アトサヌプリ

硫黄山観光登山、29日に19年ぶり再開 弟子屈
hokkaido-np.co.jp/article/359141 pic.twitter.com/IoOhg2OICg
【弟子屈】2000年4月に3人が死傷した落石事故以来、立ち入り禁止になっている釧路管内弟子屈町の活火山、硫黄山(アトサヌプリ、508メートル)の観光登山が29日、ガイド同行を条件に19年ぶりに再開される。同山を管理する林野庁など関係機関がガイド付きで特定ルートなら安全が確保できるとして許可した。

 弟子屈町や地元のまちづくり団体などが17年から林野庁の特別許可を得て調査登山を繰り返し、観光登山の再開を模索してきた。


 ルートは明治時代に硫黄を運んだ安田鉄道の軌道跡地や「熊落とし」と呼ばれる火口跡を巡る約5キロで、所要約3時間。地元認定ガイドの藤原仁さん(46)は「独特の植生や硫黄採掘の歴史を楽しめる」と話す。


https://www.hokkaido-np.co.jp/article/359141



スポンサーリンク
山麓の噴気孔
アトサヌプリは、北海道弟子屈町にある第四紀火山である。標高は512m。活火山に指定されている。
硫黄山(いおうざん)とも呼ばれる[1]。  硫黄山の名は、狭義には明治年間にアトサヌプリの麓にあった硫黄の鉱山のみを指すことがある[2]。当山付近をさす地名には「跡佐登」の字を用いる。

登山できることを知らなかったー!世紀末感あるスポットなので、撮影に使いたい twitter.com/doshinweb/stat…




今日からだってのに、町の観光サイトにもぜんぜんインフォメーションないんだよな。 twitter.com/doshinweb/stat…




"ルートは明治時代に硫黄を釧路に運ぶために敷かれた安田鉄道軌道跡から始まる。"
これが気になって仕方ない… twitter.com/doshinweb/stat…




これは必ずいきたい!!

硫黄山観光登山、29日に19年ぶり再開 弟子屈:北海道新聞 どうしん電子版 hokkaido-np.co.jp/article/359141


かつてアイヌの皆さんはこの火口穴に熊を追いつめて落としたのだろうか。すんげぇ〜。長き調査期間と関係者の苦労を経てガイド付を条件としたツアーがスタートです。
hokkaido-np.co.jp/article/359141



▽以下、関連ツイート






硫黄山
山裾100ヘクタールの白い花園
摩周湖とセットで訪れる人も多い、道東・弟子屈町(てしかが)の観光地。溶岩でごつごつした山肌の噴気孔からは、ガスを含んだ蒸気が上がり、地球が現在も活動していることを強く実感できるでしょう。
#北海道好き pic.twitter.com/ut9RXptSLh






おはようございます🌅
現実の朝 ww
また 今日から始まる
自分の生活が 🚘🎵

ツラくなったら 画像見て
スイッチを入れるぞ❗w

今日も頑張ろ🎵
HAPPY💞は心の中に🎵
(^-^)/🍀

北海道 pic.twitter.com/HHXhoR010G XhoR010G


弟子屈にある硫黄山です。
アイヌ語でアトサヌプリ・裸の山という意味です。
今も活動中で大地のエネルギーを感じます。
一部ですが吹き出している所の間近まで行く事が出来ます。 pic.twitter.com/YxtQBnnO1e


新版 北海道登山口情報400

▽注目記事

登山って贅沢な趣味だと思う?

【カメラ】登山用と一言で言っても、撮影目的の登山と登山のための撮影では求められるものが全然違うよね

車中泊って得体の知れない怖さがあるよな ((( ;゚Д゚)))

足が遅い人とのグループ登山について…

【グローブ】テムレス良すぎてソロイスト持ってるが今シーズンは出番なし

長野行くわ

登山中に野糞したらふつーその野糞持って帰らないよな? おい!

昔 、秋田の猟師さんが熊は蛇が嫌いだと言ってたよ。荷造り用の自転車のチューブを投げたら、蛇だと思って熊は逃げ出したとか…

ボトルはナルゲンが非常に評判が良いようだけれど、そんなに他社と違うものなのかな?


スポンサーリンク