霧のかかる山並み

731: 名無しさん 04/03/15 04:43
見知らぬ子供

知り合いの話。

実家の里山を歩いている時に、見知らぬ子供とすれ違ったのだという。
今時珍しい着物姿で、おかっぱ頭にぎょろりとした目をしていた。

何処の家の子かなと思い顔を見ると、頬っぺたが大きく膨らんでいる。
どうやら何か口に含んでいるらしい。

その時子供の口から、緑色をしたピクピクと痙攣するものが飛び出した。
太い蛙の足だった。

平然とその足を口中に押し戻し、その子は歩き去ったのだという。
後で知ったのだが、村は過疎が進んでおり、その年代の子供はいないのだそうだ。

732: 名無しさん 04/03/15 04:45
液状化

同僚の話。

街付近の山に空港が作られた。その造成工事の最中のこと。

広大な山が削られて更地にされていたのだが、いきなりブルドーザーの足元が液状化
を起こして、まるで水のようになったという。

ずぶずぶと沈み始めた車体から運転手が逃げ出すと、ブルドーザーはそのまま地面の
中に姿を消してしまった。

すぐに皆が集まってきたが、そこの地面はとても機械一台を呑み込んだとは思えない
ほどしっかりと固まっていた。

工事は続行されたのだが、それからも引き続き二台の工作機械が地の中に姿を消して
しまった。

怪我人こそ出なかったものの、現場の雰囲気はすっかり悪くなったそうだ。
困り果てた土木会社は、地鎮祭をもう一度執り行うことにした。
するとそれ以降、機械が山に呑み込まれることはなくなったという。

一度目の地鎮祭には、何かしらの不備があったのではないかと噂されたそうだ。

752: 名無しさん 04/03/15 19:20
肝試し

去年キャンプに行った時の話。

近畿地方のあるキャンプ場でサークルでキャンプすることになった。よく「出る」と
噂の場所だったが、条件の良い場所だったのでよく使っていた。

夜、肝試しをやるのが恒例となっており、男女ペアでコースをまわるというものだった。
漏れはお化け役だったので、男二人で先回りしてコースでまっていた。

なかなか来ないので、隠れていた林から出て一緒にお化け役をした奴と話し込んでると、
背後で「ザッザッ」と足音がした。やべっ、もう来たか!?と思い振り向いても誰もいない。

友人に聞いたが何も聞こえなかったという。内心びびりまくっていたが、平静を装い、
タバコに火を点けた。外灯も何もない場所なので、一瞬周りが明るくなった。
その瞬間、「ひっ」と友人が飛びのいた。

「どうした?」 「お、お前の顔の真横に顔があった…」
振り向いても誰もいない。完全にびびってしまった漏れは、一目散に仲間がいる場所まで逃げ帰った。

後で一緒ないた友人に聞くと、顔は中学生くらいの男で、凄く嬉しそうに笑っていたらしい。

以上、オチも特にない駄文&長文スマソ。

754: 名無しさん 04/03/15 20:12
>>752
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
でも目撃した友人の方がもっと恐かったと思う。

759: 名無しさん 04/03/16 01:32
>>752
一瞬明かりに照らされた顔って普通でも気味悪いよなぁ
それが本来いない人で笑顔だったらもっと…

高熱隧道

▽注目記事

山歩きのペースが分からん…登りでゆっくり歩くのが苦痛そしてバテる

登山中は谷側を歩くと足で石を落とす可能性があるので注意を!

ハイキングに毛の生えたようなの好きだな。

ずっと日帰りの低山しかしないなら雨を避けるのも有りだと思う…でも、悪天候を避け続けていたら悪天候スキルが身につかない

【THE NORTH FACE】クライムライトかベリーライトかで迷っている。ベリーライトは丈が短いんだよね。

登山中、歩く速度が違い過ぎるとどっちも苦痛だろ…

【マット】登山では快適性やコンパクト性より確実性重視だからクローズドセル一択

チョッとだけ登山に興味を持ち始めたんだが・・・

オーダー品じゃなくても幅狭くてサイズ小さめな靴にするとツメ痛は収まると思う

ピークドライシェルの実験を2泊3日でしてきた!

引用元:http://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1077204044/