夜空

155: 名無しさん 03/12/20 22:21
人の顔のような果実

友人の話。

一人で山歩きをしていた時のこと。
休憩しようと荷物を降ろすと、背側に何かがくっついているのに気がついた。
まだあまり熟れていない、何かの果実のようだった。

薄気味の悪いことに、実の表皮にはまるで人の顔のような凹凸が浮き出ていた。
その口に見える部分で、ザックの紐に噛み付いていたらしい。
どこで取り付かれたのかは、まったく分からなかった。

物好きな彼は、人面に触る気がしなかったこともあって、その果実をつけたまま
山歩きを続けたそうだ。
二つ尾根を越えた所で、ボトリという落下音が聞こえた。
振り返ると、人面果が転がりながら、下生えの中に消えていくところだった。

ああやって生息圏を拡げている植物なのかな。
そう思ったのだそうだ。

156: 名無しさん 03/12/20 22:31
>>155
人面の果実の話は、中国の方では割とポピュラーな怪談らしいです。
もっともあちらの場合、大抵最後は食べてしまうみたいですが(笑)。
怪談とか民話にも、お国柄って表れるのかもしれませんね。

そういえば、日本にも人面の柿でタンコロリンというのがあります。
びっしり人面がついた樹とか、山では出くわしたくないなぁ。

168: 名無しさん 03/12/20 23:58
>>155 -156
筒井康隆の短編にあったなー。食った人間の顔
そっくりな果実をつける南方の巨大食虫植物。

実を拾った奴が生首と間違えて村の墓地に
埋葬するとそこで成長、新たな犠牲者が出ると
その実がまた埋葬されて…の繰り返しで村が
全滅しちゃう。中国が元ネタだったのか。

192: 名無しさん 03/12/22 01:40
濃い霧

知り合いの話。

彼が高校の山岳部にいた頃の話。
ある山系を三泊四日で踏破するという予定で、夏季合宿に出かけた。
運悪く、初日の昼から濃いガスが出て、足元もろくに見えなくなったそうだ。

とりあえずガスを抜けようと思い、先導役の彼はひたすら前進したという。
途中で道が分からなくなり、どうしようかと悩んでいる時。
唐突に霧が切れ、眼下に見覚えのある小さな無人駅が見えた。

そこは最終日のゴール地点に定めていた場所だった。
四日で踏破する予定の距離を、彼らはわずか三時間と少しで達成していた。

OB会に出るたびにその時の話が持ち出されるそうだ。
皆、いまだに不思議でならないと言っている。

195: 名無しさん 03/12/22 01:52
>>192
実はこれとまったく同じ内容の話がもう一話あります。
共通項は濃い霧――。
似たような経験をされた方おられませんか?

199: 名無しさん 03/12/22 08:09
>>195と同様の体験をした事があります。
子供の頃、家族でキャンプした時に迷子になり霧の中をさまよって、
人の声がする方へ歩いていったら隣の山のキャンプ場でした。

管理事務所から連絡してもらい、父に車で迎えに来てもらったんですが、
車では二時間近くかかった道を、僅か10分ほどで歩いて来てた事になって、
不思議でした。

勿論、直線距離だと近かったのかもしれませんが、
それにしても子供の足で10分は無いよなぁ、と…思うんだけどなぁ。

209: 名無しさん 03/12/23 01:04
>>199
おお、やはり体験者がいましたか。
私個人はそういう移動の怪に出くわしておりませんので何とも言えませんが、
やはり体験者にしてみれば不思議でならないんでしょうね。

194: 名無しさん 03/12/22 01:43
バシャバシャという足音

私の体験した話。

単独登山中に雨に降られた時のこと。
濡れるのを避けようと、せり出した岩の下で野営することにした。

真夜中に、バシャバシャという喧しい音で目が覚めた。
何者かがどしゃ降りの雨の中を歩き回っているらしい。
目の前で水飛沫が上がったが、足音の主の姿は見えなかった。

それは私の目の前を行ったり来たりし続けていた。
最初は恐ろしかったのだが、だんだんと鬱陶しくなったのを憶えている。

結局、その足音に追い立てられるような形で、私は岩場を出ることにした。
足音がついて来なくなった広場で、ようやく休むことができた。

帰ってきてから、その山系で大規模な崖崩れがあったと知った。
ちょうど私が山に入っていた時期だ。
最初に私が野営していた岩場が崩れたかどうかは、確認していない。

195: 名無しさん 03/12/22 01:52
>>194
この話で不思議な点というのは、ひょっとしたら足音だけかもしれません。
私が「もしかして助けられたのかな」と感じただけです。

あの岩棚がどうなったかは、なぜか確認したくなかったものでして。
実際、この件以来、一人での山ごもりはしなくなりましたし・・・。

できなくなったという方が正しいかも。ヘタレデス
私のは島根の方で体験したことですが、丹沢の山で同じ体験をした山仲間が
いるそうです。

東北怪談全集

▽注目記事

涸沢でテント泊したいと考えている夫婦ですが、モンベルの”ステラリッジ3型”だと大きすぎでしょうか?

アトモス50買って満足してるけど、イーサーみたいに取り外した雨蓋がリュックとかになればなお良かった

山歩きのペースが分からん…登りでゆっくり歩くのが苦痛そしてバテる

登山中は谷側を歩くと足で石を落とす可能性があるので注意を!

ハイキングに毛の生えたようなの好きだな。

ずっと日帰りの低山しかしないなら雨を避けるのも有りだと思う…でも、悪天候を避け続けていたら悪天候スキルが身につかない

【THE NORTH FACE】クライムライトかベリーライトかで迷っている。ベリーライトは丈が短いんだよね。

登山中、歩く速度が違い過ぎるとどっちも苦痛だろ…

【マット】登山では快適性やコンパクト性より確実性重視だからクローズドセル一択

チョッとだけ登山に興味を持ち始めたんだが・・・

引用元:http://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1071631841/