森

486: 名無しさん 03/03/21 03:27


べつに心霊話でも何でもなく、下世話な現実なので恐縮だが。
山で鉄塔に登ったとき、ちと怖い目にあったぞ。

このスレの住人のような山歩きの方々とは違い、電気関係の仕事だ。
鉄塔に登って作業をしていたら、だんだん周囲が霞んできた。雲が流れてきたんだ。

おまけにやたら冷たい雨まで降り出した。手足は滑るし視界は無いしこりゃたまらん
とか思ってたら、いきなりカカッ!と緑?黄色?みたいな光が。

雷だ。俺の目と同じ高さで電撃が走っている。
今から鉄塔を降りて避難しても5分はかかる。いつ直撃するのか、マジで恐怖だった。

ホントはちゃんと気象を見ながら早めにきり上げなきゃならなかったんだけどね。

国の規則でそう決まってる。叱られるので場所や仕事の内容は伏せるけど。
ちょっと無理なスケジュールだったねあれは。まったく、自然には勝てねぇよな。

488: 名無しさん 03/03/21 15:56
自分の目と同じ高さの雷か

実際遭遇したときの恐怖はいかばかりか、と思うが
読んでる立場だと羨ま怖い

525: 名無しさん 03/03/25 23:36
心霊系ではないが・・・
沢登りをしていて、滝のてっぺんに顔を出した瞬間、目の前の
斜面を駆け上がる真っ黒い背中が見えた。

ツキノワグマだということはすぐに分かった。
逃げている以上、危険ではないし怖くもなかったが
熊を数メートルの距離で見たのは後にも先にもあれっきりだ。

529: 名無しさん 03/03/26 14:15
山にいっていちばん恐かった事は、

「もぉここなら誰もキャンプしてないだろう」

と思って野宿した場所で人と出会ったときです。
幽霊っぽいのも何度か経験あるけど、山の奥深くで人と逢うのが
一番恐いです。

651: 名無しさん 03/04/02 21:20
同じ夢

140 名前: 底名無し沼さん 投稿日: 02/09/09 04:13
同じ夢を見た。何回も。

どこの山か不明だが登山中、樹林に囲まれたとてもきれいな小屋を見る。
休憩しようと、その小屋に行き、入り口のドアを開ける・・・・・
そこでいつも夢は終わり。

しばらく経って、某山に初めて登った。
登山道を歩いていると、なんだか初めての感じがしない。だんだん夢の記憶が。
どきどきしながら登って行くと、樹林の中に、夢と同じ小屋が見えた。
あ!と思い、近づく。
ドアを開けた。ここまでいつも見た夢と同じ。汗が出てくる。

すると感じのよい青年が出てきた。
「すみませんこの小屋、閉めるので片付けしてるんですよ」
という。まだシーズン中なのに。なぜと聞くと、ココのオヤジが精神的に
まいってしまい、入院 してしまったとのこと。話しは続く。

「いやあ、なんでも幽霊が出ると言ってねェ。
足音がして小屋のドアが開くと、だれもいない。
そんなのが続いたらしくて・・・・・」

661: 名無しさん 03/04/05 04:00
迷子

子供のころ、家族で山に行ったことがある。
山についたのはまだ朝方で、霧が辺りを覆っていた。

僕は親の言い付けを守らず、一人で山中に歩き入り、
当然のように迷子になってしまった。

何時間歩き迷っただろうか。太陽はすでに頭の上にあり、
お昼を食べ逃した僕は半ベソをかきながら座り込んだ。

ふと気付いたら、泣いている僕の傍らに人が近づいてきた。
両親かと期待したのだが、まったくの別人だった。

奇妙な姿をしていた。毛皮らしい服と麦藁で編んだ帽子。
そして恐ろしく背が高い。僕の父より頭二つは確実に大き
かったと思う。

話し掛けてきた。ひどく訛っていて、よく分からない。
かろうじて「迷子か?」という語だけ聞き取れた。
うなづくと、しばらく迷った後、僕を連れ歩き出した。

なぜかすぐに見覚えのある場所に出た。
親の声も聞こえる。いつのまにかまた一人になっていた。
親はすぐに僕を見つけてくれた。
(続く)

663: 名無しさん 03/04/05 04:09
(続き)
なぜかこの体験を僕は忘れてしまっていた。
つい最近久しぶりにこの山へ行き、そこで思い出したのだ。
家に帰って親に尋ねてみた。両親は僕と違って憶えていた。

「いきなり目の前の茂みからお前が出てきたんだ」
「何処行ってたと聞くと、お前は変なこと言ってたぞ」

親はそこで奇妙なな顔になって続けた。

「背の高い、一つ目のおじちゃんに連れて帰ってもらった」
「お前、そう言ってたんだ」

全然憶えていない。僕は自分を助けてくれた人の顔を思い出
せないのだ。本当に一つ目だったのか・・・。

あれから何度かあの山をうろついたが、誰に出会うことも
無かった。せめてお礼をと思い、お酒を僕が見つかった場所
に置いてきただけだ。

取り留めもないですが、僕の奇妙な経験です。


▽注目記事

山歩きのペースが分からん…登りでゆっくり歩くのが苦痛そしてバテる

登山中は谷側を歩くと足で石を落とす可能性があるので注意を!

ハイキングに毛の生えたようなの好きだな。

ずっと日帰りの低山しかしないなら雨を避けるのも有りだと思う…でも、悪天候を避け続けていたら悪天候スキルが身につかない

【THE NORTH FACE】クライムライトかベリーライトかで迷っている。ベリーライトは丈が短いんだよね。

登山中、歩く速度が違い過ぎるとどっちも苦痛だろ…

【マット】登山では快適性やコンパクト性より確実性重視だからクローズドセル一択

チョッとだけ登山に興味を持ち始めたんだが・・・

オーダー品じゃなくても幅狭くてサイズ小さめな靴にするとツメ痛は収まると思う

ピークドライシェルの実験を2泊3日でしてきた!

引用元:http://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1039622601/