くらい山

185: 名無しさん 2018/10/20(土) 00:10:07.52 ID:1C2a1nm80
石じじいの話です。

皆さんは火葬場を知っていますね。いずれはお世話になる施設です。
私も両親を焼くためにいったことがあります。
戦前、それもかなり昔は、しっかりとした焼却炉を使った火葬ではなく野焼きが行われていました。

じじいによると、
大きな溝を掘って、その底と側面を岩石で石垣のように固めたものが炉となります。

そこに棺桶に入った遺体を藁、木材と一緒に置いて火をつける。火の番がどんどん燃料(木材)をくべて、火力を維持して骨まで焼きあげたということでした。

現在のような強い火力の炉ではないので、骨だけになる程度だったと。焼くと骨がもろくなったそうですが。
使われている棺桶も、現在のように燃えやすい素材ではなく普通の木板だったので、じわじわと燃えていったらしいのです。

当然、焼いた匂いがあたりにただよっていたそうです。
この火葬場は、地元の人々によって自主的に建設・管理されていたそうです。いわゆる「講」ですね。

また、この野焼きの火葬場に遺体を運ぶときに「霊柩車型の大八車」を使ったそうです。
野辺送りですね。

さて、じじいが子供の頃、そのような火葬で起きたことです。
遺体が焼けて骨をあげるときに、遺骨に余分な骨が含まれていることがわかって大騒ぎになったことがあったそうです。
(つづく)

186: 名無しさん 2018/10/20(土) 00:19:37.11 ID:1C2a1nm80
>>185
(つづき)
その余分な骨とは、数頭分の犬の頭骨だったのです。
火の番をしている者たちがあとから入れたのではないか?との疑惑が持たれたそうですが、複数人で担当していたので、そのような可能性は無い。

しかも、そのようなことをしても何の利害関係もない。
じじいの住んでいた地方は、いわゆる「犬神憑き」の風習(?)があった(ある)ところなので、そのことを誰もが連想して不穏な空気が漂ったそうです。

(犬神憑きは、精神的な(霊的な?)もので、物理的に犬が身体に「付く」訳ではないでしょうから、随分即物的な考えのように思えますがw)
結局うやむやになったそうです。

ちなみに、その地方では、火葬した遺体の骨の全部を墓におさめるのではなくほんの一部のみをおさめていました。
残りの骨は、お堂のような小さな保管場所を作っておいて、そこに集めておいたそうです。

そして頃合いを見計らって穴掘って埋めていたと。
ちなみに、死んでもすぐには火葬できなかったので(今でも、死後24時間以上たたないと火葬できない:感染症での死亡の場合など例外はあります)、棺桶に死体を入れて寺で安置することが普通で、夏場だと箱の角から「汁が垂れていた」ということがあったそうです。

これは、地元の寺の住職も語っておられました。

193: 名無しさん 2018/10/21(日) 13:05:02.21 ID:FCOnLohk0
石じじいの話です。

いろいろと奇妙な石がありますが、火にくべると人間の姿が現れる石があったそうです。

七輪などの火が燃えているところに、その石を入れると、上がっている炎に人間の姿が浮かび上がるというものでした。
そのような石は、一つしか見たことがないとじじいは言っていましたが、他にもあるらしいとも言っていたました。

石が見せる(?)のは、男の姿だったということです。
別に古臭い侍の姿とかではなく、普通の服を来た人物だったといいます。

炎の中に浮かび上がるので、姿を詳しく見ることはできなかったそうです。
火が弱くなると(炎が小さくなると)、その人物の姿も消えました。

写真を撮ろうとしたこともあったそうですが、当時は性能の良いカメラも無くうまくいかなかったと。
その石の持ち主は、火を絶やさないどうなるのか?と考えて、夕方に薪を畑に積み上げて燃やして、その石をくべたそうです。

夕方に行ったのは、暗いほうが浮き出る姿よく見えたからです。
どんどん薪をくべて炎をたて続けると、その男性の姿は消えないで見え続けました。

1時間ほど立ったときに、炎の中に、もうひとりの人物の姿が現れてきました。
それは、女性のように見えたそうです。

2つの像が見えるようになってすぐに、急に夕立が来て、焚き火は消えてしまったそうです。

その後も、その石は人間の姿(男性のみ)を見せ続けましたが、火にくべる回数が増えるにつれて、その姿はだんだん薄く不明瞭になってしまったそうです。

持ち主が気がついたことには、その石を火にくべていると、ほんの少しですが墨汁の匂いがしたと。

「あの石、二つに割って火にくべたら、どがいなったんやろう?二人出てきたんかな?」と、私がメモに書き入れていました。

195: 名無しさん 2018/10/22(月) 11:09:20.27 ID:Q1mKMH1M0
石には念が籠っとる、むやみに河原や海岸で目についた奇妙な石を拾ってくると
(・ω・) その念ごと部屋に持ち込んでまう思っとる。まー石だけに限ったことやないんやが

200: 名無しさん 2018/10/22(月) 19:06:55.70 ID:e4dfAl3C0
>>195
保線の仕事で深夜の駅に行くんだがホーム下に落ちてる汚い人形(キーホルダーみたいな奴)を思わず拾って来たりする
丁寧に手洗いして乾かして仕舞っておいて時々思い出したように持ち出して眺めたりしてるんだが
なんか持ち込んでるのかな?

