霧の森

560: 名無しさん 2009/04/13(月) 23:54:52 ID:hRuSiG890
Kさん

山仲間の話。

大学で参加した登山サークルに、Kさんという先輩がいたという。
Kさんは何故か皆に避けられていて、いつも一人用のテントで過ごしていたらしい。

気になって他のサークルメンバーに事情を聞いてみたが、誰に聞いても同じ返事が返ってきた。「あの人はあれでいいんだよ」と。

仲間外れはいかんだろうと思い、その後のキャンプでKさんのテントにお邪魔することにした。入口で声を掛けようとし、慌てて口を閉じる。

中から、Kさんとは明らかに別人の声が聞こえてきたのだ。
それも複数人、ボソボソとたわいもない会話を交わしている。

一人しか入れない小さなテントの前からジリジリと後退し、仲間の元へとって返すと、今あったことを訴えようとした。
仲間たちは渋い表情で遮った。

「言うな。言えば確認しなきゃならなくなる」

結局、Kさんが卒業するまで、誰もそのことには触れられなかったのだという。

561: 名無しさん 2009/04/13(月) 23:55:55 ID:hRuSiG890
○○谷

知り合いの話。

まだ彼が杣人見習いだった頃、先輩の職人に助言されたという。

「まず○○谷では休憩しないようにしろ。夜を過ごすなんて以ての外だ」

どうしてその谷はいけないのか聞いてみた。

「彼処はタタリバだから。
 あんな所で一服すると、普通見えないモノが見えるようになる。
 見えちゃいけないモノがよ。
 そうなると山で働くのはキツイぞ」

お前、行ってみるか?
ニヤリと笑いながら、彼は私にそう聞いた。

563: 名無しさん 2009/04/13(月) 23:57:22 ID:hRuSiG890
山の神サァ

知り合いの話。

彼の地元には一つ険しい峰があった。
「そこに登って死んではならない」という約束事が厳しく守られていたという。

そこに入る時は必ず複数人で登り、事故等の不幸があった場合にも、すぐに遺体を近場の谷地に降ろせる態勢で臨んでいた。

「前みたく山の神サァに、人の味を覚えられると困るからの」

そうこぼした祖父の言葉が気にかかったが、一体過去にどんなことがあったのかは終に教えてくれなかったそうだ。

574: 名無しさん 2009/04/14(火) 07:18:07 ID:CG9n98LU0
>>563
人の味ってクマみたいですね。

道東の山で登山者に遭難されると、腐った人肉を熊が食べて熊が人を食べられるものとして認識し
「人の味を覚えるかもしれない」と地元の人が言っていたのを思い出しました。

576: 名無しさん 2009/04/14(火) 07:45:06 ID:wXgasRMq0
>>563
案外、今は絶滅したニホンオオカミのことかも知れないな

肉食の動物が、人間の味を覚えて人間を襲い始めると言う例は
結構ありますから、その記憶が言い伝えになっているのかも知れませんね

特にオオカミのような中型肉食獣の場合、女性や子供などが立て続けに
襲われたと言う可能性も考えられますし

慟哭の谷 北海道三毛別・史上最悪のヒグマ襲撃事件

▽注目記事

山歩きのペースが分からん…登りでゆっくり歩くのが苦痛そしてバテる

登山中は谷側を歩くと足で石を落とす可能性があるので注意を!

ハイキングに毛の生えたようなの好きだな。

ずっと日帰りの低山しかしないなら雨を避けるのも有りだと思う…でも、悪天候を避け続けていたら悪天候スキルが身につかない

【THE NORTH FACE】クライムライトかベリーライトかで迷っている。ベリーライトは丈が短いんだよね。

登山中、歩く速度が違い過ぎるとどっちも苦痛だろ…

【マット】登山では快適性やコンパクト性より確実性重視だからクローズドセル一択

チョッとだけ登山に興味を持ち始めたんだが・・・

オーダー品じゃなくても幅狭くてサイズ小さめな靴にするとツメ痛は収まると思う

ピークドライシェルの実験を2泊3日でしてきた!

引用元:http://anchorage.5ch.net/test/read.cgi/occult/1237004679/