森

148: 名無しさん 2006/12/06(水) 19:00:49 ID:PAM+Ytqz0
え?山の怖い話?お前さんも物好きだね、どうも。
こないだの登山靴の話が評判よかった?何処でしてんだよ、そんな話w

…東京から車で二時間も走れば着く、或る山の中なんだけど
川魚の稚魚を漁協が放流してるだかで、勝手に入れない綺麗な渓流があるんだよ。

小さな滝もある、10坪くらいの砂地もある、絶景のロケーションなんだけど、
林道に金網張って鍵を掛けて、地元の青年団が結構厳重に管理してるの。

ところがその青年団の、副団長がおれの大学の同級生でさ、
釣りはしない、ゴミは残らず持ち帰るってのを守ってさえくれれば
密猟者の監視代わりに自由に使っていいって言ってくれているんだよ。

お言葉に甘えて、毎年気の置けない仲間で、命の洗濯しに行ってるの、そこに。

で、3年前だったか、おれの中学時代の友人、Bを誘ってそこ行ったときの話。

Bは高校を卒業すると、音楽の道に進んだんだ。
音楽って言っても、ジャズね。しかもパーカッション。大変なのは判ってる。
だけど、奴は夢を叶えようと、20歳のころ、ニューヨークへ武者修行に出た。

149: 名無しさん 2006/12/06(水) 19:01:35 ID:PAM+Ytqz0
Bはアルバイトをしながら、N.Y.で20年も頑張ってたんだが
とうとうその道で喰えるって処までは行かず、その年、日本に帰って来た。

女房子供の生活もあるし、心機一転日本でやり直す、って。
諦めた、って言葉は使わなかったが、流石に寂しそうでさ。
だから、気分転換にと思って、おれ達の渓流キャンプに誘ったんだよ。

いつも参加している連中は、勿論慣れたもので、現地に着くと
テント貼ったり、メシの支度したりと、それぞれテキパキ働きはじめるんだけど
キャンプに慣れないBは、最初は戸惑っていたようだった。

それでも、桃源郷もかくや、って絶景を肴に、そのうち楽しそうに酒を呑み始めた。

やがて日も落ち宴もたけなわって頃、ひたすら呑んでたBはすっかり出来上がって
何を思ったか、ナベやらコッヘルやらを嬉々として自分の周りに並べ始めた。

最初は、酔っぱらって意味不明の行動を始めたのか?と心配してたんだが
やがて奴は、菜箸をスティック代わりに両手に握り、いきなり演奏会を始めた。

たかが空き缶やペコペコのコッヘルが
Bの手に掛かると立派な打楽器に変身した事に、皆あっけにとられた。

普通の奴がやると、気に障るってか、うるさいだけじゃん。あんなのとは別格。

やはり伊達に20年も海外で修行した訳じゃない、って感心したよ。
Bに初めて会う仲間も何人かいたが、皆惚れ惚れと演奏会を楽しんでた。

150: 名無しさん 2006/12/06(水) 19:02:20 ID:PAM+Ytqz0
…演奏が始まって、10分も経った頃かな、おれの隣にいた奴が、
「おい、オレ達の他に誰かいるぞ。」
と囁いた。

おれはぎょっとして耳をそばだててみた。
確かに、渓流の向こう岸で、息づかいが聞こえる、ような気がする。

演奏と水音が大きくて判りにくいが、何かの気配は確かに感じられた。
霊現象と結びつける奴はいなかったけど、この場合、獣の方が逆に怖い。
Bひとりが、相変わらず陶酔して独演会を続けていた。

~タヌキじゃないか?~クマだったらどうする?~襲って来るかな?~
おれ達が蒼くなってひそひそ声で相談しているのに気がついたか、
Bはスティック(=菜箸)を操るテンポを落とし、やがて演奏を終了した。

そのとたん。
一瞬なんだが、たしかに向こう岸で「わあっ!」って歓声が挙ったんだ。

若い女か子供が、何人かで一斉に喜んだ声って感じかなあ。
ほんの、一瞬。
そのあと気配は消え、渓流の水音しか聞こえなくなった。

151: 名無しさん 2006/12/06(水) 19:03:00 ID:PAM+Ytqz0
皆の様子を見回すと、全員驚いた顔でお互いの様子を伺ってる感じ。
今の聞いた?うん、おまえは?みたいな。

