1: 名無しさん 2016/12/08(木) 12:37:55.38 ID:CAP_USER
2

伊達市大滝区上野町で今月初旬、体長約2メートル、体重約390キロの雄のヒグマが駆除された。
猟友会伊達支部大滝部会の橋本強志さん(67)は「47年間猟友会にいるが、これほど太ったクマは初めて」と驚いている。

橋本さんらによると、11月ごろから区内三階滝、上野、円山、昭園でクマの足跡が複数見つかっており、地元猟友会がパトロールを強化していた。

今月4日昼に徳舜瞥山麓公園キャンプ場から約1・5キロ上がった付近で、クマの足跡を追った橋本さんが約3メートル先のササの中で起き上がったクマを発見。
警戒しながら移動し、目の前に飛び出してきたところを仕留めたという。
クマは6~7歳の成獣だった。

旭川市の旭山動物園もうじゅう館職員・大西敏文さんによると、エゾヒグマの平均体重は250キロほどで、大きくても300キロ。
「(体重390キロは)かなり大きい。規格外ですね」と話していた。

写真:伊達市大滝区で4日に駆除された体重約390キロのヒグマ
 
1

以下ソース:室蘭民報 2016年12月8日(木)
http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2016/12/08/20161208m_06.html

スポンサーリンク
4: 名無しさん 2016/12/08(木) 12:41:52.04 ID:ZE+7/gkI
去年もコーン畑で巨大熊捕獲してなかった?

3
関連記事
400キロのヒグマのデカさンゴwwwwwwwww


9: 名無しさん 2016/12/08(木) 12:46:55.58 ID:d2ibcsFI
小錦より100㌔も重いぞ

11: 名無しさん 2016/12/08(木) 12:49:17.46 ID:awmbSa+O
3メートル先だと、外れたらこっちが死んでたなw

13: 名無しさん 2016/12/08(木) 12:59:07.06 ID:4nG5kaO1
何とか生け捕りにして登別のクマ牧場で展示して欲しかったな

14: 名無しさん 2016/12/08(木) 12:59:10.76 ID:t2U+Sxpm
三毛別の羆は340kg
関連記事
でも三毛別羆事件より凄惨な事件ってあったの?


15: 名無しさん 2016/12/08(木) 13:05:30.32 ID:Om+Um+XY
比較対象がないと解り辛いなぁ

17: 名無しさん 2016/12/08(木) 13:09:14.39 ID:j9HPjbaw
去年400キロってのあったな
羆が巨大化してるのかな?

23: 名無しさん 2016/12/08(木) 13:17:55.59 ID:ebf+ZYEB
no title


28: 名無しさん 2016/12/08(木) 13:27:14.53 ID:f/R+ohsB
人的な被害がなかったらそっと葬ってやればいいのに。

31: 名無しさん 2016/12/08(木) 13:31:06.58 ID:DJvY5z6Z
う~ん、なんとか殺さなくてもいいようにならんもんかねぇ

クマだって生きる権利はあるだろうに・・・・

86: 名無しさん 2016/12/08(木) 18:21:49.30 ID:VFpXHAmJ
>>31
確かにねえ。
日本国内に捕まえた熊を放牧できる巨大サバンナ国立公園エリアもどきが必要だ。

33: 名無しさん 2016/12/08(木) 13:37:04.80 ID:UUkr6Fvl
殺さずに動物園なりで飼えばいいのにな
牙と爪を研いでさ
なんなら相撲取り相手にさせればいいw

75: 名無しさん 2016/12/08(木) 17:24:48.02 ID:HguOtr+B
>>33
張り手一発でクビの骨折れると思うw

37: 名無しさん 2016/12/08(木) 13:45:32.12 ID:Egt414m9
大滝村が伊達市に併合されていたなんて、しかも飛び地で
ヒグマの大きさよりビックリしたわ
1
大滝村 (北海道) - Wikipedia
大滝村(おおたきむら)は、かつて北海道の南西部に位置していた村である。現在は伊達市になっている。村名は、村の名所である三階滝に由来した。 
伊達市と合併協議を進めた結果合意に至り、両自治体は2005年3月24日、合併申請書を提出し、2006年3月1日に伊達市へ編入された。壮瞥町を間に挟むため、飛地となる。大滝村区域は、伊達市の地域自治区「大滝区」となった。


38: 名無しさん 2016/12/08(木) 13:51:06.72 ID:2CPIxn5I
北海道に伊達市なんてあったんだな、初めて知ったわ

41: 名無しさん 2016/12/08(木) 13:59:51.94 ID:MwytXZCF
北海道って、そんなに熊のエサあるのか?

