天の川

692: 名無しさん 04/12/05 05:27:25 ID:yANQH878
心霊スポット

友人の話。

学生時代、地元の有名な心霊スポットに、三人で出かけたのだそうだ。
そこは山奥の城跡で、もう石垣しか残っていない。

満月の夜、その石垣の上に奇怪なものが現れるという噂があった。
夜のドライブがてら、軽い肝試しの気持ちだったという。

着いてみると、月明かりの下、石垣の周りに十人くらいの人影がたむろしていた。
先客かと思ったが、どうも雰囲気が只事ではない。

どんなに目を凝らしても、姿形がはっきりと見えてこないのだ。
影たちが作る円陣の中、一つの影が躍っていた。
踊りながら、大きな毬のような物を空に投げては受け止めている。

近寄るのを躊躇っていると、仲間の一人が青い顔でもう帰ると言い出した。
仲間内でも霊感が強いと言われている彼の言に異論があろう筈もなく、皆逃げる
ようにそこを後にした。

帰路、今見たものの話になったが、やはり彼にははっきりと見えていたらしい。

 そうか毬に見えたんだ。あの毬な、髪の毛が生えてたぞ。
 放り投げてる人、泣き出しそうな顔をしていたし。

街中の明かりの中に出るまで、皆無口になったという。
過去にその城でどんな合戦があったのか、調べるようなことはしていない。

694: 名無しさん 04/12/05 05:31:00 ID:yANQH878
握ってくる手

先輩の話。

彼の家近くの山に、良い蓮根が取れる沼地があるのだそうだ。
誰が手入れしている訳でもないのに、毎年結構な収穫があるという。

奥さんと一緒に取りに行っていた時のこと。
泥の中をまさぐっていると、誰かがぎゅっと先輩の手を握ってきた。

小さな幼子くらいの大きさだったらしい。
それは硬直した彼の手をしばらくニギニギしてから、すっと泥中を離れていった。

すぐさま奥さんの所へ飛んで行き、何かがいる!と訴えた。
上がろうと言う先輩を押し止め、奥さんは平然と切り返したという。

 大丈夫よ。これまでも何もなかったし。

彼の醜態を見ていた筈の周りの奥様たちも、皆一様にしれっとした顔。
母ちゃんは強いよなぁ。そう言って先輩は感心していた。

702: 名無しさん 04/12/05 19:47:21 ID:CDFgO6Go
>>694
幼子のニギニギ・・・
なんかカワイイ.(´ー`).

771: 名無しさん 04/12/07 23:22:17 ID:6+0ipR0e
山頂の剣

どこの地方の山にも伝説のような話は残っていて、
その中にたまに聞く話で、山頂の剣、みたいなのがある。

ある山歩きの好きな知人が、東北のそんなに有名でもない山で
初夏の頃に登山に出かけた。地元の登山家にルートを聞き
地図とコンパスを手に半日ほどの行程だった。
仲間二人と登山道をたどって山頂を目指した。

山頂に着くと、ルートマップに無い獣道を見つけた。
知らない山で迷うのも嫌なので無視しようと思っていると
木々の間から立て札のようなものが見えた。

文字はすでにかすれて読めないが、その先に何かあるようだった。
好奇心から少し入っていくと、見晴らしになっていてそこには大きな岩があった。

注連縄に柵、あぁ、何か祭ってあるんだなと思って回り込んでみると
その岩の上に横たわる人影。初夏だというのに冬山装備で岩の下を
覗き込むようにしている。声をかけてみた。「何かあるんですか?」答えない。

近づいてみるとすでに白骨化している。それを見て全員が思わず息を呑んだ。
遭難者は珍しくなかったが彼等を驚かせたのは、その遺体の背中には
錆びた鉄剣が突き立っていた。急いで麓の警察に連絡。

じきに大勢の人が上ってきて現場は騒然としていた。
「あぁ、殺人事件に巻き込まれるとは・・・」そう思っていると少し様子が違った。

地元の人々が、「またか」というような事を話している。
身に着けていた服を切り裂いて白骨体をその岩から下ろすと
さっきは気づかなかったが、足元に倒れていた立て札を誰かが立て直している。

「また馬鹿が触りにいったんだな」そうつぶやくと岩を拝んで立ち去った。
立て札に目をやるとこう書かれていた。

「鬼の首落とし。立入禁止。触るな。」
いつの頃に立てられたものかは解らないが、すでに数百年は経っているという
大きな鉄剣はその昔、この山を荒らしていた鬼の首をはねたものだという。

抜けない、切れない鉄剣。数年に一人は犠牲者が出るという。

787: 名無しさん 04/12/08 19:08:31 ID:MKGcvGbf
>>771
とても面白かったです。そんなとこに行きたくないけど、
どこなのか知りたくなリました。
触らぬ神に祟りなしって言うのはホントなんですね。

山怪実話大全 岳人奇談傑作選

▽注目記事

【島にある山を語る】八丈富士にはそのうち登ってみたいと思っています!

登山を始めた理由は梓林太郎さんの小説を「読むだけではなく自分でも登らにゃいかん」と思ったのがきっかけです

【棒ノ嶺】登山趣味の知り合いに初心者向けの山教えて貰ったんで行って来た!

東京から上高地に夜行バスで5:20着として一日でどこまでいけるん?

ランクルとかのでっかい四駆って何するためのモノなの?

都内住みの最初から現在まで無所属・単独行の俺氏が『東京起点沢登りルート120』を参考に沢登りした感想をつらつらと書く

谷川岳登りに行くんだけど頂上でタバコ吸ってもいいの?

どんな靴を買えば良いのか悩む…近場の低山だけならトレランシューズもありなのかもしれないけど

登山仲間募集したら女の人ばかり連絡くる(´・_・`)

山小屋のキャンセル問題どう考えたらよいでしょう?

引用元:http://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1098907962/