1: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:13:04.39 ID:zGK7E3/G9
4

旧陸軍の隊員、199人が訓練中に死亡した「八甲田雪中行軍遭難事件」の教訓を忘れまいと、当時の部隊の経路をたどる陸上自衛隊の訓練が青森市の八甲田山系で始まりました。

この訓練は、明治35年、八甲田山系で訓練をしていた旧陸軍の隊員199人が死亡した「八甲田雪中行軍遭難事件」の教訓を忘れないようにと、陸上自衛隊第5普通科連隊が毎年行っています。

旧陸軍の部隊が青森市筒井の兵舎を出発した日から117年にあたる23日は、およそ600人の隊員が青森市小峠の山のふもとを出発しました。
真っ白な戦闘服に身を包んだ隊員たちは、20キロのリュックサックを背負いながらスキーを履き、8キロの道のりをおよそ5時間かけて行進しました。


そして、明治35年の遭難事件の際に雪の中から救出された後藤房之助伍長の銅像の前に到着すると、銅像に敬礼して亡くなった人たちの冥福を祈りました。
陸上自衛隊第5普通科連隊の古賀博彦連隊長は「隊員全員がきょうの訓練をけが無く終えることができて安心している。過酷な環境に対応できるよう訓練を重ねたい」と話していました。

隊員たちは、このあと、寒さをしのぐための穴を掘って山中で1泊し、24日は10キロの道のりを行進する予定だということです。

ソースに動画あり
https://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/20190123/6080003667.html

【毎年恒例】八甲田山で陸上自衛隊が雪中行進訓練

HakkodaStatue2
八甲田雪中行軍遭難事件 - Wikipedia
八甲田雪中行軍遭難事件(はっこうだせっちゅうこうぐんそうなんじけん)は、1902年(明治35年)1月に日本陸軍第8師団の歩兵第5連隊が青森市街から八甲田山の田代新湯に向かう雪中行軍の途中で遭難した事件。訓練への参加者210名中199名が死亡(うち6名は救出後死亡)するという日本の冬季軍事訓練において最も多くの死傷者を出した事故であるとともに、近代の登山史における世界最大級の山岳遭難事故である。

3: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:13:52.99 ID:NbgL630N0
夜には行軍する足音が聞こえるとか…

4: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:14:08.56 ID:z/zGqmf80
ご苦労様です

6: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:14:44.61 ID:MjGWOZp30
天候大丈夫か?

9: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:15:26.50 ID:e9KXAbuv0
全員けがなかったか (´・ω・`)ホットシタ

11: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:16:02.31 ID:B2PTC4zo0
毎年やってたとは
防寒服も近代化してるから楽勝なんだろうな

17: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:17:13.08 ID:noemssLO0
低体温症は症状が恐ろしいから話を聞くだけで精神的にくるものがある
教訓にしなければ、訓練ご苦労様です

19: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:17:56.34 ID:k7gumeMN0
山中泊もするのか、お疲れ様です

21: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:19:58.65 ID:+0R7ugh50
この映画の主役は三國連太郎。

914pBfRDxaL._SL1500_

30: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:24:31.86 ID:HR43MAVQ0
>>21
不器用ですから

22: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:21:07.63 ID:goyx/uZY0
北大路欣也と高倉健だったような。

96: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:52:33.73 ID:zpdlAC9m0
>>22
頭やられて褌一丁で雪の中に倒れ込むのが
大竹まことw

29: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:24:11.04 ID:O2oo3ey30
軍歌 雪の進軍 始め!

