george-alexandru-novac-1055327-unsplash


378: 名無しさん 2014/05/07(水) 22:51:28.48 ID:8reuQvbn
竹澤長衛も面白かった。
クライミングもやる仙人とは恐れ入ったわ・・・

1
主人公の「竹沢長衛」は、南アルプス北沢峠に山小屋「長衛小屋」を開設し、独力で幾本もの新規登山道を開拓し、南アルプス北部地域の山岳観光の開発に尽力するとともに、遭難者の救助をはじめ登山者の安全確保に心血を注いだ「南アルプス開拓の父」と呼ばれた実在の人物である。 
小説では、竹沢長衛の69年の生涯を縦糸に明治・大正・昭和の各時代の登山界の情勢と様々な岳人達との関わりを横軸に物語を展開させた。

386: 名無しさん 2014/09/15(月) 20:40:23.69 ID:vX4P3XM+
竹澤長衛は、クライミングやる仙人で有名でしょ~
南アルプスの開拓者

388: 名無しさん 2015/01/17(土) 14:36:27.60 ID:RhmeHfL1
竹澤長衛物語だけど
かなりの山好きじゃないと読まない本じゃないかな

389: 名無しさん 2015/01/21(水) 11:37:48.46 ID:IZXRZpwL
P.P.リード「生存者」

アンデス山中に墜落した飛行機の生き残り乗客達(ラグビー選手)が仲間の遺体を食べて生還したノンフィクション

2

関連記事

390: 名無しさん 2015/01/21(水) 21:20:39.95 ID:Es14REVT
山岳ミステリじゃなくて、単なる山岳小説だと途端に数が少なくなるよね

391: 名無しさん 2015/02/22(日) 22:22:36.48 ID:oGcm5YXP
小説の「春を背負って」の評価って、
山のベテランさんにとっては、どんな評価なんですか?

山初心者ですが結構好きな小説

3

392: 名無しさん 2015/02/23(月) 02:01:50.56 ID:lzCGy81L
>>391
ほっこりする良い作品
何よりあの辺りに山小屋があったら便利だろうなぁと思う
「還るべき場所」や「天空への回廊」的なものを期待してると拍子抜けするかもね

1
4


393: 名無しさん 2015/02/23(月) 14:24:14.60 ID:HFZMHTN+
>>391
荷揚げで百キロとか、ちょっと首をかしげるところはあるけど、まぁまぁの出来だと
思う。あれはリアリティを追求した山岳小説ではなく、山を舞台にした人間模様だか
らあれでいいんだろうと思う。

394: 名無しさん 2015/02/23(月) 15:57:16.07 ID:BuqHKMlj
どうも「未踏峰」とごっちゃになってしまう印象がある。

395: 名無しさん 2015/03/01(日) 18:25:20.48 ID:elRIeGUN
>>392>>393>>394
すいません、スレチェックしてなかった。

ありがとうございます。
それほど、違和感のない仕上がりだったんですね。

映画の方から入ったのですが、いい意味で昭和の匂いがプンプンだったので、
原作も古臭い部分があったのかなぁと。

「還るべき場所」、買いました。いま、積んでます。



424: 名無しさん 2016/07/27(水) 05:44:39.93 ID:yxvkHy0W
黒部の山賊、氷壁、が定番。一般教養として読まれるべき。海洋題材なら老人と海とか海底二万マイル

5
6


425: 名無しさん 2016/12/29(木) 22:27:38.78 ID:WFAl6Eq1
「星と嵐」を読んでいるけど、
著者のレビュファが誰かに似てるなと頭に引っかかっていた。
やっとわかった。フランスの前の大統領のサルコジと全く同じ顔してんだわ。

7


428: 名無しさん 2017/03/15(水) 00:18:33.14 ID:SL/fWi0s
ここで見かけた「チベット旅行記」読んでみた。

>チベットという名はチベット人自身はチベットも(ちっとも)知らんのです。

この一文が好きだ(笑)

河口慧海という人の性格や物言いは鼻につくところがあるが、
目的に向かう意志覚悟の強さは、素直に凄いなと思う。
個人的に、もう少し山パートが充実してたら面白かったのに。

8


414: 名無しさん 2015/05/09(土) 14:35:05.60 ID:mQxe3Rog
ホワイトアウトの映画がテレビでやってたから初めて見たけど、小説の方が全然良かった

9


415: 名無しさん 2015/05/10(日) 00:33:16.96 ID:TqUy2LOU
>>414
小説を超える映画って、なかなかお目にかかれないよ。

416: 名無しさん 2015/05/10(日) 17:37:30.29 ID:FKIj4Cs1
小説を読む時自分なりに
映像を頭の中で構築するから
それと違うだけでつまらないと
感じるんじゃないかな

417: 名無しさん 2015/05/12(火) 19:47:19.71 ID:DoSri6xY
単純に小説の方が情報量(描写量)が多いからでしょ。
映画は2から3時間内にまとめなきゃいけないし、
短い演技でその時の心理も表現しないといけない。

418: 名無しさん 2015/05/13(水) 01:57:59.73 ID:4ft+vu73
>>417
映像の方が文字よりも何倍も情報量は多いよ。
単に文字は自分の中で映像を構築するから、実写との差異が出てくるだけって
いう話だと思う。

419: 名無しさん 2015/05/13(水) 10:06:34.37 ID:d1wylBfq
>>418
風景など写実的な描写はそうだろうね。
(山岳小説などはそうかもね)

> 単に文字は自分の中で映像を構築するから、実写との差異が出てくる
それだけじゃないでしょ。
映画は映画として完成させるために、
話を簡潔化したり端折ったり、違う話や設定に変えたりする。
(洋画の場合、字幕という制限のために、さらに簡潔化する)

頭のなかで映像化するということだけでなく、
例えば「春を背負って」は、小説の方が内容は深い。
「春を背負って」の映像は好きだから、映画と小説、違う作品だと思っている。

注目記事 (*゚∀゚)

ひとりキャンプの楽しさは異常 俺たき火をする 俺肉を焼く 俺星空を眺める 俺寝る 楽しすぎワロタ

山ガールだけど登山中に起った出来事を話すので登山を実際にする人来て下さい。

夏山の装備はなんとかツギハギ中古貰い物借り物(という呼称のもらいもの)で揃えたんだけど、冬山は難しそうだねぇ……(´・ω・`)

多摩川の上流、御岳駅付近に行ってきたので画像をうpする

今日初めて登山したけど怖すぎワロタ

お前ら1つは、チープカシオ持ってるよな?

長いだらだら下りのあとの急登がつらくなります。足が重く動かなくなり、立ち止まってしまいます…

山メシは上級者ほどシンプルでありながら準備は凄く凝っているな

百名山ハンターって、百名山制覇したら登山やらなくなっちゃう人結構いるらしいね

【遭難・滑落】山で死にかけた体験を語ろう

【トレッキングシューズ】安物買いの銭失いを地でいってしまった。ゴアは優秀なんだなぁと、つくづく思いました。

街でも着るならナノパフもありだけど、山オンリーでいいならマイクロパフで決まりだと思う

おまえら携帯トイレ使う? おれは岩稜帯で穴掘れないところでは使ってる…

引用元:http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/out/1296905980/