1: 名無しさん 2018/09/27(木) 14:54:19.11 ID:CAP_USER9
20180927-00010000-tanba-001-1-view

兵庫県の内陸部にある篠山市に、江戸時代にこつぜんと地図から姿を消した村がある。近隣住民は今も村民の墓を大切に守り、毎年、秋分の日に手厚くまつっているが、墓参りのおこりは、「祟りを恐れて」のことだった。消え去った村「夙(しゅく)」に迫る。

■通婚差別も香典やり取り、ゆるやかに交流

夙村があったのは、現在の味間南(約160戸)の中。村のあった場所は、現在、植林されたスギやヒノキが林立する森になっているが、その山中には屋敷跡とみられる台地が点在し、1カ所に集められた墓石や石仏など約30基が鎮座している。

夙村の研究をしている住職、酒井勝彦さん(74)=同市古市=によると、1687年(貞享4)の日付がある「篠山領地誌」に夙の記述が登場する。
大辞泉によると、夙とは、「江戸時代、畿内多く居住し、賤民(せんみん)視された人々」とある。

「夙村の人々は、通婚の差別は受けていたようだが、疎外されていたわけではなく、味間南とはゆるやかな交流があった」と酒井さん。
その証拠に味間南の旧家、御前昇さん(85)が保有する御前家の江戸時代の香典帳から、夙の人々と香典をやり取りしていた記述が見つかっている。

■柿渋師集団の村か

20180927-00010000-tanba-002-1-view

嘉永4―5年(1851―52年)に書かれた「多紀郡明細記」に「柿渋師 夙村ノモノ」の記述がある。

柿渋は、未熟な青い柿の実を砕いて絞り、その汁を発酵・熟成させて作る赤褐色の液体。防腐・防水効果や、補強、医薬品、紙布の染料など、当時は多くの利用があったとされる。

酒井さんは、「夙の人々は柿渋を製造する職人集団で、柿を求めて各地をめぐる出稼ぎの人々だったのでは」と話す。

■疫病蔓延? 80戸が7年で7戸に

一時期、80戸を誇る大きな村を形成していた夙村だが、嘉永年間(1848―55年)のわずか7年の間に7戸にまで戸数を減らし、さらにその後、全戸がなくなったという記述が1884年(明治17)に編さんされた「兵庫県多紀郡地誌」にある。

「わずか7年間という短期間で7戸にまで減ったのは疫病が流行ったからでは」と酒井さんは推測。自寺の過去帳から葬儀件数を割り出したところ、同時期の件数が平年の4・4倍にも跳ね上がっており、近隣のほかの寺においても高い値を示している事実から、「村の9割近くがあっという間になくなってしまうということは、やはり流行り病が原因と考えてしまう」と話す。

■大火相次ぎ、明治期から供養

20180927-00010000-tanba-003-1-view

その後、明治中期から後期にかけて味間南で火災が続いた。あまりに相次ぐ大火に、当時の村人たちはその原因を「消滅した夙の人たちの霊を放置しているからだ」とうわさした。

そこで村人たちは、夙の村跡の掃除をしたり、夙の氏神であった加茂神社の御神体を味間南の岩上神社に、仏像(阿弥陀如来坐像)を同集落の地蔵堂にそれぞれまつるなどした(1908年)。

さらに、山中に散在していた夙の人々の墓石を1カ所に集め、毎年、秋の彼岸には地元の住職を迎えて供養をするようになった。
以来、大きな火事は起こっていないという。

今年も住民約30人が村の跡が残る集落東部の井根山のふもとへと向かい、墓掃除を行った後、墓前にシキミや線香などをそなえ、森の中に読経を響かせた。

今年も無事に墓参りを終えた味間南自治会長の男性(67)は、「事の始まりはたたりを恐れてのことだったかもしれない。
しかし現在は、かつての隣人の墓があるというのに何もしないのは忍びない、という気持ちでまつっています」といい、「もうすでに我々の世代では夙について詳しいことはわからない状況になっているが、そういう村が実在したという歴史を、この墓を守りながら後世に伝えていかなくては」と話している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-00010000-tanba-l28