映画は史実とは違い、美談に書かれてるんだよな
弘前隊の案内人の扱いに対してはかなり過酷だったと

42: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:29:32.20 ID:7JDBCeLw0
>>29
案内人殿に かしらぁ~右!
とかありえんよな

31: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:25:00.31 ID:3rqKn1jw0
昨日の出勤途中、公道を自走する自衛隊の雪上車とすれ違う。
なんだかかっこよかったw
天気荒れるようだが事故無いように。

33: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:26:10.01 ID:qcRLilwu0
あの遭難事故はろくな防寒装備も無いまま無茶な行軍やったのが原因らしいからさすがに同様のことを繰り返しはしないと思うが
天候が悪くなればやっぱり危険だし、この訓練が役に立つ場面てあるのか疑問を感じる

88: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:46:17.13 ID:D++0XOLk0
>>33
日本の組織の典型的欠点が具現化した事故だし、
現代でも似たような問題はいろんな組織で起こっているから定期的に注意喚起するのはいいことだよ。

行軍の責任者がカタチだけの責任者で、
実質的な権限者は他にいたので、指揮系統が混乱して最悪の経過をたどってしまった。

40: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:29:04.57 ID:bfhszJ9q0
あの日は大寒波で気象観測史上最低気温(未だに破られてない)を記録した日だからねぇ

3_Peaks_Hakkōda


141: 名無しさん 2019/01/24(木) 08:16:02.53 ID:9hNKxFVh0
>>40
よりによって中のよりによっての日だったんだよな。

47: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:30:34.46 ID:oJBRHjjX0
この映画、確かおにぎりを持っていった者は凍ってしまい食べられなくなり、パンを持っていった者だけが助かるんだったような希ガス。
この映画を見て、凍死の存在を初めて知ったと思う。多分当時小学生だったかな。

52: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:32:43.64 ID:TMEj5T1H0
>>47
パンじゃなくてお握りを新聞紙にくるんで腹の中に巻いていた人が
凍らずに食べられた

53: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:32:52.91 ID:7JDBCeLw0
>>47
パンを持ってた云々は知らないけど
握り飯を背嚢に入れてたら凍って食えなかったとか
でも少数のガチ雪国出身の兵は握り飯を懐に入れてたから凍らずに食えたとか

77: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:41:00.35 ID:cYw8OqD2O
>>53
パンは数十年後1941年のソ連に侵攻したドイツ軍も寒さに苦しめられる一因になる。
石みたいに凍って火にくべたりスープに放り込まないと食べれない始末。

49: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:31:07.43 ID:z/xwrKgV0
隊長、あの木に見覚えがあります!

74: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:40:15.27 ID:9X3qOIhM0
やまはしにますか

76: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:40:53.83 ID:7JDBCeLw0
>>74
それは203高地w

78: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:41:39.07 ID:hyrTHSLz0
元青森の普通科隊員だが、ぶっちゃけ八甲田山の冬季訓練は言うほどきつくない。
完全防寒着にスキーで攻撃するから、それなりに楽。
むしろ夏の行軍で攻撃のほうがきつい。
ただ、当時の装備で八甲田山は、言い方がきついが自殺行為だったと思うわ。

132: 名無しさん 2019/01/24(木) 08:10:04.92 ID:0HJIr2Zq0
>>78
でも小説や映画では、事前の予行練習では天気が良く全然きつくなくて
油断して本番に臨んだら、猛吹雪と寒冷で大量遭難したんじゃないの?

139: 名無しさん 2019/01/24(木) 08:15:06.33 ID:0/L5CPiA0
>>132
・湿った雪に対する装備が貧弱、
・雪山登山の場合はブランデーなどの蒸留酒を持って行くのが当時でも常識だったのに日本酒を持って行った
 (日本酒を鍋で煮ると悪臭を放って飲めなかった)

少なくとも濡れた後に替えの下着を1着分持って行ってれば全然違った結果になっていた

81: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:42:49.99 ID:Xgcfsk+N0
結末を知ったうえなら、上官(三国)に従うべきじゃなかったとか簡単に言える。
あの時代、しかも軍隊で軽々しくできるわけがない。
じゃあ神田(北大路欣也)はどうするのが正解だった?

