夜空

250: 名無しさん 2005/11/03(木) 08:04:17 ID:If1MmDfF0
ある登山家の遭難死

10年も前になると思うが、ある登山家が遭難死した。

一般的にはともかく、登山の世界ではそれなりに知られた男で、
ヒマラヤの、ある高峰を世界で初めて登頂したパーティーに
参加していた。
彼自身も山頂に立っていたと思う。

俺自身、面識はない。
顔見知りでも、知り合いでもない。

彼は、俺の友人が属していた高校山岳部の顧問をしており、
友人の自慢の種だった。
友人は、彼のことを「御大」と呼んでいた。

ヒマラヤの厳しさ、美しさ、神々しさ。
ヨーロッパの山々の、独特の色。
日本の山にはない、あれこれ。

同時に、日本の山々の、美しさ。
御大が語る山は、それがどんなにつまらない山であっても
魅力に溢れていた。
高校入学後に山を始めた彼にとって、御大は神だった。

その御大が、海外での登山中に死んだ。
御大の名前と顔写真が、テレビニュースの電波に乗った。
俺は数年ぶりに友人に電話した。
御大を慕い、御大と山に行ける喜びを語ってくれた友人。

251: 名無しさん 2005/11/03(木) 08:04:55 ID:If1MmDfF0
その友人は、無関心だった。
冷淡でさえあった。

御大の死を知らないのかと思ったが、かつての山岳部の
仲間から連絡があり、テレビニュースも見ていた。

彼の言葉に、御大との日々を懐かしむ響きさえない。

それどころか
「俺、あの人の事を良く知らないんだ」

卒業後、顔を合わせた事もないらしい。
友人は「御大」という言葉さえ使わない。

「ただの顧問だからなあ」
「ま、ご冥福をって、それは思うけど」

通夜にも、葬儀にも友人は行かないと言った。

「虚礼廃止っていうだろ」

そう言って、電話の向こうで彼は笑った。
悲しかったが、間違いなく、古い友人だった。

数ヵ月後、その友人と電話で話していた。
俺が御大の死を知ってかけた電話を、彼は知らなかった。
俺と電話で話す事など、あり得ないと言い切られた。

その時期、仕事が忙しく、連日深夜まで働いていて、俺が
電話をかけたような、世間並みの時間に帰宅していた事など
無かったという。

その中、友人は御大の葬儀に出席し、部のOB会主催の
追悼山行にも参加していた。
「人生を教わった恩人だからね」

あの時の冷淡な電話の相手は、確かにその友人だったんだが。

252: 名無しさん 2005/11/03(木) 08:41:50 ID:lidoxioi0
>>250
不気味というか背筋が冷たくなる話だね。
誰だったんだろう、電話の相手。
冷たいドッペル?

全然関係ないけどミニャコンガという6000メートル級の高峰で
無線が壊れて連絡が出来なくなったアタック隊の2人が死亡したと思われて
わずか3日後にベースキャンプが引き払われ、隊は帰国。

でもその2人は実は生きていて、半死半生でたどり着いたBCには既に誰もおらず
1人はその場で気力がなくなり死亡、もう一人は両手両足を凍傷で失う羽目になりながらも
生きる希望を捨てず下山を試み、はいずりながら何ヵ月もかけて下山してるところを
地元の人に発見された話(日本の実話)、あれも怖いよね。

255: 名無しさん 2005/11/03(木) 19:23:01 ID:rO1C5HLt0
火神

知り合いの話。

彼はその昔、仕事で南米に赴任していたことがある。
さしたトラブルも無く無事任期を勤め上げたのだが、何度か不思議な事柄に
遭遇したのだという。

取り引きのため、奥地の集落を訪れた時のこと。
村に入る前に、現地のガイドがおかしな注意をしてきた。

「ここにいる間は絶対に火を起こさないで下さい。
 絶対にです!ライターすら使ってはいけません」

どうやら、その集落では火がタブーとなっていたらしい。
ガイドに聞いたところ、その村には火の神様がいるのだと。

普段は寝ているので大人しいが、集落内でちょっとでも火の気が上がると
たちまち目を覚まし、一頻り暴れてから再び眠る。

火神だけにその暴れ様は恐ろしいもので、過去に何度も大きな山火事が発生
しており、被害も尋常ではなかったのだとか。

どうしても火を使わなければならない時は、村から数キロほど離れた専用の
岩場で扱っているという。

どうしてこんな不便な所に人が住むのだと聞いてみると「逃げても神様が
追いかけてくるから、どこでも一緒なんです」とのことだった。

「仕事は順調に運んだけど、煙草が吸えなかったのがキツかったな。
 しかしああなると、守り神なのか祟り神なのかわからないね」

そう言って彼は笑っていた。
風の噂では現在もう件の集落は失くなり、深い森となっているそうだ。

264: 名無しさん 2005/11/04(金) 07:39:58 ID:ei+kT8S9O
>>255
って事は食事を作るとかの日常のことから
出産などの毎日はない事まで
数キロ離れた場所までいって用を済ませていたんだろうか?

確かに祟りみたいな^_^;)感じですね。

山の霊異記 赤いヤッケの男

▽注目記事

ハイキングに毛の生えたようなの好きだな。

ずっと日帰りの低山しかしないなら雨を避けるのも有りだと思う…でも、悪天候を避け続けていたら悪天候スキルが身につかない

【THE NORTH FACE】クライムライトかベリーライトかで迷っている。ベリーライトは丈が短いんだよね。

登山中、歩く速度が違い過ぎるとどっちも苦痛だろ…

【マット】登山では快適性やコンパクト性より確実性重視だからクローズドセル一択

チョッとだけ登山に興味を持ち始めたんだが・・・

オーダー品じゃなくても幅狭くてサイズ小さめな靴にするとツメ痛は収まると思う

ピークドライシェルの実験を2泊3日でしてきた!

黒いザックを使っててクマに間違えられて猟師に撃たれたらどうするんだよ。

山小屋はいろいろと煩わしい… 気ままなテン泊が羨ましいけど荷物が… そして悩んだ末に結局また無理めなルートを日帰りで行ってしまうのであった

引用元:http://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1129644145/