夙村の跡。現在はスギやヒノキの植林に覆われている=2018年9月23日午前10時29分、兵庫県篠山市味間南で

2

10: 名無しさん 2018/09/27(木) 14:57:26.27 ID:PoFHNEuA0
おおー、雰囲気ある写真やね

14: 名無しさん 2018/09/27(木) 14:59:08.99 ID:QUqhtkR00
うはぁ、横溝正史の世界
雰囲気ありすぎw

100: 名無しさん 2018/09/27(木) 15:29:37.73 ID:FYWwhFJl0
>>14
具体的な作品を思い出そうとしたら、脳内で阿部寛と仲間由紀恵に邪魔された(´・ω・`)

165: 名無しさん 2018/09/27(木) 16:01:34.58 ID:j44uuobr0
>>100
やめろ

やめろ
脳内再生が止まらない

15: 名無しさん 2018/09/27(木) 14:59:17.41 ID:Akr2z1Ah0
【悲報】県外民、兵庫中部に何があるか誰も知らない

29: 名無しさん 2018/09/27(木) 15:04:20.44 ID:cC7LrcL80
>>15
確かにw

no title


95: 名無しさん 2018/09/27(木) 15:27:45.56 ID:dP9//4TC0
>>29
神戸と六甲山と芦屋の場所おかしくないか?
西宮のスペースがないのと、六甲山は海岸線にあわせて斜めに配置

98: 名無しさん 2018/09/27(木) 15:29:13.42 ID:P+6hn9M30
>>15
ほんとに知らんなー🤔

19: 名無しさん 2018/09/27(木) 15:01:27.62 ID:4rIYUpeQ0
こういう話が大好き

20: 名無しさん 2018/09/27(木) 15:01:51.96 ID:txUBY91X0
小説化しろよ

25: 名無しさん 2018/09/27(木) 15:03:19.12 ID:6FetfdKy0
夙のカムイ

30: 名無しさん 2018/09/27(木) 15:04:28.81 ID:AoHVSZhL0
交流のある村で破滅的な疫病が発生。
そこで近隣の村々がどう動くか。
想像に難く無い。

そりゃ祟る罠。

96: 名無しさん 2018/09/27(木) 15:28:15.16 ID:vGgOhO7E0
>>30
横溝正史の小説みたい…
最後に夙の領主が片目に矢が刺さりながら「祟ってやる! 歴代延々と祟ってやる!!」とか言ってそうだな

354: 名無しさん 2018/09/27(木) 18:00:20.12 ID:Sfc43Yrg0
>>30
道を封鎖して橋を落としたかな

35: 名無しさん 2018/09/27(木) 15:06:36.41 ID:l3lrVtTg0
土砂崩れと水害で一夜にして消えた村とかって日本にあるのかな

64: 名無しさん 2018/09/27(木) 15:19:15.37 ID:AoHVSZhL0
>>35
水害はともかく、火山の噴火や地震による土砂崩れで丸ごと消失はあるみたい。
磐梯山の噴火とか、天正地震とか。

帰雲城の消失とか、それなりに有名。

94: 名無しさん 2018/09/27(木) 15:27:36.54 ID:x27s16vZ0
>>35
琵琶湖の湖底遺跡
縄文時代の村がその後ゆっくりと沈んだのもあるが
江戸時代に地震で水没した村とみられる遺跡も発見されている

79: 名無しさん 2018/09/27(木) 15:23:38.44 ID:XEO/UYGs0
どうせ不便だから誰も住まなくなっただけだろw
日本にある集落とかよくあんな不便なところに住むよな?病気したらどっちにしろ
人がいる町まで搬送せにゃならんしたった数人のために電気も引いてるし・・これ完全に老害だろ

326: 名無しさん 2018/09/27(木) 17:25:01.23 ID:/54bCc7G0
>>79
戦後は「救急搬送しても間に合わない」という理由で
最後の住民が移住して消滅集落になったところが多い

