山の夕暮れ

264: 名無しさん 04/02/27 17:15
山というか林道での不思議な出来事…
10年前の夜、神奈川のヤビツ峠に車で行った。
走り屋さんだらけでちょっとした渋滞になってたんで、
右脇にあった林道みたいなとこを走ることにした。

5分くらい砂利道を走るとオレンジ色の水銀灯の街灯が輝いてて、道がなくなっていた。
道の脇に、崩れた茅葺屋根のぼろぼろの民家があって、
塩とかコドモわたとかのさび付いた看板が掛かってる。

古い自動販売機と真新しい緑の公衆電話がその前に。
喉が渇いてたので、蛾がたかってるその販売機でコーヒーを買った。
見たことのないメーカーで黄色と黄土色が波打ってるパッケージ。

そのとき、いきなり公衆電話が鳴り始めた。
そのとたん、街灯の明かりも、自販機の灯りも、公衆電話の灯りも消え
おれは暗闇の中コーヒーを片手に立ち尽くしていた。

こんな誰も来ないような所にになぜ公衆電話が?どうして鳴ってる??
なんで林道に水銀灯が?そしてなぜ一斉に灯りが消える??
よく見ると電柱も何もない!!電気はどこから来てるんだ??

電話はまだ鳴りつづけていたが、びびった俺はそのまま車に乗り込み本道へ向ったが
帰りの林道は、さっき走った砂利道とは思えないほど草が茂っていた。

後日、友人を誘ってもう1度その場所に行こうとしたが、どうしても見つからなかった。
当時の証拠はコーヒーの缶だけ、それも今はもうない。

265: 名無しさん 04/02/27 18:26
それ、マックスコーヒーだろ?

マックスコーヒー

274: 名無しさん 04/02/27 19:00
>>265
ぐぐってみた、そう!このパッケージ、このコーヒー、妙にねっとり甘かったコーヒー!!
MAXコーヒーていうのか…すげえ、ありがとう!なんか長年の不思議が解決しそうだ。

271: 名無しさん 04/02/27 18:40
ちょっと前に彼女と一緒に筑波山に登ったんだよね。
お互いに週末が休みじゃない仕事なんで
「平日だからすいてていいね。」なんて話しながら
登りはじめたんだけど
日頃の運動不足がたたって
喋るのがきつくなり、そのうち二人とも話をしなくなって
ただ息を切らしながら淡々と登っていった。
俺が前を歩いて彼女が後ろからついてくるって感じで。

たしかに平日の山道はあまり人がいなかった。
結構早めの時間に登り始めたこともあって
下りて来る人とはほとんどすれ違わなかった。
そんななかで一人同じ道を登っている登山者がいたんだよね。

大学生くらいの若い男の人で
青いジャージに登山靴を履いて
背中になんていうの、金属のフレームのついた大きなリュックみたいな奴を背負ってた。

その人の歩き方っていうか上り方が変わっててさ、
ちょっと登ってはまた戻ってきたり、
わざわざ大きな岩によじ登ったり
藪の中に入っていったり。
登山部で訓練でもしてるのかなーって思ってた。

272: 名無しさん 04/02/27 18:41
その人が最初に俺たちを追い抜いていったときに小さな声で
「こんにちは。」って言うのよ。
山ですれ違うとみんな挨拶するでしょ。
それでオレも「こんにちは。」って挨拶をして
その変わった登り方をする人を後ろから見ていた。

その人は行ったりきたりしている割には歩くのが早くて
すぐに見えなくなった。
俺たちは相変わらす黙ったまま必死になって登っていたんだけど
ふと耳元でまた
「こんにちは。」
って聞こえた。ちょっとドキッとしたんだがオレも
「こんにちは。」って挨拶し返してみると
先に登っていったはずのさっきのリュックを背負った人が
また追い越していくわけよ。
一瞬「同じ登山部の人かな」って思ったんだけど
どう見ても同じ人。

ま、変な登り方をしていた人だったんで
途中で道を外れていた時に俺たちが追い越したのかなと思い、
その時はあまり気にせずにまたうしろ姿を見送った。

で見えなくなったとたんにまた
「こんにちは。」
今度はあせった。

わき道にそれていたとしてもちょっと考えられないくらいのタイミングで
また後ろから追い越していくんだよ。
ちょっとだけ怖くなって彼女のほうを振り向いてみたんだけど
何も気にしてない様子で足元を見て息を切らしながら歩いている。

273: 名無しさん 04/02/27 18:43
気味が悪くなりながらもまたその男のうしろ姿を見送りながら
ひたすら登り続けた。
ちょっと開けて休憩できるようになっているところに出たんで
そこで座って休む事にした。

そこで彼女に言ってみたんだよ。
「大きなリュック背負った人いたじゃん、あれ何やってるんだろうねー。」
そしたら彼女は
「え、そんな人いた?さすが休日だから一人もいないなーって思いながら
 歩いていたんだよー。」

