夕暮れの山

78: 名無しさん 2005/07/23(土) 06:59:35 ID:p6AlAS5F0
小屋守

夏山開きの直前に店開きする小屋があり、今年も案内状が送られてきた。
年間、わずか4ヶ月ほどしか営業せず、残り8ヶ月は無人だ。

夏にスキーが可能という、かなりの山奥で、小屋の周辺に
雪が絶える事は、ほとんどなかった。
最近は、温暖化の影響で雪はだいぶ少なくなったようだが。

ずいぶん前、一度だけ、店開きを手伝った事がある。

まずね、出てってもらわなきゃあ。
残ってると、やっぱり気持悪いからね。
いくつかある部屋を回りながら、それぞれの部屋に声をかける。
彼が何をしているのか、見当はつく。
無人の間の小屋守に、お引取り願っているらしい。

窓を開け、布団を出し、避難小屋代わりに使ったパーティが
残したガラクタやら、忘れ物やらを箱詰めする。

ある大学の、山岳部の名前入りの忘れ物が多い。
「見たことないけど、たぶんね」と前置きして主人が話してくれた。
マナーが悪いと、脅かされるんじゃないかな。
で、大慌てで逃げていくから、忘れ物が多くなるんだよ、きっと。

79: 名無しさん 2005/07/23(土) 07:00:40 ID:p6AlAS5F0
確かに、大学山岳部のような、物品管理にやかましいグループで
ラジウスやグランドシートなど、大事な装備をいくつか
置き忘れるなど、普通は考えられない。

忘れ物の多い学校は、たいがい、二度と来ないんだ。
そう言う彼の言葉は、これまでの経験に基づいている。

お前さんは、脅かされないの?
訊ねる俺に、
やられてるのかもしれないけど、俺、霊感無いから。
彼はそう答えて笑った。

その日の夕食は、大皿料理だった。
飯も、おかずも山盛りにされ、いくつもの小皿がテーブルに置かれた。
霊感が無いという彼には、今年の小屋守が何人か、分からないらしい。

分かれば、ちゃんと茶碗に盛るんだけどさ。
お前、分からない?
いきなり聞かれたが、よく分からない。
無人の間によどんだ空気が、まだ小屋のあちこちに残っているような、
そんな感じしかしない。

翌朝、小屋を囲む万年雪には
山を下る足跡が、あった。

83: 名無しさん 2005/07/23(土) 12:53:44 ID:tG7HNqA10
狐火

俺が まだチビの頃

田舎で体験した話
夏休みで 田舎に行った俺は ある暑い晩
じいちゃん ばあちゃん に誘われて 山の中腹にある 畑に
花火をしに 行ったんだ

車でしばらく林道を登って行ったんだけど
月は出ていたが 月明かりも周りの木に遮られ 結構暗かった
俺は車の窓を開け 森の中から 聞こえてくる 虫の鳴き声なんかを
聞きながら 後ろの席で 身を乗り出して 森の中を見ていた

開けた 場所について 車は止まった
じいちゃんが 準備するから待ってろと 車を降りて
畑の脇を流れる 小川から 水を汲んだり ランプに 火を入れたりして時
俺は 車の中で 花火の入った袋を抱えて ニヤニヤしていた

84: 名無しさん 2005/07/23(土) 12:54:59 ID:tG7HNqA10
続き

ええぞ~ ってじいちゃんが 車まで 迎えに来てくれて
いよいよ 花火が 始まった ランプの やさしい光にじいちゃん達の 笑顔が
ぼんやり浮かんで見えて ちょっと不思議な そして楽しい時間だった

持ってきた 花火が 半分ぐらいに減った時 ちょっと休憩しようって事で
三人 並んで 座ってスイカを食べていた時のこと

前方の森の中に ポウー ポウー ポウーっと 三つの 明かりが 浮かんできたんだ
じいちゃんは その明かりを見て ほう~っと言った
俺は 人魂だ!!って言って ばあちゃんにしがみ付いた

するとじいちゃんは あれは人魂とは違う
狐がおまえを見に来たんだと言った
こんな時間に 山に子供が来る事は 滅多にないからな 珍しくて見に来たんだろ~な~
ってじいちゃんは 言っていたが 俺には人魂にしか見えなくて 大泣きして
花火は 中止して 変える事になった あの光を 見たときは 本当に怖かった…

85: 名無しさん 2005/07/23(土) 12:57:45 ID:w9Lf8yLs0
そういや狐火って呼び名もあったっけ。
そうかぁ。そうなんだねえ。

86: 名無しさん 2005/07/23(土) 17:13:56 ID:MgQZCDsG0
そういうものを見ても
怖がらず冷静に対応するお爺さん

昔はこういった現象が多々あったのでしょうか?
自然に敬意を抱きつつもむやみに畏れることも無かった時代がしのばれますね

87: 名無しさん 2005/07/23(土) 18:10:47 ID:tG7HNqA10
読みにくい 上に長文で 申し訳なかったです

じいちゃんも 狐火って言ってた気がしますよ
怖がってる 俺に 帰りの車の中で こんな事言ってましたよ

狐火と鬼火(人魂)は 違うもんじゃよ
狐火は な~んも悪い事はせんよ~
最近 めっきり見てなかったが おまえは運がええよ~って

90: 名無しさん 2005/07/23(土) 23:48:28 ID:4DmhxF6E0
ちょっと以前、私が子供の頃くらいまで
狐に化かされた話を、大人は当然のように、普通に話題としていた
考えて見ると不思議だ
でも、羆の方が怖い

ヤマケイ文庫 山怪 山人が語る不思議な話

▽注目記事

涸沢でテント泊したいと考えている夫婦ですが、モンベルの”ステラリッジ3型”だと大きすぎでしょうか?

アトモス50買って満足してるけど、イーサーみたいに取り外した雨蓋がリュックとかになればなお良かった

山歩きのペースが分からん…登りでゆっくり歩くのが苦痛そしてバテる

登山中は谷側を歩くと足で石を落とす可能性があるので注意を!

ハイキングに毛の生えたようなの好きだな。

ずっと日帰りの低山しかしないなら雨を避けるのも有りだと思う…でも、悪天候を避け続けていたら悪天候スキルが身につかない

【THE NORTH FACE】クライムライトかベリーライトかで迷っている。ベリーライトは丈が短いんだよね。

登山中、歩く速度が違い過ぎるとどっちも苦痛だろ…

【マット】登山では快適性やコンパクト性より確実性重視だからクローズドセル一択

チョッとだけ登山に興味を持ち始めたんだが・・・

引用元:http://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1121734649/