112: 名無しさん 2018/09/27(木) 15:33:22.42 ID:+hL8KS8B0
もともとこの手の賤民は土地にはこだわらない人たち
良い場所がアレば何の未練もなく元々の村を捨てて移住する

土地に執着する農民とは全く異なる

阪神間の部落地域に私立学校が多いのも
部落だと底の住民が土地に執着せずに
学校に必要なまとまった大きな土地が得られるから

118: 名無しさん 2018/09/27(木) 15:37:20.06 ID:bdsfPR7A0
>>112
というか農民と違って職人は季節ごとに移動するってのも珍しく無いから
元々定住へのこだわりもあんまり無いだろうな

139: 名無しさん 2018/09/27(木) 15:44:03.33 ID:lRxQcpgf0
https://www.kakishibu.com/kakishibu
>柿渋とは、まだ青いうちに収穫した渋柿の未熟果を搾汁し発酵熟成させたもの。
>日本では古くから、この柿渋を塗料や染料、あるいは万能民間薬として、マルチに活用してきました。
>家屋や生活道具、衣料品の耐久性を高め、防水・防虫・防腐・消臭効果を与えるなど、その効能は驚くほど多彩。
>近年は柿渋から抽出した「柿タンニン」も、健康・美容素材として注目を集めています。

よく分からないけど色んな事に使える謎の液体を製造していた集団なのか

夙 - Wikipedia
>かわたの間に伝わる伝承では:
>夙はかわた村よりも下位の賎民であった。
>夙の一部はかわた村の直接支配を受けていた。
>かわた村の中には夙筋という一系列があり、一段低いものとして差別された。
>かわた村の手下となった夙は三味線・鞁弓を弾き、小歌・芝居などの雑芸能に携わった。
>などとあり『日本財政経済史料』巻八もこの伝承を収録している。
>江戸時代には夙村ないし宿村が各地に存在し、
>九州の高島における「四苦」も安政頃に穢多に改名されているが夙の者であったとみえ、
>五畿内以外にもかなり広く存在した。

夙って地名じゃなく階級的な意味なのか

149: 名無しさん 2018/09/27(木) 15:51:04.94 ID:xIizv19I0
交流があったのにその村だけで流行する疫病ってなんなんだ
ウラン掘り当てたけど昔だから気づかなかったとかか?

155: 名無しさん 2018/09/27(木) 15:56:14.02 ID:q3ffsgBc0
>>149
いや、寺の過去帳でも同時期の死者数が増えてるとあるだろ
ただ通婚差別があるから近親婚が進んで同じ疫病に弱い体質が揃ってしまったのかもしれない

174: 名無しさん 2018/09/27(木) 16:03:49.36 ID:Nuc780WeO
賤民って言ってもガッツリ阻害されてたわけじゃないのか
なんかイメージと違うな
なんで柿渋作ってて賤民扱いされるのかしらんが定住しなかったから?

196: 名無しさん 2018/09/27(木) 16:14:55.49 ID:IB5/Vcs60
>>174
職人は、柿渋に限らず賤業だよ
昔はね

205: 名無しさん 2018/09/27(木) 16:19:18.48 ID:ijhTKHAa0
>>196
百貨店などの催事にある伝統文化というか
人間国宝になるようなものもな

彼らは国が宝とするモノなんだよ

287: 名無しさん 2018/09/27(木) 17:00:29.77 ID:IB5/Vcs60
>>205
昔の価値観は、現代では測れないものがあるね
昔は賤業、今は国宝だもん

295: 名無しさん 2018/09/27(木) 17:04:21.74 ID:ijhTKHAa0
>>287
穢多らは穢多頭に従ってたからなぁ
下級公務員に従事してるのと同じ

210: 名無しさん 2018/09/27(木) 16:21:07.84 ID:1XnRdovj0
こういう話は興味深く、面白い。
ここ出身の末裔など今も生存して
いるのだろうか。

228: 名無しさん 2018/09/27(木) 16:28:44.09 ID:bdsfPR7A0
>>210
明治になってから村消滅してるわけだし
神戸あたりの近代服飾産業に吸収されて行ったんじゃないかな

247: 名無しさん 2018/09/27(木) 16:35:43.74 ID:szNeD06c0
夙川と関係あんのか?

