木

342: 名無しさん 04/05/27 01:25 ID:aoZTYLR+
農夫の姿

知り合いの話。

彼女は幼い娘さんを連れて、山菜採りによく出かけているのだという。
その日も彼女は二人で近場の山に入っていた。
なかなかの収穫を上げて、下山している途中でのこと。

いきなり娘が足を止めた。前方、麓の方をじっと凝視している。
「どうしたの?」と聞くと、「あの小父ちゃん、変!」だと言う。

山道の前方を見やると、確かに小さな人影がこちらに向かって来ていた。
上下とも黒い服を着ていて、白い軍手がまるでそこだけ浮いて見える。

見るところ、蜂除け用の網がついた麦藁帽子を被っているらしい。
背中には大きな竹篭を背負っているようだ。
しばしば、そこいら辺りで見かける農夫の姿と大差がなかった。

「何が変なの。失礼なこと言っちゃダメ」
彼女がそう諭すと、娘は強情な顔をして首を横に振り、奇妙なことを言う。

「だってあの小父ちゃん、さっきまで頭が無かったんだよ。
 私たちを見て、慌てて背中から頭を出して、身体に載せてたんだもん」

さては、篭から麦藁帽子を出した動作を、そのように見たのだな。
そう考えた彼女は、苦笑して娘の頭を撫でた。
とにかく失礼なこと言っちゃダメですよ、と釘を刺す。

343: 名無しさん 04/05/27 01:26 ID:aoZTYLR+
(続き)
しばらくして、その人影とすれ違った。
母子は快活に挨拶したが、相手は軽く会釈しただけだった。

目を合わせたくないかのように、俯いたまま無口で横を抜けていく。
えらく無愛想な人だなと思い、彼女は相手の顔をじろりと見た。

次の瞬間、ひどい違和感を感じる。何だ?
すぐにその理由に気がつき、全身が凍りついた。
網の奥、麦藁帽子の下の顔。

そこにあったのは、マネキンの頭部だった。

足を止めるのも恐ろしく、娘の手を引いたまま下り坂を歩き続ける。
背後の足音が小さくなっていくのが、無性にありがたかった。

麓についてやっと振り返ると、すでにさっきの男は影も形も見えない。
腰が抜けてへたり込むと、彼女に向かって娘が言う。

「ほらね。言ったとおりだったでしょ!」
娘は鼻を膨らませ、誇らしげに胸をそらしている。

どうだと言わんばかりのその姿に、彼女の恐怖心も霧散してしまい、
思わず苦笑してしまったのだそうだ。

以来彼女は、娘と二人きりで山に入らないように注意しているという。

346: 名無しさん 04/05/27 01:35 ID:e5aBwxki
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル こえええ
でも不思議と悪いモノであるような感じはしませんね・・・

「ヤベッ! みつかっちゃったよ俺バケモノなのに。
ちっちゃい子もいるから怖がらせたらマズイよなぁ・・・」

みたいな感じ(´∀`)

364: 名無しさん 04/05/29 02:08 ID:F7NQJCpR
無残な光景

友人の話。

彼の家は町の外れにあって、山がすぐそこまで迫っている。
彼は毎早朝、山道を散策しているのだそうだ。

先日、いつものように山道を散策していた彼は、無残な光景に出くわしてしまう。
山道から少し外れた林の中で、猫の死骸が木から吊るしてあったのだ。
猫の身体には、釘がびっしりと打ち込んであった。

死体下の地面には、ドス黒い染みが出来ていたそうだ。
気持ちの悪いことに、猫を吊るした木には不気味な落書きまでされていた。

 惨いことをする・・・

猫好きの彼には見過ごしておけなかった。
吊るされた猫を下ろし、釘を抜いてから近くの木の下へ埋葬したという。

近所で聞いたところ「またか」という反応が返ってきたそうだ。
なんでも時たまにだが、動物の虐待死体が山中で発見されるのだと。

決まって猫が被害に遭っており、釘だらけにされているのだと。
警察に通報すべきかどうか住民の間でも意見がまとまっていなかったらしい。

365: 名無しさん 04/05/29 02:08 ID:F7NQJCpR
(続き)
それから半年くらい経って、彼は再び猫の死体を見つけてしまった。
今度は家からかなり離れていたが、状況は前回とまったく同じだった。
暗い気持ちで、家まで埋葬用の道具を取りに帰ったという。

