しさん 2016/11/11(金)19:01:41 ID:wDF
>>47
ワイにとって良い戒めになるエピソードや

39: 名無しさん 2016/11/11(金)18:57:12 ID:fsv
要するに極限になったら手遅れなんやで
極限になる前の選択肢が重要って事やな

いる人間だけで下山するとか、電車乗る前にちゃんとトイレ行くとか

42: 名無しさん 2016/11/11(金)18:58:30 ID:1tK
>>39
二つの例の格差に草

44: 名無しさん 2016/11/11(金)18:59:33 ID:Upz
ワイ過敏性腸症候群、毎日極限の腹痛を深呼吸と気合で乗り切ってる
アレは拷問すぎる。自殺頭痛と同じや

49: 名無しさん 2016/11/11(金)19:01:42 ID:Bfe
バターン死の行進とかは凄そう
13
バターン死の行進 - Wikipedia
バターン死の行進(バターンしのこうしん、タガログ語: Martsa ng Kamatayan sa Bataan、英語: Bataan Death March)とは、第二次大戦中の日本軍によるフィリピン進攻作戦において、バターン半島で日本軍に投降したアメリカ軍・フィリピン軍の捕虜が、捕虜収容所に移動する際に多数死亡した行進のことを言う。全長は120kmで、その半分は鉄道とトラックで運ばれ、残り42kmを3日間徒歩で移動した。 
フィリピンでは、日本がアメリカ軍を破ってバターン半島を陥落させた4月9日を2009年から勇者の日(タガログ語版、英語版) (タガログ語: Araw ng Kagitingan) として休日に定めている。


52: 名無しさん 2016/11/11(金)19:03:21 ID:4y7
上官の方針によって全然変わったのは八甲田山の雪中行軍遭難事件が象徴的やなぁ
関連記事
八甲田山遭難事故の画像が怖い


53: 名無しさん 2016/11/11(金)19:06:29 ID:huH
第六潜水艇とか福井丸の広瀬武夫とかどうや?
第六潜水艇の遭難
第六潜水艇(だいろくせんすいてい、後に第六潜水艦と改称)は、大日本帝国海軍の潜水艇。艦級は改ホランド級で、1906年(明治39年)4月5日竣工、1920年(大正9年)12月1日除籍。その後、沈没の際の乗組員の行為が顕彰されたため、海軍潜水学校で展示されたが第二次世界大戦後に進駐軍によって解体された。
1910年(明治43年)4月15日、第六潜水艇は安全上の配慮から禁止されていたガソリン潜航実験の訓練などを行うため岩国を出航し、広島湾へ向かった。この訓練は、ガソリンエンジンの煙突を海面上に突き出して潜航運転するもので、原理としては現代のシュノーケルと同様であった・・・


54: 名無しさん 2016/11/11(金)19:11:01 ID:4y7
>>53
遺書すごいンゴ…
この状態で冷静に分析しつつ死を受け入れるってのはなかなか出来るもんやないで

55: 名無しさん 2016/11/11(金)19:11:37 ID:9TA
植松に寝込みを襲われるガイジ達もなかなかやね
職員はどう動くべきだったのか

56: 名無しさん 2016/11/11(金)19:14:35 ID:4y7
>>55
その事件の時はどうかわからんけど
多くの場合はそういえばあの時…みたいな予兆があるやん
その時動いてたらどうなってたんや…と考えてまうんよな

57: 名無しさん 2016/11/11(金)19:15:37 ID:skR
良栄丸遭難事故
良栄丸遭難事故 - Wikipedia
良栄丸遭難事故(りょうえいまるそうなんじこ)は、日本の漁船良栄丸(良榮丸)が遭難した事故。     
1926年(大正15年/昭和元年)12月に千葉県銚子の沖で、和歌山県の漁船良栄丸が遭難し、乗組員12人が全員死亡/行方不明となった事故    
1960年(昭和35年)1月に静岡県の沖で、高知県の漁船第2良栄丸が遭難し、乗組員3人が行方不明、9人が救助された事故[1][2]  がこう呼ばれるが、ここでは前者について述べる。


61: 名無しさん 2016/11/11(金)19:21:53 ID:4y7
>>57
同じ名前の船が二つ遭難しとるんか…
漂流系はあんま詳しくないんや見てみるで!

58: 名無しさん 2016/11/11(金)19:16:19 ID:7bI
花火大会で隣にいたカップルに花火直撃

63: 名無しさん 2016/11/11(金)19:24:12 ID:4y7
>>58
花火大会は事故多いンゴねぇ
将棋倒しもあったし露店が爆発もしたし…

59: 名無しさん 2016/11/11(金)19:19:52 ID:9TA
神宮外苑イベント火災もやで
悪循環の連鎖
目の前の極限状態を見物する群衆

64: 名無しさん 2016/11/11(金)19:27:08 ID:4y7
>>59
昔から火事があったら見物しに行く物好きはおったからなぁ
みんなが発信できるデバイスを持ったことでさらに目につくようになった感じがするわ

60: 名無しさん 2016/11/11(金)19:21:28 ID:5ib
1日18時間労働で7連勤したら蕁麻疹出たンゴ

65: 名無しさん 2016/11/11(金)19:29:23 ID:4y7
>>60
帯状湿疹やろか
長時間勤務してると自分は平気だと思っていてもあちこち体が悲鳴をあげてくよな


ヤマケイ新書 山岳遭難の教訓 --実例に学ぶ生還の条件--
注目記事 (*゚∀゚)

人間から虐待を受け続けてきた犬が心を開くとき。ある保護犬の物語(アメリカ)

移住できる惑星が見つからなければ人類は1,000年以内に滅ぶ(スティーヴン・ホーキン)

ベロ噛み切ると死ぬとかいう真っ赤な嘘wwwwwwwwwwwww

俺の地元に伝わる不老不死の「フーライ様」について語ろうと思う

小学生ワイ「同級生に告られたwww普通に断るわwww」

http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1478854443/

スポンサーリンク