42: 名無しさん 2016/12/08(木) 14:00:36.05 ID:cFg5oOsH
伊達じゃねぇなこりゃ

45: 名無しさん 2016/12/08(木) 14:03:59.75 ID:gvzhV9pi
何を喰ったらこんなにデカくなるんでしょうかねえ……?

48: 名無しさん 2016/12/08(木) 14:25:26.47 ID:/gGK/6Ul
人里に近づきすぎ。畑の物も食べてたんだろうねぇ

52: 名無しさん 2016/12/08(木) 15:12:44.40 ID:AKOfNgKz
40年くらい前、倶知安の辺りで同じくらいの熊が都会のハンターに駆除されて
地元民が、あれは大きいけど一切悪さはしないし、あだ名も
付いてた大人しい奴だったと言って嘆いてたのを思い出す。

56: 名無しさん 2016/12/08(木) 16:12:07.59 ID:obx0yWq5
支笏湖の南一帯とか羆の巣みたいなもんだろ
いちいち撃ち殺してたらキリがないと思うけどな
4
支笏湖 - Wikipedia
支笏湖(しこつこ)は、北海道千歳市にある淡水湖。支笏洞爺国立公園に属し、日本最北の不凍湖となっている。
約4.4万年前に支笏火砕流(Spfl)、支笏降下軽石(Spfa)を噴出した大噴火(総噴出量139.5DRE km3)によって形成された支笏カルデラに、水が溜まったカルデラ湖である。形成当初の形状は円形であったが、カルデラの縁に恵庭岳・風不死岳が噴出したことにより、現在のようなくびれた形となった[2]。


72: 名無しさん 2016/12/08(木) 17:14:11.49 ID:ZMFgs8GD
>>56
必要なのはゾーニング、線引きだろうな

町、集落など、人の安全が優先されるべきエリアと、
自然の山奥など、ヒグマの生きる権利が尊重されるべきエリア、
あらかじめ明確に区切っておくべき

人の安全が優先されるべきエリア、例えば住宅街なんかに踏み込んでしまったヒグマは、
可哀想だけど射殺されても仕方ない
生け捕りする余裕があるならやるべきだけど、なかなか難しいだろう

逆にヒグマの生きる権利が尊重されるべきエリアでは、
今まさに人が襲われている最中、みたいな緊急避難的な場合を除いて、ヒグマは守られるべき
例えば、山奥に山菜を採りに行った人がヒグマに殺された場合は自己責任みたいな感じで

そして必要なのは、後者のヒグマの生きる権利が尊重されるべきエリアは、
ヒグマが一定の個体群として存続できるだけの、十分な広さが確保されなければならない

112: 名無しさん 2016/12/08(木) 20:52:01.79 ID:Sfuz5ZIp
>>72
すごくまっとうな意見だけど、
問題はそれしてヒグマを存続させたところで、人間にメリットあるかないかで考えるとなぁ
生態系維持くらいか

65: 名無しさん 2016/12/08(木) 16:51:06.06 ID:aY2/5kDL
たんにメタボなだけの熊

79: 名無しさん 2016/12/08(木) 18:04:48.12 ID:MzKAaZfC
これを昔の北海道の人は出刃包丁で倒してたんだろ・

85: 名無しさん 2016/12/08(木) 18:17:15.27 ID:rytcN4WQ
なんかくっさいレスばっかだな。
人死にが出てから駆除しても遅いんだけど?
山の中の羆でも定期的に駆除しないと、気づいた時には手遅れになるぞ。

87: 名無しさん 2016/12/08(木) 18:22:20.43 ID:OfX5kY3C
でも大味なんでしょ

95: 名無しさん 2016/12/08(木) 19:05:03.53 ID:ZngDZsCd
ヒグマって聞くとなぜか流れ星銀が浮かんでしまう
あの漫画のコンセプトは唯一無二に画期的だよ

