森に立つ人

315: 名無しさん 03/12/24 21:06
林の中に見える二つの光り・・・

明治以前は鉄砲に使う鉛の弾を猟師自身が溶かして作っ
ていたという

夜なべ仕事に炭火で鉛を溶かし、底の丸い鉄鍋で弾を丸
める作業を続けていると、不思議なことに家の年老いた
猫がコクリ、コクリと首を振る。

猟師はさして気にもとめず、夜が更けるまで次の猟に使
う弾を作り続けた

翌日

山にうっすらと雪が積もり始めたその日は、師走とはい
えまれに見る不猟の一日で、黄昏時が迫ろうというのに
山鳥の一羽も姿を見せない。さすがの猟師もとうとう諦
め山を下りることにした

日は暮れ、雪明かりでようやく道が見える時分に猟師は
山の出口にさしかかった

316: 名無しさん 03/12/24 21:08
と、その時、林の中に二つの光りが見えた

すぐに獣の目と知れたがその輝きが尋常ではない。猟師
はすぐに鉄砲を構え、頭とおぼしき位置を撃ち抜くが、
一瞬瞳が隠れると同時に弾は金属音をたててはじき返さ
れた

事態の飲み込めぬ猟師は弾を込め、続けざまに撃つが皆
同じように弾かれる。とうとう前日に作った弾を全て撃
ち尽くしてしまうと、それが分かるのか瞳がゆっくりと
近づいてきた

猟師達は昔からの習いで、いざという時の為たった一発
だけ余分の隠し弾を常に持っている。猟師は隠し弾を鉄
砲に込めると、これが最後と覚悟を決めて引き金を引い
た。最後の弾は見事に当たり、すさまじい悲鳴と共に影
が倒れ込んだ

勇んで猟師が駆け寄ると、なんとそこには年老いた飼い
猫が額を撃ち抜かれて死んでいた。横には玉を作る鉄鍋
が落ちており、これをかぶって鉄砲を防いだものと知れ
た。前の日、この猫がしきりと頷いていたのは玉の数を
数えていたのであろう

畜生は長ずると化けて人に害を及ぼす
この猟師の村ではそれ以降、畜生の見ている前で玉を作
ることはなくなった

333: 名無しさん 03/12/25 12:40
>>315の話読んでたら「茂吉の猫」を思い出した。おもしろかったっす。

578: 名無しさん 04/01/05 14:50
>>315
微妙に違いはしますが、まんが日本昔話でやってた「汗かき鉄砲」ですな。
あれは怖い話が多かったな・・・。

579: 名無しさん 04/01/05 14:53
>>578
日本昔話って、昔は怖い話多かったよな。
舌を抜かれて死ぬ話はだいぶトラウマになったよ。

群馬の怖い話―赤城山に百足が蠢く―

▽注目記事

山歩きのペースが分からん…登りでゆっくり歩くのが苦痛そしてバテる

登山中は谷側を歩くと足で石を落とす可能性があるので注意を!

ハイキングに毛の生えたようなの好きだな。

ずっと日帰りの低山しかしないなら雨を避けるのも有りだと思う…でも、悪天候を避け続けていたら悪天候スキルが身につかない

【THE NORTH FACE】クライムライトかベリーライトかで迷っている。ベリーライトは丈が短いんだよね。

登山中、歩く速度が違い過ぎるとどっちも苦痛だろ…

【マット】登山では快適性やコンパクト性より確実性重視だからクローズドセル一択

チョッとだけ登山に興味を持ち始めたんだが・・・

オーダー品じゃなくても幅狭くてサイズ小さめな靴にするとツメ痛は収まると思う

ピークドライシェルの実験を2泊3日でしてきた!

引用元:http://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1071631841/