暗い森の朽ちた車

125: 名無しさん 2013/09/04(水) 12:24:36.59 ID:t2swaUD+0
昔、山に入って遊ぶのがマイブームだった時の事

17歳頃だったか、山で運悪く野良犬に追いかけられてしまい
逃げてる最中に2mくらいの高さの崖?から足を挫きつつ転げ落ちた
アドレナリン出まくりの状態だったから恐怖とかは全く感じず
ひぇぇぇぇぇwwwwwって思って爆笑しながら落ちた       

気がついたら石を枕にして気を失ってた
しかも夜になってて、怒ったら2mくらい殴り飛ばされるほど
恐ろしい父親を思い出して「やべっ早く帰らなきゃ!」って凄い焦りながら立ち上がったんだけど
たった瞬間立ちくらみでぶっ倒れて動けなくなった

やばいやばい…とは思うんだけど、やばいのベクトルは
「夜の山に一人でいること」とか、「お化けが出そうなほど暗い」とかじゃなくて
完全に「父親に殴り飛ばされる恐怖」に向かっていた
子供の頃はとにかく親に怒られることを恐れてたからね

126: 名無しさん 2013/09/04(水) 12:25:12.64 ID:t2swaUD+0
さてどうしたもんか…と思っていたら、視界の端を何かが横切った
ネズミか?と思って視線をめぐらすけど何も無い

気のせいかと思っているとまた…といった感じで、暫く弄ばれていたと思う
いい加減ブチ切れそうになった辺りで、「大丈夫か?」と声をかけられた
人の気配なんて全然しなかったから、すっごいびっくりして声も出なかった
声がした方を見ると魚の頭をつけた人が立っていた

めだかの学校って漫画に出てくる先生みたいな感じで、すごいツヤツヤだった
びっくりしすぎて声を失っていたら、魚の口がパクパク動き
酒くさい臭いをさせながら、「痛い、するのか?」って喋って
思わず「うわぁ喋った…」って言ってしまった

魚顔だから何を考えているのかわからなかったけど
暫く見つめあった後、「送る」と一言言って魚さんにおんぶをしてもらった

魚だから正面は見えていないんじゃ…という不安をよそに
魚さんはしっかりとした足取りで、子供とはいえ高校生の体をおぶって
黙々と歩いてくれた

本当に感謝の一言だったんだけど、なんか
尾びれが頭を叩くんだよね
気まぐれで動かす尾びれが、ぺちって頭に当たる

一応頭ぶつけてるから、ちょっとした衝撃で具合が悪くなっていくので
申し訳なさを前面に出しつつ尾びれが当たってることを伝えたら
魚さんはちょっと思案した後、再び地面に下ろされた
で、そのまま魚さんは歩き出した

127: 名無しさん 2013/09/04(水) 12:26:04.83 ID:t2swaUD+0
えぇw置いてくのかよwwと思ってたら、すいーっと体がちょっとだけ浮いて
まっすぐ仰向けに寝た状態で魚さんの後をついていくかの様に動き出した
わけのわからんまま暫く進んだんだけど
薄雲を被っていた月が顔を出したときに体の下にまっくろくろすけみたいなのが
敷き詰まってて、コロコロ転がりながら運んでくれているのが見えた

辺りが見知った風景になってきて、無事家の近くまで辿り着けたんだけど
もうちょっとの所で急に魚さんは立ち止まった
どうやら山から出られないらしく、ここからは一人で行けと…

近くまで来ていたし、体調も少しだけ回復していたので
丁重にお礼を言って家まで自力で帰ったんだけど
真ん中の娘が山に行ったきり、なかなか帰ってこない!ってわけで
家に帰ってからが一番大変だった

今にして思えば、多分あの魚さんは山の神様だったかなぁと思う
山の神様用に用意したお土産の大吟醸が空になってたし、すごい酒臭かったから

129: 名無しさん 2013/09/04(水) 15:24:58.37 ID:PKMcu8oG0
>>125
三半規管やられてたんだろうな
しかし、よく後遺症も残らず、脳内出血とかも起こさず助かったな
俺としてはそっちの方がビックリだよ、しかし山の神で魚か
神と言うより、その山の沢か何かの主かもしれないな、
まあことある事に、酒なんかを持ってお礼をした方が良いと思う。

131: 名無しさん 2013/09/04(水) 17:24:35.02 ID:cl0XZxd90
まぁ年頃の女の子が夜遅くまで帰らんかったらそりゃ親父さんも心配するわなw

