no title

人気登山道の開削者。レジェンドとなった猟師・小林喜作の数奇な人生 mag.japaaan.com/archives/83768

■北アルプスのスーパー猟師

明治から大正、現在の長野県穂高から上高地にかけてその名を轟かせた、伝説の猟師「小林喜作(こばやしきさく)」をご存じですか?

2

彼は大正9年(1920)、現在登山客で賑わう燕岳から槍ヶ岳までの登山道を、独力で3年がかりで切り開いた猟師です。


当時一般人で4、5日かかっていた行程をわずか1~2日で行くことができる新ルートで、その距離おおよそ20キロ。その道には「喜作新道」という名前がつけられ、彼が獲物を捌いていた山小屋は「殺生ヒュッテ」の名で今でも営業しています。


山に入るのは猟師か修行僧だったという時代から、明治期になって娯楽としての登山が根付きつつありました。


来日したイギリス人富裕層らが余暇の楽しみや鍛錬のため登山を好んだためです。その影響を受け、日本の華族や大学生ら富裕層の間にも登山が広がりました。喜作はガイド無しで歩ける道を整備すれば、一般人にも登山ブームがくるのではと期待したのです。


猟師だけが知る獣道。昼は根の堅い這松(ハイマツ)をナタで切り開き、夜になれば油紙を塗った和紙を岩と岩の間に広げ、その下で眠ったと言います。

営林署が山の木を切ることを許さなかったため、下から流木や丸太を担ぎ上げ、時には100キロ近い荷物をしょい、雇った猟師仲間や強力がその過酷さに逃げ出してしまっても、彼は黙々と仕事を続けました。


猟師としての腕前は凄まじく、生涯でしとめた熊は300頭、カモシカはおよそ2000頭。腕がいいと言われた他の猟師でさえ、熊80頭カモシカ500頭というから、恐れ入ります。


(続きはこちら)

https://mag.japaaan.com/archives/83768


3
1875年(明治8年)長野県南安曇郡西穂高村(現在の安曇野市)牧に生まれ、17歳からカモシカ・クマなどの猟師をしていた[6]。息子の一男と共に大天井岳から槍ヶ岳に直接至る東鎌尾根に喜作新道を開設した[4][7]。鍬・鶴嘴・鳶口・手斧などを用い人力で[8]、1917年(大正6年)に工事を開始し、1920年(大正9年秋)に完成させた[4]。1921年(大正10年秋)には、殺生小屋を完成させた。山案内人として、1920年に槍ヶ岳の北鎌尾根の初下降及び1922年の初登攀のサポートを行った[9]。陸地測量部の測量官らと共に北アルプスの測量作業にも参加した[6]。1918年(大正7年)7月に、槍ヶ岳山荘の創設者の穂苅三寿雄の穂高連峰縦走の案内人を務めた際に「北アルプスで登れない山は一個もない。ただ野口五郎岳の西沢だけは登っても下ることができない。」と語り、北アルプスの隅々まで猟師として歩き回っていたことが伺える[10]。




このおっさんかっけーな!






東鎌尾根歩いたことないな…



ちょうど周防さんが図書館で喜作新道を借りてきてくれていました。喜作の生涯を丁寧に調べてあって、北ア開闢の歴史を知るにも最適な本です♪ twitter.com/yamanokoto/sta… pic.twitter.com/L2pnWJzZPQ



名も無き猟師が人生を賭して登山客に見せたかった風景









登山を少しするわりには、
詳しくない。

喜作新道、これで覚えた。と思う。

凄い人がいたもんだ。



注目記事 (*゚∀゚)

剣立山や後立山でも北部の白馬あたりは登っても「鹿島槍は登ったことがない」という人はけっこういるんじゃないかな

【必見】『世界で最も美しい観光地』ランキングBEST50!!!

確かにナイフ無しで山行っても事足りるとは思うけどさ…シートベルトしないで車乗ってるみたいで嫌だわ

【山小屋】酒盛り、雑音立てる、喋り声やいびきなど迷惑な人

日本で一番高い山は富士山←誰でも知ってる

足型の合った靴だけセレクトすると、「あまりに種類が有り過ぎて」なんて心配は吹っ飛びます。逆に、えっ?これしかないの?ってなると思う。

バイク暦半年だけど初ソロキャンいってきたよ!

登山のアプローチ用バイクでおすすめってある?

種類問わず”最強の毒”を持っている生物といえば?

三連休親父が山に行こう山に行こうって言うから登ったけど

山道で軽トラの対向車に出くわし、すれ違いに難儀したことある。やっぱ「邪魔だコラ」って思うのかな?

マイホームの庭に樹木を植える理由は何か?

意識高い系キャンパー俺、キャンプにテントはいらない説を提唱する

みなさんは冬山で動画撮影はしてますか? 雪山での自分の撮影がこんなに大変だとは…

一人暮らしの道具をキャンプ用具で揃えるのあり?

低山だけど、景色が良いところに来たよー wwwwwww