ちなみにショボくれた初老だが幼児には男女問わず懐かれる

201: 名無しさん 2018/10/22(月) 19:28:13.42 ID:W4tI1qua0
>>200
逆に何か恩返し的な事もあるかもよw

ごみ収集車とかもたまに捨てられたぬいぐるみとか機械で潰すのを哀れんでか、後ろの手すりのとこに挟んでたりするのを見掛けるとちょっとホッコリする

196: 名無しさん 2018/10/22(月) 12:44:06.54 ID:lWzJzHtp0
石じじいの話です。

無敵の石というものがあったそうです。
他の石を、「無敵石」と一緒に箱に入れて一晩置くと、他の石が砕けている。
その石よりも硬いと思われる石(珪石など)を入れておいても、そっちのほうが砕けている。

石以外のもの(陶器や金属)を一緒に入れておいても壊れない。
ただ、陶器は、その色がすこしくすんだり、金属も光沢を失ったりしたそうです。
たった一晩で。

夜の間に、誰かがいたずらをしているのではないかと考えて、持ち主が、石を入れた箱を石膏で固めたりして開けられないようにしましたが、結果は同じで、いっしょに入れた石が壊れていたそうです。

箱に入れておかないで、横に置いておくだけの場合は、その「破壊行為」は起きなかったそうです。
恥ずかしがりやの石ですね。

では、生き物を一緒に箱に入れておいたらどうなるか?
持ち主は、試してみたそうです。
私のノートには、「大変なことが起こった」、としか書かれておらず、結果はわかりません。

メモを書いているうちに夕食に呼ばれて、続きを書くのを忘れてしまったものと思われます。

夕食に母が作ってくれた、じゃこ天カレーが美味しかったですね。
安い材料でしたが。

197: 名無しさん 2018/10/22(月) 13:16:07.59 ID:8nwWqeSc0
>>196
ああもう…気になるやんか

210: 名無しさん 2018/10/23(火) 20:31:20.50 ID:mkRBSf5x0
石じじいの話です。

九州に地獄石というのがあったそうです。
一抱えほどの石で、その下に穴があって、それが地獄につながっていたということです。

穴をよく見ようとして、その石を横に移動させてしまうと、穴が消失してしまうので、それはタブーだったそうです。

(子供のときには疑問に思いませんでしたが、もしそれで穴が無くなるんだったら、どうやってそうなることを確認したのでしょうか?)
ではどうするか?

石の端っこを持って、ぐっと石の片方を持ち上げるのです。
すると、石の下に、地獄につながっている穴がある、という。

その穴からは、地獄の音(罰を受ける亡者の叫び声、鬼の吠え声など)や熱風、炎の光、煙、匂いがでてきたそうです。
あまり開けたままにしておくと、近くにいる人間の寿命が縮むということで、すぐに石をおろして閉じてしまっていました。

その穴に入ると、地獄の財宝(??)が手に入る、という噂もあり、その穴に入ろうとした者もいました。
穴が狭かったので、子供(自分の子供かどうかは不明)の体に綱を縛りつけておいて、穴に入らせました。

その子供は、穴に入ってすぐに死んでしまったそうです。
子供が入っていけるほどには、その穴は深かったということですね。
「怖いねや。その石は地獄の蓋になっとって、今もあるんで。」

遅かれ早かれ行くことになるので、急いで地獄を覗く必要はないと思いますが。
楽しみはとっておかないと。

211: 名無しさん 2018/10/24(水) 03:02:02.56 ID:/M0808Vh0
九州出身やけどどこやろ
ロマンやな
別府とかかいな

山の霊異記 黒い遭難碑

注目記事 (*゚∀゚)

日本心霊スポット!最恐ランキングトップ10

俺も36歳超えたし無趣味から抜け出したい。今から始められる趣味ってある?

蜂に詳しいVIPPER来てくれ

移動中、思いがけず富士山見えるとつい「おっ富士山」って言っちゃうよね

高尾山にスカートで行ってしまって氏にたい

彡(●)(●)「こいつを突き落とせば、こいつは犠牲になるが…」

日本で一番高い山は富士山←誰でも知ってる

【登山装備】軽量化に嵌ると、買い替え地獄に落ちそうだ…

ドラえもんの無人島へ家出怖すぎワロタwwwwwwwwwwww

伊能忠敬よりもそれ以前にテキト-にそれらしく日本地図描いてたやつの方が凄くない?

【趣味の格付け】趣味で人としての厚みがわかるぞwwwwwwwwww

ワイ将、ママチャリで廃集落へ行く

彡(゜)(゜)「最寄り駅を寝過ごしたンゴ…まあ何とかなるか」

ヒグマのパンチ力wwwwwwwwwwwwwwww

【画像】小笠原諸島に行ってきたぞ

毎年冬はスキー場で働いてるけど質問ある?

引用元:海・山にまつわる怖い話・不思議な話 2