北鎌尾根

「高みや困難を目指すことは登山の醍醐味の一つですが、着実なステップアップを心がけてください」という金言を、旨に山に向き合いたいものです。
yamakei-online.com/yama-ya/detail…
槍ヶ岳・北鎌尾根での遭難現場の状況

8月5週は、8件の遭難が発生しました。26日に発生した単独登山者の北鎌尾根における道迷い遭難は、当初から尾根に登り詰める沢を間違え、途中で間違いに気がついたものの、ロープなどの装備がないために、急斜面を降りることも進むこともできなくなり行動不能となったものです。


北鎌尾根は有名な山岳小説の舞台となったこともあり、バリエーションコースとして人気がありますが、近年は実力不足の登山者による遭難が後を絶ちません。今年の夏山期間中も4件の遭難が発生しており、そのうち2件は行動中の疲労によるものでした。


https://www.yamakei-online.com/yama-ya/detail.php?id=801



北鎌尾根と穂高岳
北鎌尾根 - Wikipedia
北鎌尾根 (きたかまおね) とは、飛騨山脈南部の山、槍ヶ岳から北に伸びる尾根である。険しいことで非常に名高く、槍ヶ岳への登路として用いられる。独標の標高は2,899 m。
槍ヶ岳への一般的な登路としては、上高地や新穂高温泉などからの登山道がある。北鎌尾根には登山道がないため、完全なバリエーションルートとして用いられる[1]。 通過には当然、岩登りの装備、技術を要する。また登山道がないことにより、ルートファインディング能力も必要とする。槍ヶ岳から東に延びる東鎌尾根には表銀座と呼ばれる中房温泉からの登山道が整備されている。また槍ヶ岳から西の双六岳へ延びる西鎌尾根の烏帽子岳へと続く稜線伝いの登山道は、裏銀座と呼ばれている。

遭難というか、個人の不注意による転倒がほとんど。
しかも高齢者。
高齢者は日頃からトレーニングしないと体がついていかないことに自ら気づかない。また高齢者、年配者は過去の経験を過信し過ぎる傾向がある。山においては過去の経験は天候も一致しないから経験にはならない twitter.com/YAMAKEI_ONLINE…


達成感は大きいものの、それを上回る危険な行為は、装備の使い方を含めた技量、体力、天候を勘案し、自分としては控えたいと感じています。それが長く登山と向き合えるように思います❗ twitter.com/YAMAKEI_ONLINE…




遭難例の年齢を見て頭がクラクラする。個人の自由ではあるけれど twitter.com/YAMAKEI_ONLINE…


@YAMAKEI_ONLINE 年齢的に経験者なのか。
自分は経験者だから大丈夫だという思いなのか。


行動時間も長いしね...

槍ヶ岳・北鎌尾根への無謀な挑戦は控えること―― 島崎三歩の「山岳通信」 第162号 YAMAYA - ヤマケイオンライン / 山と渓谷社 yamakei-online.com/yama-ya/detail…


日本は長い休みが取れないからな。寝不足のまま山に登り、タイトなスケジュールの中で踏破しようとする。そしてリタイア後は体力がなくなってる。

槍ヶ岳・北鎌尾根への無謀な挑戦は控えること―― 島崎三歩の「山岳通信」 第162号 YAMAYA - ヤマケイオンライン / 山と渓谷社 yamakei-online.com/yama-ya/detail…


技術、体力、経験が揃っていることはもちろん、それに加えて気象条件が揃っていなければ無謀な挑戦になってしまいます。

槍ヶ岳・北鎌尾根への無謀な挑戦は控えること―― 島崎三歩の「山岳通信」 第162号 YAMAYA - ヤマケイオンライン / 山と渓谷社 yamakei-online.com/yama-ya/detail…


👴👵じじいとばばあばっかりじゃないかっ (自戒の念を込めて✊槍ヶ岳・北鎌尾根への無謀な挑戦は控えること―― 島崎三歩の「山岳通信」 第162号 YAMAYA - ヤマケイオンライン / 山と渓谷yamakei-online.com/yama-ya/detail…TP


槍ヶ岳・北鎌尾根は技術もさることながら、体力が要求されます。あと、ルートファインディングの能力も。

槍ヶ岳・北鎌尾根への無謀な挑戦は控えること―― 島崎三歩の「山岳通信」 第162号 YAMAYA - ヤマケイオンライン / 山と渓谷社 yamakei-online.com/yama-ya/detail…
新編・風雪のビヴァーク

▽注目記事

ヤマノススメ見てから登山始めたやついる?

ポールの長さの選択に悩む…自分は身長176cmで腕もまあ長いほうかも。

ワイ高校生、学校をサボり高尾山へwwwwwwwwwwwww

モンベルのシュラフはジッパーが油断するとすぐ噛む・・・

ヘルメットは顎紐締めて気も締めて、だ。ちょっと危ないところにいるんだって自覚するために着ける。

登山中に動けなくなっている人がいたら背負ってでも助ける?

登山口まで自転車で行って登って帰ってくるスタイル あんまりいないのかな?

山ならペンタックス一択だと聞いたのだが。防滴防塵仕様が望ましいという話でさ。

【島にある山を語る】八丈富士にはそのうち登ってみたいと思っています!

登山を始めた理由は梓林太郎さんの小説を「読むだけではなく自分でも登らにゃいかん」と思ったのがきっかけです