霧のかかる山

155: 名無しさん 04/03/29 21:40
バックミラーに映る人影

俺の同僚が山奥で工事していた時の話です。

その日は土を掘削するだけだったので、同僚は一人でバックホウを操作していました。

そいつは普段、市街地で道なんかの現場で作業員してたんで、
アームを旋回する際には、こまめにバックミラーを確認するクセがあったんです。
で、何回目かの確認の時に人影が見えたんで、旋回を止めました。

山のオッさんかハイカーが現場に足を踏み入れたのかな?
そう思って、ピッピッと警笛を鳴らしました。

でも、バックミラーの人影はジッと動こうとしません。
もう一度警笛を鳴らして、ミラーを覗いたところで気付きました。

目を凝らしてみても、その人影の輪郭がハッキリ見えないのです。
「全身からいろんな色の粉ふいているみたいで、なんやブワーッてなってるんッスよ」

同僚は、絶対人とちゃうから死なんやろ、と思ってアームを勢いよく旋回させました。

つづきます。

156: 名無しさん 04/03/29 21:43
アームを旋回させると運転席も回転するので、当然ミラーに映る景色も変わるんですけど、
人影は中心に映ったまま動かない。ブワーッとなったまま、どうやらこっちを見ています。

「ヤバイて!ヤバイて!ヤバイて!ヤバイて!ヤバイって!!」
パニくってバックホウをグルグル旋回させるんですが、体を振り向かせる勇気が出ない。
なぜなら、その時、頭のすぐ後ろから子供の声が聞こえていたんです。

「しねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしね」

と、バックホウがグラっと傾きかけたので、我に返って旋回を止めました。
ガタン…ガタン…ガタン
3度ほど揺れて、ようやくバックホウは安定しました。

ドッと緊張が解け、大きくため息をついてフロントガラスに手をついた同僚は、
しばらくそのままでいて、やがてゆっくりと頭を上げました。

フロントガラスに、皺だらけの子供の顔が押しつけられていました。
同僚はマッハでドアを開けて現場から逃げ出しました。

その日の作業日誌には、幽霊を見たので作業中止、と書いたそうですが、
当然、監督によって差し替えられました。

157: 名無しさん 04/03/29 23:03
これ怖!!
本当の話?

162: 名無しさん 04/03/30 00:21
>>157
同僚が「幽霊を見た!」と騒いでたのは本当です。
ソッコーで別の現場に替えられたので、けっこうマジだったかもしれません。

163: 名無しさん 04/03/30 00:39
>>162
ありがとう。
現実味のある話の方が、こわいね。

237: 名無しさん 04/04/01 02:18
雪女

小学校の頃、よくお父さんと山に登ってたので
そのときの体験談です。

当時は長期の休みになると、必ず山に行ってました。
そんなすごい山じゃないんですけどね。

冬休みにいつも行く山に登ったんです。
お父さんと、その友達と3人で。

いつも通っている道なので、あまり恐怖感も無く
1人で勝手に先に進んでいたのですが、
大きく道が迂回する場所で、ふと、足をとめました。

雪山だったので、みんな重装備ですよね。
それなのに、カーブの中心にある木の下に、
ワンピース姿の女の人がいたんです。

続きます

238: 名無しさん 04/04/01 02:24
>>237の続きです

その時は、あまり深く考えず「こんにちは!」って声をかけました。
木の下に居る女性も「こんにちは」って、小さな声で答えてくれました。

で、カーブを曲がろうとしたのですが、急に怖くなって
(何故怖くなったのかは解かりません。突然でした)
走って、後ろから笑いながら歩いてくるお父さんと友達のところへ行きました。

で、お父さんに「木の下に女の人がいたよ」と言うと
「雪女じゃないか~」なんて、笑いながら言うんです。

子供を驚かせようとしたんでしょうね。
で、その問題のカーブまでたどり着いたのですが
もう女の人はいませんでした。

先に行っちゃったのかな?と思っていると
お父さんの友達が「でも変だよね、木の周りに足跡が無いもんなぁ」
確かに足跡はありませんでした。あたり一面、足跡の無い新雪でした。

あまり怖くないですが、あの女性は一体なんだったんでしょうね。
子供心にきれいな人だなぁと思った覚えがあります。

239: 名無しさん 04/04/01 03:00
>>237
それはまんま雪女でしょう。
最初に来たのが子供だったんで、「チッ」と思ってどっかいったか、
とても恥ずかしがりやさんなので元気良く挨拶されて気後れして逃げたか。

264: 名無しさん 04/04/02 00:05
>>237
不思議な体験談、乙でございます。
こういうちょっとした不思議な体験って、後で思い出してみると結構
印象深いんですよね。

山怪 山人が語る不思議な話

▽注目記事

涸沢でテント泊したいと考えている夫婦ですが、モンベルの”ステラリッジ3型”だと大きすぎでしょうか?

アトモス50買って満足してるけど、イーサーみたいに取り外した雨蓋がリュックとかになればなお良かった

山歩きのペースが分からん…登りでゆっくり歩くのが苦痛そしてバテる

登山中は谷側を歩くと足で石を落とす可能性があるので注意を!

ハイキングに毛の生えたようなの好きだな。

ずっと日帰りの低山しかしないなら雨を避けるのも有りだと思う…でも、悪天候を避け続けていたら悪天候スキルが身につかない

【THE NORTH FACE】クライムライトかベリーライトかで迷っている。ベリーライトは丈が短いんだよね。

登山中、歩く速度が違い過ぎるとどっちも苦痛だろ…

【マット】登山では快適性やコンパクト性より確実性重視だからクローズドセル一択

チョッとだけ登山に興味を持ち始めたんだが・・・

引用元:http://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1080228330/