134: 名無しさん 2013/09/04(水) 17:34:12.39 ID:5voCbBOM0
ありがとうございます

崖と言っても、斜めの地形で落差がほぼ感じられなかったから無事だったのかと…
吐き気とでっかいたんこぶと発熱ですみました

父も子供の頃に遊んだ山なのですが、父は木の上から落ちて
石に頭をぶつけ、血塗れで帰ったら親父(私の祖父)に殴られたよwと笑っていました

石頭はばっちり遺伝したようです
父に言われて毎回山に入るたびにお土産を持参していたのですが
奮発して大吟醸を持って行って正解だったなぁと…

あの山には父と私のエピソードがいっぱいあって思い出の山なのですが
現在は親戚に掠め取られてしまったと聞きました
残念です

209: 名無しさん 2013/09/09(月) 18:30:59.20 ID:3e/ol92f0
友人の話。

里帰りした折に、蛍狩りに出掛けた。
実家の山には蛍が多く生息していて、川面で乱舞しているそうだ。
家を出る時、家人がおかしな忠告をしてきた。
「普通とは色が違う蛍を見つけたら、後をついていくんじゃないよ。
 それは蛍じゃないから」

へ? 何それ?

「それについていくと、沢の深みに連れて行かれてしまうのよ。
 あすこには、急に足場が無くなる場所が幾つかあるんだ。
 子供はまず溺れちゃう。そしたらあんたも蛍になっちまうよ」

今でもホタルを見ると、このことを思い出して微妙な心持ちになるという。

210: 名無しさん 2013/09/09(月) 18:33:39.29 ID:3e/ol92f0
山仲間の話。

一人で入山していた、初夏の朝。
目が覚めてから、朝の空気を吸いに顔をテントの外へ突き出してみる。

そこに見えたのは、記憶にあった山の風景ではなかった。
辺り一面、見渡す限り金色の海が広がっている。
たわわに実った稲田の真ん中で、彼はキャンプしていた。

テントの中に顔を戻し、混乱した頭を必死でまとめようと努力した。
……駄目だ。何故自分がこんな場所にいるのか、さっぱりわからない。
季節も場所も、まったくあり得ない状況である。

とその時、テントの外から間延びした声が掛けられた。
「あー、間違えた間違えたー。御免、御免よー」
誰だ今の!? 慌ててもう一度、顔を入り口から突き出す。

そこは記憶通りの、新緑に覆われた山の風景に戻っていたという。
周りには誰の姿も確認できなかった。

211: 名無しさん 2013/09/09(月) 18:34:46.11 ID:3e/ol92f0
知り合いの話。

親戚と二人で山菜採りに出かけたところ、折からの深い霧ではぐれてしまった。
「おーい」と大声で呼びながら探し続けるうち、霧の向こうから「おーい」と応えが
返ってきた。
やっと見つけられたと喜んで、「おーい」「おーい」と互いに呼び合いながら距離を
詰めていき、ようやく大きな木の下で落ち合えた。
しかしそこで出会った者は、はぐれた親戚ではなかった。

霧を割って姿を現したのは、藁製の蓑を身に付けた一つ目の大男だった。
こちらも仰天したがあちらも負けず驚いている様子で、しばらくお見合いしてしまう。

やがて一つ目が口を開いた。
訛りが酷く聞き取りも容易でなかったが、何とか意思の疏通が出来たらしい。
「どうやらお互いに、相手を間違えちまったようだナ」
深く息を吐いてから続ける。
「この奥にはもう足踏み入れんナ。儂ももう、こっから先は行かんけン。
 お互イのハスミ(?)じゃあねえから、戻れんようになるゾ。
 お前さんも探し人が見つかると良いノ」

そう述べた後、一つ目は霧の奥に戻って行く。微かな呟きが耳に届いた。
「こうなシバイ(?)日にゃ、イタケ(?)なキモ(?)と出会うちゅうが、いやいや……」
訳のわからない単語混じりだが、言っていることの意味は何となく理解出来た。
急に場違いな領域に侵入した気がして、慌てて元来た方へ足を戻す。

それからしばらくして、親戚とは無事に再会できた。
しかし山を無事に下りるまでは、一つ目の話はしなかったそうだ。

本当は聞きたくない!山の怖い話 その二

▽注目記事

涸沢でテント泊したいと考えている夫婦ですが、モンベルの”ステラリッジ3型”だと大きすぎでしょうか?

アトモス50買って満足してるけど、イーサーみたいに取り外した雨蓋がリュックとかになればなお良かった

山歩きのペースが分からん…登りでゆっくり歩くのが苦痛そしてバテる

登山中は谷側を歩くと足で石を落とす可能性があるので注意を!

ハイキングに毛の生えたようなの好きだな。

ずっと日帰りの低山しかしないなら雨を避けるのも有りだと思う…でも、悪天候を避け続けていたら悪天候スキルが身につかない

【THE NORTH FACE】クライムライトかベリーライトかで迷っている。ベリーライトは丈が短いんだよね。

登山中、歩く速度が違い過ぎるとどっちも苦痛だろ…

【マット】登山では快適性やコンパクト性より確実性重視だからクローズドセル一択

チョッとだけ登山に興味を持ち始めたんだが・・・

引用元:∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part71∧∧