janko-seboek-17854-unsplash


298: 名無しさん 2010/10/14(木) 12:11:11 ID:yx5Wcig30
親父とお袋から聞いた話。
親父は団塊世代で登山が好き。よく会社の人と近くの1000m級以下の低山に登りに行ってた。

登山の整備がきれいになされている所や、頂上からの見晴らしが素晴らしい所、滝があるなど見所の多い山は低山でも登っている人はたくさんいるが、親父らがよく行く山は、滝も何もなく、整備も良くない所で、日曜日でも人とすれ違う事はほとんどない所だった。

半年位前の日曜日、親父とお袋、会社の友人とその奥さんの4人で、その山に登った。

ダム脇の小さな産直市場の駐車場で野菜を買って、車を止めさせてもらい、脇に一目じゃ気付かないような山道を上がっていく。
お袋が一言、産直市場のおばさんに駐車場の件で声をかけたのだが、その市場のおばさんも、「えー! この山のぼれるんかね!?」って驚く位、登山者に人気の無い山らしい。

山道を少し上がっていくと、小さな祠がある。親父が言うには、いつ登っても(まあ大抵は土日だが)その祠の屋根、土台に落ち葉は絶対に落ちていないし、きれいにいつも掃除されており、蜘蛛の巣や虫が張り付いていた事など無かったらしい。

しかし、その日は様子が完全に違っていた。屋根には落ち葉がつもり、祠のいたるところに蜘蛛の巣が張っていた。
しかも良く見ると扉が僅かに開いている。(中は見えない程度)今までからは想像もできない変わりように、親父と友人は驚いた。

何の祠か知らないものの、親父たちはこの山に登るときには、いつも手を合わしていたので、祠をそのままにしておくのも良くないと思い、軽く掃除をした。最後に祠の扉を閉めようとしたのだが、押し込んでもどうしても完全に閉まらない。祠の中を覗き込むのは気が引けたため、風では開かない程度に押し込み固定し、掃除を終えた。

親父から俺が話を聞いている隣で、煎餅を食いながら聞き耳を立ててたお袋が「お母さんね・・・」と突然割り込んできた。
祠に手を合わせ登っていくと木がうっそうと生い茂った、トンネルみたいな場所を通る。

お袋と奥さんがそこで人の声のボソボソ話す声を聞いており、私らの他にも登山者がおるねって話した事を覚えているらしい。
しかし、行きも帰りもまともに人が歩ける道が一本しかないにもかかわらず、山を下って駐車場に着くまで、人には出合っていない。
  
続く

304: 名無しさん 2010/10/14(木) 17:29:44 ID:yx5Wcig30
「今、話聞いてて思い出したの。完全に頭から消えとった。ねぇ。」
父が、なんで登っているその時に言ってくれんかったんよ?ってきつく言った。

「えっ!?気づいとらんかったん?聞こえたすぐ後、○○さん(会社の人)と、二、三言話して、早歩きで前に行ったから、聞こえて確認に行ったもんと思っとった。」

父が「そんな所では何も聞いとらんよ。あれは前に影が見えて、犬かなんかが這いよるみたいやったけん、追い払おうと思っただけ。まあなんにもおらんかったけど。」と言いい、また続きを話し始めた。
母は、「何言いよるかは分らんかったけど、結構大きい声だったよ?なんで聞こえとらんのやろ。」って納得できない様子だった。

頂上に着いて(頂上は一方向しか開けていない。)景色を見下ろしながら弁当を食べて、さあ食後のコーヒーでもって思っていた時、地震が起こった。横揺れの地震ではなく、沸騰している鍋のふたが下からボコボコ押されているのを、上から抑えつけたような小刻みに押し上げられるような感じ。

「地震やしゃがめっ!!」ってコンロの火を消してしゃがんだとたん、
「ヴぁわああああああああああーーーー!!!!!!」って、声か音か分らない凄く大きい地響きのような音が、前方(開けて景色が見れる所。崖と言うわけではないがきつい傾斜。)から聞こえてきて、ビックリしてポカーンとしていると、後ろの木が茂った森のすぐ近くからも同じような声が聞こえてきて4人とも気絶寸前。とりあえず。リュックの中に荷物を詰め込みあり得ないスピードで下山した。

306: 名無しさん 2010/10/14(木) 17:54:18 ID:yx5Wcig30
帰りに誰もが一言もしゃべらず必死に下山する中、会社の人の奥さんただ一人だけ祠に目が行ったらしく、帰りの車で奥さんに聞いた話では扉は全開になっていたらしい。
不思議なことにお袋と奥さんは、地震はちょっと揺れたかな程度のレベルだったらしい。

ちょっと揺れた位で慌てふためく親父と旦那を見て、山は土砂すべりとかで危ないんだと思ったと言ってた。
でも親父が言うには火を止めないと、バーナーが転がってしまうほどの揺れで、少なくとも震度3位は有った。
しゃがめと言ったのは、まっすぐ立ってられないほど揺れたからだって言っている。

