1

ライブドアニュース - IT 経済トピックス
楽天の幹部ら120人が挑む「死の山」登山 ビジネスに通じる部分も
goo.gl/W8kwcy

9月19日昼ごろ、私にあるミッションが与えられた。 

「これから楽天の幹部たちが集まる登山の取材に行ってほしい」 

登山経験はゼロ。一抹の不安を抱えながら、すぐさま準備をして向かった先は、新潟県境にある群馬県の谷川岳近く。三木谷浩史社長の別荘がある場所だ。楽天は年に1回、国内外のCEOなど執行役員らが集う3日間の「リーダーシップサミット」を開く。 

今回はアメリカやイギリス、ドイツ、インドなど各国の楽天グループ企業から執行役員ら約150人が集まった。1日目は東京・二子玉川の楽天本社で、経営戦略やビジョン共有のためのディスカッションを行い、2、3日目は群馬県で合宿をした。10年続く恒例の目玉イベントは3日目の「登山」という。参加者の8割に当たる約120人が登山に挑んだ。 

本誌記者は1時間でリタイア

(続きはこちら)

スポンサーリンク
「死の山」って…そりゃかつて一ノ蔵にたくさんの軽装クライマーが入ってたときの名前であって、西黒尾根はハイキングだぞ??


2
谷川岳の標高は2,000mにも満たないが、急峻な岩壁と複雑な地形に加えて中央分水嶺のために天候の変化も激しく遭難者の数は群を抜いて多い。ただし遭難者の多くは一ノ倉沢などの岩壁からの登頂によるもので一般的なルート(天神尾根)は殆ど危険な箇所もなく遭難者も少ない。
遭難者慰霊碑  1931年(昭和6年)から統計が開始された谷川岳遭難事故記録によると、2012年(平成24年)までに805名の死者が出ている[2][3][4]。ちなみに8000メートル峰14座の死者を合計しても637名であり、この飛び抜けた数は日本のみならず世界の山のワースト記録としてギネス世界記録に記載されている[5]。 
こうしたところから、谷川岳は「魔の山[5]」「人喰い山」「死の山」とも呼ばれる。遭難の防止のために群馬県谷川岳遭難防止条例が制定されている。




まあ、今は死ぬような山じゃないけどね。



厳しい環境での共通体験は強い絆を作るのには
うってつけ。



はぁー日本的というか、ブラック企業ですなあ。



楽しいのかこれ?



確かに、岩登りをするフィールドはたくさんクライマーが亡くなっているけど・・・・・。



天神尾根ロープウェイで登って楽勝じゃんて感じで西黒尾根降りようとして転落死ってのもあったらしいしあながちこの記者みたいな人間にとっては死の山かもしれない
この記者はもしかしたらロープウェイからでも登頂できなかった可能性もあるが 



注目記事 (*゚∀゚)

森林とまではいかなくても、わりと緑や自然の多いところを散歩するだけでも気持ち良い

夏に佐久間ダムに行った時の写真貼ってく!

【 /^o^\フッジッサーン】本栖湖畔から富士山の写真撮ってきたったwwwwwwwwwwwwwww

地元の標高200メートルの山登ってみたんだが、ガチできつかった。

【東海~関西】揺るがずに正々堂々と秘境駅に行ってきたから写真うpする

ろくろく履いてないトレッキングシューズの靴底が加水分解で剥がれた…

機関車トーマスみたいなSLに乗りたくて…イギリス行ってきたので写真貼ってく

【日本"百珍名山"検討委員会】裏の山……ほんとにあるんだからな!

登山者なら思わず共感してしまう「これわかるわw」漫画がTwitterで話題に!

衣類の半分くらいワークマンで買ってることに気付いたんだが…

歩いてたら土踏まずが「ブチィッ!」ってなって針が刺さったような激痛が走る現象wwwwwwwwwww

人生で一番怖い体験ってなんや?

「そこに山があるからだ」の人の末路…

わい、富山で年収600万の林業だけど質問ある?

40年前に1人でサハラ砂漠横断しようとした日本人wwwwwwww

wikipedia「珍しい死の一覧」とかいうカッスレもびっくりな死に様特集wwwwwwwwwwwwww


スポンサーリンク