スコップ等を手にし、暗い気持ちで死体の元へ引き返す途中、一人の男とすれ違う。
いやな眼つきで睨んで来たので、慌てて目を逸らし通り過ぎる。
男は腰に頭陀袋を下げていて、その中からチャリチャリと固い金属音が聞こえた。

 はて、自分以外に、朝早くこんなところに来る人がいるなんて。

奇妙に思いながら猫の所に戻った彼は、目を疑った。
猫の死体に打ち込まれた釘が、一本残らず失くなっていたのだ。

さては、先ほどの袋の中身が・・・。
混乱した彼はそれ以上考えられず、猫を埋葬して、逃げるように帰宅した。

366: 名無しさん 04/05/29 02:10 ID:F7NQJCpR
(続き)
その日の午後、町に買い物に出かけた彼は、図らずもその男と再会した。
ある家の新築現場で、男は作業服を着て柱に釘を打っていた。
うっすらと笑みを浮かべて。どうやら大工だったらしい。

 ・・・もしかして、その釘は・・・

確認することが出来るわけもなく、彼は男に見つかる前に退散した。
猫の死体。血塗られた釘。不気味な落書き。新築の家。

家に帰る道中、『呪い』という語が頭の中を駆け回っていた。
男が本当にそんなことをしているのかどうかは分からないが、もうこれ以上
係わり合いになどなりたくなかった。

彼は近所の自治会の人にだけ、この話をした。
色々な経由があって、警察が定期的にパトロールしてくれるようになったらしい。

現在のところ、あれから新しい猫は発見されていないという。
あの男がどこで何をしているのかは、不明のままだ。

367: 名無しさん 04/05/29 02:18 ID:F7NQJCpR
二時、いわゆる丑三つ時を過ぎたので、UPいたしますです。
今日のは怖い話というより、嫌な話というべきかもしれません。
あ~私から頼み込んで、人から聞いといて何だけど、ネタであってほしい。
前足の欠けた犬を思い出しちゃった。

動物を虐待する人って、何であんなことが出来るのでしょうね・・・?
自分で書いた文章読んで、ちょっとブルー。

兵庫の怖い話 ―ジェームス山に潜む老紳士―

注目記事 (*゚∀゚)

クマってすごくしつこいし、ニオイもすごかった・・・

登山靴ってソールの減りに関わらず何年か経ったら替えてます?

ミュータントやプロライターサミットのように「クライミング向け」と書かれたザックは、一般登山で使う...

【山好きが移住したい街】結果発表おおおおお!!!!!!!!

マジックマウンテンのカンチェンジュンガとエバニューのEXPマットUL180で迷ってるんだけどこの2つ何が違うの…

【温暖化】ライチョウさん、今世紀末に絶滅の恐れ・・・

山小屋の宿泊費が高い件…

新しいフーディニってどこが改良されたの?

テント泊でもトレランシューズで行ける?

雨のなか低山歩いてみたが、やっぱり治ってねぇよ腸脛靭帯炎。いつ治るんかな~?

雪山のビバーク用にSOLのヴィヴィシュラフとかを検討しているんですが、ああいうサバイバルシートの類って使えますかね?

登山靴ってソールの減りに関わらず何年か経ったら替えてます?

ショルダー部分につけられるスマホポーチが欲しいんだけど、ど真ん中の商品に出会えない…

約1年ぶりに上り4時間下り3時間程度のスケジュールで登ってきたら、めちゃくちゃ辛かった。

近々、強力な山専対抗馬が発売されるみたいだけど・・・

"画質はスマホで十分" 世界中の大多数の人間がそう感じてるからコンテジは衰退した…けれど

引用元:http://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1084366168/