拍手まで聞こえたぞ、って、誰かが言った。
そのあと、暫くみんな黙っちまってさ。でも耐えきれない恐怖、ってんじゃ無くて
今のは何だったんだろ、とそれぞれ考え込んでたんじゃないかな。

やがて、Bが、なあ、今の何?と震え声でおれに訊いた。
おれは、さぁ、わかんねェよ、としか答えられない。いやマジで。

そしたら、仲間内で一番山経験の豊富な男がこんなふうに説明してくれた。

「たぶん、今のは山の精霊の歓声だと思うな。
 B君の演奏があまりにも素晴らしいんで、聞き惚れて出て来たんだと思う。
 君の音楽は山に歓迎されたんですよ。」

おれは、こいつ、キザなこと言うなぁ、と半ば呆れたが、納得もした。
まあ、きっとそうなんだろうな、と思った。たぶん、みんなもそうだったと思う。

そしたら、Bが泣いちゃってさ。
おれの音楽の腕を、山の神様が認めてくれたんだ!って。

日本でもアメリカでも認められなかったおれの腕を神様が認めてくれた!
おれのプレイで山の神様が喜んでくれた!って。
笑いながら泣いてやんのw

152: 名無しさん 2006/12/06(水) 19:03:45 ID:PAM+Ytqz0
「もしかすると、狐とかタヌキが腹鼓の勉強に来てた可能性もあるぜ。」
と、軽口叩いてやったんだが、Bは、それでも良い、って言うんだよ。
山の精霊が、自分の演奏で喜んでくれただけで満足だ、って。

それから、神様だかタヌキ様だか判らない「聴衆」にも振る舞い酒を供えて
しみじみと呑み直すべ、って事にした。

Bは、ずっとニコニコ顔で、黙って酒の入ったシェラカップを抱えていた。
なんだか不思議と、ふっ切れたような表情をしていた。

…帰りがけに金網のカギを返す為、青年団副団長の家に寄った時確かめたけど
やはりあの晩、あの渓流にいたのはおれ達だけだった。

Bは昔の仲間の紹介で、音楽系の出版社に就職して、堅実な生活を始めた。
青い目の奥さんも、子供も大事にして、幸せに暮らしてるよ。

…ただ、もうおれとはキャンプに行かない、って言ってやがる。
いや、例の体験が原因じゃなく。

二晩、枕を並べてこりごりしたんだとよ。
おれのイビキ。

153: 名無しさん 2006/12/06(水) 19:33:45 ID:4UPTxh+3O
>>148-152
怖く無いし、ほのぼのさせられたジャマイカ!!w
その演奏が、祭り囃子と同じ様な扱いをされたのかな?

156: 名無しさん 2006/12/06(水) 21:22:07 ID:e0h6mvIL0
それ以降その山では
16ビートの腹鼓が聞こえるようになったとか。

157: 名無しさん 2006/12/06(水) 21:52:22 ID:7ko9HYFnO
乙なイイはなしだねぇ

乾杯(´∀`)つ凵⌒☆チン

山怪 山人が語る不思議な話

▽注目記事

山歩きのペースが分からん…登りでゆっくり歩くのが苦痛そしてバテる

登山中は谷側を歩くと足で石を落とす可能性があるので注意を!

ハイキングに毛の生えたようなの好きだな。

ずっと日帰りの低山しかしないなら雨を避けるのも有りだと思う…でも、悪天候を避け続けていたら悪天候スキルが身につかない

【THE NORTH FACE】クライムライトかベリーライトかで迷っている。ベリーライトは丈が短いんだよね。

登山中、歩く速度が違い過ぎるとどっちも苦痛だろ…

【マット】登山では快適性やコンパクト性より確実性重視だからクローズドセル一択

チョッとだけ登山に興味を持ち始めたんだが・・・

オーダー品じゃなくても幅狭くてサイズ小さめな靴にするとツメ痛は収まると思う

ピークドライシェルの実験を2泊3日でしてきた!

引用元:http://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1164769091/