山

113: 名無しさん 2005/12/26(月) 00:35:41 ID:pH0vvhn30
廃屋

後輩の話。

幼い頃に里帰りした時のこと。
久しぶりに会う幼馴染みたちと遊べるのが、何よりの楽しみだったという。
誰かが「お化け屋敷に行こうぜ」と言い出し、そういう運びになった。

その廃屋は山を少し入った場所にあり、一軒だけ孤立していた。
地元組みが言うには、人が住まなくなってから大分経つのに、時折家事を
する音など聞こえてくるのだそうだ。

とは言え悪童どものこと、誰も本気で幽霊を信じてはいなかった。
廃屋に入り込むと、気の済むまで大っぴらに探索しまくったらしい。

彼らが二階の奥を探っていると、一人が不意に立ち止まった。
何かが「キュッキュッと擦れているような」音が聞こえたというのだ。
皆で耳を澄ませると、確かに微かな物音が届いてくる。

音がどこからするのかわかった時、皆揃って泣きそうな顔になった。
彼らが登ってきた階段の真下、丁度そこら辺りから聞こえてくるのだ。

じゃんけんで負けた彼が先頭になり、おっかなびっくり下を覗き込む。
人の姿はない。ただ、一枚のくたびれた古雑巾が見えた。

虫を思わせるような動作で、独りでに床の上を這い回っている。
「あ」 急に理解が訪れる。

悪ガキたちが残した土足の跡を、一生懸命拭き取っているのだ。

見ているうち、怖いという思いは消え失せ、申し訳ないという気持ちで
一杯になった。その場で靴を脱ぎ、ゆっくりと階段を下りる。

「ごめんなさい」皆でそう謝ってから廃屋を出た。
雑巾は彼らに目も振らず、ただひたすら自分の仕事をしていたという。

中学に上がる前に、その廃屋は取り壊された。
「あの雑巾、どうしたのかなぁ」と、里帰りの度に思い出すのだそうだ。

119: 名無しさん 2005/12/26(月) 01:49:01 ID:lJ/AqeAyO
>>113
健気な雑巾萌え~!な感じだな。
しかしどこか物悲しいな。

123: 名無しさん 2005/12/26(月) 11:31:53 ID:sL2Jj9qw0
>>113
その雑巾、家にも欲しい・・・。

126: 名無しさん 2005/12/26(月) 22:59:50 ID:nRVQ2Rsz0
>>113
俺も雑巾にちょっと悲しさを感じてしまった
誰も住む人のいないそれも廃屋をいつまでも掃除し続けている…
一体どんな念が雑巾をそうさせているのだろう?

114: 名無しさん 2005/12/26(月) 00:37:59 ID:pH0vvhn30
墓の管理

知り合いの話。

彼の実家は深い山奥にあるのだが、そこでは墓の管理に気を使っていたという。

一つの区画に入れる仏さんは六人まで。それ以上の仏さんは別の区画に移される。
例え同じ家族で死者が出たとしても、七人目は同じ敷地には埋葬されないのだ。

棚田状に細く区切られた墓は、なんとも彼の目に奇妙に映った。
墓の管理をしていた叔父さんに、なぜこういう決まりがあるのかを聞いてみると、
次のように小声で教えてくれた。

 仏さんをな、七人以上一緒にすると惑うてミサキになるんだ。

ミサキとは、その地方でいう荒神とか祟り神のことなのだそうだ。
現在、村は近くの町と合併し、古い墓地も開発に伴い移転した。

七人以上は一緒にしないという条件は、既に守られてはいないだろう。
今現在、仏がミサキになっているのかどうか、もう誰にもわからない。

115: 名無しさん 2005/12/26(月) 00:42:09 ID:pH0vvhn30
アトイさん

友人の話。

アトイさんと呼ばれるものが出る山道が、彼の高校の通学路にあったという。

日が暮れてからそこを通ると、ヒタヒタ、ヒタヒタと、まるで裸足で歩いて
いるような足音だけが、すぐ後ろから着いてくるのだと。
アトイとは“後追い”が訛ったんだろう、と学生たちは考えていた。

ある夕暮れ時、怖がりの女学生が運悪く追いかけられた。
その女学生、走って逃げようとしたせいか、慌てて荷物を落としてしまった。
どうしよう?戻って拾った方がいいかな?

焦って振り向くと、丁度落とした荷物の辺りで「ズシャァ!」と大きな音が
した。目には見えないがどうやらアトイさん、荷物に躓いてこけたらしい。

静寂が辺りを覆ったが、やがていつもの足音がヒタヒタと聞こえ、来た道を
ゆっくり引き返していったという。

その後しばらく、アトイさんは姿?を見せなかった。
口さがない学生たちは皆、「バツが悪かったんだろうな」と噂したそうだ。

119: 名無しさん 2005/12/26(月) 01:49:01 ID:lJ/AqeAyO
>>115
その女学生は眼鏡をかけたドジッ娘にちがいないぞ!
しかし、やはりドジッ娘属性のアトイたんも捨てがたいなwww

121: 名無しさん 2005/12/26(月) 08:43:59 ID:m1nT5ujg0
七人ミサキで孔雀王思い出した俺はいい加減いい歳なんだろうか

122: 名無しさん 2005/12/26(月) 08:55:50 ID:GcHE22Fn0

▽注目記事

登山仲間募集したら女の人ばかり連絡くる(´・_・`)

山小屋のキャンセル問題どう考えたらよいでしょう?

子供を山に連れて行くという行為はただのパーティー登山ではなく親が全責任を負う、ガイドツアー登山に近いものとなる

富士山に夜ひとりで登山したら一生の思い出ができた話

【山×コーヒー】俺は毎回ガリガリ豆挽いてパーコレーターで淹れて飲んでる。カスの処理が面倒臭いけど…

登山趣味にしたら金が嵐のように飛んでいってワロタwwww

横尾とワサビ平まで自転車OKにして欲しいわ。地面への負荷を考えて道路をちゃんと整備した上でサイクリングコースにしたらええのに。

登山中に死体を見つけたんだが・・・

【北アルプス】去年から近所の山で登山を始めたから写真貼っていく

避難小屋はあくまでも避難用ということを知らない人たちって多いんだねえ。

引用元:http://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1134399217/