山並み

253: 名無しさん 2006/12/12(火) 09:48:56 ID:sRfNwhMXO
なくなったはずの寺

知人Kの話

その寺の存在を知ったのは小学校の社会の授業で、町の地図を見て、現地まで行くという課題を与えられた時だったという。

Kは町の東端にある標高5~600mのT峰の山頂付近に卍マークを見つけ、日曜の朝から出発した。

山道を闇雲に登って山頂を目指すという無謀な道程は想像以上にきつかったが、いざとなれば野宿だ!なんて冒険気分だった。

幸い無事に着けたが、今思えば怖いことだと話していた。

古寺は荘厳で、境内には清水の涌く水場があり、水を飲ませて下さいと声をかけると、白い顎髭の住職が笑顔で出て来たそうだ。

スポンサーリンク
254: 名無しさん 2006/12/12(火) 09:53:27 ID:sRfNwhMXO
訪ねた理由を話すと、地方に伝わる昔話や寺の謂れを聞かせてくれ、畑で採れた果物を御馳走してくれた。

帰りは近道を教わりスムーズに下山もできた。
Kは心地良い疲労を感じつつ、来週も訪ねようと思った。

最近は訪ねてくる者もない…と話す住職が印象的だったのだ。
野菜や水があり、食うに困らないとはいえ、不便なことは子供でも想像できた。

次は住職が好物と言った饅頭を持って行こうと思った。

家に戻り、寺の話をすると、父親が怪訝な顔で、その寺はずいぶん昔になくなり、町にあるJ寺が代わりに建てられた物だと言った。

255: 名無しさん 2006/12/12(火) 09:56:49 ID:sRfNwhMXO
白髭住職はJ寺の先代で、寺の移転計画に反対だったそうだ。

結局、移転は決定したが、妙なことに、それまでこんこんと涌いていた清水が見る見る枯れ、住職も家移りを待たずに亡くなったという。

住職は、清水は山神様に頂いた大切なもの、昔、集落を干ばつの危機から救ってくれた命の水だと彼に話していた。

Kの頭の中を住職の言葉が巡り、訳もわからず涙が溢れた。

幽霊を見た怖さからではなく、住職が寺を守り続ける姿勢に子供ながら感動したそうだ。これは、実家が寺でもないのに僧侶になったKに理由を聞いた時にしてくれた話

256: 名無しさん 2006/12/12(火) 10:02:26 ID:H6Fg+x/dO
>>253-254
乙。

その後、Kさんは饅頭を届けたのか気になるところ。

257: 名無しさん 2006/12/12(火) 10:27:38 ID:flOzjIPF0
>>254
ええ話や…。

258: 名無しさん 2006/12/12(火) 11:54:42 ID:JHuhfYp00
古い地図を見たんだね…いい話だ
果物をもらって食べた、という点もいいね。

281: 名無しさん 2006/12/15(金) 00:16:44 ID:lVczk+eeO
山小屋の主人

O先生の話

小学校の時の担任O先生は山男で、よく山の話をしてくれた。
怪談もあったが、子供相手だからか、あまり怖かった記憶はない。

不思議だったのは八ヶ岳での話だ。
学生時代に何度も登り、山小屋でバイトもしたという。

就職を控え、学生時代の登り納めに行くと、小屋の主に、地元に戻って先生になるって? と尋ねられた。

話した覚えもないので驚くと、客が噂していたと言う。

バイトで知り合った客や山での顔見知りは多くいるが、自分の近況を知るような者は浮かばず、身近に意外な知人がいるのかも知れないと思ったそうだ。

282: 名無しさん 2006/12/15(金) 00:18:42 ID:lVczk+eeO
就職後は近場の山ばかりで、久々に八ヶ岳に出向いたのは教師になって6年目の事だった。

当時、先生には結婚を申し込もうと考える彼女がいた。

断られれば憂さ晴らしに八ヶ岳に登る予定だったが、OKをもらっても独身時代の登り納めなどと言い出かけたそうだ。

数年間、年賀状だけのやりとりだった小屋の主に会うのも楽しみだった。

あえて連絡をせずに出かけたのは、疎遠からくる照れのせいだけでなく、驚ろかせたいというイタズラ心もあったそうだ。

美しい景色を堪能しつつ辿り着いた小屋は、いくらか改装されて昔の面影は薄れていた。

283: 名無しさん 2006/12/15(金) 00:20:20 ID:lVczk+eeO
それでも、前に立つと胸が熱くなったという。
案の定、主は驚き、再会を心から喜んでくれた。

しかし、驚いたのは主だけではなかった。
主の口から驚くべき言葉が飛び出したのだ。

『結婚するんだろ?今度は嫁さんも連れてこい』

結婚の話は先生と彼女の間で交わしただけなのに、やはり主は客に聞いたという。

客の特徴を聞いても特定はできずじまいで、気味が悪い話とも言えるが、お化けでも何でも、気にかけてくれるのは有り難いことだ。

悪いことはできないなと、先生が笑っていたからか、嫌な印象はなく不思議な話として残っている

新編 山小屋主人の炉端話

▽注目記事

【/^o^\フッジッサーン】富士山展望の山…三ツ峠・石割・杓子・金時は冬の山歩きに最高。

袋麺作るのにいいクッカーないですかね? 割ったりせずそのまま入って、軽量コンパクトだとなおよしです。

【ナイトハイク】満月の方が気持ちは良いだろうね

マップケースは使ってますか?山と高原地図にちょうどよい商品ないもんでしょうか…

テント泥棒対策ってどうすればいいだろう?

登山趣味の人がフルマラソンを走る、マラソン趣味の人が富士山に登る…前者の方が厳しい

【山の良書】よかった読み物があったら上げていってね!

サーモス山専とモンベルアルパインで悩んでる。山専の二重中蓋ってメリットあるの?

知り合いがこの夏、地元の低山で単独行中に岩場で足を滑らせて足首を骨折…

「吉作落とし」の吉作を助けることはできないの?【日本昔ばなし】

引用元:http://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1164769091/

スポンサーリンク