また、親父らが「ヴぁわーーーーー!!」って聞こえた声も、お袋達とは食い違っていて、最初の声は「あいごく!!たまXXX」後ろから聞こえた声は、「ぎゃーーー!!あすまか!!なふXXXX!!」
(XXXは直後は思い出せたが今は忘れたらしい)
と、はっきりではないが、叫び声の一部として聞こえたらしい。

2日後位に気になって、地震速報を調べたが地震などは起こって無く、一帯の降水確率は10%だった。
にもかかわらず、景色、情景を思い浮かべると、行きの車の中以外では、いつも薄暗い雰囲気しか思い浮かばず、雨こそ降っていなかったものの、曇りであったことは間違いないと、親父とお袋は言っていた。

話を聞いて、その山についてインターネットで調べてみたが特に目立つ資料もhitせず。
今度、暇がある時に、その地域の図書館とか郷土資料館に行ってみるつもりです。
話を聞いた時に古戦場跡かなんかではと思ったが、そんな話親父は知らないって言うし。

親父のリュックにはコンロの鍋のせが冷えてきっていない内に入れたため穴が開いていた。
ちなみに最近、親父は登山はほどほどで、その友人と海釣りにこっている。

310: 名無しさん 2010/10/14(木) 19:17:09 ID:7Ab4oFXN0
>>298
九州の山?

311: 名無しさん 2010/10/14(木) 19:46:41 ID:yx5Wcig30
>>310
九州の福岡県だよ。
地元ではヌキさんって呼ばれてる山。

307: 名無しさん 2010/10/14(木) 18:21:34 ID:wiZMG1iN0
>>304
>>頂上は一方向しか開けていない

手を加えた証拠じゃないか?・・・・・祠から考えて何かの儀式か生贄かと考えると
そこはかなりヤバイ場所だと思う。地震というか地鳴りがあるんだろうし。

山で突然開けた場所に出るとかあるけど・・・・・アレは完全に何かあった場所だろうな。

309: 名無しさん 2010/10/14(木) 18:47:03 ID:yx5Wcig30
>>307
儀式かどうかは分らないけど、大昔(室町時代より前)、のろしを上げてた場所が隣の山にあるらしい。

377: 名無しさん 2010/10/20(水) 18:39:21 ID:WAVoq6M80
友人の話。

浅い山で軽めのハイキングを楽しんでいた。
午後の中半、道脇の石に腰を下ろし、軽く食べて休憩しようとザックを開けた。
菓子パンを取り出していると、視界の隅に何か蠢く物がある。
顔を上げると、少し離れた道上に見慣れた形が落ちていた。

自分のものと同じくらいの大きさの、人の右手。
丁度手首から上の部分が、地面の上で指をゆっくりと開いたり閉じたりしている。
白い肌に浮いた青い静脈がいやに目に付く。

何を見ているのか理解するより早く、手はスススッと滑るようにこちらに向かってきた。
「うわぁ!」思わず声を上げ、後ろに仰け反り石から転げ落ちた。

慌てて起き上がり辺りを見回すと、もう右手はどこにも見えない。
そしてまだ一口も食べていない菓子パンも、綺麗さっぱり無くなっていた。

380: 名無しさん 2010/10/20(水) 19:18:19 ID:fGN3i78R0
>>377
手っちゃんだね、古谷光敏が生態を漫画にしてたやつだ

378: 名無しさん 2010/10/20(水) 18:40:53 ID:WAVoq6M80
知り合いの話。

山道を歩いていると、頭上から「おーい」と誰かが呼んできた。
見上げても誰もいない。
首を傾げていると、すぐ背後から言葉がかけられた。

「どこに行くのだ?」

つい反射的に「近くの里の親戚だ」と答えてしまう。
すると見えない誰かはこう宣った。

「腰の酒をくれるなら運んでやろう」

確かに酒をぶら下げてはいたが、これはその親戚への手土産だ。
「いやそりゃダメだ・・・」と返す間もなく、いきなり背中から抱き上げられる。
目の前の風景がグニャリと溶けたかと思うと、次の瞬間、見覚えある屋敷の
前に立っている自分に気がついたという。

慌てて腰をまさぐったが、酒瓶は綺麗に空となっていた。
しかもそこは、確かに親戚の屋敷ではあったけれど、その日彼が訪れる
予定の家ではなかった。親戚違いだ。

「間違えて配達された上に、足代までしっかり取られちまった。
 まったく、この山の天狗様はそそっかしくて困るよなぁ」

彼は頻りにそうぼやいていたという。

392: 名無しさん 2010/10/21(木) 12:20:51 ID:9CJw7TJH0
爺様に聞いた話2

爺様がまだ20代だった頃、猟を始めて3~4年目の事。

2月が過ぎてからまもなく1頭の熊を仕留めた。
近づいてみると、回りに子熊がちょろちょろしている。
普通、冬期の冬篭り期間に出産・授乳し、春先に出てくるので、
この子熊はまだ授乳期間中だろう。

