月

632: 名無しさん 04/01/07 19:52
長い黒髪の女

自転車仲間に聞いた話。

夕暮れ時。林道をMTBで爆走し、小さな湖のほとりで休憩していた。
日没に赤く染まった湖面を眺めていると、妙なものが目に入った。

水際に、黒い蓮の葉のようなものが浮いている。
(黒い蓮の葉なんてあるのか?サイズもアマゾンの大蓮なみに大きいし…)
そんなことを考えながら水を飲んでいた。

と――― 蓮の中央がゆっくりと盛り上がる。最初は耳。次に鼻。口…
長い黒髪の女が水面から姿を現した。
肝を潰して自転車に飛び乗った。全速力で来た道を下る。

麓の駐車場に着いた。一息つく間もなくキャリアに自転車を積み込む。
ふと、下ってきた道の入口に目をやった。全身が凍りつく。

さっきの女がこっちを見ていた。こんな時間で追いつけるハズがないのに…
青白い顔に、そこだけが紅い唇を少し開け、ゆっくりと近づいてくる。

車に乗り込み、猛然とスタートさせた。
国道に出るまで、バックミラーは一度も見なかった。

自宅にたどり着いても震えが止まらなかった。
自転車を玄関から放り込んで鍵を掛ける。
そのまま、友人の家に転がり込んだ。

翌日の昼、友人と一緒に自宅に戻った。
鍵を開けて中の様子を伺ったが、妙な気配は無い。

玄関に放り出しておいた自転車を仕舞おうとしゃがみ込んだ。
前輪のスポークとサスペンションに、長い黒髪が絡みついていた。

645: 名無しさん 04/01/07 22:50
>>632
ゴェェェェ!(((((((((((( ;゚Д゚)))))ガクガク

659: 名無しさん 04/01/08 01:33
>>632
自転車で山に行くのが怖くなってきました!
よく走りに行くコースにダブらせて読んでたもんで、怖すぎます!
これからは暗くなる前に必ず帰ります

633: 名無しさん 04/01/07 19:53
林道の工事

現場監督に聞いた話。

林道の工事にあたって木を伐採することになった。
手配師が連れてきた人夫が、切り倒した木をチェーンソーで小切ってゆく。

中に背丈ほどの高さに瘤のある木があり、その瘤のところに切り込みを入れた。
途端に凄い音がしてチェーンソーが止まった。チェーンに何かが絡みついている。

錆びた鉄釘を巻き込んだ恐ろしく長い髪の毛。
人夫が恐る恐る鉈で瘤を割ってみると、中から大量の黒髪がぞろりと出てきた。

その日以来、人夫は現場から姿を消した。
手配師に尋ねても「知らない」の一点張りで、理由も消息も分からずじまいだった。

657: 名無しさん 04/01/08 01:07
>>633
ナニゲにこっちもスゲェ怖いよ。。。

636: 名無しさん 04/01/07 22:21
山の主との契

知り合いの話。

彼の先祖に、羽振りの良い男衆がいたのだという。
猟師でもないのに、どうやってか大きな猪を獲って帰る。

ろくに植物の名前も知らぬくせに、山菜を好きなだけ手に入れてくる。
沢に入れば手の中に鮎が飛び込んでき、火の番もできぬのに上質の炭を持ち帰る。

田の手入れをせずとも雀も蝗も寄りつかず、秋には一番の収穫高だ。

彼の一人娘が町の名士に嫁入りする時も、彼はどこからか立派な嫁入り道具一式を手に入れてきた。
手ぶらで山に入ったのに、下りてくる時には豪華な土産を手にしていたそうだ。

さすがに不思議に思った娘が尋ねると「山の主さまにもらったのだ」と答えた。
その昔、彼は山の主と契約を交わしたのだという。
主は彼に望む物を与え、その代わり彼は死後、主に仕えることにしたのだと。

何十年か後、娘は父に呼び戻された。
彼は既に老齢で床に伏せていたが、裏山の岩を割るよう、主に命じられたという。

娘は自分の息子たちを連れ、裏山に登った。
彼の言っていた岩はすぐに見つかり、息子が棍棒で叩いてみた。

岩は軽く崩れ割れ、その中から墓石と、白木の棺桶の入った大穴が現れた。
誰がやったのか、彼女の父の名がすでに刻まれていた。
話を聞いた彼は無表情に呟いたそうだ。

 埋められる所まで用意してくれるとは思わなんだわ。

それからすぐに彼は亡くなり、まさにその墓に埋葬されたのだという。

650: 名無しさん 04/01/07 23:57
>>636
中国地方にも釜ヶ淵(群馬県)を彷彿とさせる伝承があるんですね
恵みをもたらす怪の正体は様々ですが、この山の主の系統も知り
たいものです

637: 名無しさん 04/01/07 22:23
この話には後日談がある。

数年後、娘の夢枕に父親が立ったのだという。
老いた姿ではなく、若々しい男衆のままの姿形であった。
彼はなぜかまったく余裕のない表情をしていた。

彼女が懐かしさのあまり声をかけようとすると、彼は怖い顔でそれを止めた。
そして一言だけ発して、消えたのだという。

 お前たちは、絶対に主と契っちゃならねえ。

翌朝目を覚ましてからも、彼女はその夢を強く憶えていた。
一体父は死んだ後、主の元でどんな仕事手伝いをしているのだろう?

その時、隣で寝ていた夫が起き上がり彼女に話しかけた。
夫の夢にも、養父が現れ何かを告げたのだそうだ。

しばらくして彼女の夫はその山を買い取り、全面入山禁止にした。
しかし、その理由は妻を含め、誰にも教えなかったという。

662: 名無しさん 04/01/08 15:36
>>637
>一体父は死んだ後、主の元でどんな仕事手伝いをしているのだろう?

俺もガキの頃(といっても30年くらい前だが)に
「神様と約束する時は~してくれたら~しますというのはしないで、
酒と肴をもって~してくださいといってお供え(?)をしなさい」

と爺さんに教わった事がある。
今となっては何でそんな事教わったのかも判らないし教えてくれた祖父も
だいぶ前に他界したので聞くこともできないが。

663: 名無しさん 04/01/08 19:59
>>662
先に神に報酬を与えることによって、願いをかなえてもらった後で
「おまえの子供をよこせ」だとか「死後仕えろ」だとか言われないように
しろよ、ということでは。

「~します」とかいう口約束って、後からいいように解釈される危険が
あると、お祖父さんは思ったんじゃないでしょうかね。

「叶えてくれたらお供えをします」

願い叶う。(・∀・)イイ!

「約束だ。お前の娘を供えろ」

こんなはずじゃ… (´・ω・`)ショボーン

山の不可思議事件簿

▽注目記事

【滝めぐり】紀伊半島の滝と清流の写真貼ってくで~

今流行りの山岳遭難ってあるじゃない

膝が強くないんで、太ももまわりの筋肉つけたくて足開いてやるスクワットやってる みなさんなんかやってる?

登山にスマートウォッチはおすすめできない。

山岳会ってどうなの? ちょっと興味あるよねー。

山での写真を貼っていくスレ

栗城「エベレスト南西壁登る」 ワイ「絶対無理」 栗城の取り巻き「決めつけるな」→結果

一昔前なら「アイゼン必要ですかー?」なんて聞いたら馬鹿にされるか「舐めてんのか!」って返答があったのも事実。

全身モンベルマンでもザックは他ブランドってのはよくあること (´・ω・`)

山で偏光サングラスが嬉しいシチュエーションって何かあるかいな?

引用元:http://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1071631841/