90: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:47:12.03 ID:7JDBCeLw0
>>81
難しい問題だね
これも噂だけどどっかの大企業が新入社員に研修で映画八甲田山を見せるとか
その企業は役職が上の人やや先輩に意見できる風土になってるのかな?

91: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:47:23.93 ID:vjHmqR9I0
>>81
俺も無理だったと思う
歯向かえるわけない

110: 名無しさん 2019/01/24(木) 08:00:18.58 ID:nZO94czX0
新田の本をノンフィクションと誤解している奴が多すぎて
一部の軍人の遺族にとっては気の毒

113: 名無しさん 2019/01/24(木) 08:01:22.13 ID:f4zb2Yjw0
八甲田山雪中行軍遭難事件の公式記録である
「遭難始末」は、国会図書館のデジタルライブラリーで公開されてるから
家で読めますよ

一読すべし

164: 名無しさん 2019/01/24(木) 08:31:06.25 ID:qICOJCsjO
>>113
「遭難始末」は公式記録ゆえに、被害を過少にするため隠蔽、捏造があると批判されてるが、どうなんだろうね

115: 名無しさん 2019/01/24(木) 08:01:36.61 ID:5cy3pvRM0
映画や小説が面白おかしく創作したのが流布しちゃって
事実は誰もシランらしいな

131: 名無しさん 2019/01/24(木) 08:09:57.56 ID:f4zb2Yjw0
>>115
真相という真相は、ほとんどが死んでしまったので証言の取りようがなかった
一番しっかりしていた生存者倉石大尉の証言が記録に残っててそれが事件の証言の根幹と思われ
(映画では倉田、だったかな多分加山雄三)

164: 名無しさん 2019/01/24(木) 08:31:06.25 ID:qICOJCsjO
>>131
小原伍長ら複数の証言に基づいた「八甲田山 消された真実」(山と渓谷社)の方が、小説よりは事実に近いんだろうね

116: 名無しさん 2019/01/24(木) 08:02:27.29 ID:0/L5CPiA0
遭難した青森の連隊の日程は、
駐屯地→田代温泉(宿泊)→駐屯地 の片道20キロを往復、1泊2日の日程。
なんだが、問題はその田代温泉を知ってる人間が連帯内に誰も居なかったこと
現地の細かい場所も知らず地図だけで行こうとしてた。

そもそも、立案者は実行の3ヶ月前に人事異動でいなくなって
何も知らない若手が計画を引き継ぎ。
駐屯地で待機してた連隊長は、捜索隊の報告を聞くまで大丈夫だと思い込んでいた。

まあ、ダメダメ失敗イベントの典型例

123: 名無しさん 2019/01/24(木) 08:05:35.79 ID:vjpbBJQn0
対ロシア対策か
陸軍の仮想敵国は基本的にロシアだったからな

129: 名無しさん 2019/01/24(木) 08:09:05.58 ID:huIX18m+0
今となっちゃホームセンターで普通に買える冬用装備で対処可能だもんな

143: 名無しさん 2019/01/24(木) 08:17:05.15 ID:f4zb2Yjw0
>>129
あの日は、旭川で気象官署の記録としては、今も破られていない日本最低気温がでた日なんで

内地とはいえ遭難地域でも相当下がったと推定されてる
ただ、一方で弘前隊はその中を全員踏破して帰還してる。
遭遇予定の演習であったことは否定されていて多分間違いないと踏んでるが
弘前隊が遭難者と遭遇しなかったのかどうかは今も謎のまま

135: 名無しさん 2019/01/24(木) 08:11:15.30 ID:nZO94czX0
新田は想像なのか話を書く上で必要だと思うのか
作中でヒール役を作る癖があるよな
孤高の人とか最たるものだが

137: 名無しさん 2019/01/24(木) 08:12:51.30 ID:vjHmqR9I0
まず橇が無茶だったよね
あんな過酷な雪山で橇隊は無理だ
橇隊の大幅な遅れをきっかけにして遭難してる