爺様は、見捨てるべきか助けるべきかしばらく悩んだ。
放っとけば2~3日中に間違いなく死ぬだろう。
結局、親を殺した負い目があるので家に連れて帰ることにした。

親父にえらく怒られたらしいが、今年だけということで了解をとり、
家で山羊を飼っていたんで、その乳を与えて育てた。
近所に知られると、嫌がられるので「こっそりと」だったみたいだが。
なかなか利口な奴だったみたいで、そこいらの猟犬の子より賢かったとの事だ。

爺様が子熊のことを「奴」とか「野郎」とかしか呼ばないんで、
「名前は付けなかったのか」と聞いたら、
「付けたけど忘れた」だって。

春まで家で面倒をみて、夏から裏にある家の山の木の穴に住まわせ
定期的に食い物を持って行ってた。
爺様が来ると喜んで体当たりしてきてたが、爺様が転んだらやらなくなったらしい。

その年はそこで冬篭りをさせ、次の年の春、猟でも入らないような奥山に連れていって放した。なかなか離れなかったらしいが、怒鳴ったら逃げてったとの事。

393: 名無しさん 2010/10/21(木) 12:22:08 ID:9CJw7TJH0
それから4年目の夏、お婆さんと一緒に山芋採りに近くの山に入った村の女の子が行方不明になった。

村の連中で捜索隊が組まれ、爺様も参加したが一向に見つからない。1週間が過ぎてもう駄目だろうという声が出始めた頃、2つ先の山の中で発見された。
皆が、1週間も良く無事でと思い話を聞いてみると不思議な話を言い始めた。
朝、目が覚めると近くに木イチゴ、アケビ、山芋が一杯おいてあるので食べたと言う。

村の連中は、天狗のおかげだとか山の神様のおかげだとか色々なことを言って感謝しているが、爺様は「あの野郎だ」とピンときた。
木イチゴもアケビも山芋も、あの子熊の大好物だ。裏山にいた時、爺様の所にも持って来たことがあって、褒めた事があったらしい。

そこで爺様は次の日、発見した山に出かけて、
「こんな近くに来たら危ねえじゃねえか!とっとと遠くに行け!」
と怒鳴り回って来た。
その晩、爺はでっかい熊に体当たりをくらわされて、崖から落ちる夢を見たらしい。

まあ、気持ちは判るが熊が気の毒になった話だった。

一般常識として、熊は冬眠するものと考えてると思うが、実際は真冬にうろつく奴も結構いるらしいんで注意してくれ。

419: 名無しさん 2010/10/22(金) 08:12:14 ID:osIrM8K/O
>>393
危ない=猟師に撃たれる
じゃないかな?

421: 名無しさん 2010/10/22(金) 08:57:16 ID:YrbsNncS0
>>419
俺もそう思う

里近くに来たら、猟師にねらわれるから
熊の命が危ないので、どこか人間の手の届かないところに行け

と言うことだと思う、爺さんにとったら子供が助かったよりも
熊の方が心配だったのだろうな

394: 名無しさん 2010/10/21(木) 12:44:29 ID:gWWrdzVG0
良い話・・・なんだがその熊のその後が心配だよね・・・

397: 名無しさん 2010/10/21(木) 13:10:24 ID:H85vdDJ90
>>394
四年後でも生き残っていて
他にまで食べ物をまわす余裕があるくらいだから野生で自立できてんだろう
人に狩られたんなら爺様にも知れるだろうし

398: 名無しさん 2010/10/21(木) 13:26:20 ID:gWWrdzVG0
>>397
おお、ものすごく救われた気分w
ありがとうw

396: 名無しさん 2010/10/21(木) 12:48:54 ID:X08Hjzg5O
山羊の乳ってのがポイントだな。
優しくなるらしい。
同様にトラに犬や豚の乳など

▽注目記事

涸沢でテント泊したいと考えている夫婦ですが、モンベルの”ステラリッジ3型”だと大きすぎでしょうか?

アトモス50買って満足してるけど、イーサーみたいに取り外した雨蓋がリュックとかになればなお良かった

山歩きのペースが分からん…登りでゆっくり歩くのが苦痛そしてバテる

登山中は谷側を歩くと足で石を落とす可能性があるので注意を!

ハイキングに毛の生えたようなの好きだな。

ずっと日帰りの低山しかしないなら雨を避けるのも有りだと思う…でも、悪天候を避け続けていたら悪天候スキルが身につかない

【THE NORTH FACE】クライムライトかベリーライトかで迷っている。ベリーライトは丈が短いんだよね。

登山中、歩く速度が違い過ぎるとどっちも苦痛だろ…

【マット】登山では快適性やコンパクト性より確実性重視だからクローズドセル一択

チョッとだけ登山に興味を持ち始めたんだが・・・

引用元:http://toki.5ch.net/test/read.cgi/occult/1285202248/