benjaminrobyn-jespersen-438368


101: 名無しさん 2017/10/11(水) 00:45:06.07 ID:buNs+4bt
こんな話もある。
場所は関東;時代は1990年代なかごろ
(その「こと」に気づいた時点)

オレは日記をつけている。日記とメモと登山記録(ログ)を一緒に。
コクヨのレベルブックやスケッチブックを使っている。
大学に入って新生活!ということで始めたのだと記憶している。
1日分の書き込み量の長短はあるし、1週間分まとめて書いている部分もたくさんある。

ある日、家で、使わないものを入れている段ボール箱を整理していると昔使っていた
リュックが出てきた。上に登山用でない衣類が入っていたので気がつかなかったのだ。
学生のころ買った懐かしいリュックだった。
あるローカルの登山用具会社のオリジナルリュックだ。
こんなところにあったのか!捨てたと思っていたのに。

とりあげてみると中に一冊ノートが入っていた。日記用のスケッチブックだ。
最初の数ページを読んでみると1985年の日記の一つだった。丁度その時期のものが
欠けていて、紛失してしまったのだと思っていた。
うれしくなってページをめくった。

表紙は濡れたらしくぼこぼこになっていてページは泥がついてまとまって
貼り付いてしまっていた。それを丁寧に剥がしながら読みすすめた。
懐かしさにひたりながら読んでいるとノートの中ごろのページに変な記述があった。

それは、関西のある山での登山記録だった。装備リストや日程表、交通プラン、
詳しい時間記録、場所の記録、などが書き込んであった。それに国土地理院の
昔の2万5千分の1の地形図の一部を切り取ったものもページに挟まって泥で
こびりついていた。それにはルートの書き込みや時刻の書き込みもあった。
(つづく)
関連記事
【怪奇】ロシアで登山をしていた男女9名が怪死を遂げた「ディアトロフ峠事件」

102: 名無しさん 2017/10/11(水) 00:45:23.10 ID:buNs+4bt
>>101
(つづき)
そして、いきなり遺書が書いてあった。自分の。
自分の両親、兄、友人や恩師に当てた遺書がそのノートには鉛筆で
書き込んであった。

「おかあさん、すみません・・・」
「兄貴、おやじをよろしくな。体調がわるいようだが・・・」
「XXさん、好きでした。山は気をつけてね・・・」
「ZZ(利発な友人の名前)、そちらにいくから・・・」

などなど。
そして、くどくどと泣き言が書いてあった。

「あの地点で道を外れた・・・」
「2回もコースを間違えてしまった・・・」
「あそこから引き返せばよかったのだ・・・」
「ここから戻ることが出来たら、もう登山はやめる・・・」
「寒い、ガスで周りがよく見渡せない・・・」
「無線機などもって来ることを考えなかったが、いまでは・・・」
(オレはアマチュア無線をやっていた)

などなど
そして、それよりあとのページは空白。ずっと空白。
遺書の部分のページには泥と植物の葉っぱの破片がこびりついていた。

こんな自分の遺書には、ぜんぜん覚えがない。書いたこともない。
その山に登った記憶もない。
とうぜん遭難したこともない。
しかし、文字は自分のものだ。その頃の字はちょっと角ばっている
のですぐにわかった。同じ頃書いた文章と比べても自分の文字だった。

あれから二十年以上もたったが、オレは生きているんだろうな?

1


109: 名無しさん 2017/10/11(水) 12:39:34.52 ID:dJSRWUsT
>>102
このリュックなつかしいですね 若い人は知らないでしょうね
北海道でしょう?

103: 名無しさん 2017/10/11(水) 01:04:23.62 ID:fKGQ0jKA
いやーなんかミステリー
なかなか良かった

104: 名無しさん 2017/10/11(水) 01:10:36.33 ID:yOcNuwWp
死んでるんじゃね?

105: 名無しさん 2017/10/11(水) 08:33:02.31 ID:zlMAnMM+
シックス・センス

106: 名無しさん 2017/10/11(水) 10:17:32.57 ID:EpItRCnB
成仏しろよ

107: 名無しさん 2017/10/11(水) 10:37:44.96 ID:y3vX+wGA
空気の読めなさ偏屈さは高齢ゆえかと思ってたけど
そうか、死んでるからか

116: 名無しさん 2017/10/17(火) 22:34:53.55 ID:DY60j8ZC
こんな話もある。
場所は京都;時代は1980年代はじめごろ

ヤクザ(暴力団)の『破門状』の実物を見たことがある人はいるだろうか?
オレは見た。
文面は以下の通り(縦書き):

「この度
XX部X夫、30歳、KKK(破門されたと思われる人物の名前、年齢、最終職歴)
右のもの、任侠道上あるまじき行為多々あり、日頃より注意しておりましたが、
反省の色これ一向になく、この度、破門することと決定いたしました。
今後はZZZ組とは一切関係がないものとご承知いただきたくご通知申し上げます。
なお、お近くに立ち寄った際は、私どもにご一報ください。」