5

96: 名無しさん 2016/12/08(木) 19:11:33.00 ID:MQpwDlBP
ちゃんと食べて差し上げろ

113: 名無しさん 2016/12/08(木) 20:53:38.20 ID:xaCV+YmY
>>96
それ大事
クマの肉は神様からの贈り物

97: 名無しさん 2016/12/08(木) 19:16:31.53 ID:jOXEDASr
北海道へキャンプツーリング行きたかったけど、こんなのがキャンプ場から1.5kmにいるんじゃ怖くて無理だわ

99: 名無しさん 2016/12/08(木) 19:24:58.73 ID:xOnsOE/q
爪が怖過ぎてチビッたw

100: 名無しさん 2016/12/08(木) 19:41:12.90 ID:iTW4/n0M
5mになるときも

133: 名無しさん 2016/12/08(木) 23:54:01.57 ID:IvWXRIv0
>>100
あるよ、カムチャッカ・ヒグマね
原住民がヤリで駆除したところだよ
 
6

昔は北海道にもいたよ

7

カムチャッカオオヒグマ - Wikipedia
カムチャツカオオヒグマ Ursus arctos piscator は食肉目クマ科に属するヒグマの亜種の1つで、ロシアのカムチャツカ半島に生息していたが、すでに絶滅した。体重は最大で655.2kgのものもいたとされ、ヒグマの中でも最大級の亜種であった。雑食性。魚を追っているうちに河口で漁網にかかったり、そうかと思うと網の中から魚を失敬したりするお茶目な一面もあったという。 
先住民コリャーク人は食用、薬用(心臓を薬の材料としていた)、そして毛皮をとるためにクマ狩りをしており、アイヌ人のイヨマンテに相当する熊祭りの風習があった。しかし、人間の狩りがカムチャツカオオヒグマの絶滅につながったのは17世紀半ばにロシア人が東進してきてからの毛皮目当ての乱獲が大きな要因である。冬眠中でもお構いなしに狩りは行われたので、クマの数はみるみる減少していった。1920年に狩られた一頭を最後として、カムチャツカオオヒグマは絶滅したとされる。


101: 名無しさん 2016/12/08(木) 19:42:00.53 ID:iTW4/n0M
おおきいと1トンを超える時も

108: 名無しさん 2016/12/08(木) 20:31:28.40 ID:tesuBnvy
植物メインで食ってるのによくここまで大きくなれるよな

110: 名無しさん 2016/12/08(木) 20:47:38.01 ID:3L8ZeNYi
人間にも熊でもキチガイの個体ってのがいて
そのキチガイの個体が人間に近づいて来るんだよだから射殺で正解
熊ぐらいの知能があれば普通は自分から人を避ける

121: 名無しさん 2016/12/08(木) 21:49:05.20 ID:rONN6U1V
よく仕留めたなぁ
こんなのが立ち上がったらビビるわw
さすがベテラン(67)だが…
高齢化の波は避けられない

122: 名無しさん 2016/12/08(木) 22:00:06.13 ID:voOSI+Jf
すげえな 約4トンかよ
簡単に計算すると10x20x20メートルの熊だぞ
やべえ マジやべえ
よくこんなの今まで見つからなかったな

125: 名無しさん 2016/12/08(木) 22:07:20.79 ID:pWv4qCiw
近距離とはいえこんなやつを仕留めるとは
猟師もさることながら銃の威力すごいな

130: 名無しさん 2016/12/08(木) 22:53:55.00 ID:7b1B/fde
>>1
凄ぇ爪

ウルヴァリンかよ

135: 名無しさん 2016/12/09(金) 00:03:42.52 ID:apvNlf6G
>>130
爪でわかるよな

アラスカ以外では古代に絶滅したと考えられているコウディアック・ベアーが、
北海道やアラスカには、まだわずかだけど野性で生存しているんだ。

8


145: 名無しさん 2016/12/09(金) 12:48:00.26 ID:YdnfYX5A
>>135
アラスカのコディアック超巨大熊だったら、これもクマ牧場のでないのか。

