1: 名無しさん 2017/04/15(土) 12:31:22.26 ID:CAP_USER
11

神戸新聞NEXT 4/15(土) 9:00
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170415-00000004-kobenext-l28

兵庫県宍粟市内で耳を疑う話を聞いた。「あの山の上に、今も暮らしている家族がいるんだよ」。車では登れない長水山(585メートル、同市山崎町五十波)。山頂に95歳のおばあさんと息子夫婦の家があるという。

徒歩でしか行けない山村集落は、高度成長期まで各地にあったが、現代でそんな場所があるとは…。山上の暮らしぶりを知りたくて一家を訪ねた。(古根川淳也)

市役所から車で5分ほどの五十波地区。国道29号から谷沿いの道に入ると、宍粟50名山の一つ、長水山の登山口に着いた。この先は山道を歩くしかない。登山靴に履き替え、うっそうとした杉林に分け入った。

つづら折りの坂を約40分登り、額に汗がにじみ始めたとき、先に石垣が見えた。その上部に日蓮宗信徳寺がある。庭先で声を掛けると、住職の男性(70)が笑顔で迎えてくれた。住職は母親(95)と妻(64)の3人で暮らしていた。

長水山は戦国時代に宍粟を治め、豊臣秀吉に滅ぼされた宇野氏の山城跡。寺は城の石垣上に立っていた。住職の祖母・渡邉わきさんが1934年に開いた。

住職によると、わきさんは宇野氏の家臣の子孫。同町を出て芦屋市に住んでいたある日、「長水山の合戦で亡くなった英霊を祭れ」とのお告げを受け、地元住民の協力を得て山頂に寺を建てたという。

住職は小学6年まで芦屋にいたが58年、寺の後継者となった母親と一緒に入山。麓の伊水小学校へ山道を通学した。寺に電気が通ったのはその翌年だった。

実家を離れて進学し、日蓮宗の僧侶となった。同じ宗派の縁で長崎県出身の妻と結婚。「2人目の子どもができたら山に帰ろう」と決め、82年に戻ってきたという。

山暮らしに妻は「不便だからこそ生きている実感がある。ケーキもパンも手作り。草木の芽吹きだけで感動できる」と笑う。3人目の出産時は陣痛が始まってから山道を下りた。

子どもたちは山から通学し、長男(37)と次男(35)は横浜市内の寺院で僧侶に、長女(28)は広島市内に嫁いだ。長男らも「いつかは戻りたい」と話しているという。

住職の母親は2年前に転んで足を痛めて以来、山を下りていない。姫路市内の娘から同居の誘いがあるが、「空気もいいし、のんびりしていて、ここがいい」と離れるつもりはない。

山の生活は苦労も多い。食料品やガスボンベなどは週に2~3回、山を下りて仕入れ、背負って戻る。水は屋根に降った雨を浄化して地下の貯水槽にため、風呂はまきで沸かす。

便所はくみ取るしかない。今年1月の大雪では腰まで雪が積もり、4日間閉じ込められた。

檀家はなく、祈祷や他の寺の手伝いが収入源だが、最近は訪れる信者も減った。それでも、この場所で戦死した武士たちの供養をするのが、祖母から引き継いだ本分だという。

住職は「祖母が苦労して開き、ここまで整えた場所。慣れれば不便ではないし、離れようとも思わない」と笑顔を見せた。

12
13
14

15
宍粟50名山No.43 長水山(兵庫県宍粟市)

2: 名無しさん 2017/04/15(土) 12:33:56.33 ID:kG5te+Yn
普通の住人かと思えば寺の住職かよ

3: 名無しさん 2017/04/15(土) 12:42:37.30 ID:HAuKEZ8J
雷は平気なんだろうか

5: 名無しさん 2017/04/15(土) 13:02:15.55 ID:GzBJqk1x
金があればモノレールってのもあるけどね。
個人の山に施設してる人は沢山いる。
地域住民の理解があれば市町村で設置することも可能だろうけど、
やらないのは必要がないからだろう。

6: 名無しさん 2017/04/15(土) 13:05:21.77 ID:RHMzc5Ke
なぜ山に登るのか?「家帰るねん」

8: 名無しさん 2017/04/15(土) 13:42:58.64 ID:91vMQE7x
ドローン宅配してもらえばいいのに
最高のモニターじゃん
青汁の宣伝みたいに
ドローン宅配絶賛して広告収入ゲットしれ

9: 名無しさん 2017/04/15(土) 14:21:41.82 ID:L7jTJa6m
和歌山県の山間部で地元の人たちの仕事を手伝いながら、
わずかの収入で自由気ままに生活している
若者たちがいるそうです
あくせく働くのではなく、
自然に恵まれた環境で好きなことをしながら
ゆったり暮らす、いわゆる“山奥ニート”

