登山道

323: 名無しさん 2005/11/07(月) 22:02:36 ID:NIGdi6ea0
ほっほさん

こんばんは、N.Wです。

これも、友人から聞いた話


幼かった頃、冬になると、祖母が時々こんな事を言った。
「ああ、“ほっほさん”が来たよ」

そして次の朝、夜明けの光がまだ差して来ないうちに、祖母に起こされる。
眠い目をこすりながら庭へ出ると、一面に霜が降りて真っ白な中、池に架かった橋の上に、
小さな小判形の跡が五つ六つ付いている。
祖母が言った翌朝には必ずあるが、何にも言わない日には何もない。

やがて祖母が亡くなり、“ほっほさん”の事も忘れてしまっていたのだが、ある晩、
受験勉強をしていると、不思議な声が側を通り過ぎて行った。
…ほっ ほっ ほっ ほっ ほっ…
まるで、石から石へ飛び移っている少年のような声。

思いついて、目覚しをうんと早い時間に合わせ、すぐ寝床に入った。
翌朝、薄暗がりの中、庭の池を見に行くと、橋の上には例の跡が残っている。

母親にはとんとわからない事らしい。
「今度は、私が“ほっほサン”を孫に伝える事になるのかしらね」
友人はそう言って首を傾げていた。

331: 名無しさん 2005/11/08(火) 05:39:53 ID:gJFt+D5G0
>>323
コロポックルだか南洋のガジュマルの木に住む妖精を思い出した。

348: 名無しさん 2005/11/08(火) 22:14:23 ID:/N279bn90
登山道の老夫婦

数年前、バイクで峠を走ってっていて登山道の入り口を見つけた。
バイクを登山道の入り口に停めハイキング気分で登山道を登った。

1時間ぐらい登っていくと倒木が多く、しまいには土砂崩れで道が
途切れていた。 

しかたがなく、下山していると、老夫婦に出会った。
「この先通れませんよ。」

と教えてあげると、老夫婦は
「はい。いっしょにどうですか?」
と答えた。

(はあ?いや俺は下山してるんだが)と思いつつ
「いやあけっこうです。」
と答えた。

349: 名無しさん 2005/11/08(火) 22:25:01 ID:/N279bn90
老夫婦とすれちがって30秒ほど歩いただろうか、
(通れる道があるのか?俺が道を間違えたのか?)
と思い振り返ってみたが老夫婦の姿は見えなかった。

俺はジョギングペースでまた道を登り始めた。

すぐに老夫婦に追いつくだろうと思い分かれ道に注意しながら
登ったが結局、老夫婦は見つからず分かれ道もないまま
土砂崩れの場所についてしまった。

(????)
俺はキツネに化かされた気分でまた下山しはじめた。

350: 名無しさん 2005/11/08(火) 22:44:29 ID:7yJn+Ock0
 下山しているうちに気分が悪くなってきた。胃がムカムカする。

だんだん頭もずしんと重く痛くなってきた。胃のムカツキだけ
でも消そうと口の中に手を突っ込みゲーゲー吐いてみたが
ムカツキは治まらなかった。

フラフラしながら登山道の入り口 に辿り着いた。

登るときには気づかなかったが入山届を入れる
ポストと低い山だが険しく数ヶ月前も遭難者が出て死んだので
必ず入山届をいれるように。との旨が書いてある看板があった。

俺は急に怖くなって急いでバイクに乗って峠を走りだした。

351: 名無しさん 2005/11/08(火) 23:10:30 ID:7yJn+Ock0
 麓の村まで降りて来て少し休もうと思いちょうどヨロズ屋
があったので缶コーヒーを買い店の前のベンチで一服
していると通りすがりのお婆さんが話し掛けてきた。

「そこ、左行くとお寺さんあっからよ。おがんでもらえ。」
まあ金かっかけどな。しおとかいいっていいけどやっぱり
お寺さんのがなあ。しおもってっか?ここでもうってけどなあ。」

と訳の解らんことを言って去っていった。気分が悪いうえ
変な婆さんに話し掛けられorzになっていると、
(しお?塩?エッ?寺...?霊?霊がついてるのか?)

俺はお婆さんの言ってる意味がやっと解り、ヨロズ屋で塩と
日本酒を買い塩と酒を頭、両肩、バイクにドバドバかけた。

塩と酒が効いたのか帰る途中に気分の悪いのは治まった。
検問やってなくてよかったよ。ホント。

352: 名無しさん 2005/11/09(水) 00:11:05 ID:I9624F630
>>351
バイクに塩をかけると錆が出るなと、それだけが心配。

しかし何だな、この世に何ヶ所かあるという
あの世への道だったのかな。

ちなみによく似たパターンで
バイクを降りて登山道を登り始めたら
下りた頃には日がとっぷりと暮れていて
脚が痙攣してギアチェンジが一苦労だったよ。

353: 名無しさん 2005/11/09(水) 01:06:07 ID:StCdkEEc0
>>351
見えるばあちゃんっているよね。
自分も昔、何か連れてきたとき、たまたま通りすがりのばあちゃんに

『そっち行ったら不動明王さんが祀ってあるとこがあるからそこ拝んで来い』

って言われてお参りしたことがあった。
山と関係ないんで詳しく書かないけど。

あの時ばあちゃんに会ってなかったらどうなってたんだろ、と時々思う。

山の不可思議事件簿

▽注目記事

奥多摩で廃墟巡りしてきたから画像貼るわ

【携帯浄水器】 ソーヤー ミニはどう?

下ノ廊下は山に慣れたベテランでもワンチャン死ぬな・・・

ツキノワグマが人を食べるために襲ってくるなんてありえるのか?

実際、雪崩にのまれたらどうしたらええの?助かる方法なんてあるの?

山と道ラボを読み込んだ結果、ノースフェイスのスーパークライムジャケット買った。

登山してると冬山やらないとダメみたいな雰囲気を感じる…

【山小屋】二人分金出すから混雑してても一枚の布団分のスペースが欲しい。混んでるからって見ず知らずの人と同じ布団で寝るなんてどうにかしてる

【滝めぐり】紀伊半島の滝と清流の写真貼ってくで~

今流行りの山岳遭難ってあるじゃない

引用元:http://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1129644145/