星空と木

70: 名無しさん 2006/05/07(日) 00:52:59 ID:03dKBXwI0


知り合いの話。

子供の頃、実家の山でおかしな物を見たという。
棚田の側で遊んでいると、目の前の畦道で何かのたうっていた。
大きくて太目の蛇だった。青大将だろうか。
逃れようと必死でもがくが、奮闘空しくズルズルと田の中に引き込まれていく。

何が蛇を襲っているんだろうと、移動して正面から覗き込んでみた。
稲が作る列の間に、大きな頭が見えた。蛙だ、しかし生半可な大きさではない。

パクッパクッと口を開け閉めする度、確実に蛇体を呑み込んでいく。
あっという間に蛇を腹に納めると、蛙は泥の中に沈んだ。
思わず落ちていた棒で辺りの泥を探ったが、何も手当たりがない。
あれだけの巨体、見逃す筈はないのに。

夕食時、お祖父さんに見たことを話すと次のように教えてくれた。

 儂らはタオヤジって呼んどるな。言わばあそこの主みたいなモンだよ。
 うん? いンや、神様ってほどありがたいモンでもないな。
 まぁ精々がモッケ(妖怪)ってところかの。

それからも度々そこに行ったが、再びタオヤジを見ることはなかったそうだ。

76: 名無しさん 2006/05/07(日) 03:30:13 ID:+P0epHNe0
>>70
あ、「勿怪」と書くのですね。
水に棲むものには雨をもたらす力のあるものもあるという話なので
大切に扱いませう。

71: 名無しさん 2006/05/07(日) 00:56:17 ID:03dKBXwI0
ダム湖から聞こえる水の音

友人の話。

大学生の頃、心霊スポットとして有名なダムに、夜一人で出かけたという。
確とした理由はない。強いて言えば、若気の至りだったらしい。

車を停めて、ダムの周りをぐるり一周する側道を歩き出した。
月明かりを頼りに、明かりも持たずに歩を進める。

暗い道をのってりのってり歩いていると、突然背後から大きな水音がした。
まるで大きな石を投げ込んだかのような。
ギョッとして立ち止まるが、闇の中には何も見えない。

と、今度は彼の前方から水音がする。
あまり間を置かずに、次はまた後方から水の音。

 怖いものは考えるな。怖くないものを想像するんだ。
 海豚、そう海豚だ。海豚が俺の横で、前後にくり返しジャンプしているんだ。

そう自分に言い聞かせ、怖くない怖くないと呟きながら歩き切った。
ザッパーンという水音は、途切れずにテンポ良く続いている。
駐車場への道に出て小走りになった彼の後ろから、鳴き声が浴びせられた。
何とも表現の仕様がない奇怪な声だったという。

 海豚じゃなかったよ、やっぱり。

怖れたような、しかしどこかしら残念そうな顔で彼は言った。

72: 名無しさん 2006/05/07(日) 00:57:37 ID:03dKBXwI0
ガチガチと噛んだ痕

先輩の話。

一人であるキャンプ場に泊まった時のこと。
暗いうちから起き出して出立準備をしている最中、おかしな事に気がついた。
洗った食器をパッキングしていると、明らかに前の晩には無かった傷がある。

樹脂製の食器とスプーンに、びっしりと歯形が付いていた。
力一杯、ガチガチと噛んだ痕が。

ここ、昔に何かあったのかな。そう思いはしたが、調べることはしなかった。
彼はそれ以来、そのキャンプ場を使用しないようにしている。

76: 名無しさん 2006/05/07(日) 03:30:13 ID:+P0epHNe0
>>72
野良ワンコではないのですね?
…餓鬼かな。

112: 名無しさん 2006/05/10(水) 00:11:12 ID:gAGTYFVS0
>>76
野良ワンコではないと思います。
寝ている間にテントの中に潜り込んできたなら別ですが(笑)。

マガマガヤマ (1)

▽注目記事

山歩きのペースが分からん…登りでゆっくり歩くのが苦痛そしてバテる

登山中は谷側を歩くと足で石を落とす可能性があるので注意を!

ハイキングに毛の生えたようなの好きだな。

ずっと日帰りの低山しかしないなら雨を避けるのも有りだと思う…でも、悪天候を避け続けていたら悪天候スキルが身につかない

【THE NORTH FACE】クライムライトかベリーライトかで迷っている。ベリーライトは丈が短いんだよね。

登山中、歩く速度が違い過ぎるとどっちも苦痛だろ…

【マット】登山では快適性やコンパクト性より確実性重視だからクローズドセル一択

チョッとだけ登山に興味を持ち始めたんだが・・・

オーダー品じゃなくても幅狭くてサイズ小さめな靴にするとツメ痛は収まると思う

ピークドライシェルの実験を2泊3日でしてきた!

引用元:http://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1146525531/