東北のクマ牧場から、大量にクマが脱走した事件があった。
北海道へ、故郷の寒冷を求めて行っていたという可能性があるな。

今年は東北でも、超大量にクマによる死者が出ていた。
9
コディアックヒグマ - Wikipedia
コディアックヒグマ (Ursus arctos middendorfii) は、ネコ目(食肉目)クマ科に属する哺乳類で、ヒグマの最大亜種[1]。アラスカヒグマとも呼ばれる。 
アラスカ半島沿岸部およびコディアック島近辺の島々に生息する[2]。産卵の為に川を遡るサケの恩恵に与っているため、内陸産のヒグマ(グリズリー)に比べ著しく大きくなる傾向にある(イエローストーンのグリズリーの平均体重260キログラムに対し、コディアックヒグマのオスの平均体重は390キログラム、最大級で800キログラム前後に達する)[要出典]。大型個体ではホッキョクグマに匹敵する[1][2]。 
2005年の個体数は3,526頭、群島の個体密度は1000平方キロメートルあたり271.2頭、ここ10年間で個体数はゆっくりと増加している[3]。


134: 名無しさん 2016/12/09(金) 00:02:50.35 ID:/vEhcEva
怖すぎ
よく人が住めるね

146: 名無しさん 2016/12/09(金) 12:54:23.34 ID:YdnfYX5A
>>134
ああ、だから、アイヌには母親クマを退治しても、
残された子クマは必ず飼い慣らして育てるという風習があった。

栄養状態を良好にして育てたら、群れのボスのクマとなる。
育てたクマを野に放ったら、あたり一帯の全てのクマが
無害化されるのだ。

ロシアでも、よく大型クマを飼い慣らして育てているな。

136: 名無しさん 2016/12/09(金) 10:00:18.98 ID:VHlfCniQ
剥製にして高値で売ったらいい
その費用で熊が安心してくらせる土地を買ってやってくれ

138: 名無しさん 2016/12/09(金) 10:33:56.74 ID:1rfHblXW
100kgのイノシシでも化け物だからな(笑)
390kgのヒグマに至近距離で射殺なんて凄すぎる。

大口径ライフルを急所に撃ち込んでも殺されそうだし
本土の猟友会とは根性が違うわ

144: 名無しさん 2016/12/09(金) 12:43:04.85 ID:YdnfYX5A
>>138
米国式の45口径ならまだしも、日本では38口径。

至近距離からでなければ、ヒグマには無力だからな。
サンケベツの一件でも、ヒグマを銃部隊が容易には倒せなかった。

141: 名無しさん 2016/12/09(金) 11:28:14.84 ID:GjFdXnX5
駆除 ← 問題 表現

147: 名無しさん 2016/12/09(金) 12:59:39.84 ID:YdnfYX5A
サンケベツ事件でケサガケを仕留めたのは、日露戦争帰りの英雄でロシア製大型大口径銃を
特別に持ち帰っていたおっさんだったな。

マグナムのような通常より強力な銃でなければ、ヒグマは倒せないんだ。
10
山本兵吉 - Wikipedia
山本 兵吉(やまもと へいきち、1858年(安政5年) - 1950年(昭和25年)7月)は日本の猟師。三毛別羆事件のヒグマを退治するなど、生涯で捕ったヒグマは300頭といわれる。北海道留萌郡鬼鹿村温根の沢(現・小平町鬼鹿田沢)の住人で、鬼鹿山など当時の天塩国の山を主な猟場とした。
北海道苫前郡初山別村出身と言われている。若い頃から山をかけめぐる猟師だったらしく、樺太にいた若い頃にヒグマを鯖裂き包丁で刺し殺した事から、「サバサキの兄」と呼ばれた。また、エゾヤマドリやエゾリスは実弾1発で仕留めることができたと伝えられる。46歳の時に日露戦争が勃発し兵吉も従軍した。日頃持ち歩いていた当時のロシア製ボルトアクション方式ライフルベルダンII M1870と、トレードマークの軍帽はこの時の戦利品である。渾名は「サバサキの兄」の他にも「宗谷のあんちゃん」


114: 名無しさん 2016/12/08(木) 20:58:44.68 ID:uENUkL4O
注目記事 (*゚∀゚)

【漫画あり】これが底辺らしいwwwwwwww

親と兄弟の貯蓄全部借りてハンバーグ屋を開いたけど全然人が来ない

【悲報】恐竜さん、ガチで毛がボーボーだった

教師「いじめは見てるだけの奴も同罪」ワイ「・・・」

宗教家に生まれた奴の末路wwwwwwwwwwwwwwwwwww

https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/femnewsplus/1481168275/

スポンサーリンク