月

593: 名無しさん 03/12/07 01:39
女の子

ひとりで山を歩いている男がいた。
夕闇が迫り、自然と足早になる。

木が風に揺れ、ざわざわと音をたてた。
びゅうっと風が通り抜けた。

男は奇妙な感覚に襲われた。
誰かが、自分を見つめている。

それも大勢の誰かが、息を殺して。
急に寒けを覚えて立ち止まる。

ふと後ろを振り返ると、女の子が立っていた。
「おめは死にびとか?」

女の子は不思議そうに訊く。
逃げ出したい気持ちを抑えて首を振った。

「こっち」
女の子に手を引かれ、けもの道を夢中で走った。

ハッと我に帰ると、山道の入り口で
一輪の花を持って立っていた。

626: 名無しさん 03/12/07 23:39
>>593
遅いレスですが、ひっそりと怖い話です。
異界への入り口に足を踏み入れたのかもしれませんね。

594: 名無しさん 03/12/07 02:18
おーいと呼ぶ声

知り合いの話。

仕事で山林の手入れをしている時のこと。
どこからか奇妙な調子で、おーいと呼ぶ声が聞こえたのだという。

くり返し呼ぶその声を聞いているうちに、なぜか返事を返さなければならないと
いう気持ちになったのだという。
声を返そうとした途端、先輩がひどく怖い顔で静止した。

 やめろ。憶えられたら家までついてくるぞ。

問うてみると、正体は分からないが、返答した者に取り憑く類いの怪らしい。
仕事を終わって帰る時も、まだその声は聞こえていたそうだ。

595: 名無しさん 03/12/07 02:19


知り合いの話。

渓流釣りをしている時、樹木に覆われ隠れているようになった淵を見つけた。
そこで彼は、不思議な沢蟹を見つけたのだそうだ。

甲羅に見たことのない模様があり、たくさんの卵を腹に抱えていた。
見ていると卵は仔蟹になって、すぐに母蟹を食い尽くしてしまう。

蟹たちはみるみる大きくなり、やがて共食いをし始めた。

最後に残った一匹が、またたくさんの卵を産み始める。
この不思議な流れが、ビデオの早送りのように延々と繰り返されていた。

我に返って淵から出たが、意外にもほとんど時間は経っていなかった。
不思議なことに、腕時計以外の身に付けた金属が、薄く錆をふいていた。

596: 名無しさん 03/12/07 02:20
遭難者のメモ帳

知り合いの話。

冬山で遭難した登山者が見つかった時のこと。
捜索隊に加わっていた人から、こんな話を聞いたという。

遭難者はメモ帳に、死ぬ寸前まで日記をつけていたらしい。
日記の最後の方は飢えと寒さのためか、字が乱れていて読めたものではなかった。
しかし日記の最後に書かれた二行の文章だけは、はっきりと読むことができた。

 おとうさん おかあさん もうかえれません ごめんなさい
 たのまれたので かきました

まるで子供が書いたような下手な字で、平仮名だけが使われていた。
字は強い筆圧で書かれており、遭難者の書いた字体とは明らかに違っている。
遺族にメモ帳を渡す時には、最後の一行は破りとったということだ。

新編 山小屋主人の炉端話

▽注目記事

【階段】日本寺鋸山行ってきたおー( ´・ω・`)【また階段】

【バーナー】イグナイターは2000M級の山や厳冬期は使えないと思ってたほうがいい

ヤマノススメ見てから登山始めたやついる?

ポールの長さの選択に悩む…自分は身長176cmで腕もまあ長いほうかも。

ワイ高校生、学校をサボり高尾山へwwwwwwwwwwwww

モンベルのシュラフはジッパーが油断するとすぐ噛む・・・

ヘルメットは顎紐締めて気も締めて、だ。ちょっと危ないところにいるんだって自覚するために着ける。

登山中に動けなくなっている人がいたら背負ってでも助ける?

登山口まで自転車で行って登って帰ってくるスタイル あんまりいないのかな?

山ならペンタックス一択だと聞いたのだが。防滴防塵仕様が望ましいという話でさ。

引用元:http://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1069829791/