146: 名無しさん 2019/01/24(木) 08:20:21.36 ID:vjHmqR9I0
第一のミスは、田茂木野の「今日はやめた方がいい」という村人の進言を突っぱねたのは仕方ないが、
案内人の申し出まで断ったこと
自力で田代まで行くのが訓練だみたいな精神性で

第二のミスは、小峠で軍医が「天候の悪化でこれより先は危険。引き返すべきだ」という意見を、
これまた軍人の熱い精神論で下士官達が突っぱねそれを採用した事だな
軍医の言う通り引き返すべきだった
自分の進言の正しさを誰にも告げず脱落者を介護しながら死んでいった軍医の事を思うと胸が痛むわ

149: 名無しさん 2019/01/24(木) 08:22:44.91 ID:FZsyCwGk0
>>146
夏に目印を付ける等しておけばよかったのかもしれない

152: 名無しさん 2019/01/24(木) 08:25:17.03 ID:0/L5CPiA0
>>149
ていうか、誰も田代温泉に行ったことが無かった。
せめて、雪が降り始めた季節に下調べで行ってみるべきだった

156: 名無しさん 2019/01/24(木) 08:27:09.41 ID:FZsyCwGk0
>>152
なるほど

行軍能力よりも、下調べの能力を磨いておくべきかもしれないね

154: 名無しさん 2019/01/24(木) 08:25:47.04 ID:FxKAtHbC0
映画でもリアルでも温泉で一杯やるつもりで出かけたみたいだけど、
あの頃はあの大人数を収用できるような設備があったの?

165: 名無しさん 2019/01/24(木) 08:32:17.60 ID:0/L5CPiA0
>>154
それが無し。
田代温泉と言っても小屋らしきものがあるだけでその中に小さな湯船。
田代という地名の地区には小屋が1軒だけあって老夫婦が住んでた。

この辺りの話は事前に下調べしてれば分かる話なんだが
事故後に捜索隊が現地へ実際に行ってみて初めて知ったこと

163: 名無しさん 2019/01/24(木) 08:30:47.34 ID:FxKAtHbC0
土産に買って自慢するつもりでゴム長靴はいてたおかげで助かった偉いさんいたな

97: 名無しさん 2019/01/24(木) 07:53:11.32 ID:5mbrDwgo0
秋吉久美子可愛かったな

八甲田山 消された真実

注目記事 (*゚∀゚)

かっぱは雨の日より防湿や保温や防風で着ることがほとんど…でも山の天気は変わりやすいから必ずザックには入れてる

グレゴリーではMとLの境目はおおよそ背面長46、48なら立派な胴長さん扱い…

若者がアウトドアしないのは何故なのか?どこ行ってもおっさんばかり…

誰もいない山奥でちょっと大きめの野性動物に遭遇したら害はなくてもやっぱり怖い (´・ω・`)

登山してみたいんやが、はたして何から始めればいいのか皆目見当がつかん…

4シーズン低山~3千m級まで色々なシーン試した結果、ジェットボイルは夏山低山用でしか使わなくなった

65歳で年金暮らしが始まります、そこで嫁と二人で余生をどこかすぐに登山に行ける所へ移住しようか考えています。

家の中掃除してたら大昔になくしたと思ってたイムコのトレンチライターが出てきた。

流行雑誌みたいなの見て小屋泊で登山する女なんていんの?

雪の峠道の下り坂、カーブで慎重に走ってたら後方からランクルが来たので道譲った、ランクル普通に走っててびびった

レインウェアって雨で濡れた毎に家に帰ってから洗濯しますか?

漫画家『臼井儀人』の死怖すぎひんか?

「なぜ山に登るのか?」←これの答え

モンベルのダウンハガー2使ってるけど圧縮する方法として良さげなのない?

【野外で電源調達するスレ】この数年で太陽電池が急に実用レベルになって来た!

知り合いがこの夏、地元の低山で単独行中に岩場で足を滑らせて足首を骨折…

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1548281584/