これ以上彼女に言えませんでした。
そのあと頂上につくまではもうあの男の人には会わずに、
登頂してからもあまり長居せずにすぐに
ケーブルカーで下山しました。

全然幽霊っぽくなかったし
普通の人に見えたんだけどな~・・・
真昼間だったし。
あの人はなんだったんだろう。

279: 名無しさん 04/02/27 20:02
>>271
筑波よく登るのに・・・恐くなったよ((((;゚Д゚)))
男体山の廃墟みたいのちょっと恐いけど

482: 名無しさん 04/03/04 21:31
ちっとも怖くない上に長くて申し訳ないですが、ある島に単独行した時のことです。


時期は2月下旬、私はメインの縦走路を2日目の途中から外れる2泊3日コースを計画。
2日目の深雪ラッセルに苦労し疲労が溜まり、予定よりかなりスローペースながらも
最終日、冬の間殆ど人が入らないと言う登山道を何とか辿っておりました。

この島は雨が多く森が深く、ハイキング気分で山に入って遭難する人も多い島。

実際に、最終日の道はメインコースでは確かだった赤いリボンも
樹の成長や激しい気候によってかかなりの数が切れ落ちてしまっており、
幾度となく、落ちて流されたリボンをそうと判らず辿ってしまい
行き詰っては地形図を確かめ登り返し、ということを繰り返していました。


何度目かの間違いで沢まで下りてしまった時、溜りで透明の大きなゴミ袋を見つけました。
真ん中に30cm程の切れ目があり、誰かが雨よけに被ったのを捨てていったのかと思い
裂け目を結び止め目に付いたごみを拾いつつ、袋を引きずりとぼとぼと足を進めました。

体重の70%ものザックを背負い歩いたのはその時が初めてで、正直言って体力は限界。
惰性でそれまでで一番大きな倒木を乗り越えた時、横の潅木にゴミ袋が引っかかりました。

ああ、もう、と呟きながら絡まりを解こうと横を見た先に、何か赤いものが見えたのです。

483: 名無しさん 04/03/04 21:32
手袋でした。
片方だけのその手袋は割と綺麗で、まさか中身は入ってなさそうだし、と
恐る恐るながら取り上げました。冬山用のしっかりしたものでした。

その辺りは昨日今日やっと雪が溶けたくらいでしたから
こんなもの失くして大変だったんじゃないかな、
そう思いつつゴミ袋の端にくくりつけてまた歩き出しました。

何となく届けようという気がありました。手袋ひとつで警察まで行くのは大仰な気もするけど
登山道の最後はハイキングコースに重なっていて夕方早い時間なら管理詰所に人もいる、
そこの人に預けよう。そう思って時計を見ると14時。
地図上のコースタイムではそこまで2時間半。管理の人は16時頃には帰りそう・・・。

それからは嘘のように足が動きました。もう道を間違えることもありませんでした。
ハイキングコースに入ってからは走るように進み、コースタイム1時間の所を30分で抜け
登山口の詰所に着いたのは15時50分。でも残念ながらもう詰所は閉まった後・・・

しかし私は全く躊躇せずザックからノートを取り出し、手袋を拾ったこと、拾った場所と日時
自分の携帯電話番号を書き、手袋と一緒に詰所のドアノブにビニールテープでぶら下げました。
まるで手慣れた仕事をするように考え込むこともなくその作業を済ませ山を降りましたが
その日は疲れきっていて下山後入った温泉から3時間も立ち上がれませんでした。


数日後、島の他の山から降りてくると携帯の留守電に警察からのメッセージがありました。
指定された番号にかけてみると、赤い手袋のことでした。
山に入ったまま行方不明になっている方の所持品と同じだったらしく拾得場所を詳しく聞かれました。

観光案内所などに貼ってあったチラシの尋ね人のことだな、とぼんやりと思い、
電話の後立ち寄ったスーパーマーケットにもあったそのチラシの写真を何気なく見てみると
単なる偶然でしょうがその写真でその人はゴミ袋を合羽代わりにしていました。

その人が見つかったのかどうか、その後のことは存じ上げません。


注目記事 (*゚∀゚)

エベレスト登りたい

登山好き無職ワイ、長野県に住みたいんやが…

三連休親父が山に行こう山に行こうって言うから登ったけど

掲示板使って山行募集やってる層ってどんな人達?

スキー金かかりすぎワロタwwwww

火を使わないキャンプに一週間行こうと思う!食い物は何を持っていけばいい?

【動画】絶対にナメクジを生で食べてはいけない! ベア・グリルスから学ぶ正しい食べ方

「あっ、死ぬ…」って思った瞬間ある?

山梨県の魅力!!!!!

登山って初心者1人じゃ危ないんか?

変わった生態の昆虫についてひたすら書いていくで

急にソロトレッキングに目覚めたんだが最初はどこら辺の山が良いの? 関東周辺で

運動前の静的、動的ストレッチってどっちをやればいいの?

ニート集めて登山したいんだが…

人生で一番怖い体験ってなんや?

鬱のもうどうにでもなれって状態で雪山行くのまずいよな?

引用元:∧∧∧山にまつわる怖い話Part7∧∧∧