278: 名無しさん 2018/09/27(木) 16:53:11.51 ID:bdsfPR7A0
>>247
被差別部落で夙という漢字が使われるのは元々は非人宿(非人の集落)を省略して宿と呼んでたのが
江戸時代以降に宿場なんかの宿とごっちゃになるからか同じ発音の「夙」に当て字されたものらしい
「夙」は元々差別制度とは関係の無い漢字なので無関係の地名かもしれないし非人宿があった事で夙川になったのかも知れないしよくわからない

305: 名無しさん 2018/09/27(木) 17:13:27.08 ID:rA60pqNv0
記事では微妙な書き方してるけど、柿渋は革なめし用だよな
夙って身分は初耳だったがかわた(穢多)のさらに下って定められた身分だったんだな
支配側としては革の安定供給の為に、製造ラインの統制ができるように
上下関係を整備した、ってとこなんだろうね

WIKIみると播磨ではかわたの支配に抗してなんどか争いになった、って書いてあるが
忽然と消滅はその関係・・・ではないよな、まさかなw

323: 名無しさん 2018/09/27(木) 17:23:07.56 ID:KLSAL1bD0
>>305
江戸時代に柿渋が防水材として広く使われてたのは事実だよ。
だから、古い港町の庭には渋柿が植えてあったりする。
この手の物は強烈な悪臭を放つし、おそらく職人の手や服なんかも渋で汚れてたはず。
だから、皮革とかが関係なくても自ずと差別される。
鉄腕DASHでも防水材として作ってたな。

333: 名無しさん 2018/09/27(木) 17:32:22.29 ID:YEe474q90
柿渋の職能集団が枝村として集まって賎民視されただけだろ?
篠山なら近くに皮革やらの職能集団的賎民、人夫やらの単純労働を独占してた賎民層がたくさんいたから、疫病か何かあった後にそこらへんと合流したんだろ
明治に入ったころなんざ軍需に転用出来る職能集団はバブルじゃん
で、取り残された墓を枝村の本村だった所が長い由縁でお祭り、の流れでしょ

345: 名無しさん 2018/09/27(木) 17:46:28.39 ID:ZNPAl3By0
こういうのをみるとオカ板にも意外と本当の話が紛れ込んでるかもな。

361: 名無しさん 2018/09/27(木) 18:08:26.17 ID:3GcnxAJL0
雰囲気あるいい写真だ

注目記事 (*゚∀゚)

登山者なら思わず共感してしまう「これわかるわw」漫画がTwitterで話題に!

衣類の半分くらいワークマンで買ってることに気付いたんだが…

歩いてたら土踏まずが「ブチィッ!」ってなって針が刺さったような激痛が走る現象wwwwwwwwwww

人生で一番怖い体験ってなんや?

「そこに山があるからだ」の人の末路…

わい、富山で年収600万の林業だけど質問ある?

40年前に1人でサハラ砂漠横断しようとした日本人wwwwwwww

wikipedia「珍しい死の一覧」とかいうカッスレもびっくりな死に様特集wwwwwwwwwwwwww

「じゃあアンタたち生きてんの?っていつも思ってた」。サバイバル登山家が突きつけるリアルとは。

地震対策は進めてるけど、噴火対策はしてるの?

学生キャンプの夕飯はなんでカレーなのさ?

山ガールだけど山で腹立つことあった…

都内から一番近い山の空気が吸える場所はどこ?

星空撮影を趣味にしようと思って総額15万円位かけた結果wwwwwwwwww

登山者なら思わず共感してしまう「これわかるわw」漫画がTwitterで話題に!

あしかがフラワーパークで撮った花の写真貼る!

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1538027659/