登山道

121: 名無しさん 2008/01/04(金) 01:26:40 ID:vUZSM1RU0
登山口の着くと顧問の先生が
「山にはトイレがないから大きいほうは今のうちに済ましとけ」
とのこと、見るとトイレの前は長蛇の列・・・
結局そんなにしたいわけではなかったのでそのまま出発することになりました

まだ露があけておらず空は曇りがちでした
定番の登山ルートと言うこともあり前後にはバスで一緒だったグループもちらほら見えます

私は中でも○○大学のワンダーフォーゲル部に注意が向いていました
私の学校は男子校で回りはむさい男ばかりですが
あちらにはちらほら女性の姿が・・・

まぁ年上のお姉さんにあこがれる年頃です許してください
大学名は制服って言うんでしょうか?同じ上着で胸に大きく刺繍がしてあったのでわかりました

最初の頃の行程はよく覚えておりませんが
唯一沢を渡った時結構上のほうに鎖が岩に打ち付けてあって
「ここ増水すると危険なんだと」と先生が言ったのは記憶に残っています
ただ荷物が重くて坂がきつくて息がすぐ切れて・・・

続く

122: 名無しさん 2008/01/04(金) 01:27:43 ID:vUZSM1RU0
>>121の続き

1泊目か2泊目どっちだったかようやく回りの景色を見る余裕が出来てきた頃のことです
その日も山小屋の傍にある空き地でテントを張り寝る準備をしていました

山小屋のそばだと水場はあるし何かと便利なので多くのグループがテントを張っています
トイレ(大)の順番待ちをしていた時です私の後ろに並んだ女性から話しかけられました

「バスで一緒だったでしょ?どちらからででか?」
「あっはい、××県です高校の山岳部です」

山では割と知らない人同士でも気軽に話が出来るんですね
そのころ(今もですけど)女性と話すのが苦手だった私はそれでもたどたどしく答えていました

その後その女性とは行く先々の山小屋のトイレで出会いましたw
「いつも変なところで遭いますねw」
なんて軽口が言える位にはなっていました

最終日のミーティングの時です引率の顧問から
「初日に渡った沢で遭難者が出たそうだ、しかも我々が渡った1時間後ぐらいだそうだ」
「急な降雨で鉄砲水になったらしい」
と聞かされた時は別ぬ気にしなかったのだが次の言葉で凍りつきました
「遭難したのは○○大学ワンダーフォーゲル部で全員が絶望らしい」

私が挨拶していたのは誰だったんでしょうか?

279: 名無しさん 2008/01/11(金) 02:24:20 ID:IYRvpZC50
先輩の話。

一人で夏山を縦走していた時のこと。
踏み分け道を外れた辺りから、「おーい」と呼ぶ声がした。
誰か怪我でもしたのかと思い、「どうしましたー?」と返しながら声に近づく。
返事がないことを訝りながら進むうち、開けた場所に出た。

誰もいない。大きな灰色の石が一つ、広場の真ん中にポツンとあるだけだ。
奇妙なことに石の表面には、破れかけた御札が何枚も張られてある。
声はここらから聞こえた筈だけど。辺りを見回していると、突然大声が響いた。

「おーいっ!」

間違いなく、目の前の大石からその声は発せられていた。
くるりと踵を返すと、道まで一目散に駆け戻ったそうだ。

283: 名無しさん 2008/01/11(金) 02:41:22 ID:KAVCy/wF0
山で人外の者に呼ばれたら返事してはいけないってよく聞くな。
でも呼ぶ石は気になるなあwまさか妖怪でも封印されてるのかしらん

391: 名無しさん 2008/01/15(火) 19:18:08 ID:0QeQFD/6O
去年の夏、小高い山に釣りをしようと登って行った
両脇には熊笹が茂って一人通れるくらいの獣道を歩いて行った。
周りは杉を中心とした木がまばらに生えていた。

木には蔦などがからみつき笹もあるし視界は悪い。
釣り場までまだ少しあるが疲れがでてきたので「気合いだー」と
坂道をうおーっとガサガサ走った。すると目前の木(3M
先)から
ドサッとなにかの落ちる音。その後ドドッドドッと笹の中を何かが走って行く音。
それは熊でした!こっちがすごい勢いで坂を登ったのでビックリしたみたいだ。

あの時走って登ってなかったら木の上の熊にやられてかもしれんと
思うとゾッとします。

392: 名無しさん 2008/01/15(火) 22:36:36 ID:LdzSILhn0
>>391
乙、
ウチの方、熊とかの獣害が酷くて山に入るのは凄く
恐いんだけど、普段はラジオや鈴を装備してんの?

406: 名無しさん 2008/01/16(水) 12:06:21 ID:r35mTnIuO
>>392
なにも装備してないよ。
ただ、すごく気配を出して歩いてる。音出したり声だしたり。

401: 名無しさん 2008/01/16(水) 00:39:23 ID:vqInUORG0
>>391
案外木の上で寝てただけだったり

本当は聞きたくない!山の怖い話 その二

▽注目記事

涸沢でテント泊したいと考えている夫婦ですが、モンベルの”ステラリッジ3型”だと大きすぎでしょうか?

アトモス50買って満足してるけど、イーサーみたいに取り外した雨蓋がリュックとかになればなお良かった

山歩きのペースが分からん…登りでゆっくり歩くのが苦痛そしてバテる

登山中は谷側を歩くと足で石を落とす可能性があるので注意を!

ハイキングに毛の生えたようなの好きだな。

ずっと日帰りの低山しかしないなら雨を避けるのも有りだと思う…でも、悪天候を避け続けていたら悪天候スキルが身につかない

【THE NORTH FACE】クライムライトかベリーライトかで迷っている。ベリーライトは丈が短いんだよね。

登山中、歩く速度が違い過ぎるとどっちも苦痛だろ…

【マット】登山では快適性やコンパクト性より確実性重視だからクローズドセル一択

チョッとだけ登山に興味を持ち始めたんだが・・・

引用元:http://hobby10.5ch.net/test/read.cgi/occult/1199061066/