登山道

79: 名無しさん 2005/12/23(金) 16:51:01 ID:VVAsxIBh0
首吊り入道

知り合いの話。

山深い峠道を歩いていると、前方の道脇に何かぶら下がっている物が見えた。
何を吊るしているんだろうと近よるうち、正体がわかって逃げ出したくなる。

男の首吊り死体だった。
嫌になったが、通報しない訳にもいくまいと思い、場所や遺体の状態を見て
おこうと梢の上方を見上げた。

すると彼の視線に合わせたかのように、ずるっと死体の首が伸びた。
ギョッとする。目を擦ってもう一度確認してみると、身体の下がっている位置は
変わらず、頭の位置だけが上に伸び上がった状態になっていた。
慌てて視線を下げると、首はすっと縮んで、初めに見た大きさに戻る。
目がおかしくなったかと困惑し、思い切り上の方に向かい頭を上げてみた。

今度は途中で止まることなく、首は勢いよくぐんぐんと伸びた。
空の遥か高みに突き刺さり、小さくなって見えなくなる。

おい、どこから吊ってるんだ!?

80: 名無しさん 2005/12/23(金) 16:52:05 ID:VVAsxIBh0
疑問で頭を一杯にしながら曇天を見上げていると、プチッと何か切れる
ような音が聞こえた。

次の瞬間、彼の目の前に凄い勢いで天から降ってきた物がある。
黒ずんで少し歪んだ、舌を吐き出した男の死顔。
舌だけがやけに鮮やかなピンク色をしていたという。
彼の顔の前で二、三度上下すると、ニヤリと薄く笑った。

そこで彼は気を失ったらしい。
意識を取り戻した時、首吊り死体はどこにも見えなくなっていた。
逃げるように山を下ると、麓の町の交番へ駆け込んだ。
事情を説明すると、交番にいた老巡査は少し笑いながら教えてくれた。

「そりゃ本物の死体じゃないな。
 この辺りに昔から出てる、首吊り入道って奴だ。
 駄目だよ、上向いちゃ。ずっと下見ていなきゃ。
 しばらくしたら消えるからさ」

アレも妖怪の一種なのかね。彼はそう言ってこの話をしてくれた。

85: 名無しさん 2005/12/23(金) 18:56:45 ID:lqXFwZfa0
>>80
それって「見上げ入道」の変化形かな?
大男を見上げるとどんどん大きくなっていくという…
「見上げ入道、みこした!」と叫ぶと消えるそうだけどね。

86: 名無しさん 2005/12/23(金) 19:22:02 ID:rzTb+I0J0
>そこで彼は気を失ったらしい

この場合は心霊体験で無い場合がほとんどなんだって。
夜中目が覚めたら金縛りで~気づいたら朝、っていうのも。

91: 名無しさん 2005/12/24(土) 08:43:00 ID:YXDIYe790
>>86
それ、違うと思うよ。

ちょっと山とは関係ないんだけど、俺、都心の墓地の隣にある
全寮制の男子付属高校に通ってたんだけど、ある時友達が数学の
教科書忘れたって学校に取りに帰ったのね。

ところがいつまで待っても帰ってこない。
寮のみんなで心配して探し回ったんだけどどこにもいない。

ようやく、3時間後に墓地の中のある墓石の前にもたれ掛かりながら
倒れている(気を失ってる)のを見つけて、連れ帰ったんだよ。

手首には変なあざがあるし、だれかに暴行されたのか?
喧嘩にでも巻き込まれたのか?と色んな憶測を呼んだんだが…

92: 名無しさん 2005/12/24(土) 08:43:37 ID:YXDIYe790
そいつが目が覚めて語ったことには、夕暮れ時の教室で数学の教科書を
かばんにつめて、さあ、帰ろうと思ったら、教科書がかばんの中からなくなってる。

??と思ってもう一度机を見ると机の中に教科書がある。
それをまたかばんの中につめると…消えた。そして机の中へ。

そんなループを2,3回繰り返して、これやべえ?!と教科書は放っておいて
寮に帰ろうとしたら、教室の後ろの入り口に残バラ髪で白い着物を着た女が
にたにた笑ってたんだって。

体がすくんで叫び声もあげられず、でもここにいたらやばい!ってじりじり
前の入り口に進んでいったら女が突然目の前に瞬間移動した!
で、何がどうなったのかそのあとはわからず、気がついたらお前らが…って。

そいつは夏休みが始まる前に学校辞めちゃったんだけど、それまでの1ヶ月
手首のあざは残ったままだった。

なので気を失う=心霊体験じゃないは関係ない。
スレ違いスマソ

99: 名無しさん 2005/12/24(土) 18:58:45 ID:p+pxP2m70
>>86
いい年齢をした大人が気を失うほどの出来事っていうのは、個人的には
それだけで心霊体験つーかオカルトだよなぁ、と思うようになりました。

人間が脳を介して外界を認識して繋がっているのならば、脳内で体験や
再現された記憶っていうのは、その人にとっては事実起こったこと以外の
何物でもないんですよねぇ。

妖怪という「妖しい」「怪しい」代物は、そう言った脳内の闇に住み着くもの
なのかもしれません。

・・・だとしたら、いつまで経ってもこの世から消えそうにないな・・・
ま、完全に消え去っても寂しいものでしょうし、上手いこと付き合っていくしか
ないのでしょうねぃ。

96: 名無しさん 2005/12/24(土) 18:41:25 ID:p+pxP2m70
鮫の歯

友人の話。

山奥のダムへ、学生仲間数人でバス釣りに行った時のこと。
車三台で分乗して行ったのだという。

夕暮れまで各自釣りを楽しみ、車まで戻ってくると、すべての車両の前輪が
パンクしていた。何か黒くて尖った物がゴムに深く喰い込んでいる。
誰の悪戯だ!? そう怒りながらタイヤをスペアに替えて帰ったという。

後日その時の仲間が集まった折、一人が奇妙な表情をして告げた。
どうやら、タイヤに喰い込んでいた物の正体を調べていたらしい。

 あの黒い突起な、鮫の歯の化石だったよ。

それを聞いた皆が、調べてきた彼と同じような奇妙な顔になったという。
しかし、だからといって何かが変わる訳でもなく、彼らは以降もそのダムに
出かけていたのだそうだ。

103: 名無しさん 2005/12/24(土) 23:17:26 ID:LVuDrxJU0
>>96
天狗の爪ってモノがあるんだが、これってつまるところ鮫の歯の化石のことだったらしい・・・
という話を思い出した冬の夜。

乙でした。(*_*)/~~

新編 山のミステリー 異界としての山

▽注目記事

山歩きのペースが分からん…登りでゆっくり歩くのが苦痛そしてバテる

登山中は谷側を歩くと足で石を落とす可能性があるので注意を!

ハイキングに毛の生えたようなの好きだな。

ずっと日帰りの低山しかしないなら雨を避けるのも有りだと思う…でも、悪天候を避け続けていたら悪天候スキルが身につかない

【THE NORTH FACE】クライムライトかベリーライトかで迷っている。ベリーライトは丈が短いんだよね。

登山中、歩く速度が違い過ぎるとどっちも苦痛だろ…

【マット】登山では快適性やコンパクト性より確実性重視だからクローズドセル一択

チョッとだけ登山に興味を持ち始めたんだが・・・

オーダー品じゃなくても幅狭くてサイズ小さめな靴にするとツメ痛は収まると思う

ピークドライシェルの実験を2泊3日でしてきた!

引用元:http://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1134399217/