山奥ニートとは、言い過ぎた表現で、
都会を中心にした見方ではなく、
「生きること」「働くこと」とは何かを感じ、
考える素晴らしい機会ではないかと思うのです

田舎や限界集落と言われるような場所で働くことは、
都会より深い人間付き合いが求められます
そして、その地域を守っていくためには
共同体を作って生きていかなければなりません
そこにチャレンジして、
自立しようとすることは素晴らしい経験になっていきます
関連記事
【世捨て人】 「山奥ニート」が増殖中!との事 あくせく働かず僅かな収入でも自由気ままに楽しく暮らす


11: 名無しさん 2017/04/15(土) 14:27:57.15 ID:5Zvqpaj2
本人が良しとしてるんだからいいんじゃね

12: 名無しさん 2017/04/15(土) 14:31:50.34 ID:4XmFe2Kf
海沿いで隔絶した一軒家は寂しいけど山奥は不思議と寂しくないんだよなぁ・・

13: 名無しさん 2017/04/15(土) 14:32:59.12 ID:TQwJIQy9
税金払っていられるの?

14: 名無しさん 2017/04/15(土) 14:56:34.21 ID:O2/mnXN3
>>13
払うほど収入がないんじゃない?

15: 名無しさん 2017/04/15(土) 15:21:40.83 ID:+flbsdD1
たったこの1軒だけのために引く電線や整備のコストを考えてほしい。

17: 名無しさん 2017/04/15(土) 15:32:07.09 ID:4mAVdGAK
>>15
国土保全の為にスタッフ住まわすことに比べりゃ安いもんさ。

27: 名無しさん 2017/04/15(土) 17:14:04.60 ID:qk3Qeqxz
>>15
ユニバーサルサービスってそんなもんだよ

16: 名無しさん 2017/04/15(土) 15:22:57.83 ID:+flbsdD1
でも、こういう人たちの存在があるから、山田舎の治安が守られてるとも思う。

18: 名無しさん 2017/04/15(土) 15:43:24.52 ID:A9myKeHX
京都の愛宕山の月輪寺も尼さんがいた
他にもありそうな気はする

20: 名無しさん 2017/04/15(土) 15:46:55.78 ID:qN1VuWn1
>>18
あそこは著名な古刹だろ。信者もいそうだし登山客もよく通る場所

19: 名無しさん 2017/04/15(土) 15:45:17.27 ID:qN1VuWn1
檀家なしの祈祷や手伝いだけで子供3人を育て上げたのか
宗教法人ハンパないなw

つか、城跡の土地登記とかちゃんとしてあるんだろうか?

22: 名無しさん 2017/04/15(土) 16:16:39.28 ID:BuEI7dHA
郵便のおっさんなんかも大変だ
まさか新聞取ってたりしないだろうな

29: 名無しさん 2017/04/15(土) 17:18:23.82 ID:1ZutyL7n
>>22
Amazonあれば大丈夫だろ。

24: 名無しさん 2017/04/15(土) 16:34:41.38 ID:7cxcMrVn

宗教法人か

28: 名無しさん 2017/04/15(土) 17:17:06.14 ID:GwEhVrLB
こういう寺の僧侶に法事に来てもらいたい、
何宗でもかまわない、
近所の坊主は、高級車に乗って話にならん、
もううんざりだ

30: 名無しさん 2017/04/15(土) 17:30:15.02 ID:06dDiT8q
途中までは道がある
赤い線のように歩いていくのかな

1


32: 名無しさん 2017/04/15(土) 17:35:51.77 ID:6VfJtlUZ
↑つづら折りの坂とあるで。
車入れぬ
オフロードバイクならいける?

34: 名無しさん 2017/04/15(土) 18:13:25.34 ID:Bs4Kxz88
ジムニーなら余裕だろ

37: 名無しさん 2017/04/15(土) 19:02:13.00 ID:jzV2HQFW
ガスボンベ?
 焚き木が山とあるだろうにネ

39: 名無しさん 2017/04/15(土) 19:08:57.97 ID:M5Zhx2uJ
車で行けないところに住んでる人とか
けっこういると思うけど

41: 名無しさん 2017/04/15(土) 19:24:46.80 ID:HyoMxWgh
いわゆる「限界村」みたいとこに残った一軒家に知り合いの夫婦が
住んでるけど、まぁいいよね。
まわりは山とたんぼと小川。
音楽好きなので大音量で聴けるしピアノ弾き放題。
限界村と言っても、車で15分も走れば街だしね。

42: 名無しさん 2017/04/15(土) 20:00:04.12 ID:Usd6CAFl
金と欲にまみれた都会人には住んでみなければ解らない山の生活
車の通れない所はいささか無いが、静岡でもとんでもない所に住んでいる人が居る。
都会の生活、山の生活、どちらも選択出来るのが日本の豊かで素晴らしい所だ。


https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/femnewsplus/1492227082/