破門状は、喪中はがきのように印刷されている。サイズも似ている。
「ご一報ください」というのがちょっと・・・
今、この破門状を見て書いている(当時の日記にはさんであったのを見つけた)が、
これは、有名な山から尾根づたいにおりたところの谷筋で不法投棄された粗大ごみ
に混じってあった。その粗大ごみは、小学生(女の子)のものと思われるランドセル、
カバン、服、リコーダー、教科書、ノート、靴、衣服などを含んだ家財道具
いっさいがっさいだった。大人用の服や靴、衣類タンス、テレビ、台所用具もあった。
写真アルバムもあった。まさに一般家庭のアイテム一式が揃って捨てられていた。
(上を通る道路から投げ捨てたのだろうと思われた。)

134: 名無しさん 2017/10/31(火) 19:56:16.99 ID:8mFVvYyk
さすがに怪奇!超常現象!って現実山登ってるの相手にやっても厳しくないか

やっとテン場に着いてさあテント建てるかという時にポール忘れたみたいな方がお化けの1億倍怖いよ
山なんて行った事もないオカルト板の人には分からないだろうけども(笑)

135: 名無しさん 2017/10/31(火) 22:01:29.51 ID:xqAvqLRb
>>134
2000級の冬山で行程の半分過ぎたとこでテントのポール忘れたの気づいて泣く泣く引き返したのを思い出した

136: 名無しさん 2017/10/31(火) 23:10:52.55 ID:4qFBJL40
>>134
いつのまにか消えてる車のキーも恐ろしい

137: 名無しさん 2017/11/01(水) 00:10:47.96 ID:FCqSjcj9
>>136
日が暮れた下山中にいつもキーを入れてるポーチに入って無いのに気付いて焦った
青ざめながら途中でザックの中身全部出して、ヘッデン便りにスタッフバッグも片っ端から開けて探してたら
なぜかバーナーの袋から出て来て、泣けそうなほど嬉しかったわ

140: 名無しさん 2017/11/01(水) 09:10:08.25 ID:T5fS3fd2
>>137
いまキーレスエントリーのやつが多いじゃん
とりあえずリュック近づけるとドア開くけど
鍵自体どこにあるかわかんないまま新穂高から帰った事ある

141: 名無しさん 2017/11/01(水) 17:07:51.25 ID:ctv7d1hd
>>136
本当に怖いのは鍵が消えたと思い込むお前の記憶力
そのうちになんで自分が山の中に居るのかって思うようになったらもっと怖い目にあうぞ。

143: 名無しさん 2017/11/01(水) 19:56:42.28 ID:uU1d2p/3
>>141
その経験有るぞ。
テント場で酒飲み過ぎて、夜中にテントの中で目覚めたら
「ここは何処だ?」ってなった。

145: 名無しさん 2017/11/01(水) 20:30:51.29 ID:yRGPEP28
>>143
酔っ払って嫁と  た後に間違えて家に帰ろうとして修羅場になったことはある

146: 名無しさん 2017/11/02(木) 03:06:19.69 ID:UzncIF2T
>>145
なんかお前とは気が合いそう

147: 名無しさん 2017/11/02(木) 13:31:56.97 ID:Ch84DG9P
>>143
ありますね。
一瞬、
「あれ!ここはどこだ!?」という。
最初に目に入るのが、いつもと違う
風景(テント内)だからでしょうかね?
旅先のホテル
なんかでもある。

バッグをさがして車のキーがやっと見
つかったと
おもったら、他にもう1つ見覚えのない
車のキーが見つかって、それが、駐車
地点に昔から放置されていると思われ
るボロボロの廃車のドアの鍵穴にカチン
と合ってしまて、
ドアが「ギ~いいいいい」と
きしみながら開くと、そこには・・・

148: 名無しさん 2017/11/02(木) 17:48:59.83 ID:+zT4sIYv
>>147
続き早く↗↗ ドキワク

138: 名無しさん 2017/11/01(水) 03:36:03.74 ID:aGteUeAi
鍵隠し怖い

139: 名無しさん 2017/11/01(水) 07:55:26.94 ID:0+hDjWrq
妖怪鍵隠し

144: 名無しさん 2017/11/01(水) 19:59:06.74 ID:elkgNrXf
心配するな
酒の飲み方知らない頃にはよくある事


q
注目記事 (*゚∀゚)

カメラマンの努力とフォトショの力が合わさってできた素晴らしい写真の裏側

【衝撃】犬が潜水してる所を水中から撮った写真がやばいwwwww(画像あり)

え、ちょっと待って本物と見分けつかんわ!生卵のぷるぷる感まで見事に再現するスーパーリアリティ絵画がスゴイ!

https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/out/1505479893/