ヘリコプター

山岳救助に威力「ココヘリ」富山県警が本格運用検討 chunichi.co.jp/hokuriku/artic…
ココヘリの仕組み

 山岳遭難者の位置を電波で知らせる民間サービス「ココヘリ」が救助活動で威力を発揮している。富山県警は8月、北アルプスで初めてココヘリを使い登山者を救助。全国の警察や消防が導入を進めており、山岳警備で知られる富山県警も強力な“助っ人”として本格運用を検討している。


 ココヘリは福岡市の企業「AUTHENTIC JAPAN」が開発、二〇一六年にサービスを始めた。ヘリコプターの乗員が携帯する親機で、縦六センチ、横四センチの発信機型会員証が発する電波を捉え、遭難者の位置を特定する。


 半径約五キロの広範囲をカバーできる。上空からの目視や徒歩での捜索に比べ人為的ミスがなく、衛星利用測位システム(GPS)のように、圏外の心配もない。会員は全国に約二万五千人。この一年間で二十以上の救助事例がある。


 警察庁によると、登山人気の高まりなどから、山岳遭難は年々増加。一八年は二千六百六十一件と統計のある一九六一年以降最悪となった。生存救助には、捜索の迅速化が課題になっている。


 山岳地帯を抱える警察の警備部門が効果的な救助法を模索する中、ココヘリの普及率や位置特定の正確性などが評価された。試験運用を含め既に三十以上の都道県で警察や消防が導入している。


https://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2019091602100019.html



ココヘリの有効性、ついに警察も認めましたか! twitter.com/yamanokoto/sta…


悩む。単独行だから、こういうのはあった方が良いんだよな。遭難したら死体は発見してもらわないと、死んでも住民税払い続けるとか嫌すぎる。
遭難するような山行は自分はやってないと思ってるが、みんなそう思って遭難してるわけで。 twitter.com/yamanokoto/sta…


なるほど、ピーポイントで救助可能ですね。
ヘリもGPSでフライトしますからね。 twitter.com/yamanokoto/sta…


目視で発見できなかったのをわずか15分で発見するとは
ココヘリ ものすごいな👏

山岳救助に威力「ココヘリ」富山県警が本格運用検討:北陸発:北陸中日新聞から:中日新聞(CHUNICHI Web)chunichi.co.jp/hokuriku/artic…X


山岳救助に威力「ココヘリ」富山県警が本格運用検討:北陸発:北陸中日新聞から:中日新聞(CHUNICHI Web) chunichi.co.jp/hokuriku/artic…
確かに有用ではあるけど、警察や消防ヘリに親機を持たせるってことは、ココヘリの会社は民間ヘリを飛ばす必要がなくなり、その分丸儲けになる…
ちょっとモヤモヤします。


さすが、山岳警備に定評のある富山県警さん。
一歩進んでる。

昔から、「尾根で落ちるなら富山側に落ちろ」と言われてたくらいです😆😅

山岳救助に威力「ココヘリ」富山県警が本格運用検討:北陸発:北陸中日新聞から:中日新聞(CHUNICHI Webchunichi.co.jp/hokuriku/artic…pR


この一年間で二十以上の救助事例

目視で1時間探したが見つからずココヘリで15分で見つかったらしい。

山岳救助に威力「ココヘリ」富山県警が本格運用検討:北陸発:北陸中日新聞から:中日新聞(CHUNICHI Web) chunichi.co.jp/hokuriku/artic…


いろいろなハイテク機器が出てきてるけど、ココヘリが一歩抜け出した感があるね。やはり普及まで考えてやらないと
chunichi.co.jp/hokuriku/artic…
山と溪谷2019年10月号「心に残る秋の山35コース」

▽注目記事

ワイ高校生、学校をサボり高尾山へwwwwwwwwwwwww

モンベルのシュラフはジッパーが油断するとすぐ噛む・・・

ヘルメットは顎紐締めて気も締めて、だ。ちょっと危ないところにいるんだって自覚するために着ける。

登山中に動けなくなっている人がいたら背負ってでも助ける?

登山口まで自転車で行って登って帰ってくるスタイル あんまりいないのかな?

山ならペンタックス一択だと聞いたのだが。防滴防塵仕様が望ましいという話でさ。

【島にある山を語る】八丈富士にはそのうち登ってみたいと思っています!

登山を始めた理由は梓林太郎さんの小説を「読むだけではなく自分でも登らにゃいかん」と思ったのがきっかけです

【棒ノ嶺】登山趣味の知り合いに初心者向けの山教えて貰ったんで行って来た!

東京から上高地に夜行バスで5:20着として一日でどこまでいけるん?